妄想摩天楼 トップへ

March 31, 2005

観ました

さいたまん 昨日、日本vsバーレーンの試合を観るために埼玉スタジアムに行ってきました。

 友達が、です。

 しょーがないじゃないですか、ネタが無いんです、ネタが!!

 家でまったり観てたオレは点が中々はいらなくてウトウトしてた。 どうやらそんなにサッカーには興味無いのか? それでも唯一みるスポーツ。

 ダンス番組ならテレビにカジリついてしまうんだけどなぁ〜。

 日本代表と同じく、オレは恋愛に対して決定力が足りないようだ。

 で、友達に埼玉スタジアムを写メしてもらったんですが、いやぁ〜現場の眺めってこんな感じなんだ。 やっぱり生で観たら楽しいんだろうな!

 会社では昼休み中、新人さんと一緒にメシ食いました。 ほとんどメシは1人で食ってたんで、中々会社では話さないんだけどね。

 同い年だから話題も合うし、気ぃ使わなくても済む。 社会人になると貴重だよね。

 もっと学校で友達作っておけばよかった〜。 なんてちょっぴり後悔。

 

  

Posted by berotty at 19:39Comments(0)TrackBack(0)

March 30, 2005

しもつま〜

 やっと借りれた下妻物語のレビュー。
 
 邦画の実写自体、ひさびさ〜に観ましたよ。
 
 茨城の下妻って所が舞台で、他人なんかどうでもいいロリータファッションのフカキョンと、高校デビューで愛車が原チャリの暴走族、土屋アンナの友情を描く(?)という設定自体がぶっ飛んだコメディータッチの青春。
 
 初っ端からノリと勢いのハイテンションでぶっ飛ばして中盤で見せるほろりなシーン。 間に入る回想シーン、アニメやPVみたいな映像に飽きることのないテンポで見せてくれる。 まったく正反対ともいえる二人のキャラにも共通点があったりして。 モデルやってるとは思えない土屋アンナの演技も迫力アリ!
 
 土屋アンナは絵も描くんだねぇ、ラフな感じの公式がけっこういい。
 
 こーいう田舎舞台が出てくると地元を思い出してしまう。 確かに地方にヤンキーが多いし、服なんかユニクロとかジーンズメイト、ライトオンぐらいしかないし、980円に頷いてしまう!
 
 ヤンキーもロリータファッションにも興味無くてもオススメの1本だ。
 
 
 ちなみにロリータファッションは何種類かに分類されるみたい。
 
 白ロリ…白ベース(黒ロリもあり)
 甘ロリ…白とピンクを基調。この映画の服。
 ゴスロリ…十字架とかガイコツの装飾付けた1番濃いやつ。
 パンクロリータ…パンクファッションも取り入れたやつ。ゴスロリに近いらしい。
 
 まぁ〜この手のは興味無いんでどーでもいいんですが、原宿歩いた時にでも参考にして下さい。
 
  
Posted by berotty at 19:29Comments(2)TrackBack(0)

March 29, 2005

あれから10日後

 なにげな〜くアマゾンのブックランキングを見ていると発見した一冊の本、スラムダンクじゃんか!
 
 これ、井上武彦が神奈川県の高校廐舎を借りて黒板にスラムダンクの続編を描いたやつを雑誌にしたやつなんだよね。
 SWITCHというカルチャー雑誌からの刊行で、以前にもバガボンド&井上特集をやってた。
 
 この雑誌、あまりにも人気でバックナンバーをわざわざ増刊するくらいで、1億部突破したスラムダンクはいまだに人気の衰えがないんだなぁ〜と実感。
 
 バスケなんてやらないけどすげーおもしろいんだよね!
  
Posted by berotty at 20:23Comments(1)TrackBack(6)

March 28, 2005

これが若さか

 なんでもそうだけど、おもしろいものがあったら誰かに話したくなるでしょ? 今はその衝動を常に日記にぶつけております。
 
 オレ達が生きている世界に、熱くなることなんてそうたくさんはないかもしれないけど、映画、小説、漫画はそのつまらない世界から解放してくれて、自分の価値観を覆してくれるトリップを経験させてくれる。
 
 そんなわけで、オレの超〜オススメ作品を。 今後ともガンダムのことをかなり描くとは思うけど、飽きずに読んでくれ。 そしたらあんたもきっとニュータイプになれるはずだ。
 
 ファーストガンダムの正統的続編であるゼータ。 実は今観ている最中なんだけど、これで2回目のレンタル。
 
 アニメだから見ない、ロボットなんて興味が無いって人程見て欲しい。 なんでかって? それだけいろんな人が共感できる要素がそこに詰め込まれているからだ。
 
 なんでもそうなんだけど、オレは“続編”って言葉に結構弱い。「あー、前回活躍したアイツはどうなるんだろう」とか「ストーリーは前作より面白くなるのか」って感じで想像してしまう。 もちろん期待外れだったりする作品もあるが、ゼータはまさに納得の続編。
 
