妄想摩天楼 トップへ

March 31, 2006

Re:design

 ご覧の通りかとは思いますが、デザインを変更させて祭られました!

特に自分自身、変わるような節目でってことはないんですが、そろそろフラッシュやってみたかったので。。。

といっても従来の使い方でな〜んも新しいこと覚えてないんですよね。。。

ナンパ日記はこちらで書く予定はありませんが、恋愛ネタは何かあったら出すつもりです。

あ〜、春なのに、春なのに、もうすぐ24になってしまうのに、なんでこんなことやってるんだろう。

 

 

あしあと1票おねがいします 人気blogランキングへ

 

  

Posted by berotty at 18:28Comments(0)TrackBack(0)

March 29, 2006

アッパーヤード

 なんとな〜く描いてみました、車をトレーシング。。。。

黄色って元気になれるからいいですよね。

 黄色って幸せな色ですよね。

 

あっぱ〜・やぁどぅ

upper  yard  1024×768

 

はぁ〜、オレのハッピーイエローちゃんはどこにいるんだろう・・・

 

エクセレントな1票を! 人気blogランキングへ

 

  
Posted by berotty at 18:32Comments(2)TrackBack(0)

March 28, 2006

彼女を作るための努力 LOVES:2

 数少ない女のコの読書の方、最近こんな話しばかりですみません。
 
 でも他に面白いネタもないんですよね〜。 ってなことでナンパ本の紹介。
 
 この筆者のすごいと思ったところが、ナンパはただ軽いだけの行為ではないということ。 下品なものやその場限りのものではなく、ひとつの“出会い”の場として真剣に考えている部分です。
 
 そして筆者自身、30代半ばまで女性経験ゼロだったのにこの返り咲き具合。 決して外見がいいわけじゃないし、共感できます。
 
 彼がこれまで経験してきたノウハウを読んでいるうちに、ナンパが神聖な行為にすら感じ取れます。 もはやこの本と恋愛コーチングはオレにとってバイブル的な存在。
 
 
 ただナンパするためだけではなく、男女間のコミュニケーションの取り方や駆け引きとしても有効なネタが詰められております。
 
こういうの読んでて思ったのが、ダサくてダメな男ほど頑張れるんじゃないかなって思いました。
 
 出会いがないって言って誰かに愚痴ったり、家でウジウジしてるくらいなら(実際自分がそうですから)街へ一歩出てみてはどうでしょう、そんな勇気付けをしてくれる一冊です。
 
 
 あとは実践できるか、ですよね〜。
 

 

エクセレントな1票を! 人気blogランキングへ

 

 

  
Posted by berotty at 18:34Comments(0)TrackBack(0)

March 24, 2006

GAP

bow  きのうは仕事でアニメフェスタに行ってきました。

 一応営業ってことで各会社に回ってたのですが、オレは上司にくっついて名刺を渡すだけ。 初対面の人に頭を下げるのって気ぃ使うし疲れるなぁって思った。

 しかしアニメ作るのって大変だよなってつくづく思いますよ。 オレなんかB3サイズに1枚の絵描くだけでも1週間くらいかかる時あるのにさ・・・(かかりすぎ

 話しは変わりますが、自分が頭の中で構想したヴィジュアルを実際に描き起こすと、何%くらいのデキで再現できるでしょうか?

 オレの場合、多分20%〜30%くらいなもんです。

 すっげーイイ構図や超かっくいいキャラが頭の中で巡り巡っているにも関わらず、いざ紙に起こしてみると「うわっ、ダサッ! こんなんじゃお嫁にイケナイワ!」となってしまうんですよ。

 まだまだ修行不足ですね・・・・・。

でも良くいえばまだまだ未知の可能性を秘めているってことですよね。

「こうなるんだろうなぁ〜」って想定で描いたものがまったく違うものになって出来上がる・・・。

むかしはここに憤りを感じていましたが、今はそれを楽しんで描いています。

 

 

