快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

QPEX

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

新住協のQ1住宅マスター会員登録がはじまりました。

新住協のQ1住宅マスター会員登録がはじまりました。

DSC_0058
Q1住宅は鎌田先生が全国各地のアメダスの気候から、その地域の暖房によるエネルギー消費量を平成11年の次世代省エネの基準より地域によって1/2〜1/10以下にする建物をQ1と位置付けて始められました。

鎌田先生の頭になかなかついて行けませんがQペックスを使う事とそれを実証することで、少しづつ本当の省エネ住宅が身について行くと感じています。

↑上の技術情報の緑のラインの所が広島の広島市ですが、そこでのQ1住宅の天井床断熱と屋根基礎断熱におけるLevel-1〜Level-4までのモデル仕様による灯油の削減率が示されています。広島市の場合約35%〜8%の暖房費になると考えて良いと思います。年間4万円の暖房費がかかる場合は1.4万円〜0.32万円の暖房費になるということです。これは電気でも他の暖房器具でも今使われているものからの割合で考えて、その程度の割合削減されるとおもっていただければわかりやすいかと思います。

先生がQ1を2004年より始められてもう10年以上経ちました。我々もさまざまな住宅建設に毎年バージョンアップされるQPEXを使っていますが、最近のものはエネルギー計算が同時にされます。
DSC_0066

←このQPEXの計算結果は最近当方が建設したゼロエネ住宅のものですが、Q値0.809W/孱法ヽ鞍虔振冉貫流率0.36W/孱砲里發里任后

世代省エネの暖房エネルギーが39.94kWh/屬任△襪里紡个靴董暖房の熱負荷4.43kWh/屬砲覆蠅泙后これは次世代省エネの約1/9になるということです。Q1住宅でもレベルの高いほぼレベル3よりも上の性能です。それにエアコンによる暖房でCOPを3で計算すると、年間の暖房の電気消費量は282KWhになりそれに電気単価26円をかけると暖房の必要な期間の1年を通しての電気代7332円になります。

又冷暖房合計で、1469kWh×26円=38.194円となります。年間の冷暖房費すべてで4万円弱という計算になります。こんなことが、窓のガラスを変えたり、南側の開口を大きく取り、断熱厚みを変える事で、このQPEXは瞬時に計算してくれます。この進化は素晴らしいと感じているところです。

今日は新住協のマスター会員の登録申請をするに際して、暖房の温度を1度下げる事で、暖房のエネルギーが大きく減ることも改めて認識をして、ちょうど良い省エネの暖房温度が20℃設定で就寝時に2度温度を下げ18℃で連続運転をする方法が最も暮らしやすく省エネにつながる事をさい認識しました。

エアコン以外の暖房器具は、エネルギー1に対して効率は1よりも下がりますが、エアコンの暖房はエネルギー1に対して3倍の高率で暖房をしてくれます。省エネには最良の暖房器具であることも瞬時にわかります。

DSC_0067

今日は、2棟のQ1住宅を選んでそれを元に、新住協のマスター会員の申請をしましたが、その過程で過去のQ1にもさかのぼってみましたが、鎌田先生のゆるぎない省エネ住宅への道が見えたようにも感じました。
私も先生に負けないように省エネ住宅づくりにまい進しようと改めて思った一日にもなりました。



最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします。

広島ブログ


 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。


温暖地における高断熱住宅の総合基礎講座

私が高断熱の勉強をさせていただいている、NPO法人新住協の代表理事の鎌田先生を招いて下記の場所日時にて温暖地における高断熱住宅の総合基礎講座を開催します。

鎌田先生は、北海道の木造住宅の断熱化を地元工務店と共に20年以上も前より研究開発されて、現在は温暖地(私の住む広島等)の住宅の高断熱化や夏対策なども研究開発されています。

夏対策のされていない、高断熱住宅は夏に暑く過ごしにくい家になりますが、先生の言われる対策を施せば、夏に省エネで涼しい家造りが可能になります。

木造住宅の断熱化と耐震化を同時に行なうと、200万円の国から補助金をいただける制度等のお得な情報もお話されると思います。

場所:広島市佐伯区民文化センター

日時:9月7日水曜日 13時15分より17時00分まで

工務店から一般市民ま又建築を勉強する学生さん等広く参加出来ますので、この機会にぜひ参加申込み書を新住協蠅離曄璽爛據璽より入手されてFAXにて申し込み参加下さい。

建築のプロの参加をされますが、一般の方が参加されても住宅造りの基本中の基本が解ります。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ  
プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ライブドアブログ