2005年09月11日

影響力の武器 ロバート・B・チャルディーニ5

影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか


■やぎっちょ評価コメント
私の2003年ベストブックです。日本での初版は1991年で、実に発行されて12年目にしてやっと出会うことができた一冊。よく観察してみれば、全ての営業心理学の基礎はこの本の理論に基づいている。通常の心理学の本にも実例として何度も登場する。まさに大ボス。

社会で人が動かされる心理を6つの法則で解説し実例で示している。
1.返報性の法則・・・何かをされるとお返ししなければならない気持ちになる心理
2.一貫性の法則・・・人がこれまで行ってきたものにしがみつき守り通す心理
3.社会性の法則・・・社会的に証明されているものを正しいと判断する心理
4.好意・・・・・・・類似性やお世辞があると人は好意を抱き、受け入れる心理
5.権威・・・・・・・権威に無条件に屈するよう導かれる心理
6.希少性・・・・・・数が少ないものに対して価値を感じる心理

人は誰も社会の中で活動していて、ほとんどの人がこの6つの心理状態にただ流されているという、少し怖い現実がわかると共に、それの対応方法などもわかります。
読み終わったら「こんなことを知ってしまっていいのか?」という気持ちになるでしょう。

【参考になったらblogランキングにクリック!!】

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Tulipa   2006年05月22日 22:59
5 「影響力の武器」は、私も、大きなインパクトをもらいました。

私と読んでいる本の傾向も同じですね。ちょくちょく、遊びにきます。

相互リンクもよろしく、お願いします。

私からは、以下のURLからリンク致しました。

http://www.breview.jp/cat5901823/index.html
2. Posted by やぎっちょ   2006年05月23日 00:52
Tulipaさん
コメント&リンクありがとうございます!!リンク左下に貼りましたのでご確認ください。
ブログ拝見しました。とても力が入っていますね。
またちょくちょく拝見しに行きますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu