木島佳苗容疑者(35)は、これまで詐欺や窃盗などの容疑で計6回も逮捕され、すべての事件で起訴されている。埼玉県警が再逮捕を重ねた背景には、自白や物証など直接証拠の乏しい中、状況証拠の積み重ねで殺人を含む事件の全体像を描こうとの方針があったとみられる。

  [表で見る]木島佳苗容疑者を巡るこれまでの流れ

 県警は、最初の詐欺容疑での逮捕前の平成21年9月上旬、木島容疑者から任意で大出さん死亡の経緯について事情を聴いていた。捜査関係者によると、その際の感触は「殺害の自供を得ることは難しい」というものだったという。

 また、大出さんへの犯行に使われたとみられる睡眠導入剤や練炭はいずれも大量に流通している製品。鑑定で木島容疑者が所持していたものと同種のものだと判明したが、直接、木島容疑者と犯行を結びつけることは困難だった。

 そのため、県警はまず木島容疑者が結婚詐欺を繰り返していたことの立件に全力を挙げた。これまでに木島容疑者が起訴された事件の被害者は、大出さんを除いて5人。全員が木島容疑者にうその結婚話を持ちかけられていた。

 ある捜査関係者は「大出さん殺害事件は詐欺と殺人がセットになっているのが特徴。他の結婚詐欺の立件は、事件の全体像を明確にする上で欠かせなかった」と話す。

 また、県警は結婚詐欺の被害者の1人が、木島容疑者に睡眠導入剤を飲まされ、現金を盗まれていたことを立件。木島容疑者の犯行に睡眠導入剤を使うという特異な傾向があることを浮かび上がらせた。

 間接的な事実を積み上げることで凶悪犯罪を立証する捜査手法は、証拠の乏しい事件捜査では一般的な手法ではある。ただ、今回の事件が殺人罪で起訴された場合は裁判員裁判の対象となる。「わかりやすさ」と「精密さ」の双方を満たす捜査が今後、求められる。(西尾美穂子)

【関連記事】
木島容疑者、犯罪に手を染めたその原点は…
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント 結婚詐欺・連続不審死
「尽くします」メールは同一文面 木島容疑者、手当たり次第に送信
ほかにも3人不審死 木島容疑者の関与を慎重に捜査
結婚詐欺の木島容疑者を殺人容疑で再逮捕 

「斟酌理由ない」に抗議=官房長官、民意尊重と釈明-沖縄選出議員(時事通信)
「たたかれて政治家成長」中曽根氏、首相を激励(読売新聞)
特急衝突、客ら41人けが=トラックがスリップ、踏切に-北海道(時事通信)
<掘り出しニュース>唐ワンくんに手編みマフラー「うれしいワン」(毎日新聞)
市町村への権限移譲、各省に照会=359事務対象-地域主権室(時事通信)