22日午前3時ごろ、京都市南区西九条猪熊町の福田寺に複数の男らが押し入り、就寝中の住職の男性(62)と弟の副住職(60)の手や足を電気コードで縛ったうえ、「金、金」などと要求。男らは室内を物色し、住職の部屋にあった現金約200万円を奪い逃走した。けが人はいなかった。南署が強盗事件として捜査している。

 南署によると、男らは3、4人いたとみられるが、全員の性別や国籍などは不明。敷地内にある住居などの窓ガラス2枚が割られており、そこから侵入したとみられる。

 事件当時、住居には住職の母親(90)もおり、就寝中だったが縛られておらず、住職らの叫び声で犯行に気づき、午前4時半ごろ、そばにあった電話で110番した。副住職もほぼ同じころ自力で縛られていたコードをほどき、そばの交番に駆け込んだという。

 福田寺はJR京都駅の南西約800メートル。世界遺産・東寺(南区)の北東の住宅街の中にある。

 近くに住む無職、中条カヨさん(67)は「正月にお参りしたばかり。お寺でこんなことがあるなんて怖い」と話していた。

【関連記事】
寺からお布施など600万円盗まれる 静岡
寺の仏像4体盗まれる 滋賀県栗東市
賽銭ドロ未遂容疑で自衛官逮捕 長崎県警
お見事!高校球児が賽銭ドロ捕まえた
「小遣いが欲しかった」 賽銭ドロ未遂の男を逮捕

<不起立教員>「神奈川県教委は氏名収集停止を」 審査会(毎日新聞)
<名古屋市>住基ネット離脱に意見50件 賛成1、反対35(毎日新聞)
<オバマ大統領>「広島に行きたいと思う」 秋葉市長と面会(毎日新聞)
名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)
東京都の「派遣村」終了、再就職は十数人(読売新聞)