日本歯科医師会の政治団体「日本歯科医師連盟」(堤直文会長、日歯連)は19日、東京都内で臨時評議員会を開き、民主党が次期参院選比例代表の候補として歯科医師の擁立を予定しているのを受け支援する方針を決定した。日歯連は自民党の有力支持団体だったが、昨年10月に参院選で自民党公認候補を擁立する方針を撤回。民主党の石井一選対委員長が18日に「日歯連の会員の歯科医師を民主党公認候補者として擁立する」として支援を要請していた。

【関連ニュース】
民主党:参院選島根選挙区に元アナウンサー擁立へ
自民党:公募で「若返り」…参院選候補選び17県連実施
自民:「独自」に知恵絞る 参院選マニフェストの議論開始
みんなの党:福島県連代表が参院選出馬
自民党:栃木県連 参院選候補予備選で一部ネット投票導入

前原国交相「胆沢ダム談合情報あった」(産経新聞)
2010年度診療報酬改定のポイント(1)(医療介護CBニュース)
2億円所得隠し 北新地の高級クラブ経営者の夫を脱税で告発(産経新聞)
モテモテひこにゃん、「サンマ」チョコも(読売新聞)
陸自、ハイチで活動開始…宿営地外で整地作業(読売新聞)