2006年04月08日

砂漠 伊坂幸太郎3

砂漠


■やぎっちょ評価コメント(この本はエビノートさんオススメで読みました。エビノートさんありがとう!!)

超能力があってもいいんじゃないか、って思う人は先にワンクリック

普通系ですね。内容が。というより日常系かな。
無理、飛躍した設定はなくて大学生活が淡々と流れていく感じ。その中で事件やできごとはあるわけだけども。

ストーリーを分けて書き、かつ全ての流れをつなげるのは伊坂さんの得意とするところですね。
それから、チルドレン関係者をにおわせる発言が出てくるのはファンにはいいですね。
個人的に気がつかなかったけど、「魔王」には「死神の精度」の人が出てくるらしいし。(byぶっかさん)

最後に南が4年に一度の白いの飛ばすところがなんかジーンと来た。(なぜ、そんなところに??)
なんか南って好きだなぁ。立ってないキャラというか・・。
逆に西嶋は特に前半はイライラするね。そういう設定で作っているのなら、というかキャラ作りうまいと思うけど、見事にはまってるのかな。

逆に平易な生活の中にあるドラマ展開が好きではない人には向かないかなとも思いました。
個人的にチルドレンのような方がスキかも。
この本は、オビにあるように1年半ぶりの書き下ろしなんですね。次の作品も楽しみです。

全然関係ないけど、ブックオフって伊坂さんコーナーってないんですよね。
詳しくないけど、そんなにむっちゃくちゃ有名なわけではないのかな。
というか、どの本も表紙がイマイチですな。これだけで結構損しているんじゃないかなとか思うんだけど。
売れる本の三大条件は「タイトル、表紙、オビ」だから、ちっと引き気味の表紙でだいぶ損してるんじゃないかなとも思いました。。

