iOS Game Memo

21世紀に蘇った心眼システム!(分かる人は初老のおっさん)
アスファルトシリーズ最新作はアクションゲームの新たな魅せ方を問う中々の意欲作ですよ。
※2018/7月末(グローバル)配信開始


なんと本作はステアリング操作をする事なく、フリックとボタン(ブレーキ&ニトロ)のみでプレイ可能な「タッチドライブ」システムを採用。
(※従来通りの全手動操作もオプションで選択可能)
IMG_7491
▲特定のポイントに来ると2〜3通りの選択肢が表示される。(フリック操作で切り替え)

IMG_7492
▲左のジャンプ台を選択するとバレルロールで大ジャンプ!
ドリフトやスピン、そしてこのバレルロール等々のアクションでニトロゲージが充填される仕組み。

IMG_7493
▲ニトロが満タンの時にダブルタップをすると、瞬時に最大加速に達し前方の敵をブッ飛ばすド派手なショックウェーブが発動する。
とにかく有無を言わせぬ過剰な演出が今作の一番の魅力で、ここを面白い!と思えるか、ガキ臭えで切り捨てるかで評価は一変する感じ。

IMG_7495
▲スピードコントロールを無視して選択を誤れば

IMG_7496
▲半オート運転と言えどもミスになる。


↓私のプレイ動画

▲レースゲームで警察とカーチェイスと言えば、只管無茶苦茶な高性能車両で邪魔されるパターンが多いのだが、今作は360°スピンやショックウェーブでぶっ飛ばせる「攻めのアクション」が楽しめる。
これはかなり気分爽快!


編集中

◼️ゲームの流れ
IMG_7586
▲メニュー画面下、左からストア、①デイリー、②マルチ、③クラブ、④キャリアと並んでいる。


①デイリーイベント(チケット制)
IMG_7595
▲イベントを検索すると各種カードやパックが得られるイベントが並んでいる。
各レースに参加するには規定枚数分のチケットが必要。
※チケットは10分で1枚、最大10枚までストックされる。
一番右端のチャンピオンシップは成績に応じて「トークン」が得られるイベントとなる。

IMG_7587
▲車が無い内は参加出来ないイベントが多いが、取れる報酬は毎日コツコツ貰っておこう。
(ここの参加チケットこそ広告視聴で短縮出来る様にするべきと思うんだけど、、、)

※デイリーイベントは其々終了のタイミングが異なるので、翌日に回せる物は後にする等よく見てチャレンジしよう。


②マルチプレイ
IMG_7592
▲マルチの(リーグ)ランキングは一定期間でリセットされる。
とりあえず走るだけでブロンズリーグの参加報酬が得られるのでまずは参加しないと損。

ブロンズリーグはDランク車両まで、シルバーリーグはCランク車両まで〜とリーグランクが上がる毎に使用可能となる車種(ランク)が変化する。
つまりは下位ランクの車両もしっかり強化して行く必要があるって事ですな。

IMG_7593
▲シーズン最初の一走を終えた後は、一定数の🏆※を(最初の🏆を得た後1時間以内に)得る毎にパックが引ける様になる。
各レース1位で3🏆、2位で2🏆、3位以下は一律1🏆となる。
翌日朝9時には再び10🏆から〜とパック報酬条件がリセットされる。

※現在のiOS版では計10🏆〜20🏆〜と報酬を得る毎に10ずつクリア条件が増えて行く仕様。

★リーグシーズン報酬
シーズン終了時のランク(ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、レジェンド)によりシーズン報酬が異なる。


③クラブ
IMG_7589
▲クラブに参加するとクラブメンバーがシーズン中に得た名声の合計値で「マイルストーン」報酬が得られる。
高ランクメンバーばかりが固まる糞システムとも言えるけど、まぁ人気ゲームなのでしょうがないかなと。

因みにここでもMAMEDASH作ってみました。
まだ始まって間も無いという事で継続するか不明なメンバーばかりなので、iOSの方は良かったら申請してみてください。
(いつまで続けるかわからないけどw)

※クラブメンバー昇格について。
これの意味する所は、メンバーに勧誘権限を分け与えるだけらしい。
注意!キック権限も同時に与えてしまう様なので無意味に昇格するのは考えた方が良いでしょう。


