有限会社 ストロベリーフィールズ

イチゴを食べたお客様に幸せを感じてもらえたら、そんな思いを込めながら毎日イチゴと向き合っています。


top > オーナーズダイアリー > カテゴリー別アーカイブ

オーナーズダイアリー

いいチームです。

先日池袋の新農業人フェアに参加したんです。

最近は定期的に参加することにしています。

これからチームからドンドン仲間が巣立つので、

また、新しい出会いが必要だからです。


そこで、話をした人が見学にきてくれました。

なんとバイクで5時間かけて!!
(でも、そのうち3時間は道に迷っていたらしいです・・・)

私たちのチームが新しいメンバーを入れる時のポイントは
 
 まず、その人の人生において、ここで研修することがプラスか?

 そして、チームとして共に進める人か

という点です。


経験は関係ないです。

やる気は大前提ですが。




で、いろんな話をした後、帰るとき

そとで、武藤君と齋藤君が彼のことをまっていてくれたんです。

自分たちも最初は不安を抱えてここを訪ねた訳で、

初めて来る人気持ちがわかる分、心配して待ってくれてたんです!!

その後一緒にラーメンを食べにいったそうで、

人見知りをする二人だっただけに、

その気持ちと行動がとてもうれしかったです。

こんな仲間がいるところで研修ができたらいいだろうなと
(自分が研修することはないんですが)
思ってしまいました。


いいチームになってきたなと実感した日でした。




2007年02月18日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

成功か大成功か

「成功か 大成功か」

これは私がチームの研修生に提示している選択肢です。

喜ばれるイチゴを作って、農業で経営を成り立たせ、家族を養い、幸せに暮らせる。
これが、ここで言う「成功」です。
「楽しい」未来です。

そして、よりたくさん稼ぎ、周りにも貢献し、感謝される。
自分や家族が幸せなので、周りにもそのお裾分けができる。
より多くの人と幸せを分かち合える状態。
これが、ここで言う「大成功」です。
「うれしい」未来です。

私たちのチームではこの2つの選択肢しか用意していません。
どちらを選ぶかは自由です。

あなたならどちらの未来を選びますか?

ここにはそのために必要なことを学ぶ場があります。



2006年11月29日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

新規就農に必要なもの 始める勇気

新規就農に必要なもの。

たぶんこれがなくて踏み切れない人が沢山いると思います。
「始める勇気」
第1歩を踏み出す勇気です。

新しい、保証ない世界に踏み出すのはとても怖く感じます。
尻込みするのが、普通だと思います。
色んなできない理由がじゃまをします。
でも状況が整うのを待っていたら永遠にできません。

状況は自分で整えることができます。
リスクはどんな状況にも、
どんな仕事にもあります。
保証は本当は存在しないのです。

そして、リスクをとる人の手の中に未来があるのです。

一歩を踏み出せずにいる人がいたら、
一度農場に遊びに来てください。
なにか勇気を持つきっかけが見つかると思います。






2006年10月30日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

新規就農に必要なもの お師匠

私も新規就農で始めたわけですが、
「お師匠」は必要と言うよりは、いてくれてよかった 存在です。

何人かお師匠はいるのですが、
栽培で分からないことがある時、
壁に当たった時、
大トラブルが発生した時、
助けてくれたのはお師匠でした。
もしいなければ、今まで続けてこれたか分かりません。

初めの2年くらいは、携帯電話が命綱でした。
本当によく電話してました。
なにせ、実際やってみると分かっていないことだらけで、それに不安が+でしたので、
丁寧にいつも教えてくれたお師匠の存在がどれほど支えになったことか。

タンソ病で植えた苗がバタバタ枯れてしまった時、苗は何とか探すからとりあえずがんばれ、と支えてくれたのもお師匠でした。あの時は一人だったら、首をくくりたくなるような心境でした。本当に感謝しています。

これから始める人は、大きいトラブルに見舞われることはないかもしれませんが、
やはり、信頼できる「お師匠」がいることはどんなに心強いか。
ぜひ、「お師匠」といえる人を持ってください。
2006年06月24日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

新規就農に必要なもの 仲間

今日ハウスの中をトラクターで耕耘したのですが、
トラクターは借り物です。

イチゴだけを作っていると、
この時期にハウスの中を何回かうなる以外、
あまりトラクターは使う時がありません。
それで、お友達からお借りしてきます。

新規就農時に、必要な物全てをそろえることは
とても大きな負担です。
もし、貸してくれる人がいれば借りれるにこしたことはありません。

でも、物を借りられるから「仲間」が必要と言いたいのではありません。
物だけではなく、知恵も貸してくれます。
また、困っていれば手も貸してくれます。

これが、右も左もよく分からない新規参入者にとって
どれだけ心強く、助かることか。
助けてくれる仲間がいなければ私もこれまでがんばれなかったかもしれません。

就農地が決まったら、ぜひ積極的に地域での仲間作りをしてください。
それが、きっと宝物になります。

2006年06月21日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

新農業人フェア

昨日、池袋のサンシャインシティで行われた
新農業人フェアに参加してきました。

この催しは農業をやりたい人と、
受け入れる法人等との出会いの場としてあります。

毎回何名か農業に夢を描き、
やる気のある人と出会えるので、楽しんでいます。

何をしていいかまだ悩んでいる人も多いですが、
一人でも多くの人が夢を実現して欲しいと願っています。
気軽に相談に乗りますので、悩んでる人はメールください。

新農業人フェア
弊社のブースです。
2006年06月11日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

