妄想摩天楼 トップへ

March 11, 2009

子供でいたいか、大人になるか

スカイ・クロラ [DVD]
スカイ・クロラ [DVD]
クチコミを見る

押井守監督「スカイ・クロラ」を観ましたぁー。

 

以前、制作裏話の番組を観て気になったのでチェックしてみた。

 

感想としては中々面白かった。

 

甲殻でもあった哲学や思想的なシーンもちょっと出たり。

でも全体的なテンポはゆったりしていて、会話とか雰囲気、人間の描写を楽しむような作品。

 

「会話はキャッチボールしてなくていい」って監督の一言がなるほどって思った。

 

現代の若者へ投げかけた作品ではあるみたいだけど。

 

これを観ると「そつなくなんでもできるけど、やる気とか感情を表に出さない、というか無いのかあっても出し方がわからない」のかなぁって。

 

でもわかる気もするな。

 

自分が何者であって、どんな目的で、そのために取る行動を明確に意識して、それをちゃんと実行できる人がどれほどいるだろうか?

 

この作品に答えとかそんなのは無いと思う。

でも何かしらそこから感じとって少しでも考えて意識できるきっかけになったと思う。

 

話しは逸れたけど、ヴィジュアルは一級品。

背景と人物描写観るだけでも価値ありあり。

 

 

  

Posted by berotty at 21:34Comments(0)TrackBack(0)

March 04, 2009

宣伝ほどではないかなぁ

REC/レック スペシャル・エディション [DVD]
REC/レック スペシャル・エディション [DVD]
クチコミを見る

えー、結構映画見てるんですけどね、週2くらいは。

 

で、最近観たやつがRECってやつ。

 

嫌いなんですよ。 ホラー映画とか。

 

なんでわざわざ金払って怖いものなんて、、、ねぇ?

 

怖いもの観たさって言うでしょ。

 

たしかサイトの告知観てすげー面白そうって思ったんだよね。

 

この作品はPOVっていう一人称視点の撮影法。 自分がカメラの主観になって映像の中を体験するっていうタイプのやつ。 ブレアヴィッチとかクローバーフィールドがその対象。

 

このPOVの最大の特徴は、自分があたかもその映像の中の主役になった感覚になれること。 そう、ゲームの主人公だ。

 

普通のホラー映画より確かに怖い!

 

前のめりになって魅入ってしまったけど、でも、ちょっと足りないかなぁ。

 

尺はちょうどいいけど、恐怖の演出が少なかった。

 

ホラー映画で定番の美人はかなりタイプ。 このコが静かだったらどうなるんだろうなぁ〜。

 

ま、普通の映画に飽きた方には。

 

個人的にはクローバーの方がびびった。

 

 

  
Posted by berotty at 00:11Comments(0)TrackBack(0)

December 29, 2007

愛は時間の壁をもぶち壊す

 どもどもー、相変わらずひとり酒が進むU1でございます。

 

実はこのブログ、もう開始してから3年も経ってるんですね〜。

 

はい、ではひさびさに映画のレビューに参ります。

 

クリスマスにひとり寂しく観た映画w

 

イルマーレでございます。

 

 

最初ぶっちゃけ有名人出しただけのネタものかと侮っていました。

 

が、やられました! 切ないだけじゃないトラップもの! おおっと、、、

 

お互い同じ場所に住んでいたんですが、勘違いで届いた手紙のやりとりをするうちにカレとカノジョの住む時間軸が異なっていることに築くんですよね。 でもそんな手紙のやり取りをしているうちに会いたくなるわけじゃないですか! どうにかするんですよね。 あー、メールでもこんなテク使えたらいいよな、うん。

 

映像もグー。 ありきたりになりがちな場面も、綺麗な風景やカットの割り方で飽きがこない。

 

サスペンス要素もあったりするのでそのジャンル好きなら要チェック!

 

 

PSになりますが、ギャラリー真っ最中でありますので、時間のある方はぜひ遊びに来てください★

 

サイト→http://www.asahi-net.or.jp/~ja7y-stu/junkart/index.html

 

  
Posted by berotty at 10:26Comments(0)TrackBack(0)

November 25, 2007

サントラ的なミュージカルハイテンション

 

 

 映画、ヘアスプレーを観ました。

 

舞台は60年代(?)

 

まぁノリは大好きです。 ダンスやっていたので。

 

ぶっちゃけ、主演は醜いです(笑

 

カップルで観にいって、どういうリクションをしたらいいのやら。

 

でも、演技者の目って綺麗な目をしているんだなって。

 

おれは太った女は嫌いだ。

 

普通の奴からみて、足首が細い女を好きになるだろう?

 

この作品は、その枠を吹っ飛ばす魅力にあると思う。

 

どんなレッテルも外見も関係ない。

 

自分の魅力を120%引き出せばいいと思う。

 

少なくとも、あんたの思っている欠点を、プラスに置き換えればいいことだから。

 

未来は他人の手ではなく、自分の手に委ねられているのだから。。。。

 

 

個人的な報告ですが、本当はこの映画を、大好きなコと観る予定でした。

 

 

 

  
Posted by berotty at 02:11Comments(0)TrackBack(0)

November 11, 2007

男はみんなマザコン!