④マイキャリア
要するにシングルミッションモード。
コツコツクリアして報酬を集めて行く流れ。
クリア条件にドリフト何メートルとか、トリックを何回などがあるが、とりあえずは無視してレースに勝つ事を優先すると良い。
サブの条件はレースに勝たなくとも達成可能なので、使用度の低い車両で後から回収すれば良い話。

今の所タッチドライブのみで60%程進んだが、
ハマりやすいポイントのヒントを列挙
バレルロール(シングル)3回転は滞空時間の長いジャンプ台から低速(定速)で飛ぶと良い。
通常ジャンプロール後はニトロを連打してしまうが、要はニトロを焚かない事がポイント。

明らかにパワー不足で詰まる以外は、コース選択やニトロを使うタイミングでタイムが大幅に変わるので諦めない事も肝心。
何というかパズルアクションの最適解を探すみたいな感覚がちょっと楽しい。(給油システムだけは本当に糞だけど)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


▲開始から約3週間。
コツコツ貯めたアレがようやく揃ったよ!
ここからが本当のスタートラインて事なんだろうけども、Sランク車は4回走るとガス欠、チャージには広告を15回近く見なくてはならなくてゲームしてるのか広告見てるのかよく分からない事態に。

これはあんまり過ぎるでしょう。
操作のカスタムが無い事に次いで、βテスター何してたの?案件ですよ。
早急に改善が必要!



デイリーイベントはチケット制で1枚チャージにつき10分待たなければならないし、1プレイに2〜3枚使うのですぐ無くなってしまう。
0から10枚(MAX)貯まるのに100分(1時間40分)待ちなので、イベントで使う車のガソリンは1時間40分以内まで下げれば良いって事ですな。



▲名声稼ぎ動画
名声はプレイすればする程貯まるので初心者もベテランも関係ない所が良いね。
今から始めた方もすぐにクラブの役に立てます。


FullSizeRender
▲スタートから10秒間はノックダウンされないとな。


IMG_8357
▲配信から約1ヶ月半。
イベント等は不完全燃焼気味にもコツコツ続けつつチェンテナリオが☆4に。

IMG_8358
▲強化費用がスンゴイ。

IMG_8359
▲でもそのお陰で久々に青ランプ点灯。
この印は推奨ランクを満たしてますよのサインで、即ちNPCが忖度モードになりますよって事。
キャリアモードはぶっちゃけモロにソシャゲのノリで、単純に対応車を持っているか、推奨ランクに近いかが全て(と言って良い)

まぁ不満を上げればキリが無いほど謎仕様満載のゲームだけど、流石に方向転換なり何かしらのアプデはあるでしょうと期待を込めつつまだ続けてます。

コースレコードも残らないレースゲーって何なん?とか色々、、、やめとこう。

ちょっとこれ無茶苦茶面白いのに情報が全然無い。
とりあえずリンクを貼っておこう(→公式サイト)
グローバル配信開始日(2018/04/27)

他にも日本のコミュニティや攻略情報などありましたら紹介してください!

休止という名の引退になりそうです。
マッチングの5分待ちが我慢できなくなった事と、
各種イベント条件がハード過ぎる事が理由です。

アップデート以降毎日3〜4時間、下手するとそれ以上の時間が「とりあえず」必要なゲームとなってしまいました。
テクニック部分を掘り下げたり、色々やりたかったのですが。

FullSizeRender
▲ラグの問題を改善したとされるアップデートが来た。
しかし「東南アジアBOTマッチ問題」は変わらず。
人と対戦したいなら「該当なし」を選択する他無さそう。
サモンで試した所2〜3分でマッチングされる様です。

編集中

▪️過去バージョンからの変更点

・ルーンレベル5以上に強化可能に(MAXレベル20!!)
※レベル5まではコア以外無料、レベル5以上からは強化に別途コインが必要に。

・チャンピオンの破片追加※チケットによるアンロックは廃止!
破片を一定数集める事でチャンピオンをアンロック可能に。

・バトルパス実装
要するにやり込み報酬みたいな物。
試合に負けてもポイントが蓄えられるので、ゲームをやる程何かしらの報酬が得られるという業績の一種。
ポイントだけ貯めてバトルパスをアンロックするか否かは後で考える〜って形でも問題ないらしい。
IMG_6784
▲チャレンジをクリアする事で(進行中のカップの)EXPが追加で貰える。