 まず前作を観たうえでこれを見てほしい。 オレはファースト自体、全部観てないし、ガンダムシリーズも全部観たわけじゃない。 でもある程度の知識を持っていればさらに楽しめるに違いない。
 
 ストーリーはファーストから7年後が舞台。 前作では連邦軍VSジオン軍というわかりやすい図式だったが、今回は違う。 連邦軍から派生し、選び抜かれたエリート集団のティターンズと、反地球連邦軍のエゥーゴ。 これはどちらも連邦軍から生まれた組織だ。
 簡単に述べるとティターンズは「人間は地球に住むべきだ」という主張によって宇宙に住むコロニーを叩き回る組織、エゥーゴは「地球は人間に汚染されている。今こそ母体から離れ宇宙に出るべきだ」という主張の組織だ。
 
 悪と正義というわかりやすい設定ではなく、人間の思想の違いによって生まれた組織はオレ達が生きてる世界とまったく何の変わりもない。 だからその行く末だって気になる。 前作であれほど連邦軍を支持していたはずなのに、それが簡単に崩れ去ってしまったようだ。 結局のところ、1人の人間がどういう考えを持つかで価値観が変わってしまう。 味方同士のいがみ合いや寝返り、その複雑な思想構造が今回のゼータの醍醐味。 前作より迷いや戸惑いが多く語られている。
 
 キャラクターも魅力あるやつらばかりだ。 曖昧さや微妙な表現による表情や名セリフ。 主人公であるカミーユの若さと成長ぶり、設定としては敵であるティターンズだが、ベジータ的な存在のジェリドの葛藤や生き様、正体はシャアだが世間体のためにそれを隠して生きる男、一年戦争では英雄だったアムロが地球の重力と生活環境によってグレてしまっている様! そしてシャアとアムロの再会。 どれをとってもシビれる!
 
 ちなみに登場人物はどいつもこいつも女のことばっかり考えてます。 カミーユの女たらしっぷりは目をつぶりたくなります。 ほんとに主人公なのかい!
 
 モビルスーツのデザインも最高。 前作を踏襲し、より線密に洗練された機体。 連邦軍の十字を付けたハイザック、ティターンズカラーのガンダムMk供∧儼舛垢襯皀咼襯后璽弔燭繊破壊力抜群のモビルアーマー。 戦闘の演出もすげー面白い。 今でこそ絵は古いが、すでに完成されたスタイルである。
 
 ファーストを観たらぜひとも前作の余韻と新境地に浸ってほしい。
 
 
 なんでここまで熱くなれるかって? そりゃあ映画でリヴァイバルが決定しているから。 武者ぶるいってやつだね。 はやく観たい!
 
  
Posted by berotty at 20:12Comments(0)TrackBack(1)

March 27, 2005

引っ越し

 今日はダンスのイベントを観にいく予定だった。
 
 誰のイベントかって? 少年チャンプルーで放送されているTOZAWAのダンスを見るためにだ! 昼〜夜にかけてやってるみたいなので、新宿のRUINS23というクラブハウスへ14時ごろ到着。 店員に聞いてみると彼の踊りはトリの当たりだから9時前後になるとのこと。 7時間もある。 そんなにその場所に居られないと思ってさっき電話があった親にかけ直す。
 
 妹が千葉の方の専門に通うってんで引っ越しの手伝いをすることに。 でも大方片付いてたみたいだからオレはビデオの設定だけ済ました。
 もう19時くらいになってたから、今からクラブに行っても20時くらいになってしまう。 TOZAWAは観れるかもしれないけど、ちょっと居る時間が短いかなと思ってやめといた。 なにより疲れていた。
 
 TOZAWAのイベントはちょくちょくやってるみたいだから次回こそは!
 