 

 遅らせながら、東京タワー(劇場版)を観ました。

 

原作読んでないのですが、みんな大絶賛ですね。 原作もドラマも映画も。

 

これ観たきっかけは失恋だったんですけど。

 

なんか思いっきり泣きたくて。

 

いい映画でした。

 

男ってみんなマザコンなんすよ。

 

好きな女に、そういう部分を求めるでしょ?

 

おれもだらしない20代(現在進行形)をたどっています。

 

税金ちゃんと払えだとか、なんでボーナスもらえない会社に入ったんだとか、親不孝なことばっかりやってます。

 

生まれてきてごめんなさい。

 

こんなおれはいまだに母親を大切にしていません。

 

この作品の視点って、本当にリリー本人の視点に基づかれたものなんでしょう。

 

でもすごいな、本当に。

 

ここまで親を想っているんだ。

 

おれはそこまで親を大切にしていないや。

 

もし、おれが親になったらどんな気持ちなんだろうな。

 

わかんねぇけど、すげぇ感動した!!

 

 

  
Posted by berotty at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

October 29, 2007

夢に出てきませんように・・・!

 

 はいどうもこんにちはクソ野郎ども!

 

 この日記を会社で読んでいるみなさん! そろそろ潰れますよ、その会社! 転職の準備はよろしい?

 

さて、ちょっと前の映画ですが、ザ・セルを観ました。

 

名作だったんですね。 びっくりすげー。

 

もうなんか精神的にしんどい時にこれ借りて、寝転びながら流して見ちゃおうなんて気分だったんだけど、思ったより良くてっさ。

 

最初はSF映画だと思ったんですけどねぇ。 サイコサイスペンスSFって立ち位置かなぁ。

 

ちょっと今より進んだ技術で、他社が相手の脳神経、つまりは精神世界に乗り込んで本質的な部分を探るという装置を開発し、それを犯罪事件の手がかりとして捜査を行うことがこの作品のお話し。

 

だが犯罪の巧みさを楽しむのはこの作品の醍醐味ではない。

 

精神世界による狂おしいほど非現実的でありながらも芸術とも呼べる生々しい映像美のオンパレード。

 

ぶっちゃけ笑っちゃいました。

 

なんでかって、一度や二度くらい、そんな似たような夢を見たことあるんだろうなって意識があったから。

 

犬のブルブル、馬の切断、マント、よくわからん三姉妹(?)、ボディビル女。

 

もうなんかゾクゾクしてきたわー!! 寝転び断念!!

 

マトリックス・セブン・ソウあたり好きならどうぞ。

 

おもしろい。 マゾい方も、サドい方もどんどん食い入るように観ちゃって。

 

 

  
Posted by berotty at 01:29Comments(0)TrackBack(0)

October 14, 2007

おいしいミックスジャンルなイタリア映画

 はい! 相変わらず平坦というつまんないタイトルな土日を過ごすU1です。

 

で、ちょっと前になりますが、ディナーラッシュという映画を観ました。

 

もちろんこのブログで紹介するんですから、面白いに決まってます!

 

まぁざっくり適当に作品概要を述べますと、レストランのオーナーをしていたおっさんが金の恨み絡みで殺され、それに代わるオーナーが弟子に店を受け継ぐかどうか、みたいな話し。

 

あぁ、ごめん、うまく伝わらなかったわ。

 

まぁね、この映画観て何のジャンル?みたいなカンジ。 ちなみにおれが借りた中野店ではサスペンス扱いでした。

 

なによりもレミーに続き、イタリア料理が食べたくなるね。 パスタとか対して興味ないけど、これ観るとやばい。 厨房とフロアのギャップにあるのかな。

 

ドラマあり、恋愛あり、サスペンスあり、おいしい話題ありでワイン片手にどうぞ。

 

 

  
Posted by berotty at 02:28Comments(0)TrackBack(0)

September 22, 2007

劇場版ヱヴァンゲリヲン:序を観てきた(※ネタバレあり)

 連休、特に用事も無いのでフラッとエヴァの劇場版を観て来ました。

 

ネットの一般人レビューではあまり期待感が薄かったので興味もそそられずただの時間潰し的な感覚で行ったのですが、やられた! やっぱおもしろいわ。

 

まず4話構成となる第1弾の序は、ヤシマ作戦を終える5話まで。

 

これといってオリジナルの展開も物語自体には起伏はないのですが、この序である作品も、オリジナルに近い再現というべきか。

 

だけどそれならあえて作り直す必要がないじゃんか、って所。

 

そう、この序に当たる部分はあくまで昔のものをリメイクした感覚に近い。

 