要注意!!
IMG_6703
▲スクリーンショット撮ってたらそのままタッチIDが認証して購入してしまった、、、。
まぁ何れか買うつもりではあったけどこれは酷い。
気を付けてください。

・その他キャラ調整
目立った所では、「キネッサの壁抜け撃ち修正」
ルーンレベルが変更された事による強化値調整など。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


IMG_5982
▲約1カ月間、毎日デイリークエストをギリギリ消化するぐらいのペース(+EXPブースト使用)でレベル30に。

IMG_6795
▲ログインボーナス(20日分)は毎月1日に更新される模様。

IMG_4991
(画像は旧バージョン)
▲ゴールドスピン(改めミステリーBOX)は毎日朝9時にリセットされる。
費用は
無料→2,000G→3,000G→3,500G→5,000G→7,000G→10,000G(以降10,000G)と値上がりして行く。
今の所汎用コア×3を当てた事が最高でBOX類は一度も当たった事がない。
タイミング的にメガルーン当たったのでは?と思ってもゴールドカードばっかり当たる印象。
ムキになっても損するだけっぽい。
※ハズレ扱いとも言えるゴールドカードだが、かと言って装備しないのも勿体無いので、結局は適宜引き当てた方が良い。
ちなみにカードを装備する時は「1枚ずつ」装備した方が良い。まとめて装備(99枚)したら何故か業績にカウントされなかったので。




▲Lobi仲間と4人PT!(激闘18分編)
Lobiなんて臭え連中と関わりたくねぇとか肩肘張らずにドシドシご参加くださいな。
私もかつてはゲームのSNSなんて、、、と思ってましたが、入ってみれば楽しいもんです。



★サーバー選択の謎
FullSizeRender
▲日本から接続する場合「東南アジア」がデフォルトとなっており、一見ベターな選択なのだがどうにもマッチングに時間が掛かったり途中で勝手にキャンセルされたりしがち。
FullSizeRender
▲理由は謎なのだが「該当なし」にするとマッチング時間が大幅に短縮される(事が多い)
Ping表記は200ミリ前後で東南アジアを選んだ時の様にアンテナがグリーン表記になったりしないのだが、何故かこちらを選んだ方が良好なのです。
お試しアレ。

※「○○ミリ」と書かれている部分は数が少ないほどサーバー応答が速い事を示す。
参考:100ミリ秒は0.1秒。


とりあえず分かる事からコツコツとメモを開始。

各チャンピオンをアンロックするには
ログイン報酬を確認
IMG_6794
IMG_6793
▲計14日ログインするとコレら全てが手に入る。
つまり、アンドロクサス、バーリク、ターミヌス、スカイの4名はチャンピオンの欠片等々で購入するとちょっと勿体無い。
その他スキン類も慌てて買わない様に注意。

練習モードではロック状態のチャンピオンも試用できるので、十分に試してお気に入りのチャンピオンからコツコツとアンロックして行くと良いだろう。
(仕様変更につき、チケットでの購入は出来なくなった様だ)

各チャンピオンはルーンをレベルアップする事で少しずつ強化される。
ルーンをレベルアップするには各チャンピオン対応の各色「コア」が必要。
コアの種類
レッド:ダメージ
グリーン:最大HP
ブルー:各キャラの特徴的な能力
★汎用コア:チャンピオンや色に関係無く使用出来る特別なコア。
IMG_6487
▲この様に「汎用コア」はチャンプも色も関係なく使用出来る。
使い渋ってると使うタイミングを失うので気を付けよう(私の事です)
今後追加されるチャンプの為に温存するのもアリだが。


◾️ゲームモード(ルール)

※シージはランクマッチとなっており、シーズン毎に一定ランクに残ると上位ランクへ昇格となる。
負け続けたりサボるとランクが下がる。
IMG_7048
▲シージのランクポイントは連勝する毎に+5ポイントとなる。
6連勝以降は50ポイントとなり負けると連勝ボーナスはリセットされる。
負けた場合は一律マイナス20ポイント。

「シージ」: ペイロードを敵陣に運ぶ競技
★勝敗はポイント制で合計2ポイント先取したチームの勝ちとなる。
MAP中央の円部分を占領すると「ペイロード」が召喚される。
ペイロード周囲の薄青いサークル内に近づくと敵陣に向けて動き始める。
防御側の場合も同様にサークル内に近づく事で進行を止める事が出来る。
「3:30秒以内に」ペイロードを敵陣内に進めるか引き止めるかの綱引きがメインの展開。
オーバータイム:時間を過ぎても1人でも攻撃側がペイロード付近に居ると続行となる。
※ペイロードの攻防以外もオーバータイムの対象となる追加ルールが施された。
・ペイロード召喚で1ポイント
・ペイロードを敵陣地まで運ぶと1ポイント
・ペイロード防衛で1ポイント

他の試合形式と比べると、まず「癒しの泉」が無い事が挙げられる。
逃げ場も殆ど無いので、ある意味デスマッチよりもベタに戦力差で試合が決まってしまう事が多い。
ランキングに絡むので、お試しやイベント絡み等「個人の都合で」チャンプを選ぶのは避けるべき。


「サモン」: 防衛塔を破壊するバトル
※2018/5/16 : 少しルール変更あり、ジャガーノート無しで直接防衛塔を叩く事は不可能となった。
勝敗は単純明快「防衛塔を破壊」したチームの勝ち。

MAP中心の縦に並んだ円陣3つ(又はいずれか)を占領し続ける事でジャガーノートが召喚される。
ジャガーノートはペイロードと同様青いサークルに近く事で前進する。
ジャガーノートを防衛塔付近に連れて行くとシールドが解除されるので、その時一斉攻撃を仕掛ける流れ。
ただしジャガーノートは一定数(要調査)ダメージを受けると破壊される。
各陣営に一つずつある「癒しの泉」は破壊する事が可能。

個人的にはこちらの方がランクマッチに適したルールかと思うのだが。
個人技が活かせる場面やドラマチックな逆転劇が起こる事が多い。
壁で隔離されているポイントの取り合い、ジャガーノート召喚後(又は撃破後)の攻防など、攻守が常に入れ替わるので流れを読みながら行動しよう。


「デスマッチ」(現在停止)
※サモンとデスマッチはランキングには影響しないゲームモードとなる。
試合時間が比較的短い(5分程度)のでより気軽に遊び易い。
5vs5のシンプルなチーム対戦。
30キルを先取したチームの勝利となる。
MAPの東西にある「癒しの泉」は両軍とも使用出来る。(サモンの物とは違い破壊は出来ない)

デイリークエストにも絡まないオマケモードなので
細かい事は抜きにドンパチ楽しめば良いと思う。
使い始めたチャンプの練習などに最適。
MVPは多くキルを奪った者に与えられるが、代わりに沢山死んでる場合は白い目で見られるかも。
まずは死なない立ち回りを念頭に行動しよう。


「キングモード」
プレイヤーの1人がキングとなり、チームメンバーが護衛しつつ戦う。
キングが倒れると同チームメンバーはリスポーンされなくなる。
キングは立候補した者の中からランダムに選ばれる模様?
リスキル(復活位置で待ち構えて倒す)が容易に出来てしまう等、色々不備が目立つが要はデスマッチにちょっと変化を付けてみたって感じなのかな?
ちょっとゴチャゴチャ過ぎて練習モードとしても微妙なんですけど。


◾️操作方法

IMG_4787
▲最初のチュートリアル以降、一切ヘルプが見られないので細かい仕様がわからなくなるという問題が。

IMG_5677
▲画面左に指を置いて移動、
画面右側の「アビリティボタン以外の範囲」で攻撃指定。

IMG_5678
▲試合中ポイントが一定の数値に達すると「タレント」選択となる。ガチャプレイしていると意図しないタレントを選んでしまう事があるので注意しよう。

IMG_4790
▲回復モードに入るには5秒必要との事。
実際の体感ではもう少し早いタイミングでリカバリー状態になる様な気がするが?

