社民党の照屋寛徳国対委員長は12日、国会内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「政権内部で海外移設を真剣に検討しているようには思えない。米国に過剰に遠慮して、主権国家としてきちんと主張していないのではないか」と政府の姿勢を批判した。
 照屋氏は、9~11日に米自治領北マリアナ諸島を視察した結果、「(同諸島の)サイパン、テニアンへの移設実現の可能性を強く確信するに至った」と強調。近く平野博文官房長官に両島への移設を真剣に検討するよう求める考えを示した。 

【関連ニュース】
新高速料金「支離滅裂」=共産・市田氏
鳩山首相、核不拡散で貢献策表明へ=核安保サミット
「県外への機能移転」検討=北マリアナ諸島は否定的
普天間飛行場の補修工事完了=嘉手納移転機の運用再開
普天間で米大統領に協力要請へ=鳩山首相、核サミットへ出発

少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
大和ハウス奈良工場で火災=けが人なし(時事通信)
村木被告の元上司、小豆島町長に初当選(産経新聞)
<子ども手当>「全額現金支給」厚労相が見解(毎日新聞)
<村本さん死亡>13日夕に無言の帰国 司法解剖へ(毎日新聞)