町指定ごみ袋を盗んだとして、奈良県警田原本署は13日、同県田原本町八田、町環境管理課職員、松本哲也容疑者(28)を窃盗容疑で逮捕した。逮捕容疑は、昨年3月31日~12月25日、勤務先の町清掃工場車庫から、段ボール56箱分の町指定ごみ袋2万8000枚(時価126万円相当)を盗んだ疑い。

 同署によると、ごみ袋の市価は1枚45円で、松本容疑者は「10円安い1枚35円で友人に売った。金にしたかった」と、容疑を認めているという。同署は転売された可能性もあるとみて調べている。

 同町によると、昨年12月25日に在庫整理をした際、ごみ袋がなくなっていることが発覚。今年1月5日、松本容疑者が上司に「私が取りました」と申告してきた。寺田典弘町長は13日に記者会見し、「物品の管理、施設の管理体制が問われるゆゆしき問題。町民の皆様に深くおわび申し上げます」と謝罪した。【大森治幸、上野宏人、高島博之】

【関連ニュース】
銀座貴金属店窃盗:警視庁、香港警察と本格的な情報交換へ
窃盗容疑:カップめん盗み「捕まえて」 奈良
ドラム缶遺体:窃盗容疑の42歳 遺棄認める 大阪・阪南
窃盗容疑:優勝馬の勝負服盗む 名古屋の男逮捕 滋賀県警
新型インフル:ワクチン80人分盗難 京都の病院

港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も(産経新聞)
「APEC対策、決意新たに」=警視庁が年頭部隊訓練(時事通信)
羽田空港 管制に障害 欠航や遅れ 成田と一元化の初日(毎日新聞)
琵琶湖で釣り上げ、ブラックバス世界最大認定(読売新聞)
島根女子大生遺棄 靴発見現場で拉致か 脱げ落ちた可能性(毎日新聞)