o0348023212993928710★長くなりますので、記事をわけて「電磁波理解と対策」の入門編など書かせて戴きます。

⦿「ペットは自分の鏡」などと「ご挨拶」にも書き、幾分記述が重なりますが、自分も愛犬の不調から2年位立って「電磁波過敏症の症状」が出たので、電磁波による健康被害は、「ペットから先に現れる」ということを実感しております。

⦿身代わりに症状が顕現されているという感じです。

⦿ペットの特徴的な病気(腫瘍・てんかん・心臓病他)は、「日頃の電磁波ケア」と「食事・運動」が最も大切で「霊的な影響は」心の構造上、レアケースだと思ってます。
⦿日頃の「予防的ケア」を意識した生活心掛ければ、「恐れる必要はなく」回避の方法はいくらでもあります。

⦿病気になってから「なんでなの?」っていう様な心境で、安易に「抗生物質」などに頼ることは、明らかに間違った選択で、一時、効いたように見えるけど、免疫力を一層低下させます。
⦿愛するペットが「自分の身代わりで」訴えていると思い、「本当の原因と症状の完治」にあらゆる視点からのケアを取り入れることで、多くの
皆様方に、幸せな「ペットライフ」が、訪れることを願っております。

★次の記事(「電磁波関係のHP」及び当サイトリンク動画の(OneDlive公開版)【目次と解説】)のプロローグです。

⦿TOP右コーナーの「電磁界情報センター」のリンク記事が「入門編」として大変わかり易く纏められております。
⦿動画は実際のケースが多いですが、Ⅰ~Ⅶ迄数本ご覧戴くと「電磁波の詳細」と「公式見解との相違」などがご理解頂けるかと思います。

⦿「公式見解」の背景に、いかに「厚生省・総務省・医師会・電力各社」の利権が絡んでいるかなどは、後日纏めたいと思います。
⦿世界各国で健康被害が真剣に議論されている中、保険適用の議論もなされていません。

⦿電磁波過敏症については、今のところ「北里大学病院」の宮田幹夫教授が斯界のトップランナーで「そよ風クリニック」という医院も個人で開いておられます。(HPはありません)

⦿関連動画については「70本以上」あり、これらの動画リンク貼ると表示が重くなりますので次ページの目次LINLからご入場下さい。
⦿右㊤コーナーの【電磁波理解と被害対策】ボタンからも目次へジャンプしますので、ご入場後は「リスト表示」などでご覧戴くと便利です。...m(__)m

⦿コストのかなりかかるもの(対策グッズなど)は、今回は省いてます。
⦿ローコストかつ体験上「かなり効果あり」と感じたものは、次回以降UPさせて戴きます。