エクセレントな1票を! 人気blogランキングへ

 

 

  
Posted by berotty at 17:22Comments(0)TrackBack(0)

March 23, 2006

眠れる理論

 無駄なモノしか置いていない、ヴィレッジバンガードにて発見した「アインシュタインの相対性理論を楽しむ本」という本です。
 
 
「どうしちゃったの。 いつもスケベなことしか考えてないのに。。。 頭おかしくなった?」
 
 
 と言いたくなるところでしょうが、本当に単なる好奇心で手を出しただけです。
 
まぁでも『被害妄想を楽しむ本』なら刊行できなくもありません。
 
 さて、肝心の中身はどんなものかというとですね、
 
 
読む前は自信満々にもこんな思いを馳せていたんですよ。
 
 
 
こんなもの天才のオレにとっちゃ寝癖をつけたままコンビニでジャンプを立ち読みするくらいわけないぜ!
 
 
 
 
わけないぜ!
 
 
 
 
 
わけないぜ・・・・・
 
 
 
 
 
わけな・・・・・
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
Zzz・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハッ!!
 
 
 
 
この本を「相対性理論で快眠できる本」と改名しようではないか。
 
 
 
アインシュタイン、あんた最高だよ。
 
 
 
 
あしあと1票おねがいします 人気blogランキングへ

 

 

  
Posted by berotty at 18:37Comments(0)TrackBack(0)

March 20, 2006

芸術とオッサンとやり込み要素

 はぁ〜い、ひさびさにオタトークができてワクワクのU1ですよ〜!
 
まぁみんな買ってると思いますが、一応FFXIIのレビューしたいと思います。
 
 前回レビューしたFFTの松野泰己が原案、シナリオをやってるっつーことで期待しておりましたが、期待以上のデキ!
 
 
まずプレイした最初の感想が、
 
 
FFXIのオフライン版
 
 
といった印象。 やったことある人なら、わかるよね?
 
やってない人なら、これFF?みたいな感じでしょう。 あとムービーシーンと帝国軍のデザインはスーターウォーズっぽい仕上がり。
 
でもそもそも“ファイナルファンタジー”って常に新しいことに挑戦するという意義も込められているらしいので、これでいいのかと思います。
 
 
 今回はすべてが繊細で緻密。 中世的なデザイン、フィールドの広さ、戦闘スタイル、歴史を綴るような政治的背景も絡む綿密なストーリー。 すべての点において妥協を許さないガチが、伊達に4年間費やしたんじゃないなって。 
 
 
そしていつもどおりFFシリーズの最大のポイントはヴィジュアルでしょう。
 
今作はとにかくポリゴンがすごい!
 
装飾品やら街のセットなどなど、とにかくビッッッッッシリ、細けぇー!
 
そう、最大の賛辞を生じて
 
一本の芸術作品
 
ポリゴン萌え〜なオレとしてはこの世界観の雰囲気も視点切り替え可能もドンピシャでした。
 
また、今回の見所は大塚明夫を始めとするおっさん達の渋いセリフの交し合い。
 
 
 
そして映像美だけではない。 ゲームとしての完成度も非常に高く、いままでのFFにはない斬新感を味わった気がする。
 
フィールドと戦闘がシームレスになったことにより、常に周りを警戒しながら緊張感を持って戦うことができる。 また仲間との戦略的な駆け引きも絶妙。 あたかも友達とオンラインをプレイしているような錯覚さえ感じる。
 
今作は簡単にはレベルが上がらず、やり込み要素もハンパじゃない。
 
食べ物でいうならスルメイカ。 噛み締めればしめるほど味が口の中に広がります。
 
 時間をかけてやるということは、じっくり世界観に溶け込むようにプレイしてほしいと願う制作者の想いからだろうか。
 
 
 
 
 
プレステ世代では紛れもない、VIIやXに続くホンモノのFFだ。
 
 

エクセレントな1票を! 人気blogランキングへ

 

 