新規就農に必要な物 情報

新規就農するのに必要な物

意外と軽視されているのが「情報」だと思います。
新規に就農するので「知らない」ことがあるのは当然ですし、
知らないことの方がほとんどかもしれません。

ですから、「知る」こと、情報を集めることが大切なのです。
知らないことが当たり前になり、そのままではいい結果は望めません。

やりたいと言いながら、調べたり、勉強することをしない人がいます。
農業で食べていこうとするならば、少なくと一つでも多くのことを知ろうとする姿勢は必要です。
ドンドン調べ、見たり、聞いたりして、農業の世界での視野を広げることです。
それにより、より具体的な自分の経営のイメージが描けるようになります。
そして、それが成功する新規就農に繋がっていきます。


見学会

他の法人の見学に行ってきました。
新しいことを知ると、
考えも広がり深くなります。
常に刺激を受けることは必要です。
2006年06月04日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

新規就農に必要なもの 土地篇

新規就農に必要なものはいろいろありますが、
その中で今日は「土地」について

農業をやるには「土地」がなくては始まりません。
でも、後継者以外の農外からの就農者にとってこれが大きな壁なのです。

どこで?
どうやって?
探す時の素朴な疑問です。

探す時に大事だと思うのは、まず、「どこでやりたいか」がある程度絞れていること。しかも理由つきで。
範囲が広すぎると探しにくいものです。ある程度の半径30k圏くらいの希望はあるといいとおもいます。
そして、どのような土地がいいか?つまり、田んぼか畑地か?広さ、水の便、交通、等々。全ての条件に合う土地があることはそうそうないのですが、条件を具体的に考えてみることが大事だと思います。
希望が具体的なほど、相手に熱意は伝わるものです。

で、次にどうやって、
行政の支援制度を利用するのも一つの手です。意外とうまく見つかる場合もあります。でも、担当者と運によりけりというところも大きいのですが、やはり本人の熱意が伝わるかどうかが鍵だと思います。
比較的スムーズなのがコネを辿る方法です。知ってる人の紹介があると比較的スムーズに進むものです。しかし、紹介してもらうには本人に信用がないと始まりません。やはり、熱意とある程度の時間が必要です。

どのように探すにしろ、希望に近い「土地」に巡り会うには、時間があった方がいいです。
ですから、自分の経営計画を具体的に1日でも早く立て、行動に移すことが、成功への近道です。

うちの研修生の場合でも、希望や計画が具体的なほど手助けはしやすいです。
希望先が絞れれば、コネを総動員して探せます。コネがなければ、作ることもします。

まず、本人のやりたいことがはっきりするのが何よりここでも大事です。

2006年05月30日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

土曜日の来訪者

毎日働き続けていると曜日感覚がなくなってくるのですが、
そんな中で週末を感じさせてくれることがあります。

それは、毎週土曜日訪れる 「加藤君」 です。
片道2時間かけて来ています。

彼は将来イチゴでの就農を考えているのですが、
自分が本当にやっていけるか、いきたいのか?
その答えを探しつつ、毎週土曜日に通いで体験と研修を続けています。

いきなり研修に入るのではなく、自分の意志や適正をまず見極める
こういう入り方もありだなと教えられました。

今日も頑張って来ています。
いい未来を創りだしていってください。



土曜日の来訪者
2006年05月13日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

チームストロベリーフィールズ

将来、このストロベリーフィールズと、
ここから独立していったメンバーで「チームストロベリー」を作る。
これが夢です。

「チームストロベリー」は個々は独立し、自立した経営を行いながら、
相互依存、援助し合い、それぞれの成長・成功し、感動を共有できるチーム。
そんなチームを作ろうとみんなで頑張っています。

少しずつメンバーを紹介していきます。
まず、初めは最初に入った武藤君です。
昨年の4月から入り、早1年が経ちました。

武藤1武藤2








大学でてすぐ研修に入りました。
やはり来た当初はまだまだ甘さがありましたが、
最近では顔つきもよくなり、心構えは、かなり経営者に近づいてきました。
吸収力と改善力は抜群です。
まさに成長著しい有望な若者です。
あとは経験を積んでいけば
きっといいイチゴ屋になります。

税理士とイチゴ屋のコラボを目指す将来の構想もユニークです。
詳しくは彼のブログをみてください。
新・新規就農日記



2006年05月04日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |

新規就農に必要なもの 何をしたいか?

「何がしたいの?」
この問いかけに、新規就農を目指す人は
農業がしたい。 イチゴが作りたい。
とか答える人がほとんどです。

私も研修生にこの問いかけを繰り返しします。
初めはやはり、「農業がしたい。 イチゴが作りたい。」と返ってきます。

でも、そこでまた問いかけます。
農業をやって、何がしたいの? イチゴを作って、何がしたいの?
農業をやることが目的なの? イチゴを作ることが目的なの?
農業をやるのは何のため? イチゴを作るのは何のため?

そのうちだんだん見えてくるものがあります。

仲間と楽しくやっていきたい。
農を核としたコミュニティを創りだしたい。
地域と連携して何かをしたい。
農村と都会を結ぶことをしたい。等々

やはり、ここが一番大切だと思うのです。
農業をやること、イチゴを作ることは目的ではなく、手段なのです。
農業やイチゴ作りを通して、何かを創りだしていく。

これを持っている人といない人では同じことをやっていても、創りだしていくものは全く別のものだと思います。

農業をしたい人は、「何のために?」と
自分に問いかけてみてください。

私はイチゴを通して多くの人に幸せを感じてもらいたいと思っています。
そして、自分らしく夢を追って生きていこうとする人を応援できればと思っています。
「農」の持つ可能性を追求していこうと思っています。

2006年02月19日
鉄人イチゴ屋berry_blogさん | Comment( 0 ) | |
Recent Comments
  • ライブドアブログ