平野博文官房長官は28日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の米領グアムへの移設は困難との見方を示したことについて「首相の発言は発言としてあるが(グアム移設を)排除するという考え方はとっていない」と述べた。政府と与党が新たな移設先を協議する「沖縄基地問題検討委員会」の議題とする考えを示した発言だ。

 同委員会は同日午後、首相官邸で第1回会合を開催。平野氏が主宰し、グアム移設を強硬に主張する社民党から阿部知子政審会長ら2人、国民新党からは下地幹郎政調会長、政府からは武正公一外務副大臣や榛葉賀津也防衛副大臣らが参加。必要に応じて有識者も加わる。

 平野氏は会見で、委員会の結論を来年5月までに出す考えを示した。

【関連記事】
前原国交相、普天間問題で「日米中の正三角形はおかしい」
普天間移設でグアム否定発言も…鳩山首相「連立で抑止力も議論」
普天間のグアム移設否定は「一つの考え」 鳩山首相
首相「グアム移転無理」改憲への意欲も ラジオ収録で
首相 普天間移設先「来年5月」と明言 岡田外相、クリントン氏に伝達 

n01nl8eiの日記ブログ管理ツール
個人用ブログ
出会いランキング
クレジットカード現金化 比較
ライブチャット