  
Posted by berotty at 18:38Comments(2)TrackBack(0)

March 15, 2006

ぱふぇル

 今日は気まぐれに描いた1枚を載せます。 珍しく食べ物の絵。

 名はヴィーナス・パニッシャー

 「美しい女神も顔を崩して貪り食らう」の意

 

う”ぃーなす・ぱにっしゃー

 

 あんまりうまそうじゃねえな。。。。

 

 

 

エクセレントな1票を! 人気blogランキングへ

 

 

  
Posted by berotty at 18:35Comments(2)TrackBack(0)

March 10, 2006

“ちょい〜”スタイルを使いこなそう

チャイ髭 先日、爆笑問題のススメにてジローラモさんの「ちょいワルは一日にしてならず」という放送を見ました。

 

 日本人は個性を主張するのが弱いって言ってるんですよね。

 

まぁ確かに純和風な僕だけど、頷ける部分はたくさんありますよ、なんでみんなと同じ事しなくちゃいけねんだよって。。。。 しなかったら仲間外れにされておしまいさ。

 

 だから日本人は群がって合コンとかそういうので出会いを求めるんだそうな(外国にはないのだろうか?)

 

そこでジローラモさんが言う大人の男の魅力とは、やりすぎずに自分のスタイルに合った“ちょい”を使いこなせばいいそうです。

 

というわけで“ちょいナントカ”なスタイルを開発してみたヨ。

 

 

1:ちょいキモ

 気持ち悪いけどちょっとだけなら、「うぁ〜、なにこれ! ちょっとキモくな〜い?」という風にめずらしがられて興味を引いてくれるかも。

 

2:ちょい寝癖

 鬼太郎みたいにアンテナが張っている程度なら、「あ〜〜〜〜、かわい〜〜ん! おちゃめ〜」となるかも。 カッコイイ寝癖のスタイリングを決めるために寝相を研究しよう。

 

3:ちょい不倫

「あんた、また●●と遊んできたでしょ!」 敢てバレる程度に情報を流しておき、嫉妬感を煽らせる作戦として。 本人に証言を迫られると危険なので、ご飯程度で。

 

4:ちょいバカ

 前提として普段は “頭の良さそうな雰囲気” を持つこと。 たま〜にバカなこと言うとギャップでイチコロよん。

 

5:ちょいヘソ出し

 見えそうで見えないぎゃらんどぅ〜を、さりげなくちょい出ししよう。

 

6:ちょい遅刻

 毎日やると怒られそうですね。

 

7:ちょいマンキツ

 どっぷり5時間コースだとオタクっぽいので、1時間くらいで。 マンガは読まずに、軽くインターネットやテレビを見る程度でカジュアル感を演出。 ドリンクはブラックコーヒーにするとクールさがUP。

 

8:ちょいカラ

“ちょっとだけカラオケ” の略。 30分7曲コースで。 これなら十八番セレクトだけで間に合うし、下手でも厚かましくないし、盛り上がってきたところで退散。 物足りないくらいがGOOD。 ひとりでも気軽に練習できそう。

 

9:ちょいタベホー

 90分食べ放題だけどあえて食べすぎないように腹6分くらいで止めておく。 欲張ってガッツかずに、あくまでスマートに並んでゆったり落ち着いて料理を取りましょう。

 

10:ちょいラップ

 会話のリズムをアップテンポに持っていくために、韻を踏んでトークしてみよう。 コテコテのBボーイみたいなリリックはいりましぇん。 オリラジみたいな日常を織り交ぜたポップな感じで。 「イェ〜〜、きょうも気分はノッチェキラ〜」

 

11:ちょい便

“ちょっとトイレ” の略。 会話に行き詰ったらトイレでひとり作戦会議を。 あんまり長かったりやり過ぎると嫌われてしまうので、2時間コースなら多くて4回程度に抑えよう。

 