その他の細かい操作方法について
オプションで「攻撃キャンセル」の方法が選択出来るが、iOSでは対応していない様子?
基本攻撃が突進や投擲タイプ以外の「射撃タイプ」の場合、狙いを付けた後ニュートラル位置に指を戻す事でもキャンセル可能。
その他の場合はアビリティを選択した状態(指を離す前)でキャンセルボタンを押す。
又はキャンセルボタンの位置まで指を動かして離す。
基本的にはこの2つの方法が攻撃キャンセルとなる。

手動エイム→攻撃方向指定
範囲内自動索敵タイプ(投擲・設置系など、手動エイムも可)


◾️やや初心者無視な点が気になる。
よくわからない略語が平然と使われているのでMOBA初心者にはやや厳しい点も(私の事だが)
とはいえ抑えておけば良いワードはそれ程ないようなので気になった用語をメモ。

「MOBA」
Multiplayer Online Battle Arena
(マルチプレイ オンライン バトル アリーナ)の略。
細かくは色々由来や決まりがあるのだろうけど、
対称型のMAPで複数のプレイヤーとチームワークを以って戦略的に対戦するオンラインゲームって事で大体合ってると思う。

「CC」
Crowd Control(クラウドコントロール)の略。
群衆操作、気絶や足が遅くなるなどの状態異常攻撃の事。
例:「CC持続が50%減少する」状態異常時間が半分になる。

「CD」
Cool Down(クールダウン)
アビリティが再使用可能になるまでの時間。
例「CD:14s」とは14秒間隔で再使用可能になる。

「チャンピオン / チャンプ」
各使用キャラクターの事

「ULT / ウルト」
Ultimate Skill(アルティメイトスキル)の略。

「タレント」
能力強化、ゲームの展開によって強化を使い分ける。

「ロール」
4つに分けられた各チャンピオンの役割
・Damage(ダメージ):正面からの火力に優れる。
・Flank(フランク):側面からの攻撃など機動力に優れる。
・Healer / ヒーラー(サポート):パーティメンバーを回復するスキル等を持つ。
・TANK / タンク(フロントライン):高体力&シールドスキルでチームの盾となる。
※「タンクとヒーラー」は特に重要、どちらかが欠けてもバランスの悪いチームになりがち。

その他ゲーム内用語
・リカバリー:非戦闘時の自己回復の事。


◾️チャンピオン(使用キャラクター)
ダメージ:火力
フランク:機動力
ヒーラー(サポート):回復
タンク(フロントライン):盾
注)カタカナ読みは好みで付けてます。
※HP数値は旧バージョンの初期値につき現行と異なります。


ダメージ

Viktor (ビクター) HP2600FullSizeRender基本キャラ
フラググレネードは適当に押しても最寄りの敵へ放り投げる(足を遅くする効果あり)
ダッシュアビリティの「ハッスル」は再度タップすると停止となるので誤って連打しないよう注意。


Cassie (キャシー) HP2200FullSizeRenderULTは愛鳥ジグス(ハヤブサ)が敵を気絶させる。ドッジロールは矢を補充する効果付き。 


Drogoz (ドロゴス) HP2100FullSizeRender弾速は遅いが爆風による範囲攻撃が強み。
適当に連打しても敵集団にプレッシャーを与える事が可能。
ULTのドラゴンパンチは当たれば必殺(無敵スキル系以外)


Bomb King (ボムキング) HP2400FullSizeRender爆弾を設置したり直接貼り付ける等して敵にプレッシャーを与える。先読みが大事なテクニカルキャラ。
ULTは自ら爆弾となってゴロゴロ転がって突進する。
敵集団に突っ込んでダメージを稼ごう。
※ULT発動後に再度ボタンを押す事で好きな場所で爆発出来る。


Kinessa (キネッサ) HP2100FullSizeRenderスナイパーモードで視界が大きく拡がる。
スナイプ時の射線は敵から見えてしまうので居所がバレやすい、マインの使い方等々使い手次第で戦果は大きく変わる。


Tyra (タイラ) HP2400FullSizeRender設置型の広範囲炎攻撃が何気に強力。
ULTは押しっ放しの連射を叩き込む。


Sha Lin (シャーリン) HP1800FullSizeRender▲2018/05/15日V1.0.10にて追加されたチャンピオン
壁に反射する矢を放つテクニカルキャラ。
活かすも殺すもエイム力(と運)次第。
ULTは10秒間姿を消すステルス系スキルだが、結局はしっかり「当てる」能力がないと宝の持ち腐れ。


 Strix (ストリクス) HP1800
FullSizeRender
18/7/2日にアップデートパッチにて追加。
いつでもハンドガンとスナイパーライフル(しかも貫通する!)を切り替え可能、エネルギー式のステルススキルなどかなり好き放題出来そうなチャンピオン。


フランク

Buck (バック) HP3200FullSizeRender自己回復スキルを持つタフなチャンプ。
ジャンプスキルはサモンの壁などを飛び越える事が可能。


Evie (イーヴィ) HP1800FullSizeRender完全な無敵状態を作れる特殊スキルを持つ。
危険を感じ取ったらとりあえず氷になり、次の一手を考えよう。
ULTの竜巻は近距離ジワジワダメージ系。
適当に放っても簡単に避けられるので使い方に注意。


Androxus (アンドロクサス) HP2600FullSizeRender短距離ダッシュスキルを3回まで貯めて使える。
防御と反撃を備えたダメージ吸収スキルを持つ。
ULTはドロゴスの通常攻撃の強化版的な感じ(範囲ダメージ)
単体攻撃としては最終タレントまで育てた通常攻撃の方が火力は高くなる。


Skye (スカイ) HP2200FullSizeRender通常攻撃は射程が短いが、連射が効く上に充填も全キャラ中最も早い。
姿を消す→3発充填しつつ目標を定め近寄って連打が基本。
ULTは時限爆弾を設置する。使い方は同じく消えて→近くが基本。
爆弾は範囲攻撃となるので、貼り付けられた場合は慌てて味方に近寄らない様に。
チームから離れて覚悟を決めよう。


Maeve (ミーヴ) HP2600FullSizeRender通常攻撃が強力な対人貫通弾(壁などは貫通しない)
足が速くなるスキルを持ち、ULTは広範囲に敵の視界を奪う。
※自分で使うと4秒は短いのに相手に使われると凄く長く感じる不思議。


Lex (レックス) HP2500FullSizeRender適当にぶっ放してもソコソコ強いが、使い手の力量で戦果は大きく変わるテクニカルキャラ系。
ULTは体力7割以下の敵を倒す必殺系だが、先読みセンスが必要。


Zhin (ジン) HP2200FullSizeRender反射付き防御スキルやらヒット後オマケ攻撃が飛び出すインチキキャラ。
突っ込んでは無敵スキルで逃げる〜を繰り返すのが基本。
ULTは数秒間留まってバシバシ敵を斬るので逆に隙が大きいリスクの高い技。



フロントライン(タンク)

Makoa (マコア) HP4500FullSizeRender全方位防御のドーム状シールドが張れる。
敵を捕獲するチェーンは対象のスキルを阻止中断させる事も可能。
ULTが使える場面はかなり限定される(と思う)
※ULTによる巨大化時にもチェーンは使用可能。


Fernando (フェルナンド) HP4600FullSizeRender
味方と自身を守る大きめのシールドは意外と耐久性が低い。
シールドのエネルギーはクールダウン(CD5秒)と関係なく不使用時にゆっくり回復する。
ULTは5秒間(周囲の仲間含め)HP1,500以下に下がらなくなり凡ゆるデバフ(相手のCC系アビリティ)も無効になる。
小細工無しの状況ならタイマン最強の呼び声も高い?
相手にする場合は必ず複数人でかかろう。


Barik (バーリク) HP3800FullSizeRender砲台(ターレット)を2つまで設置出来る守備的タンク。
ULTは一部のチャンプにはスキルやシールドで逃げられてしまう。


Ruckus (ラッカス / ラックス) HP4000FullSizeRenderいわゆるタンクとしてはやや頼りない。
ULTの爆発力が最大の魅力だが、読まれると前方以外ガラ空きのサンドバッグとなってしまう。


