平野博文官房長官は26日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れ反対派が勝利した同県名護市長選に関連し「(受け入れ先と)合意しないと物事が進められないものなのか」と述べ、地元の同意なしで移設先を決めることもあり得るとの考えを示した。同時に、結論を出す過程で、地元の理解を得る努力をする立場も強調した。
 また、平野長官は、移設先選定に当たり名護市長選の結果を必ずしも「しんしゃくしない」との自身の発言が国民新党などの批判を招いたことに関しては「一つの民意であることを否定したものではない」と釈明した。 

【関連ニュース】
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相
移設に「新たな要因」=日本の方針確認へ
衆院予算委の詳報
大島自民幹事長「沖縄の世論は二分」=普天間
沖縄知事も「県外」表明を=稲嶺氏

<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」(産経新聞)
<普天間移設>総辞職覚悟で選定を 民主・海江田氏(毎日新聞)
JR武蔵野線新駅の名称、「吉川美南」に決定(産経新聞)
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ(医療介護CBニュース)