民主党の小沢一郎幹事長は11日、栃木県日光市で開かれた同党衆院議員の集会であいさつし、「『国民の生活が第一』というモットーに恥じないような政治を実現していきたい」と強調した。
 小沢氏の地方遊説は、政治資金規正法違反事件で元秘書の石川知裕衆院議員らが4日に起訴されてから初めて。あいさつは18分間だったが、事件への言及は一切なく、参加者から「辞めろ」とヤジられる場面もあった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

酒臭い男、警察に乗り付け「飲酒運転ダメだよね」(読売新聞)
<春の陽気>都心で21度 3地点で2月観測史上最高を更新(毎日新聞)
与党が「個所付け」資料提出拒否 自民は審議拒否も(産経新聞)
トヨタは顧客の視点が欠如している…前原国交相(レスポンス)
【中医協】診療所の地域医療貢献を評価へ(医療介護CBニュース)