12:ちょいセクハラ

 これはタイミング・慎重・度合いさが重要になります。 間が悪いと単なるエロオヤジになりかねません。 相手と打ち解けた上で、親しい時にふざけた感じでさりげなくボディー・タッチを。

 

13:チョチョイのちょい

「こんなの楽勝だぜ〜」って感じでやってのけると、「この人なら安心してまかせられるわ」となるかも。 ガチでそういった場面を作るのではなく、状況に応じて使いこなそう。 ひとりの時も意識しながら鍛錬を。

 

どうですか? ちょいシリーズ。 これを使えば今までのあなたにちょっとスパイスを効かせたより魅力溢れる男になれますよ。

 

 これだけ書いておきながらどれひとつ試したことないんですけどね

 

 

エクセレントな1票を! 人気blogランキングへ

 

 

  
Posted by berotty at 19:32Comments(3)TrackBack(0)

March 09, 2006

ヒーローファミリー

 どうもこんにちは、世間では小顔ブームだった時に、自分の大顔を隠さずにはいられなかったU1です。
 
 今日はピクサーのCGアニメですね。 人気あるんで別にこのブログで紹介する必要もないんですが、面白いんで書きます!
 
街の平和を守るスーパーヒーローなパパ(といっても収入はないが)。
 
定番なストーリーは前半にさておき、広告で見かけた印象とは違い、意外とヒーローの存在意義やちょっと深く掘り下げている辺りは20代でも楽しめる。 もちろん最後はお約束なわけだけどそれが気持ちE。
 
ファミリー全員が特殊能力を持っていて、普通の人間と溶け込んで生活をおくることがとても困難で、パパ自身が1番その息苦しさを感じていた。
 
そんな一苦労もあってヒーローが改めて身近に感じれる。
 
野獣のような怪力パパ。
 
ルフィみたいなゴム人間のママ。
 
透明とバリヤーを使いこなす姉。
 
マッハ級のすばしっこい弟。
 
○○に変身するベイビー。
 
 
CGは最先端だけあって綺麗。 ピクサーのキャラデザ自体あまり好きではないが、動きだしたらそんなのどうでもよくなってしまう。 笑いもアクションもサイコー。
 
 
大人になって遠ざかってたヒーローのワクワクをもう一度体験してみてはどうだろうか。
 
 
 
あしあと1票おねがいします 人気blogランキングへ

 

  
Posted by berotty at 18:34Comments(0)TrackBack(0)

March 08, 2006

FFのポーション飲んでみた

 ファイナルファンタジーに登場する回復薬、ポーションが現実のものとして発売になりました。

プレミア版は高いので通常版を買ってみた。

 

ポーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発売時に清涼飲料水のコーナーを探し回ったんだけど見つからず・・・・・・

 

栄養ドリンクコーナー!?

 

確かにそうだよねーヒットポイントが回復するんだもの。

 

仕事の休憩中に買ったので、食後のスイーツ扱いにしてみた。

 

 

どれどれ、中身は、と・・・・・・・・・・・

 

 

青色1号

 

 

 

 

 

 

あ、青っっっっ!!!

 

まるで南国リゾートの透き通るダイヤモンドブルーのビーチの海水を汲んできたみたいだ。

 

VIVAタヒチ、オフィスに楽園をありがとう。

 

 もうね〜、カップの周りが青々しく輝いてるんですよ。

 

背面の原材料名に不振な表記が・・・・・・

 

なんすか、青色1号って…………

 

とりあえずつべこべ言わず飲んでみます。

 

 

いただき…………うごぎyけdかもmvヴぉscd

 

 

U1は50のダメージをうけた

 

ポーションなのにダメージ受けましたよ。。。

 

もしかしてオレってアンデット系?

 

ポーションを極めたツワモノ↓

ポーション届いたけど質問ある?

ポーション料理を紹介してくれ

ポーション、プレミアムボックスレビュー

 

エクセレントな1票を! 人気blogランキングへ

 

 

  
Posted by berotty at 19:32Comments(2)TrackBack(0)