自民党の谷垣禎一総裁は11日、奈良市で開かれた党奈良県連の会合であいさつし、「民主党の乱暴な政治に歯止めを掛けるには、自民党が真っ正面から取り組まなければだめだと思っている方が多い。私も政治生命を懸けて7月の参院選に突進していく覚悟を新たに固めた」と語った。
 平沼赳夫元経済産業相らの新党「たちあがれ日本」については、「あの政党をご覧になって、未来を託するに足ると思う人は多くないと思う」と批判した。 

漂着ポリ容器の半数にハングル文字 3月末で2万2千個確認(産経新聞)
ペット投棄の元町議、飼い主に別の骨渡す(読売新聞)
鳥取市長に竹内氏3選(時事通信)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
<日弁連>派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会(毎日新聞)