というわけで、本日もブログランキングよろしく!
なんか今日はリンクだらけになったなぁ。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【読んだ本】砂漠/伊坂幸太郎  [ こばけんdays ]   2006年04月09日 10:17
いいです。 うん。 いいです。 青春小説です。
2. 砂漠  伊坂幸太郎  [ 今更なんですがの本の話 ]   2006年04月09日 10:51
やませみみたいな頭をした鳥井はブルジョアだけど嫌味がなく、快活に笑う。将来はスーパーサラリーマンになる、だから今の内に遊ぶのさ。と、言い男女交際に勤しんでいた。 陽だまりのような雰囲気を持ち静かに微笑む南。鳥井の中学時代の同級生の彼女は麻雀で無類の強さを....
3. 『砂漠』 伊坂幸太郎 実業之日本社  [ アン・バランス・ダイアリー ]   2006年04月09日 16:38
4 砂漠 ここのところ、ライブだトリノだと、ほかのことに夢中になってしまって(トリノはちょっと淋しい展開ですが)、読書がお留守になってしまっています。ぼちぼち読んでようやく読み終えました。時間はかかりましたが、面白かったです。とても良い読後感でした。 大学生....
4. 砂漠  [ <花>の本と映画の感想 ]   2006年04月09日 19:03
砂漠 伊坂幸太郎 実業之日本社 2005年12月 大学生になった春。法学部の同じクラスの学生が居酒屋に集まる。盛岡出身の北村は、鳥井、南、東堂、西嶋ら新しい仲間と出会う。東西南北の名前から、北村は麻雀に誘われる・・・・・・・・・ 北村―――上から全...
5. 伊坂幸太郎【砂漠】  [ ぱんどら日記 ]   2006年04月09日 19:42
5 あなたは「学生時代に戻りたい」と思いますか? 私は…… 学生時代、楽しかったけど、戻りたいとは思わない。 学生時代って辛いです。 毎年、試験が何回もあるし。レポート書いたり、宿題があったり。 世間の流行をいちいち追わないとダメだ、とい....
6. 砂漠〔伊坂幸太郎〕  [ まったり読書日記 ]   2006年04月09日 19:42
5 砂漠 「大学の一年間なんてあっという間だ」 入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン……。 学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”囲まれた“オアシス”で 超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、 まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく。 ...
7. 砂漠  伊坂幸太郎 実業之日本社   [ おいしい本箱Diary ]   2006年04月09日 20:10
とっても気になっていた、伊坂氏の新刊です。 「大学」というオアシスですごした四年間の 「青春グラフィティ」とも言うべき物語。 語り手である北村、やませみのような髪型を したいまどきの若者鳥井、 クールな美人の東堂、おっとりしてそうでなかなか 凄い能力の持...
8. 「砂漠」伊坂幸太郎  [ ナナメモ ]   2006年04月09日 21:43
砂漠伊坂 幸太郎仙台の大学に入って最初のコンパ。遠くからみんなの様子を見ていた北村に声をかけてきた、鳥みたいな頭でお調子者の鳥井。不思議な能力を持つ南、愛想のない美女の東堂、前進あるのみの西嶋、5人の大学生活。大学時代ってホントくだらない事が面白かったなぁ...
9. 「砂漠」  [ ぶっかにっき ]   2006年04月10日 00:03
伊坂幸太郎さんの「砂漠」を読みました。「大学の一年間なんてあっという間だ」 入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン・・・・・・。 学生生活を楽しむ五人の大学生が、 社会という"砂漠"に囲まれた"オアシス"で 超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、 瞬き...
10. ■ 砂漠 伊坂幸太郎   [ IN MY BOOK by ゆうき ]   2006年05月16日 21:52
砂漠伊坂 幸太郎 実業之日本社 2005-12-10by G-Tools 大学生活の「日常」を丁寧に描いてくれて、懐かしさを感じさせてくれる本です。ああ、大学時代って、こんな感じだったなあ、と。実際は、麻雀、合コン、ボーリングなど私はあまりしていないことを、彼らはするので、実...
11. 伊坂幸太郎『砂漠』○  [ 駄犬堂書店 : Weblog ]   2006年05月17日 03:11
 伊坂幸太郎の書き下ろし長編。  ひとり暮らし、友達、恋人、麻雀、合コン。仙台の...
12. 『砂漠』 伊坂幸太郎 (実業之日本社)  [ 活字中毒日記! ]   2006年05月17日 04:40
砂漠伊坂 幸太郎 / 実業之日本社(2005/12/10)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <“いつまでも素直な気持ちを忘れずに生きようよ!”ということを教えてくれる青春小説の決定版!> 今までの伊坂作品は本作と...
13. 「砂漠」伊坂幸太郎  [ AOCHAN-Blog ]   2006年05月17日 11:16
タイトル:砂漠 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :実業之日本社 読書期間:2006/03/03 - 2006/03/06 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かでき...
14. 砂漠 [伊坂幸太郎]  [ + ChiekoaLibrary + ]   2006年05月17日 12:10
砂漠伊坂 幸太郎 実業之日本社 2005-12-10 仙台の大学を舞台に、北村と彼の仲間たち、鳥井、南、東堂、西嶋ら、男女五人が繰り広げる青春物語。 大学に入学した「春」の章からはじまり、次の年の夏、またその次の年の秋、さらにその次の年の冬…ときてまた春になるまで...
15. 伊坂幸太郎「砂漠」  [ そこで馬が走るかぎり ]   2006年05月18日 07:27
伊坂幸太郎1年半ぶりの書き下ろしにして 青春小説です 帯には 【砂漠に雪を降らせてみせよう!】      伊坂幸太郎 「砂漠 」 今回も魅力的な人物が勢揃いです  北村 鳥井 西嶋 東堂 南 名字に方角が入っているということで 麻雀やったり・・・強...
16. 『砂漠』伊坂幸太郎  [ 枯れないように水をやろう ]   2006年05月18日 09:05
砂漠 ちょうど伊坂作品と出会って2年。 今大学2年だけど、高校生のときに立ち寄った馴染みの本屋で、 めったに小説を買わない、読まない、僕が、オーデュボンの名に惹かれ、 すっかり本大好き。 司書の資格のコースまで取ってしまうほど(他にも理由があるけど割愛) 魅了...
17. 『砂漠』 伊坂幸太郎  実業之日本社  [ みかんのReading Diary♪ ]   2006年05月18日 21:40
砂漠 大学入学と共に主人公北村が鳥井、西嶋、東堂、南と出会い過ごす4年間、細かい出来事は書かれてないけど、主だった出来事だけ振り返っている。 名前が北が付くだけで麻雀のメンバーに誘われたり、南という女性は特殊な力を持っている〜だなんて普通の日常からチ...
18. 「砂漠」  [ moji茶図書館 ]   2006年05月19日 21:44
砂漠伊坂 幸太郎 実業之日本社 2005-12-10売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂...
19. 「砂漠」伊坂幸太郎  [ 日だまりで読書 ]   2007年07月10日 15:07
北村君と愉快な仲間たちのお話。 大学生特有のゆる〜い友達関係が、活き活きと描かれた作品でした。 ★★★☆☆と半分 いつも鳥瞰している冷めた北村。 めっぽう元気でうるさい鳥井。 超能力をもっている、日な??e2=emoB
20. 砂漠⇔伊坂幸太郎  [ らぶほん−本に埋もれて ]   2007年08月31日 10:50
4 砂漠〔伊坂幸太郎〕 「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。 学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っ....
21. 砂漠 伊坂幸太郎  [ リトル・バイ・リトル ]   2007年11月26日 01:41
砂漠伊坂 幸太郎 (2005/12/10)実業之日本社この商品の詳細を見る大学1年の幕が開ける。コンパで知り合った僕ら5人は、なんとなく大学生活を一緒に送ることになる。特別なことがあったりなかったり、とにかく僕らは色々なもの??)

この記事へのコメント

1. Posted by こばけん   2006年04月09日 10:23
TBありがとうございました。
TB返しさせて頂きました。

ブックオフに伊坂さんのコーナーがないというのはよく聞く話ですが、直木賞候補になるほどの作家が有名でないわけがなく、おそらく伊坂読者は本を売らない人が多いのでは、と考えているのですが。
またよろしくお願いします。
2. Posted by やぎっちょ   2006年04月09日 14:27
こばけんさん、こんにちは。

なるほどー。そうかそうか、そうですよね。
でも逆にいうと古本で伊坂さんの本を買うのは難しいと・・・。
いいんだか、わるいんだか。。。

コメント&TBありがとうございました!!
3. Posted by    2006年04月09日 19:12
TBありがとうございました。
私は、「チルドレン」も「砂漠」もどちらも好きです。
確かに、表紙は、いまいちですね。まあ、伊坂ファンは、そんなこと気にせず、新刊が出ると手にとってしまうんでしょうが・・・・・・
4. Posted by エビノート   2006年04月09日 19:48
やぎっちょさん
TBありがとうございました♪
青春小説でしたね〜こういうのも好きです、私。
『チルドレン』もいいですよね〜
伊坂作品はいろいろなところで、いろいろな作品がつながっているらしいです。
リンクを探すのも面白そうですよね。
私はまったく気付いていなかったので、今再読中です。
伊坂さんの本はなかなか古本屋さんには並びませんね。
見つけたら、即買うようにしてます。
5. Posted by ERI   2006年04月09日 20:13
TBありがとうございました。
この物語は、すっと心に入ってきて、
ほろっとさせて、とても好きです。
この表紙、私は割りと気に入ってるんですが。ダサかっこいい感じかな、と・・。
6. Posted by やぎっちょ   2006年04月09日 21:06
花さん

こんにちは。書き込みありがとうございます。
そうですね〜。伊坂ファンは買いますよね。。
伊坂ファンじゃない人にも買ってほしいですね〜〜〜。
7. Posted by やぎっちょ   2006年04月09日 21:08
エビノートさん

エビノートさんが勧めてくれなかったらこんなに早く読んでなかったでしょう。。
ほんと、ありがとうございました。

>見つけたら、即買うようにしてます。
そうか。この前買わなかったなぁ。即買い真似させて頂きます!

いつもカキコ&TBありがとう!
8. Posted by やぎっちょ   2006年04月09日 21:11
ERIさん

こんにちは。カキコありがとうございます!

>ダサかっこいい
あ、なるほど。確かにそういう見方もできますね。
ダサかっこいい。

個人的にはチルドレンの表紙がもっともいただけないと思うんですよね。
勧められて「読んでよかったっ」と思いましたが、でなきゃきっと買わなかっただろうし。。
ファンじゃない人にも優しい表紙だともっと売れて、もっと愛読者が増えるかもしれませんね。
9. Posted by なな   2006年04月09日 21:46
はじめまして。
TBありがとうございます。

>売れる本の三大条件は「タイトル、表紙、オビ」
確かにそうなのかもしれないですね。伊坂さんだって知ってるから手に取りますが、知らない作家さんだったらこの本は通り過ぎていると思います。
10. Posted by ぶっか   2006年04月10日 12:29
こんにちは〜
確かに「砂漠」の表紙は微妙ですね(^^;
「陽気なギャングが地球を救う」も表紙でちょっと損してそうな感じですよね。
「チルドレン」、「死神の精度」、「終末のフール」辺りは結構好きな表紙です〜
11. Posted by やぎっちょ   2006年04月10日 15:54
ななさん

こんにちは!初カキコありがとうございます!!
いや〜、かるーいノリで表紙のことを書いたら反響大きかったのでびっくり!!
今まで伊坂さんの本を読んだことのない人も手にとってほしいですよね!!
12. Posted by やぎっちょ   2006年04月10日 15:57
ぶっかさん

こんにちは。
そうですね〜。「死神の精度」の表紙は好きですよ。
「チルドレン」はあまりで、あとは持ってませんxxx

「陽気なギャングが地球を救う」は表紙を見たことがありますが、個人的になかなかいいノリではないかと。。
ま、違う作家なら間違いなく買いませんが・・・。
13. Posted by 苗坊   2006年04月30日 00:42
こんばんわ。
私はとても好きです。この作品。
みんなそれぞれ個性的で、素敵だなぁと思います。
特に「冬」が好きですね。
あと、西嶋が最高です^^
14. Posted by やぎっちょ   2006年04月30日 02:25
苗坊さん

こんばんわ〜。遊びに来てくれてうれしいです!!
西嶋の個性はよろしいですね〜。
個人的には南ちゃんファンだけど。。

ある意味日常を舞台にした、ひねりのない設定でありながら、個性きゃらをうまく使ったストーリーが良いですね!!
15. Posted by Roko   2006年07月19日 13:33
5 やぎっちょさん☆こんにちは
ブックオフに伊坂コーナーがないんじゃなくて、すぐに売れちゃうんじゃないか?と思います。
わたしは1冊しか見かけたことがありません。その本はわたしがすぐに買っちゃったし。(^^ゞ

ところで、最後まで仲間に入れてもらえ名かったカンジ君は、結構イイヤツだったんですね。
16. Posted by やぎっちょ   2006年07月19日 14:10
Rokoさん
こんにちは♪
なるほどぉ。すぐに売れるんですね〜。
伊坂さん本は売りに出さないと言っていた人もいたっけ。確かに伊坂本があれば、「うーむ、ここで買っておくべきか」と悩むのは間違いないですね!
莞爾君、なんか脇役のイメージで結構ムシしてるかも・・・。そういわれれば、いい人でした★脇役を都合よくムシするクセがあるのかなぁ・・・。
17. Posted by りほ   2006年10月12日 16:08
伊坂好きの私としては、
だまって通り過ぎられませんでした…笑
私も南ちゃん好きです。
東堂も西嶋も鳥井も、みんなみんな大好きです。
伊坂氏の本が古本で流通しないのは、
・みんな売らないから
・店頭にならんでもすぐさま売れてしまうから
らしいですよー
古本屋勤務の友人が言ってました☆
18. Posted by やぎっちょ   2006年10月12日 17:21
りほさん
りほさんは砂漠が一番好きですか?あちきはチルドレンですかねぇ。
砂漠の登場人物は何かとみんな好きだ!という人が多いですねぇ。

なぁるほど。さすが古本屋勤務の友人。古本屋って給料低そうですね・・・。
どちらにしても古本屋で伊坂さんの本をゲットすると思わない方が良さそうですね♪
19. Posted by りほ   2006年10月13日 02:50
いちばんは決められませんが、
私もチルドレンは候補ですねー!
重力ピエロも捨てがたいです。
ギャングたちも大好きです。
素敵すぎてもう☆
20. Posted by やぎっちょ   2006年10月13日 11:49
りほさん
>素敵すぎてもう☆
ですか♪!わかる気がするなぁ。これは・・・・・恋ですね恋!(みたいなもの)
作家さんではそういう人あまりいないのですが、いろんな本に出てくる登場人物なら甲乙つけがたいってのがあります★
21. Posted by そら   2007年07月10日 15:05
やぎっちょさん、こんにちはっ♪

南ですか。
渋いところに行きますね〜(笑)
この子、絶対性格いいよね。

表紙は、私、どうしても重松清の『疾走』を思い出してしまって、
何だかとても、警戒しながら読み始めました(*^_^*)
表紙、確かに大事だよね〜と思ったのでした。
22. Posted by やぎっちょ   2007年07月11日 15:41
そらさん
こんにちは〜♪
渋いですか〜〜!?最初から最後まで南ちゃん一筋でした♪♪
あ〜重松さん1冊しか読んだことがないのでなんともいえない・・・。そのお書きぶりからすると、期待を裏切られる感じなんでしょうか。だったら読みたくないなぁ・・・。
せっかくいいお話なので、表紙を爽やかにしてほしかったですね。伊坂さんは文庫の方が表紙好きです。
23. Posted by らぶほん   2007年08月31日 10:18
こんにちは。
私もあの「セドリック!」にはまいりました。
一緒に力いっぱい叫びたかった!と思ってしまいました。
読後感が爽快だったのもよかったです。
24. Posted by やぎっちょ   2007年09月04日 17:20
らぶほんさん
こんにちは。
やぱ南ちゃんですよね♪
気持ちよかった!!
25. Posted by repuzzledit   2011年11月27日 11:41
��激�鴻����ゃ�潟�姒治�����������ŝ�i��綽�荀���ŝ�違�˨�帥����ŝ�潟�勐��荳壚����с����������違�˨�帥����ŝ�潟�壠����̥����泣����ɳ汐鐚�1������
鐚���隙�������ŭ��罐��������鐚�茹hą鐚�膃㋘��
薊���������������с�����������羔������冴����祉�i��
26. Posted by プレジデント社長の女好き   2011年12月07日 23:25
みんなで聞いてさしあげますよ!現地の視察店舗は、JACの浅野先生へ。イ.長時間労働者向けの健康診断は実施しているか。心から拍手を送りたいし、その人のために力になりたいと思います。先週の木曜日からずっと関西で仕事でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu