羽生善治名人(39)に三浦弘行八段(36)が挑む第68期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第3局は6、7の両日、千葉県野田市の同市民会館(旧茂木佐邸)で行われる。

 第1、2局はともに横歩取り8五飛となり、羽生が連取して対三浦戦の連勝を12に伸ばした。第3局の舞台は関根金次郎十三世名人の出身地で、市制60周年を迎えた。ここで羽生が3連覇まであと1勝とするか、三浦が初白星をあげて流れを変えるか。先手番は三浦で、持ち時間は各9時間。立会は石田和雄九段、解説は鈴木大介八段、記録は門倉啓太三段。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:久保王将「楽しみながら努力」 就位式に300人
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
将棋:鋭い攻め 羽生が連勝 名人戦第2局
将棋:双方強気、最終盤の局面に 名人戦第2局
将棋:三浦の策に羽生長考 名人戦第2局

地域間交流拡大で一致=13年ぶり日ロ知事会議(時事通信)
<横領>JAおやま職員、顧客の預金解約し1億5000万円(毎日新聞)
高速道無料化でCO2排出は減る? 増える(産経新聞)
上げ馬神事 「人馬一体」土壁に挑戦 三重・多度大社(毎日新聞)
指揮者・ゲルハルト・ボッセ 88歳が紡ぐ“みずみずしい音楽”(産経新聞)