  
Posted by berotty at 21:25Comments(0)TrackBack(0)

March 25, 2005

ぽっかり空いた穴

 今日は映画の話し。
ロスト・イン・トランスレーションを観た。
 
仕事をするために来日したアメリカの俳優とカメラマンの夫人が同じホテルで出会って互いの気持ちを打ち明かす。
生きることに怠慢した二人の物語を綴っていく話しなんだけど、外人から観た日本が舞台になっている。
 
恋愛映画、特に「泣いて下さいよ、絶対感動できますから」のようないかにもお涙頂戴なベターなやつとは違う。 なんかこう、心にぽっかり穴が空いていて、宙を見つめているような感覚だった。
 
 オレもそう。 やらなくちゃいけないことがあるのに別のこと考えててボーッとしてたり。 そんな空虚さや切なさの空気を感じさせてくれる。 山も谷も無い平坦さに居心地がよくて、まったり観れてしまう。 外人視点の日本も笑えるから、酒を飲みながらうっとり観てても楽しいと思う。
 
 答えなんて教えてくれないけど、不思議と魅入る美しさがそこにある。
 
 監督はゴットファーザーで有名なフランシス・フォード・コッポラの娘、ソフィア・コッポラ。 おもしろいわけです。 このコッポラ一家、みんな俳優だったりなんらかの映画に出てるんだね。 ビックリしたことに、ニコラス・ケイジが甥っ子だとは!
 
 女優のスカーレット・ヨハンソン、すげーかわいいしな。 これ観るためだけに借りてもいいんじゃない? たまんね〜っ
 
  
Posted by berotty at 16:14Comments(0)TrackBack(0)

March 24, 2005

妄想オンライン其の2

 昨日の話題に続き、実現したら面白そうなオンラインタイトルを勝手に考えてみた。
 
 どーでもいい妄想オンライン第2弾!
 
 
デスノートオンライン:ジャンプ連載のあれを多人数で。 みんなデスノートを持ってるのでまず名前を明かされた時点でアウト。 会話の心理戦と駆け引きがたまりましぇん。 死神サイドも操作できます。 ヴァージョンアップ次第でノートの制約が増えるかも?
 
逆転裁判オンライン:GBAの裁判ゲームをネット版に。 日本でも今後、一般人も裁判に参加できるようになるからこれで法律の勉強もできるわけ。 
 
メタルギアオンライン:絶対おもしろいでしょうこれは。 カモフラやダンボールを自分好みにカスタマイズ。 無線とボイスチャット機能で君もスネークになれ!
 
半熟ヒーローオンライン:スクエニのコメディ調シミュレーションRPG。 戦闘の軍配は笑いにアリ?
 
ストリートギャングオンライン:使えるキャラはみんな悪いやつらばかり。 ギャング、ヤンキー、暴走族、風俗業、ヤクザ。 腹黒さと裏社会にどっぷりハマれます。 でもプレイするのはみんなヒッキーばかり。 PTAから文句が来そう。
 
傭兵オンライン:あんたは戦場に立つ名も無き1人の兵士でしかない。 剣1本で立ち上がり名声と富を、己が望む高みを目指せ! アクション重視の多人数大合戦。 実はありそうで結構無かったりするんだよね。 無双オンラインに期待。
 
RPGツクールオンライン:これはあってもいいでしょ。 自宅でチマチマ作って、それをメーカにアップして、審査が通ればダウンロードしてプレイ可能。 まったくの素人から良作が生まれるかも。 ヴァージョアップで使えるツールが増えたりね。 画像は自分で加工したものやデジカメで撮ったやつも使用可能。 制作の技術やストーリーの作り方を語れるコミュニケーションツールも設置しておけば尚良。
 
ダークサイズ:ファンタジーRPG。 人間側とそれを根絶やしにしようとする魔王軍側、そのどちらかに帰属する。 モンスターを使用できるところがアツイ。 PKオンリーでNPCがいないところが醍醐味。 内部抗争があっても面白いかな。
 
Dancing for analyze:モーションキャプチャーを体に付けて実際に自分のダンスがキャラを通して踊ってくれる! ヘタな人でも設定でイージーモードに切り替えればうまく見せてくれる。 運動不足とダイエット効果にも!
 
 どうでしょう。 1個くらいヒットしそうな予感しないか?!
 
  
Posted by berotty at 20:36Comments(0)TrackBack(0)

March 23, 2005

最新オンラインゲーム事情Ver0.63

Marco

 ←の画像、大航海時代オンラインのキャラです。 どうして女かって? そりゃぁゲーム内でも女の方が事をうまく運ぶには有利だからさ。 ちょっとこんなオネーサンに蹴られたいという願望もありましたが。

 オープンベータ時点の感想としては、1人で楽しめるということ、グラフィックが綺麗なところだろうか。 でも交易とか商売、交渉を楽しめる人向けで、自分に目的を持った人でないと楽しめないと思った。

 そんなわけだが、ブロードバンドが普及して早3年、最近やたらとオンラインゲーが多い。 んで要注目のタイトルをピックアップしてみた。

 

