2006年05月23日

天使のナイフ 薬丸岳3

天使のナイフ

■やぎっちょ評価コメント
なんだか最近、読める。どんどん読める。というわけでこの本も1日で読めました。読みやすかったということもあるかな。
少年法を扱っているし何度も出てくるので、そういう意味では読みにくくてもおかしくないはずなのに、一気に読めてしまった。

江戸川乱歩賞を受賞しているけど、全部を読んで改めて思ったのは、王道だなってこと。謎が明らかになるタイミングや、謎に謎が上乗りされている具合といい、ミステリーの王道。それに少年法と少年犯罪による被害者のやりきれない気持ちを重ねているところが、評価を受けたんだろうな。
登場人物に感情移入もできるし。むしろ、犯罪者側の立場でもやりきれないものがあったり。
あとは、自分の奥さんが過去に人を殺していたらどう感じるだろうとか、そういうことを考えてしまう。

ひとつイラっときたのは主人公。
なぜ自分で全部解決しようとするのかちょっと疑問。ビデオも手に入った時点で警察に渡しても、自分の行動には不利にならなかったのに。犯人として容疑かかる可能性大なのに、自ら容疑かかりそうな場所にひょいひょい出て行ったり。
全く納得できなかったな。
それがクライマックスで見事に全てを解決するのは「偶然?」みたいな。カンがいい人でも頭がいい人でもないし。自分で言ってるけどたかだかコーヒー店の店長だし。
そのあたりの整合性が気になった。
ま、でも無事事件も解決したし??、ま、よしということで。

