大阪、兵庫など2府3県の不二家の店頭からペコちゃん人形計10体を盗んだとして、窃盗などの罪に問われた住所不定、元暴力団組員稲葉洋被告(43)の判決公判が13日、和歌山地裁であった。国分進裁判官は「生活、遊興費のための換金目的で、動機は身勝手。店の象徴ともいえるマスコット人形であり、社会に与えた影響も無視できない」として、懲役5年(求刑懲役6年)を言い渡した。
 判決によると、稲葉被告は仲間らと共謀し、2008年5月~09年2月、大阪、三重、京都、兵庫、和歌山にある不二家の店頭からペコちゃん人形10体(計約59万円相当)を盗んだ。 

【関連ニュース】
仏像窃盗、元住職に実刑=事業資金目的「動機は悪質」
裁判員裁判で猶予判決の男に実刑=保護観察中に窃盗
強盗致傷を窃盗と傷害=適用罪名変更、裁判員判決
裁判員「DVD参考になった」=強殺事件で無期懲役判決
警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」

浜教組、教科書不使用指示 なお「思想闘争」 ゆがむ歴史教育(産経新聞)
<普天間移設>米との交渉優先を 亀井担当相(毎日新聞)
奈良の連続婦女暴行事件、養護学校侵入男を逮捕へ(産経新聞)
半導体メーカー 上場時に粉飾疑い 証取委が強制調査(産経新聞)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑-大阪府警(時事通信)