広島市では、捨て猫 鳩のフン害 カラスのごみ荒らし等 動物と人間の共存が問題になることが多くあります。猫がブロックの間に侵入して、動けなくなったりする事があってそういう事が無いようにしたいとのことで、そこに侵入できないようにフェンスをカットしたものを取り付けました。

以前電停の近くで建物の隙間にごみを捨てられていることで同様な方法でそれを防止するように柵を設けました。

IMG_0680

ギリギリ猫が入りそうな隙間に、フェンスをカットしたものを取り付けました。小動物に罪はありませんので、そういう隙間で命を落とすことを防ぐという意味もあります。隙間以外の所はどこからでも侵入できます。

私もこの工事をしながら何度も猫ちゃんと目があいました。

フェンスをカットしてそれを取り付けましたが、そのフェンスの丸い部分を生かして、一寸可愛くしてみました。アクセントになって一寸いい感じになってうれしいです。

一寸した手すりにもなりそうです。このグリッドフェンスと呼ばれるものはパーゴラやプランタンの棚等にもなることがわかりました。今後色々アイデアを膨らませてみます。



IMG_0684

モルタルの外壁が落下し角波鋼板を設置した場所もそのフェンスをたてに使い侵入防止としました。


公園を囲むようにフェンスはありますが、その公園のフェンスの上を軽やかにすたこら歩いてるのには驚きです。


今回は猫ちゃんの入れる隙間はすべてこのフェンスで囲みました。

写真の無いところもあって、午前中から暗くなるまでフェンスと格闘しました。




この公園では、猫や鳩に餌を与える方がおられます。餌を与えると猫は子を産み増え 鳩も増えふん害は増えていきます。私の知っている方は、そういう捨て猫を捕まえ子供を産まないように費用負担し避妊手術して、自分の家で外に出さないようにして飼っておられます。やみくもに猫を増やさない、そういう方には頭が下がります。可愛い可愛そうだから餌をやり人間との共存をギクシャクさせるのと違い、本当の意味で動物愛護者だと私は思います。



最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください


続きを読む