9-kobayashi-0911a
9-kobayashi-0911b

9-kobayashi-0911c


   お庭で あそぼう! vol.17 - 気軽にスケッチを楽しもう -

   
   こんにちは。 日中は夏のように暑い日もありますが、
   朝夕は だんだんと秋らしくなってきましたね。

   読書をしたり、美術館へ出かけてみたり、
   おいしいごはんをたくさん食べたり・・・
   普段とおなじことでも、『秋』 というだけで なんだか
   わくわくしてきませんか?

   そこで、今回は
   お家でも お外でも楽しめて、ぜひ いろいろなところへお供にしてほしい
   『携帯用 水彩セット』 の作り方をご紹介します。

                            

   
    材料 

    ・FIMO ソフト(低温で焼ける粘土)
     色々な色がありますが、絵の具の色が分かりやすい『白』の粘土を使用しました。
  
    ・缶
     フタ付きで、えんぴつや水筆が入るサイズですと、より使いやすいと思います。

    ・お好みの水彩絵の具

    作り方 

    粘土をやわらかくして、缶に敷き詰めます。
      えんぴつや、水筆もいっしょにしまう場合は そのスペースを
      あけておいてください。
      粘土が固いときは、あたためるとやわらかくなりますよ。
       (手の暖かさでも、十分やわらかくなります。)


   
    お好みのサイズの穴を、えんぴつやペンであけます。
      ここに絵の具を入れますので、貫通しないように注意してくださいね。

   
 

    110度に予熱したオーブンで約30分焼きます。
      ご使用になるオーブンにより、多少時間が変わる場合がございます。


    焼き上がりましたら 缶を冷まし、
      お好みの絵の具を入れていきましょう。
      絵の具が固まったら、出来上がりです。
      何色にしようか 結構迷いますので、オーブンで焼いている間に
       色を選ぶと良いかと思います。


    

                            
   
   
    作ってみた 感想 

    粘土は、とてもあつかいやすく、思っていたよりも簡単でした。
      110度、30分で焼き上がり、出来上がりを触ってみると
      しっかりと『陶器』のような質感です。

    えんぴつや筆も入るサイズなら そのまま持ち運べて便利です。
      もちろん、小さいサイズもペンケースの中に入れることができますし
      使いやすいのですが、この缶ひとつにまとまるので、
      お庭でスケッチするときや、
      お出かけ先で描きたい時にすぐ描けるのが、
      使っていて とても便利だなと思いました。

      それから、フタ裏に牛乳パックで作ったパレットを
      貼っておくと便利ですよ

      手帳やノートに少しのイラストを描いたときや、
      お庭の様子や旅先でスケッチしたり
      (そのまま絵はがきにして送ってみるのもステキ
      実は、とても使いやすく 楽しいので、4つも作ってしまいました。
     
      みなさんも ぜひ、作ってみてくださいね。
      そして、すてきな秋を お過ごしください。


                           
      
 
      ベリーガーデンHP  
      http://berry-garden.net/

    □水戸市 ガーデン・エクステリア・外構
    □わかりやすい ガーデン価格・エクステリア価格・外構価格

    [主な仕事内容 ]
    ●ガーデン・エクステリア・外構全般
    ●ガーデンデザイン・ガーデン工事
    ●エクステリアデザイン・エクステリア工事
    ●外構デザイン・外構工事
    ●ブロック塀・レンガ・枕木などの組積工事
    ●フェンス・門扉・ポスト・表札などの金物工事
    ●タイル・自然石張り・化粧左官などの仕上げ工事
    ●車庫土間・アプローチ・グランドコンクリートなどのコンクリート工事
    ●カーポート・テラス・サンルーム工事
    ●ウッドデッキ工事
    ●植栽工事(芝・植木・メインツリー・生垣)
    ●花壇・菜園スペース・キッチンガーデン
    ●お庭のリフォーム
    ●雑草対策(防草シートなど)
    などなど、外まわり(庭)のプランニング・デザイン・工事全般です