政府は24日午後、韓国が哨戒艦沈没事件に関する北朝鮮への措置を発表したことを受け、首相官邸で安全保障会議(議長・鳩山由紀夫首相)を開き、対応を協議する。首相は既に「韓国を強く支持する」との立場を示しており、国連安全保障理事会などで米韓両国と連携していく方針を確認する見通しだ。
 安保会議には岡田克也外相、北沢俊美防衛相ら関係閣僚のほか、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相、国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相も出席する。平野博文官房長官は同日午前の記者会見で、韓国を支持する政府方針を改めて表明し、「日米韓との間を含め、十分連携を取る」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】緊迫!朝鮮半島~哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

小ネタ仕込む…裁判員和ますのに裁判官も工夫(読売新聞)
<障害者政策>特別学校を希望制に 改革会議が1次意見書案(毎日新聞)
【いきいき】NPO法人「ノーベル」代表理事・高亜希さん(産経新聞)
<国家公務員>改革全体像は先送り…採用4割減(毎日新聞)
重くして“エコカー認定”の欺瞞(Business Media 誠)