もうオリジナルは4,5回観て最近も見直しているから大体頭に入ってる。 映像的な部分ではキャラクターの作画はほとんど変わっていない。 主なカットや演出もほぼ一緒。 だけど背景がかなり一新されている。 3Dもガンガン使っているし、建物の動きなんかはピッタリマッチしていると思う。 特に電線のカットが異様に格好いいw あとラミエルの変身もクール。

 

だけどこの序はどこかで不意を付かせるような何かを臭わせる構成になっている。

 

微妙に新しく追加されたシーンやセリフ(これは初めてエヴァを観た人にもわかりやすく、という意味もあるらしい)、最後のカヲルの登場と意味深なセリフ。 ゲンドウの言っていた倒すべき使徒の数もオリジナルとは異なる。

 

そして使徒のナンバーがひとつずれていること。 オリジナルではサキエルは「第3の使徒」に当たるんだけど、劇場版では「第4の使徒」として扱われていた。

 

最後のスタッフロールの後で流れる次回予告も超気になる。 5、6号機のデザインが一新され、新キャラが追加されていること。 「破」というタイトルだけあってここから崩していくのだろうか。

 

この何かが微妙に違うエヴァ。 初めての人も観まくったジャンキーでも明らかに次が気になるでしょう!

 

 

 

Wiki→ヱヴァンゲリオン

 

公式サイト→エヴァJP

 

一般人レビュー記事(これから観たい方はオススメしません)

 

気まぐれ更新! ブックマーク登録をよろしく!


 

  
Posted by berotty at 20:59Comments(0)TrackBack(0)

August 14, 2007

フランス料理が食べたくなる(かも)

 あれ、いまのブームってイタリア料理でしたっけ?

フランスは下火と聞きましたが。 まぁ関係ないからいいんだけど、この映画を観たら一度でいいから行ってみたいと思いました。

はい、今日の映画レビューは「レミーのおいしいレストラン」。

もう予告編観た瞬間、これはおもしろいだろうと感じました。

 まず映像、すげー綺麗。

ファインディングでは波の表現がすごいって言われてましたが、今回は毛の部分かな?

ねずみのキャラデザインもあえてフラットな感じで違和感なく、動き方やしぐさもキュート。

映像の見せ方やテンポもうまくってアドベンチャー感たっぷり。 退屈なシーンがなく、最後までグイグイ楽しませてくれました。

いつも食費とかケチってしまうけど、うまいものを食べるっていうのは自分を高めたり良い方向に持っていくことでもあるんだよね。

カーズ、ファインディングニモ、エンターテイメント、CGアニメ大好きな方は観ないとね!

唯一残念だったのは、最近よくひとりで観にいってしまうこと。 面白いものはやっぱり、共有すべきだよね。

 

 

公式サイト

 

気まぐれ更新! ブックマーク登録をよろしく!


 

  
Posted by berotty at 00:04Comments(0)TrackBack(0)

August 05, 2007

YAZAWA的にもマイケルベイサイコー

 どうもこんにちは。 相変わらずハートはウィンターなU1です。

夏休みの大本命!

映画「トランスフォーマー」のレビューといっちゃいます!

もうね、予告編見た瞬間、メカ好きとしては、「これは観るしかない!」と第六感を刺激したわけです。

そもそも、子供の頃はトランスフォーマー→ガンダムで成長してきた男子です。

 元々人間キャラよりメカキャラ萌えだったわけですよ。

まずこのトランスフォーマーの原産地は日本製のものです。

最近、日本の作品のリメークモノが流行ってますよね。 ハリウッド版・ゴジラはとんでもなく批判されていましたね。

この変身の細かさっぷりには驚きました。 日本人の機械ってすごいっていうけどさ、このCG観たらやっぱ格差あるなぁってカンジたわ。 変身する瞬間にゾクゾク! あぁ、興奮しすぎ。

まず大前提な感想は、

スパイダーマンに代わる人気作品に確定!

もうアクションはイカレてます。 動きとか早すぎてメチャクチャすぎ。

一回観ただけじゃその激しさは記憶に留めておけません。

お得意な爆破シーンも半端なく、瞬きすら勿体無いカンジ。

面白いのは戦闘シーンだけじゃないっす。

ジョークな部分もかなり日本人受け。 ヘタなコメディー映画より全然笑えます。

観客と一緒になって大爆笑してました。

もうとにかく男だけでもカップルでもOKな作品です。

ロボットとかって女のコが敬遠しがちだけど、この作品は人間的な部分も王道に描かれているのできっと好きになれると思います。

ひさびさに心からアツくなった作品でした!

あぁ、おれも人間的にそろそろトランスフォームしてえなぁ。。。

で、よく考えたら子供の頃のトランスフォーマーの記憶といったらファミコン版の「コンボイの謎」くらいなんだけどね。

ぜひこの伝説的に有名なクソゲーも映画化してほしい。

続編も製作するって話しだしね! マイケル・ベイさん、そこんとこよろしく!


というわけでファミコン版の速攻クリアー↓

 


トランスフォーマー×NIKEシューズ

 

  
Posted by berotty at 22:59Comments(0)TrackBack(0)