鳩山首相は15日朝、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題をめぐり、小沢氏の説明を求める声が出ていることについて、「国民は『こういう問題になると説明責任が果たされていない』と思われると思う」との認識を示した。

 ただ、「検察の捜査がこのような状況で、資料も提出している中で、本人が言うことには当然、限定がある」とも述べ、小沢氏の対応を擁護した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 民主党政権下で首相の偽装献金事件や小沢氏の土地購入問題など「政治とカネ」にまつわる問題が相次いでいることに関しては、「国民も『またか』という思いは感じていると思う。ただ、この問題も私自身の問題も、(昨年の)総選挙の前から出ていた話だ。問題があるにもかかわらず、民主党を国民の多くが選んだ。その責任も果たさなければいけない」と強調した。

<党首討論>補正予算の月内成立条件に開催 3与党が打診へ(毎日新聞)
24日に住民と意見交換=八ツ場ダム中止問題で-前原国交相(時事通信)
武器輸出三原則、見直しを=北沢防衛相(時事通信)
<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)
鳩山首相、石川議員逮捕で謝罪(産経新聞)