Ash (アッシュ) HP4900FullSizeRender通常攻撃はバズーカ、前進するシールド、タックルで敵を撥ねとばす突撃型タンク。
ULTは旗を打ち込んだ周囲が無敵ゾーンとなる。


Terminus (ターミヌス) HP4000FullSizeRender死んでも消えないゾンビタンクとして上手く立ち回ろう。
ジンとアンドロクサスと掛け合わせた様なスキルを持つ。
ULTの使い所(ダウンする場所やタイミング)がセンスの見せ所。


サポート(ヒーラー)

Grohk (グローク) HP2500FullSizeRender地面を這う置きビームは若干癖があるが、貫通性があり以外につかいやすい。
ヒールはその場打ち込み系なので、味方の近くで行動する事。
ULTは範囲内の敵にダメージ、味方は回復、オマケに移動手段にも使える。
透明になるアビリティで壁をすり抜ける等、フランク的立ち回りも可能な欲張りキャラ。
★初心者にお勧めしたい。


Ying (イン) HP2500FullSizeRenderTheヒーラー、回復ポイントとなる分身を最大3体設置出来る。
分身は自身のワープポイントとしても使えるので戦略的に配置しよう。


Pip (ピップ) HP2500FullSizeRenderヒーラーというより正しくサポートキャラ。
ポーションを撒き散らして敵の行動を制御する。
味方の足を速く出来るBUFFもあり。
ULTは範囲内に触れた敵を一定時間ヒヨコに変える。


Grover (グローバー) HP3000FullSizeRenderスナイパータイプのヒーラー
基本の投げ斧は遠くで当たる程大きなダメージとなる。
何かと動作が遅いがヒール範囲が広く扱いやすい。
★こちらも初心者にお勧め。


Mal'Damba (マルダンバ) HP2600FullSizeRender癖が強めだがソロ性能が高く、生き延びやすい。
コブラで気絶を奪ったり、走り回って攻撃と回復、ポイントから敵を追い払うULTと強力なスキルを持つ。


Seris (セリス) HP2200
FullSizeRender
2018/6/20日に追加されたチャンピオン。
当たり判定大きめ、貫通性能を持つ連射弾が基本攻撃。
姿を隠しつつ安全なポジションを探してコツコツダメージを稼ぎたい。
セリスの前に立つと気紛れにヒールを貰えるかも?
ULTは範囲内の敵をギュッと1箇所にまとめつつ気絶を奪う。


★終了済みのイベント(過去ログ)
IMG_6198
IMG_6202
▲1回200クリスタルで(恐らくβ版で配布された?)
スキンを手に入れる機会があった。
季節に因んだスキンばかりなので、また時期が来たら得られる機会が来ると思われ。

IMG_6200
▲3日間に渡り、毎日10勝するとBOXが貰えるイベントが行われた。

IMG_6201
▲シャーリン参戦記念イベント
シャーリンのスキンを購入、50戦使用する、100勝スキンを得るなどすると報酬(主にシャーリン用コア)が得られた。
今後追加されるであろうチャンピオンも恐らく同じ様なイベントが行われると思われ。

IMG_5857
IMG_5856
▲王国を滅ぼせイベント。
各種条件を達成すると報酬が貰えた。
(いきなり日本語バナーが作成されなくなったのですが。。。)

IMG_4801
▲グローバル展開最初のイベントはこちらでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕様変更前の記録(保管用)

↓その他日々のルーティーン
IMG_6477
IMG_6484
▲ミステリーBOX、ルーンチェスト、消耗アイテム、デイリークエストで日々「ルーンコア」の購入・収集を日々コツコツと繰り返す。
日曜日は「グレートルーンチェスト」なので、多くのコアを手に入れるチャンス↓
IMG_6489
IMG_6490
▲購入制限をチケットでリセット可能。
チケットの使い道は人それぞれ。
チャンピオンのアンロックを優先しても良いし、日曜日に向けて(チェスト購入リセット用に)貯め込むも良し。
ランキング上位を目指す拘りでも無い限り、自分のペースで遊べるのも本作の良い所。



▲突如解禁された5vs5のデスマッチモード。
30キルを先取したチームの勝利となる。
6キル以上で御の字、6デス以上ならちょっと反省って感じ。

期間限定バンドル
IMG_5855

このページのトップヘ