鳩山由紀夫首相は26日夜、2010年春闘で連合が日本経団連に対し、定期昇給などによる賃金水準の維持を主張していることについて「連合の考えとすれば理解できる。ただ、経済状況はそう簡単ではない。経営者にとってみて、簡単に昇給できるという状況ではないと思う」と述べ、経団連側の立場にも理解を示した。首相官邸で記者団に語った。
 連合は民主党最大の支援組織。同党代表でもある首相のこうした発言は、政府・民主党や連合の間で論議を呼びそうだ。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
株安・円高「様子を見る」=鳩山首相
衆院解散の意思ない=鳩山首相

「演出は初めから決まっていた」 大家族の母がフジテレビ批判(J-CASTニュース)
「大寒」でも春の陽気=沖縄は夏日-気象庁(時事通信)
陸山会土地購入 水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に(毎日新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)
政教分離訴訟 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁(毎日新聞)