ハンゲーム :50個くらいゲームがあるところ。 ライトユーザーとヒマ潰しにはいいかも。

テイルズオブエターニアオンライン :おなじみの横スクロールアクションRPG。 なぜエターニア仕様なのか疑問。 ファンタジアが一番良かったんだけどな。

マビノギ :萌え系RPG。 バイトとか演奏があっていろんなことができる。 逆にゴチャゴチャしすぎて単なるおつかいゲーって感じも。

石器時代 :これはなんと1999年に始まったやつらしい。 サイト内にスクリーンショットが見当たらないあたりがヤバ気な雰囲気醸し出してます。 勇気のある方は課金して試してみて。

Risk Your Life :ごっつい鎧きた騎士がたくさんいるRPG。 特徴はよくわかんない。

ベルアイル :誰かと結婚して子供を生んで育てられるらしい。 転生がテーマらしいけど。 なんかここまでくると笑えちゃう。

ファンタジーアース :スクエニ待望のアクションRPG。 大規模戦闘も仕様されるそうなんでかなり期待が高まります。

フロントミッションオンライン :シミュレーションRPGでありながら戦闘はアクション。 戦略と操作が同時に楽しめそう。

ウイニングイレブン8ライブウエアレボリューション :サッカーゲー自体やらないんだけど、一選手だけ動かしてやるんだったら面白そうだね。

Granado Espada :画面が超リアル。 3人同時に動かせるらしい。 韓国は冬ソナだけじゃねーな。

スターウォーズギャラクシー :頑張ればジェダイになれる。 戦闘機に乗ったりできるんだよね。 評価は結構よさげ。

ときメモオンライン :やっちゃったねぇ。 完全に出会い系RPG、サクラをやってみたいのはバイトしてた頃の性だろうか。

マトリックスオンライン :元々この兄弟監督が日本のアニメとかゲームに影響されてるみたいだから出てもおかしくはないかと。 世界設定も十分ゲームっぽいしね。 これは期待できそう。

UCGO :100万キロの宇宙を舞台にした超大型MMO。 地形が広すぎてどうしようもないらしい。 発売までによくなるといいけどね。

DJ MAX :なんかビーマニのオンラインって感じかな。 韓国ゲーって日本受けのビジュアル多いんだね。

O2Jam :もろビーマニ意識。 サンプル聴いたけど、曲が微妙〜。

3FEEL :セックスをテーマにしたオンラインゲームらしい。 モーションキャプチャーがリアルらしいけど・・・。

  
Posted by berotty at 20:37Comments(0)TrackBack(0)

March 21, 2005

mini

blue イエーィ! ついに念願のipodかっちぇえました!

 なけなしの給料たたいてようやく自分のものに。

思えばデザイナー(自称)にもかかわらずアンチMAC派だったオレもさすがにipodの前には平伏した。 マックユーザーの気持ちがわかった気がする。

 んで、早速中身を空け曲をインポートしたはいいが、コードを外す前に画面を見ると“接続を解除しないで下さい”との表記が。

 うーん、マニュアル通りに従ってみたはものの何も打つ手がないので無理やりひっこ抜いたら“抜くんじゃねぇ”みたいな感じで警告された。

 やるぜipod。 オレのアンチマック精神が今になって降りかかってきたか。

 まぁいいや。 これで街を歩くのもより一層楽しくなる。 えっ、何の曲を入れたかって?

 そりゃあエロ動画に決まってるじゃないか!

  
Posted by berotty at 19:28Comments(0)TrackBack(0)

March 18, 2005

Get the Free Fonts!

 デザインにはかかせないフォント。
 
 初期に入っているフォントの種類なんて大して入っていないしね。 どうせ同じ“読む”という行為なら、かわいく、かっこよく、楽しく読みたいしね。
 
 買えばいいだろうが、金をかけたらきりが無い。 どうせネットがあるなら自分で探してタダで落としてやろうじゃないか。 タダより高いものはないんだから。
 
 いつも使っていた有名サイトfancyforfontsへ行けなくて躍起になっていたところ、他のサイトにもあるんじゃないかと思って探してみた。
 
 あるね〜。
 
 
 種類多数。 アツイ。
 
 テクノ系フォント
 
 ビットマップなフォントがイカす。
 
 Simple is the Best 使いやすそうなフォント。
 
 かわいい系フォントのリンクがたくさん。 海外もある。
 
 海外のサイト。 種類豊富、クセが強い。
 
 英字300種類。 シンプル&筆記体、クソカッコイイ!
 
 ランキングでリンク表示
 
 あるんだね〜。 こんなブログも。
 
 フォントの種類は自分の好みに偏ってると思う。
 
 かなりクールなやつらが揃ってるけど、大切なのはそれをどう自分のテイストに持っていくかだ。
 
 たまには自分で作ってみてはいかが?
 
  
Posted by berotty at 19:26Comments(0)TrackBack(0)