上野動物園の「パンダ復活」の背景には、深刻な来園者の減少がある。リンリンの死を受け、08年度の来園者は前年度から60万人近く減り、約290万人になった。年間来園者が300万人を割り込んだのは60年ぶりで、70年代のピーク時の半分以下に落ち込んだ。

 動物園としての集客数は全国トップの座を維持しているものの、旭山動物園(北海道旭川市)には年間来園者数で十数万人差まで迫られている。「来園者数を回復する切り札はパンダしかない」との声は強まっていた。

 田畑直樹・副園長は「園内の提案箱に『パンダがいなくてさびしい』との声が数多く寄せられていた。さっそくパンダを受け入れる準備を始めたい」と話す。パンダ飼育の再開を求める署名活動をしてきた上野観光連盟の茅野雅弘事務総長は「パンダは上野のシンボル。不景気で商店街の元気がなくなっているが、明るい話題になる」と喜んだ。

 国内では現在、神戸市立王子動物園(神戸市)で2頭、動物公園「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)で7頭のパンダが飼育されている。

【関連ニュース】
上野動物園:ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も
上野動物園:パンダ飼育へ 11年にも中国から受け入れ
上野動物園:逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で
婚活:動物園でも課題 高齢化の壁、お年ごろ奪い合い
アジアゾウ:「はな子」誕生日、国内最長老の63歳 特製ケーキ贈る

<菅財務相>「消費税、3月から本格的に議論」(毎日新聞)
続投に国民の厳しい評価、小沢氏は強気の姿勢(読売新聞)
<日弁連会長選>3月10日に再投票、即日開票(毎日新聞)
富山の男性4人戻らず=栂池高原で山スキー-長野・小谷村(時事通信)
雑記帳 建設会社が「わさびチョコ」発売(毎日新聞)