この本も、<花>の本と映画の感想の花さんに紹介してもらいました。花さんありがとう。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 天使のナイフ〔薬丸岳〕  [ まったり読書日記 ]   2006年05月23日 19:40
4 2005年に読んだ本です。 第51回江戸川乱歩賞受賞作です。 天使のナイフ 殺してやりたかった。 でも殺したのは俺じゃない。 妻を惨殺した少年たちが死んでいく。 これは天罰か、誰かが仕組んだ罠なのか。 「裁かれなかった真実」と必死に向き合う男を描いた感動作....
2. 『天使のナイフ』 けなすのが難しいハイレベルの作品  [ 粗製♪濫読 ]   2006年05月23日 20:05
著者:薬丸岳  書名:天使のナイフ 発行:講談社 綿密度:★★★★☆ 第51回江戸川乱歩賞受賞作。著者は脚本家。 4年前妻を殺したのは3人の中学生だった。桧山は少年法に守られた彼らを憎み続ける。そんなある日、桧山の職場の近くで加害者の1人が殺害された。嫌...
3. 29 天使のナイフ(薬丸岳)講談社 ★★★  [ つんどくの日々 ]   2006年05月23日 20:13
<少年が犯した殺人。その罪と贖罪を問う。第51回江戸川乱歩賞受賞作> 桧山は4年前に妻を3人の少年達により、殺される。その少年達は、少年法の下、更正し、既に社会復帰している。殺してやるほど憎い。しかし、事件に関わった二人の少年が殺される。犯人は一体...
4. ◎◎「天使のナイフ」 薬丸岳 講談社 1680円 2005/8  [ 「本のことども」by聖月 ]   2006年05月23日 20:19
 本書の本筋ではなく、設定背景を読みながら、自分の娘たちとの記憶や、想像すべきではない仮想の未来が胸中に帰来した評者であった。いや、家族としての思い出や記憶っていうのはたくさんあるんだけど、自分の娘と、もしくは娘たちとの、1対1の経験が評者の場合は極端に...
5. 天使のナイフ 薬丸岳  [ イチゴイチエ ]   2006年05月23日 21:16
 天使のナイフ 薬丸岳  講談社 2005.08 恋愛小説疲れしてきたので、ちょっと気分を変えてミステリーを読んでみました。本年度(第51回)江戸川乱歩賞受賞作。 この本は、図書館の新刊チェック中に知りました。20人くらいの予約待ちになってて、人気あるんだな....
6. 「天使のナイフ」薬丸岳  [ 本のある生活 ]   2006年05月23日 22:41
天使のナイフ 読み応えがありました。「13階段」の雰囲気を思い出したのだけれど、同じ賞を受賞していたのですね。ミステリーを楽しみながらも、少年法とか、贖罪とか真剣に考えさせられるものがありました。 妻が5ヶ月の愛娘の目の前で、惨殺された。犯人は13歳....
7. (書評)天使のナイフ  [ たこの感想文 ]   2006年05月23日 22:43
著者:薬丸岳 父娘2人で暮らす桧山が店長を勤めるコーヒーショップにやってきた刑事
8. 天使のナイフ  [ <花>の本と映画の感想 ]   2006年05月23日 23:09
天使のナイフ 薬丸岳 講談社 2005年8月 ブロードカフェの店長桧山貴志は、愛美をみゆき先生のいる保育園に預け、カフェにいくのが日課だった。 桧山は、妻祥子を13歳の少年3人によって殺害されていた。しかし、少年法により少年たちは補導されただけで、罪に...
9. 『天使のナイフ』薬丸岳  [ ほんだらけ ]   2006年05月23日 23:21
天使のナイフ 薬丸 岳 2005年 講談社 ★★★★★ 更生とは何だろうか。桧山はずっと考えていた。 罪を犯した者が勉学に励み、真っ当な仕事に就くことが更生なのだろうか。二度と刑罰法令に触れる行為を行わないということを更生というのだろうか。確かに社会にと...
10. 天使のナイフ、薬丸岳(やくまるがく)  [ 粋な提案 ]   2006年05月24日 01:46
装幀は多田和博。第51回江戸川乱歩賞受賞作。 4年前、5ヶ月の娘:愛実を遺して3人の中学生に最愛の妻:祥子を殺された、主人公の桧山貴志(職業はフランチャイズのコーヒーシ
11. 読書感想文#27「天使のナイフ」  [ @ONCE::読書感想文と旧い車、それとMachintoshのお話 ]   2006年05月24日 08:11
天使のナイフ 薬丸 岳 講談社"05 ¥1600-(4.75¥/P) 少年犯罪を扱った、第51回江戸川乱歩賞受賞作です。 過去の因縁に縛られた犯罪被害者同士の結びつきと再生にまつわる社会派な話です。 事件の内容を教えてもらえない被害者の家族にとって、家族の死を理解...
12. 薬丸岳 『天使のナイフ』最近の 江戸川乱歩賞にはなかったひさびさの傑作だ  [ 日記風雑読書きなぐり ]   2006年05月24日 10:05
刑事罰の対象にならない少年たちに妻を惨殺された桧山貴志。「殺してやりたい」と思わず憎しみの叫びをあげる。殺人者に対する怨みを晴らすすべがない、少年法の保護主義に対するやりばのない怒りが読者の共感を誘う。
13. 『天使のナイフ』  [ 水無月cafe ]   2006年05月24日 21:58
いつも本を読む時は、時間をかけてゆっくりと少しずつ読んでいきますが、今回の一冊は300ページ余りを3日間で一気読みしてしまいました。 薬丸 岳さんの「天使のナイフ」 天使のナイフ 作者: 薬丸 岳 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/08 メディア: 単行本 今年、...
14. ● 天使のナイフ 薬丸岳  [ IN MY BOOK by ゆうき ]   2006年05月25日 14:12
天使のナイフ薬丸 岳 講談社 2005-08by G-Tools 少年犯罪をテーマにした、社会派推理小説。オススメ! 主人公の桧山は4年前、妻の祥子を殺されました。犯人は13歳の少年でした。それぞれ更生施設へ送られたり、保護観察処分になったりはしましたが、少年法に守られて...
15. 【水曜日の一冊】こんな本を読んだ。(薬丸岳)  [ Hitparade BLOG ]   2006年05月27日 19:21
●天使のナイフ 第51回江戸川乱歩賞受賞作。 縁もゆかりもない3人の少年に愛する妻を惨殺された桧山。 犯人の少年たちには、罪の意識も薄い。 「殺してやりたい!!」 取材の際に叫んだ桧山であったが、一人また一人犯人の少年たちが殺されていく。 俺ではない。 いっ....
16. 『天使のナイフ』(薬丸岳)  [ 読書猫の日常 ]   2006年10月26日 20:50
面白かった! 三分の一を過ぎるあたりから、ページをめくる手が止まらなくなってきました。 少年犯罪の加害者と被害者、重いテーマがそれぞれの立場から語られています。 どちらか片方ではなく、両者の気持ちを語り、少年法の問題を浮かび上がらせようとしている様に思いまし...
17. 「天使のナイフ」薬丸岳  [ AOCHAN-Blog ]   2006年11月09日 21:58
タイトル:天使のナイフ 著者  :薬丸岳 出版社 :講談社 読書期間:2006/10/24 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 殺してやりたかった。でも殺したのは俺じゃない。妻を惨殺した少年たちが死んでいく。これは天罰か、誰かが仕組んだ罠なのか...
18. 【薬丸岳】天使のナイフ  [ higeruの大活字読書録 ]   2007年05月07日 01:18
5  普段はじっくり見ることの少ない Amazon の「この商品を買った人はこんな商品も買っています」なのだが、過日、横山秀夫のある本をチェックした際、同じ著者によるものが三冊、東野圭吾が一冊と、この本が挙げられていた。  著者も書名もそれぞれ別々に記憶の片隅にあ....
19. 天使のナイフ  [ どくしょ。るーむ。 ]   2008年04月03日 22:44
著者:薬丸 岳 出版社:講談社文庫 紹介文: 息苦しいほど緊迫感のある作品でした。 少年犯罪の加害者が次々殺されていく、というストーリー。 裏には意外な真相が隠されています。 少年法について、更生について、いろいろと考えさせられました。 とはいえ、ミステ...

この記事へのコメント

1. Posted by エビノート   2006年05月23日 19:48
やぎっちょさん
こんばんは!
TBありがとうございます。
この作品ずいぶん前に読んだので、
記憶がだいぶ薄れてしまったのですが、
後半にかけての展開が私としては意外で、
ぐいぐいとひき込まれてしまいました。
読み応えがあった!という感じです。
やぎっちょさんのおっしゃるとおり、主人公は自分で自分を窮地に追いやってしまう感がありますね。
そう言われればそうかもですね。

2. Posted by やぎっちょ   2006年05月23日 20:08
エビノートさん
こんばんは!!
コメント早いですね〜〜♪
そうですよね後半はグイっと行きますよね!!グイっと。
でも、普通の人がこうやって事件を明らかにする「がんばれ!」感みたいなのもあるのかもしれませんね。

月とシャンパン、昨日アマゾンで買いましたよ!!
読み終わったらまたTBしに伺いますね!よろしくどうぞ。
3. Posted by よし   2006年05月23日 20:19
こんばんは。
TBありがとうございました。
この作品は、ぐいぐい読めましたが、あまりにも関係者に少年犯罪の関係者が多すぎたような…。
そこが、わたし的にはmmmです。
ですが、デビュー作ですから次の作品にも当然期待します。
4. Posted by やぎっちょ   2006年05月23日 20:33
よしさん
コメントありがとうございます!!
確かに。少年犯罪のオンパレードでしたね(笑)!!
そうですか。これがデビュー作で乱歩賞はすごいですね。こう言っては失礼だけど、アーティストみたいに一発屋の作家っているのかなぁ??
よしさんも次の本は「陽気なギャングの日常と襲撃」ですね!
5. Posted by 苗坊   2006年05月23日 20:55
こんばんわ。
TBありがとうございました。
いろいろ考えさせられました。
未成年だからって、何でも罪が軽けりゃいいってもんじゃないと思うんですよね。
面白く読みました。
6. Posted by やぎっちょ   2006年05月23日 21:02
苗坊さん
お久しぶりです!
実際ひどい少年犯罪ってあるんでしょうねぇ。遺族の心情もさることながら、人を殺して無罪というのはどうも・・・と思うわけです。
苗坊さんのブログから、ライオンハートの感想を読んで購入しました。
またTB&感想残しに行きますね!
7. Posted by なな   2006年05月23日 22:18
やせぎっちょさん、TBありがとうございました。

私もすべてを抱え込もうとする主人公にはちょっとおかしいんじゃないかって思いました。仕事を人に任せ、娘を保育園に預けっぱなしにして、何をしているんだか…てね。
8. Posted by なな   2006年05月23日 22:19
すいません(汗)
やぎっちょさんをやせぎっちょさんって書いてしまいました。
本当にごめんなさい。
9. Posted by june   2006年05月23日 22:43
これは、どんでん返しもあったりして、まさにミステリーの王道を行ってますね。ちょっと最後のつながりはしつこいかなとは思いましたが、色々考えつつも結局は楽しんでしまいました。

と、真面目に書きつつも↑のななさんの「やせぎっちょさん」がツボにはまってしまいました・・。
10. Posted by    2006年05月23日 23:17
どんどん読めたみたいですね。
>ミステリーの王道。それに少年法と少年>犯罪による被害者のやりきれない気持ち>を重ねているところが、評価を受けたん>だろうな。
私もそう思います。
登場人物に感情移入して読みました。
11. Posted by やぎっちょ   2006年05月24日 02:43
ななさん
>【やせぎっちょ】さん
カカカ。ウケました(笑)!!!juneさんもツボにはまっていることだし、よろしーんではないでしょうか♪
痩せてて左利きみたいな?

娘をあずけっぱにぴくんときましたか?
男の子はどちらかというと、何か探求したくなるような気がするな。特に愛した自分の奥さんのことなら。
女目線、男目線の違いってあるかもしれませんね。
12. Posted by やぎっちょ   2006年05月24日 02:48
juneさん
カキコありがとうございます!
juneさんは少年法が関わるお仕事されているんですか?
東野さん作品とも似通っているところがあるのですね。興味はあるけど、続けて読むのはちょっと重いかな。
juneさんも最近読まれたみたいで、何気にタイミングよかったです!
13. Posted by やぎっちょ   2006年05月24日 02:51
花さん
いやほんと、この本紹介してくださってありがとうございました。
なんだかTBやコメント大量に頂いております。。
この本も読んでいる本ブロガーの方多いですね。本ブロガーって本当に多読だなと思います。

なんか読み具合が調子いいんですよね〜。
14. Posted by かずひこ   2006年05月24日 08:15
5 こんちはー、TBどうもありがとうございます。
この本はサクサク読めて、とても気持ち良かったですね、このサクサクってのが本読む時の快感ですよね^^
15. Posted by よっちゃん   2006年05月24日 10:01
ミステリーと社会性がうまく調和していました。江戸川乱歩賞に失望していた時期もあったのですが、これは受賞するにふさわしい作品だと思いました。
16. Posted by やぎっちょ   2006年05月24日 13:09
かずひこさん
こんにちは〜。コメントありがとうございます!
そうですね、サクサク読めたなぁ。そういう瞬間はほんと快感ですね。
そんなに簡単な本でもないだろうにどうしてサクサク読めたんだろうか??
良書にも色々あるんですかね?
17. Posted by やぎっちょ   2006年05月24日 13:11
よっちゃんさん
そうですよね。社会背景にうまく合っているというところでは、ミステリーの中でもピカイチかもですね。宮部さんの小説なんかは結構意識されているようですが、この本は少年法ということで狭く深い気がします。
賞にはあまり詳しくないのですが、一時期乱歩賞はダメでしたか。この本は賞取っていい本ですね!
18. Posted by 水無月   2006年05月24日 22:04
TBありがとうございました。
続きが気になってたまらない一冊でした。
最後のオチもよかったと思います。
登場人物の描写がもうちょっとあってもよかったと思うのですが、楽しく読め次回の作品も楽しみです。
19. Posted by やぎっちょ   2006年05月25日 00:36
水無月さん
コメントありがとうございます!
そうですよね。ページがどんどんめくれてしまいました。作者の、裏の裏を〜という姿勢が見えたオチでしたね。
次回作品ということは、まだこの本しか出ていないのですね。1作目を上回るように頑張ってほしいです!

いやー、それにしても水無月さんの料理はうまそうですね〜。写真もものすごくキレイだし。うらやましいなぁ。
20. Posted by june   2006年05月26日 08:19
>少年法が関わるお仕事されているんですか?
法律事務所で働いているので、件数は少ないんですが、少年事件もごくたまに扱うのです。記録の謄写に行くと、社会記録なんて、ばっさり抜けてるか真っ黒の塗りつぶされていて、初めての時は驚きました。少年のプライバシーは、しっかり保護されてました。
21. Posted by やぎっちょ   2006年05月26日 14:06
うわぁ。真っ黒なんですねぇ。
でも、黒いところが多いとそれだけ言えないことが多いということでしょうか。

あ、それより法律事務所ご勤務ですか。
なんかすごいですねぇ〜。
法律って時々おもしろいですよね!(何が?)。
22. Posted by 読書猫   2006年10月26日 20:59
やぎっちょさん、こんばんは。
TBさせて頂きましたm(_ _)m

お邪魔してびっくり!
結構な量のTBですね〜
今頃読んだ私は遅すぎって感じですね。

かなりはまって読んでしまいました。
やぎっちょさんご指摘の主人公<鴨葱>状態、確かに途中で感じましたね。
「いや、それはやめといた方が・・・」と、何度もハラハラさせられましたわ。
でも、この完成度に感心したので、2作目も読んでみようと思ってます。
23. Posted by やぎっちょ   2006年10月26日 23:37
読書猫さん
こんばんは〜♪
いや、まじめにここだけの話し、トラバ送りまくってるんですよねぇ。なので返してくれるだけなんですよー。。。
遅い方がみんな読み終わってたりして、トラバ送れるんですねぇ。
二作目ってもう出てるんですか?一発屋のイメージがあったんですけどねぇ。
これからそちらに伺いますね★
24. Posted by ia.   2008年04月03日 22:52
こんばんわ。
この本、良かったんですが、私も主人公にイラっと来ました。
容疑者扱いされているくせに、警察に行けよーと。
今、えーちゃんの本を読んでます。
「ぼくは勉強ができない」面白いです♪
25. Posted by やぎっちょ   2008年04月03日 22:55
ia.さん
主人公にいらっと来るのは、主人公をそういうキャラにしないと盛り上がらないからでしょうか??なんだか勘繰っちゃいます(汗)

おーー!ぼくは勉強ができない!!
正直カルチャーショックでした。この本を知らなかった自分が人間失格!みたいな・・・★

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu