2006年08月04日

天使の梯子 村山由佳5

天使の梯子

■やぎっちょコメント
(06/10/22★5つに更新)
映画に連動したテレビドラマで心が鷲掴み。
これほど長い時間夏姫や春妃の物語に心動かされているこの素晴らしさに完全に参ってしまいました。
心がくたくた。


ええ。聞いていましたとも。
天使の卵の続編だと。
2冊で全てが完結すると。
2つ合わせて切ないと。親切なブロガーさんたちが教えてくれましたとも。


  びやゃーーーーー(涙)


もうね、あれです。
最初を読んだだけで、夏姫が、夏姫がこんなに立派に成長してっ(結婚式のご両親風)って。それだけで感無量。10年前につらい思いをしたのにグレなくて(?)、生きていてくれただけでいい、みたいな。もう序盤から胸がグリグリですよ。
前作では夏姫のことあんなに無視して、どっちかっていうと「ウゼっ」くらいに思っていたのが(鬼か?)主人公が変わると手のひらを返したように夏姫のことを思うあちきなのであった。

いやでもね、読み進めるに従って明らかになる夏姫の抱えているもの。やるせないですね。
それでも、そんなの問題にならないくらい大人になっていてくれて、生きていてくれてありがとうと思いました。(アンタは春妃か?)

春妃と同じシチュエーション。年齢差が8歳ということだけではなく、人を本気で好きになってしまうということも。
ま、主人公は夏姫じゃなくて、その彼氏の男の子(19)なのだけど、なんか切ないですね。まだまだガキなところと、でもその気持ちがわかるところが読者としてのせめぎあいなわけで。
なぞが明らかにされないから、いらいらしたりなんかして。完全にハマってる証拠です。
なんかね、やっぱり歩太と夏姫の知っている世界とか歴史を、「俺」は知らないのに話が進んでいくのがなんか取り残された感じで切なかったです。
ところで「俺」は名前なんだっけ。ぱらぱらと見返しても「慎くん」しか見つからず。思ったんだけど、「俺」は主人公でありながら、物語全体では脇役なのかなって。夏姫の話という気が猛烈にしたし。

あ、でも、一番静かな幸せ感じたのは、最後に「俺」が夏姫の髪を切ってあげるところ。なんて、なんて、なんて・・・・なんだろう、なんというか、思いやりがあって、一番カッコ良い方法で、幸せなことなんだろうって思ったんです。ああ、これから二人は幸せになるんだな、って。
う、思い返すと込み上げてくるものがっ、ものがぁーっ!!!
オーオーオー(吠えるな)
(以上今日の「ポリアンナの掟」でした。わからい人は←リンクをクリック)

完璧切ない系です。
二冊合わせて読みたい本です。
やぎっちょは同じ作家さんとか、続き物を連続で読まないようにしているのですが、この本に限っては、特にそうして良かったです。
よし次は夏姫!みたいな気負いがなくて、さらっと読んだら夏姫ありがとうみたいな気持ちになれたし。
自分だけかもしれないけども。。


天使の卵を読むきっかけをくださったBOOKCASEの琉歌さん
天使の梯子も読むように進めてくださった今更なんですがの本の話のたまねぎさん
どうもありがとうございました。
なんつーか、この2冊に出会っていなければ、あちきの人生はまた違ったものに(おおげさ)なっていたでしょう。ほんと、感謝です!

いやー、でも由佳ちんやばいですね。
琉歌さんに勧めてもらった「夜明けまで1マイル」と
Rayさんに勧めてもらった「翼」
どちらもゲット完了してます。楽しみだな★
次の本読み終わったら3冊になるので、由佳ちんのカテゴリを作るのです!!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 天使の梯子 村山由佳著。  [ じゃじゃままブックレビュー ]   2006年08月04日 15:11
きれいなお話書くんですね、村山氏って。 初めてかな、読んだの。 実際にはこんなきれいな恋愛なんてそうそうないんだろうけど、なんだかきれいだな~って感じた。 江國さんとはまた全然違ったきれいな・・・きれいなというのは、実際にはなさそうな、男女の本当の心なんても....
2. 天使の梯子 [村山由佳]  [ + ChiekoaLibrary + ]   2006年08月04日 15:12
天使の梯子村山 由佳集英社 2004-10 『天使の涙』の続編にあたるこの作品。思えば『天使の涙』が、私が初めて読んだ村山さんの作品でした。(デビュー作だから当たり前といえば当たり前ですが…。)読んだのはもうだいぶ昔ですが、当時、このタイトルに惹かれて読んで、想...
3. 天使の梯子/村山由佳  [ まさかずのマサカずっと、ほな、サイババ!!って言わないよね ]   2006年08月04日 19:56
『天使の卵』、待望の続編! 愛を失った歩太と夏姫は、再び愛を取り戻すことができるのか。 そして中学の担任教師だった夏姫にどうしようもなく惹かれていく慎一。 傷ついた3人が織りなす切ない愛のドラマ。 『天使の卵』は1994年に発表されて、著者が初めて文学...
4. 「天使の梯子」  [ BOOKCASE ]   2006年08月05日 01:13
「天使の卵」の続編小説。 10年後の歩太と夏姫が書かれています。 出た時はすぐに続編だと思えなくてでも気になってた本。 再編集かと思ってたらやっぱりそうじゃないとわかってものすごく読みたくなった本です。 『過去春妃と歩太が惹かれあったように、29歳に...
5. ● 天使の梯子 村山由佳  [ 本を読んだら・・・by ゆうき ]   2006年08月05日 09:52
天使の梯子村山 由佳集英社 2004-10by G-Tools この小説はすばる新人賞を受賞した「天使の卵」の10年後を描いた続編です。このレビューには「天使の卵」のネタバレがあります。 「天使の卵」を10年前に読んだ時、泣いたのを覚えています。だからと言って、べつに私の中...
6. 「天使の梯子」 村山由佳  [ コンパス・ローズ  ]   2006年08月05日 10:44
天使の梯子 村山 由佳 「天使の卵」が1994年の作品で、ちょうど10年後の2004年に出版されたのが続編にあたる本書「天使の梯子」だ。10年という年月の経過と同じくして、19歳だった歩太と夏姫の10年後、29歳のふたりが描かれている。 予想外のラストで終わった「天使の...
7. 「天使の梯子」 村山 由佳/著  [ 黒猫に小判。 ]   2006年08月05日 15:26
絶妙なタイミングで訪れる切な本。 「孤独か、それに等しいもの」/大崎善生 然り、「ショートカット」/柴崎友香 然り、 なぜだか予\約している切な本はビンゴでやってくる。 (まぁ、「孤独か、〜」に関して云えば切ないのは題名なんだけれど、、、) >そ
8. 天使の梯子 村山由佳  [ 苗坊の読書日記 ]   2006年08月06日 00:36
5 天使の梯子 オススメ! 春妃の死から10年。歩太と夏姫は29歳になった。 お互いが10年前の傷を抱えたまま。 夏姫は8歳年下の慎一と付き合っている。 夏姫は、慎一と付き合ってみて、やっと、春妃の想いを理解できるようになった。 歩太と夏姫と慎一。3人の深....
9. 「天使の梯子」村上由佳  [ ナナメモ ]   2007年02月11日 23:35
天使の梯子 村山 由佳 カフェでバイトをしている古幡慎は注文する声だけでその人が高校1年生の時の担任斉藤夏姫だってわかった。男の人と待ち合わせをしている先生はそれから時々やってくる。声をかけずに見守っていたある日、先生はその男の人と喧嘩をしてコーヒーを...
10. 天使の梯子(村山由佳)  [ Bookworm ]   2007年07月07日 13:13
「天使の卵」の続編。春妃の死から10年。夏姫に恋をした、8歳歳下の慎一の視点で語られる物語。

この記事へのコメント

1. Posted by じゃじゃまま   2006年08月04日 15:19
私は天使の梯子から先に読んでしまったんですけど、逆に夏姫の過去を知らずに読んでしまうのも、とてもきれいで切ない話だと思いました。

2. Posted by nero   2006年08月04日 17:48
号泣ですよね。
3. Posted by やぎっちょ   2006年08月04日 18:41
じゃじゃままさん
なるほど!そういう見方もありますねー。どちらから読んでもいいというのは、作家の技量を示すだけに、どちらからでもいいのかもしれません。
けど、どちらから読むにしても、そのよさは読んだ人にしかわかりませんね★
4. Posted by やぎっちょ   2006年08月04日 18:46
neroさん
です★
TB飛ばせて頂きましたので、良ければお返しくださいね♪
あ、今日柴崎さんの「いつか、僕らの途中で」読み終えました!
あさってあたりにUPしますね!
5. Posted by ミー   2006年08月04日 20:47
村山由佳さん、読んだことないので、
私は、梯子(はしご)という感じが読めなくて、発注するのに困ったことくらいしか思い出がないです

この暗さ!ポリアンナ違反かも!!
弟子と間違わなくてよかった〜
6. Posted by やぎっちょ   2006年08月04日 20:50
ミーさん
よんでくださいよんでくだされ。(れ?)
うわ、困るポイントがさすが元書店員さんだけあって独特ですね〜♪
弟子(笑!)「天使の弟子」!!!かかか。うわー、これで誰かパロってくれたらおもしろいだろうなぁ。
コメント時間早くなりましたね★努力してるんだなぁ。エライです!!
7. Posted by たまねぎ   2006年08月04日 21:21
やぎっちょさんこんばんは。
そんな恐縮です。私だけじゃなく沢山の人のオススメでございます。

しかし…やられちゃいましたか、やられちゃいますよね。
桜の下で三人が語り合う所から最後のそのシーンまで、ノンストップ、ダーッですよね。
ああっ思い出しただけでも(T^T)
8. Posted by 菱沼   2006年08月04日 22:07
5 やぎっちょさまd(^O^)bがぶーっ!と岡山の桃丸かじりしました。やぎっちょさまにおすそわけできず残念です。「良かった探し」を採用いただきありがとうございます。ゆかっち、残念ながらまだ未読です。
9. Posted by やぎっちょ   2006年08月04日 23:18
たまねぎさん
こんばんは〜。一番に勧めてくださったのはたまねぎさんですからね〜〜♪
桜。そう桜。自分が歩太だったら桜の木はほんとつらかっただろうなと思いますよね。
パキスタン人の社長、ちゃんとわかっていたところが名脇役でした。夏姫が出てくるちょっと前に「ん?これはもしや」と思ったのが当たってて嬉しかったです!
だみな(涙の意)ちょちょ切れますよね★
10. Posted by やぎっちょ   2006年08月04日 23:20
菱沼さん
う、ら、めしい。あ、違った★うらやましい。一番最近買った桃がカチカチで甘くもなんともなかったのでご機嫌ナナメです(怒)!もうあの店では絶対買わない!!
というか山梨なんですよね。どうやら東京の桃は。岡山の桃が食べたいです・・・。やぎっちょさまはおすそ分けされずに残念です。
ぜひぜひ一度読んでみてくださいね!菱沼さんのお口に合うかは、どうかなぁ。。
11. Posted by 琉歌   2006年08月05日 01:22
やぎっちょさんこんばんはー。
卵を読んだら梯子を読まないともったいないですよね。
梯子は夏妃のイメージが変わりますよね。ヒロインになるから(笑)
歩太を気に掛ける夏妃とそれを気にする慎一の関係もいい感じでした。
12. Posted by やぎっちょ   2006年08月05日 03:42
琉歌さん
こんばんはーー!!
そうですね「卵の後は梯子」がキーワードっす♪
>ヒロインになるから(笑)
う、そんなこといわないでくださいよぉ。どっぷり浸かってるんですから★あれは、10年のうちに夏姫がいろんな経験をして大人になったからですよぉ!!もう!!
でも、ヒロインになって良かったけど♪
歩太を気にかける夏姫。なんか苦しかったです。(むっちゃ感情移入してたんで)罪を抱えて生きる苦しさが、胸を、こう・・・。慎一の立場になると、こう、無力感が襲ってきて・・・。
く、苦しい小説かっっ?!終わりよければ、ということで★
13. Posted by 雪芽   2006年08月05日 10:57
やぎっちょさま、おはようございます。
今日はお休みなので早目にお邪魔しています。暑くて早起きしたの^^;。。。
心に抱えるわだかまり、もどかしさ、各人のどうにもならない想いが幾重にも重なって、たたみかけるせつなさで……うぅ〜と涙なんですわ。
髪を切ってあげるところもよいシーンでしたね。
恋愛小説もいいなぁと思った作品でしたが、いまは歴史ものを心わくわくと読んでいます。やっぱり好き!歴史もの。
14. Posted by やぎっちょ   2006年08月05日 13:50
雪芽さん
おはようございます!(2時)
うわー札幌でも暑くて早起きしてしまう気温なんですね。今日は暑くていつまでもうだうだ寝てました♪
そうですよね。雪芽さんといえば歴史モノ。歴史モノは雪芽さんらしいです!
最近思うところあって、ナポレオン研究に入ろうかと思っているんですよ。思えば有名人の中でナポレオンだけちゃんと知ろうとしたことがないなと思って。1冊買っちゃいました。あと、ボーア戦争を一冊。それから宮部さんの「狐宿の人」。これは歴史モノじゃないか・・・。歴史モノUP楽しみにしていますね。ナポレオン本でいいもの知ってたら教えてくださいね★
15. Posted by nero   2006年08月05日 15:29
TB送れました〜。
楽天サンにもだったりするので、マイぷれすのせいだとは思うんですけど、
TB送れない事が多いんですよ〜。

他の方ので申し訳ありませんが、
「天使の弟子」はウケました(笑)
弟子、きっとかわいいはず(*^_^*)
16. Posted by やぎっちょ   2006年08月05日 16:22
neroさん
マイぷれすさんって正直良く知らないのですが、ライブドアも(特に夜は)ひどいです。。
あーでも、送ることができて良かったですね!良かったです!
天子の弟子最高です〜!!なんせ弟子ですから。かわいいけど小憎いイメージもあります。「っつーか、オレ天使の弟子よ、弟子っ」みたいな感じで、魚屋のおじさんとかに「うるせい!天使もへったくれもあるかっ、働け!!」とか言われてそう。。。あ、すみません、妄想で・・・。
17. Posted by 苗坊   2006年08月06日 00:37
こんばんわ^^
私もとても好きな作品です。
続編は賛否両論ありますが、読んでよかったと思える作品でしたね。
やはり「天使の卵」の後味がいいとは言えませんでしたし、歩太と夏姫の今後も気になっていました。
良い感じで成長していて、良かったです^^
髪を切るシーンはいいですよね〜
夏姫の再出発の瞬間ですから。
18. Posted by やぎっちょ   2006年08月06日 01:34
苗坊さん
こんばんわ〜。
続編が賛否両論あるんですか!否があるっていうのがなかなか意外です!
卵はクライマックスが強引だったし、確かに後味がいいとは言えませんでしたね。個人的には歩太と夏姫がまだ人間関係を持っていることが意外でした。ま、それは夏姫の優しさであり、思い込みでもあるわけですが。。。
でもほんと、良い感じで良かったですよね♪♪
19. Posted by 水仙   2006年09月26日 10:15
 こんにちは。以前からこのやぎっちょさんのページが好きで、しょっちゅうお邪魔していた水仙です。最近ブログをはじめたばかりで、大好きなこの天使シリーズから書いています。
 最近、天使の卵の映画化とコラボして、梯子のドラマ化が決定しましたね。夏姫のミムラ、歩太の要潤はいいけど(ちょっと若すぎる気もするけど)、慎一役の渡部豪太って、ちょっとかわいらしすぎて、えーって思ってしまいました。だいぶイメージが違ったので。
 やぎっちょさんはどう思いました?
20. Posted by やぎっちょ   2006年09月26日 11:46
水仙さん
こんにちは〜。
>やぎっちょさんのページが好きで
好きで、好きでっ、好きで・・・こだましてしまいました♪ありがとうございます。とっても嬉しいのです★
ブログの開設おめでとうございますね!一日で三つもUPとはすごいですね〜。
梯子のドラマ化、ちょうど昨日知ったんですよ。本屋さんでぶらぶらしてたら本のオビにそんなことが書いていて。
映画のほうでも配役に問題が・・・みたいなこと言われていますが、正直俳優さんや女優さんに詳しくない・・・というよりは全く全然良く知らないんですよ(苦)。
なので個人的には「見てのお楽しみ〜」ですかねぇ・・・。
21. Posted by 水仙   2006年10月23日 09:34
 やぎっちょさん、ドラマ見られたようですね。良かったですよね!少なくとも私は感動しました。ミムラさんって演技上手いですよね。大人顔のせいか、実年齢よりかなり上の役なのに、全然違和感がありませんでした。また、慎一役の新人の方も、ちゃんと役を自分のものにしていたな、って感じでした。私は特に再会した前半部分が好きです。
ただ、原作を読むか映画を見るかしていないと、分からないところも多そうだな、とは思いましたが。映画楽しみです♪
22. Posted by やぎっちょ   2006年10月23日 12:30
水仙さん
いやー。もうね、最初の15分とか30分でウルですよウルッ。思い出がよみがえってきて(アンタのじゃないだろ!)たまらなくなってしまいました。心に刺さるんですよねー。
夏姫がかわいそうだよ。原作とは違ったけどよなくに島もよかったですね。ガーンって来ました。歩太の家で解決しなかった時はどうなることかと思いましたが。。。
欲目を出せば、夏姫の髪ちゃんと切ってほしかったですよね。物語的にはそれがひとつの象徴みたいなもんだと思うし。
映画は評判よくないですよ〜。原書読んだ人には物足りなさが残るようですね。見に行くかDVD待つか悩んでます。。。
あ〜、でも、なんでここまで心揺れるかなぁ、このシリーズわ★
23. Posted by 水仙   2006年10月30日 12:31
 私のブログにコメントありがとうございました。パズルは卵のHPに載っているので、卵ファンはけっこう使ってますね。映画も良かったんですが、私はドラマの方が良かったです。でも、慎一が実両親と笋蚤膩嘩するシーンをカットしてしまったのはどうかとも思いましたね。それだと慎一に同感できないので。2時間で原作を表現するって、本当に難しいようです。
24. Posted by やぎっちょ   2006年10月30日 15:16
水仙さん
確かに二時間は難しいんでしょうねぇ。
ドラマは悪くないかなぁと思いましたし、アラはあったけど、結局ワールドに引き込まれて涙出るから、何も知らない純粋な気持ちでは見れないですね。
映画は明後日見に行こうと思っています。
ファンさんはでもすごいですね。内容に感動してもサイトとか見ないしなぁ。なんか自分の物だけにしておきたいような、そんな気分だからです♪
25. Posted by なな   2007年02月11日 23:44
やぎっちょさん、こんばんは。

髪の毛を切るシーン、よかったですね。
そして歩太が悲しみを抱えながらも
魅力的な男の人になっていて…
これは2冊セットで読むべきです。
26. Posted by やぎっちょ   2007年02月12日 01:19
ななさん
うんうん!髪を切るシーン。思い出しただけでぐっと来ます!!
確かにこれは2冊で1セットですね。卵だけだとちょっとモヤモヤが残ってしまいますし、梯子だけだと過去がわからなくて置いてけぼりな気がしますね。
でも続けて読むと感情が盛り上がってたまらない気分になります★
27. Posted by すずな   2007年07月07日 10:34
やぎっちょさん、こんにちは。
遅ればせながら、ようやく読みました。

私も前作であまり良い感情を持ってなかった(オブラートに包んでみました/笑)夏姫が素敵な大人になっていて、読みながら思わず嬉しくなりました。姉というか母の視線ですねぇ(笑)
慎一との会話に10年間を垣間見せられて、キリキリと切なかったです。桜の下で3人でお酒を飲むシーンでは思わず涙。
28. Posted by やぎっちょ   2007年07月07日 11:45
すずなさん
こんにちは〜♪
前作だけだとやっぱり不完全な感じがしますよね。それでも両方で完全にむぐぅって感じだったんですが・・・。
10年というのは長いけど、長すぎない(記憶が風化してしまわない)期間なのかもしれませんね。ちょうど切なくなるポイントかも・・・。
うーむ切ない(いろいろ思い出し中・・・)★

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu