2006年10月08日

図書館内乱 有川浩4

図書館内乱

この本は
「ひなたでゆるり」のリサさん
「黒猫に小判。」のneroさん
「怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】」の白い怪鳥さん
に教えていただきました。
ありがとうございました。


■やぎっちょ書評
いやーまいったっ。何から書こう。
まず、この本は「図書館戦争」の続編です。
どーせまとまった解説なぞ書く自信ないしぃ、そういうのは他のブロガーさんが書いてるみたいな?(←一部柴崎風)、感情的なことから書きます!
4章が終わったその時。

  「うおらぁ〜砂川出せぇやぁーー!!」
  「しばくっ!あちきがしば〜く!!!」
  (注:「しばく」関西弁でボコボコにするという意味)

はぁはぁはぁ。。。
いやー久しぶりに熱くなりました!
そして手塚(兄)の呼び出しに応じる郁。あ〜ばかばか、なんて軽率なんだよーと絶叫。でも、郁なら大丈夫なはず、いや大丈夫。郁を信じろあてきち!!
そしてなんだかんだ言って助けに行く堂上。
んでもって手塚へ自分のことを語る柴崎のせつなさ。それに対して「笠原なら怒ると思う」なんて素晴らしいことを言う手塚。。。あぁ、堂上班。あっちきも入れてくれい(懇願)。
あーー。(ひとり)盛り上がった。
4章読み終わったところで「あとはあした」にするつもりだったのに、読みきってしまいました。また。
だって、4章で頭に血がクワーって上るんだもん♪

この本の前に読んだのが「笑う招き猫」。
どちらも主人公の身長が高いですねー。どうでもいいけども。

だいいちねぇ、図書館ですよ。図書館。舞台が図・書・館。
そんでもって、主人公が本を愛する本戦士ですよ。
こんなにまで前提条件パーフェクトな本がありますかねあなた!?
しかも、to be continuedになってるところが良いですねーー。名作は永遠と続け!題して「三毛猫○ームズ状態」ですよ!!
というわけなので、「ひなたでゆるり」のリサさんはもう読んだみたいですが、この本の中に出てくる本「レインツリーの国」も読んでみることにしました。次の買出しDAYに買っちゃいます★

王子様を堂上だと知ってしまった郁はどうなるんだろうか。
あ〜今の気分を例えるのなら「メリー号が別れを告げた今・・・来週のジャンプは一体どうなるんだ!!」状態です。
(注:よくわからない人は週刊ジャンプの「ワンピース」を読んでね)

手塚、柴崎、小牧のことをちゃんと知りたい人はリサさんのところへGO!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「図書館内乱」有川浩/著  [ lifeisjourney. ]   2006年10月08日 13:48
読むのが勿体なくって・・・数日飾ってましたが、自分の手が・・・手が・・・「勝手に動いて」本開けちゃいました。この手のせい。「図書館内乱」有川浩/著出版社/著者からの内容紹介相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ!山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋...
2. [有川浩] 図書館内乱  [ booklines.net ]   2006年10月08日 13:54
両親が職場見学に来るという。職場のみなは協力してくれるものの、何かの拍子に戦闘員であることがバレてしまう可能性がないとはいえない。ましてや、親の期待を重圧と思い、実家に近寄らない郁だから精神的にきつい...
3. 「図書館内乱」有川浩  [ 読書とジャンプ ]   2006年10月08日 17:47
源氏の君が降臨されました。武蔵野の関東図書基地に生息するのは、王子様だけじゃなかったのか!( ̄□ ̄;)!!相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ!山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。迎え撃つ図書...
4. 『図書館内乱』  [ 図書館屋の雑記帳 ]   2006年10月08日 21:09
5. 「図書館内乱」を読む  [ 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】 ]   2006年10月08日 21:47
「図書館内乱」有川浩/著(メディアワークス刊)図書館戦争の続編です。さっそく読みました。もう、一気読みですよ。(^.^)で、感想。ここで終わりかよっ!?(-"-)・・・・・・・・・・・・・・・・・・いやいや、おいしー「引き」をしとりますなぁ。(^_^;)つーわけで、完...
6. 『図書館内乱』有川浩  [ ひなたでゆるり ]   2006年10月08日 23:54
図書館内乱有川 浩メディアワークス2006-09-11by G-Tools 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行...
7. 書評/図書館内乱  [ ライトノベル名言図書館 ]   2006年10月09日 02:16
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
8. 「図書館内乱」を読む  [ 何気ない日常の記録-ガーランド中継点 ]   2006年10月09日 03:05
月9の連続ドラマと書かれているのを見かけたものの、実際にドラマでやることはないだろうな。 近未来世界でのお話というのは仕立てにくいだろうから。 前作よりも登場人物の心理描写が上手くなっていると思う。 おかげで??l="aa
9. 図書館内乱  [ ライトノベルの箱詰め。 ]   2006年10月09日 10:43
祝・シリーズ化決定。と言うことで、あと数冊は続くらしいです。それを見越してのことなのか、登場人物の設定が深く掘り下げられていましたし、伏線もちょこちょこ出てきました。
10. 「図書館内乱」 有川 浩  [ コンパス・ローズ  ]   2006年10月09日 19:23
図書館内乱 有川 浩 『図書館戦争』(感想)に続くシリーズ第二弾。 前作では図書館の自由、読む側の自由を守る為の、図書館隊と良化特務機関との戦闘も辞さない対立構造を軸に、敵に(敢えて敵と書こう)立ち向かっていく図書館員達を描き、敵見方がはっきり分かれて判...
11. 図書館内乱  [ 読了本棚 ]   2006年10月09日 19:35
笠原郁の両親が娘の職場訪問にやって来た。保守的な両親(特に母親)に娘が戦闘職種に居るなんて聞いたら間違いなく実家に連れ戻される!!……という訳で、郁は両親に隠し通す事を選ぶのだが、これがまた結構大変な事だった。(両親攪乱作戦)
12. 図書館内乱 有川浩 メディアワークス  [ おいしい本箱Diary ]   2006年10月09日 22:01
ライヴ終わって放心しておりました。 あきませんねえ・・。ライヴはこの上なく楽しいけど、後遺症がでる(汗) 気合??????!!
13. 図書館内乱  有川浩  [ 今更なんですがの本の話 ]   2006年10月15日 17:57
有川浩さんの『図書館戦争』の続編『図書館内乱』です。前作が図書館を舞台にした軍事アクションとすれば、今作は企業小説に近い内容になっています。 また連作短篇に近い形をとり、各章毎に主人公郁の周囲の人間にスポットを当てた作りとなっています。 それぞれのバック....
14. 有川浩:「図書館内乱」  [ りょーちの駄文と書評 ]   2006年10月23日 16:58
図書館内乱posted with amazlet on 06.10.23有川 浩 メディアワークス Amazon.co.jp で詳細を見るりょーち的おすすめ度: こんにちは、一龍斎貞友です(嘘です)。 昭和を代表する芸人のばってん荒川さんが、10月22日、69歳で逝去されました。天国でもおばあちゃん姿でご活...
15. 「図書館内乱」有川浩  [ 本のある生活 ]   2006年12月21日 23:05
図書館内乱 期待通りのおもしろさでした!メディア良化委員会との戦いだった前回の「図書館戦争」から、今度は図書館内部の派閥の対立、まさに陰謀と心理戦の渦巻く内乱です。大きな組織になれば、一枚岩ってわけにはいきませんよね。読んでいて色んな考え方を提示してあ....
16. 「図書館内乱」有川浩  [ AOCHAN-Blog ]   2006年12月27日 18:40
タイトル:図書館内乱 著者  :有川浩 出版社 :メディアワークス 読書期間:2006/12/14 - 2006/12/15 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 武蔵野第一図書館の図書隊員・小牧が、耳の悪い少女に難聴者がヒロインの恋愛小説「レインツリーの国...
17. 図書館内乱 有川浩  [ 苗坊の読書日記 ]   2006年12月27日 22:56
5 図書館内乱 オススメ! 「両親攪乱作戦」 図書特殊部隊(ライブラリー・タクスフォース)である笠原郁は、自分の所属を両親に内緒にしている。 その両親が、郁の職場へ遂にやってきた。 堂上、小牧、手塚、柴崎も何とかばれないよう協力するが・・・。 「恋の障害」 ....
18. 図書館内乱  [ 乱読日記 ]   2007年01月20日 21:29
有川 浩 図書館内乱 [要旨] 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ!山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化 「査問」 委員会。迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行政戦隊図書レンジ
19. 図書館内乱  [ 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ ]   2007年01月26日 14:03
********************************************************************** 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや...
20. 図書館内乱  [ 香桑の読書室 ]   2007年03月12日 20:50
 有川浩 2006 メディアワークス ちょびちょび感想を書き散らかしているので
21. 『図書館内乱』 有川 浩  [ 日々の海に沈む… ]   2007年04月22日 20:28
図書館内乱 有川 浩 / / メディアワークス ISBN : 4840235627 図書隊大活躍の2冊目です。 今回は堂上&笠原以外の図書特殊部隊のメンバーが中心になる話も盛り込まれてて、いよいよ「連ドラ」風味♪なんて思いながら楽しみました。 小牧に関してはちょっと意外...
22. 図書館内乱 有川浩  [ 色々なポイント+α ]   2007年07月06日 00:20
図書館内乱 有川浩 多方面に多大な反響を巻き起こした『図書館戦争』の続編が登場!熱血バカ笠原郁と、怒れるチビ堂上篤。その他ゆかいな図書館レンジャーの面々が、図書館の自由を守るため、今日も図書館を駆け巡る!本の未来を憂う人と、もどかしい恋愛模様にやきも....
23. 図書館内乱 〔有川 浩〕  [ まったり読書日記 ]   2007年08月23日 20:26
4 図書館内乱有川 浩 メディアワークス 2006-09-11売り上げランキング : 27556おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問....

この記事へのコメント

1. Posted by かずは   2006年10月08日 17:49
こんにちは!

>「メリー号が別れを告げた今・・・来週のジャンプは一体どうなるんだ!!」状態です。
同感です!(きっぱり)
ちなみに、来週はワンピは休載らしいので、再来週待ちですが、このシリーズの堂上さんと郁の行方も、第3弾を飛ばして第4弾待ちになったりした日には、思いっきり暴れてそうです(笑)
2. Posted by やぎっちょ   2006年10月08日 18:16
かずはさん
>同感です!(きっぱり)
うれしいです!!(ぱっつり)
>来週はワンピは休載らしいので
えぇーーーーー!!知らなかった(トボトボ)。。。
でもこれだけ連続で涙をくれたんだから、作者さんもゆっくり休んでほしいですね。(でも少しだけ)
この本も第四弾とかだときれますが、いっそ第七弾とかから第九弾とかを先に書いてエピソード1,2,3というのもアリですね(いや、ないです)。。
3. Posted by なな   2006年10月08日 19:37
やぎっちょさん、こんばんは。

この本、途中でとめるなんでできないでしすよね。
そしてこのラスト…
確かに来週まで待てない。そんな感じです。

「レインツリーの国」私もすぐに図書館で予約しました。順番が来るのが楽しみです。
4. Posted by やぎっちょ   2006年10月08日 20:06
ななさん
内乱が出たのが最近(やぎっちょ基準)なのに、もうレインツリーの国が出ているのがちょっとオドロキですね。
全部書き下ろしたってことですもんねぇ。
その調子で書いてくれたら第三弾も早そうですね!
5. Posted by 白い怪鳥   2006年10月08日 21:53
>「メリー号が別れを告げた今・・・来週のジャンプは一体どうなるんだ!!」状態です。

全くです。
つーか、今週のワンピースは泣きました。
来週休載なんですね。
嗚呼、先が気になるっ!!

・・・・・って、図書館内乱の話でしたね。(^_^;)
今月号の電撃hpに短編が掲載されています。
・・・・・・多分、連載じゃないとは思いますが。
「図書館シリーズ」畳み掛けてますよ。(-.-)
6. Posted by やぎっちょ   2006年10月08日 22:25
白い怪鳥さん
今週のワンピースは、全国の人を泣かせましたよね。涙を流した人数集計したらすごいことになるんだろうなぁ。
短編ですか・・・って、すごい、そんなところまでチェックされているんですね。たたみかけ大歓迎ですね!!
7. Posted by リサ   2006年10月09日 00:00
やぎっちょさん、こんばんは!
内乱も面白かったですよね〜。
今回は前作よりもさらに深みが増していて…いろいろと考えさせられる部分もあり、もちろんラブコメもあり、と楽しませてもらいました。
「あとはあした」が出来ないですよね(笑)
そしてうちのブログをこんなに紹介して下さって…あの大したこと書いていないので恥ずかしいのですけど、嬉しかったです。
『レインツリーの国』は私はもう号泣ものだったのですけど…たぶん普通の方(私は感情移入が激しい人間のようです)はうるうる、程度かなと思います。とても素敵でしたので、近いうちに是非♪
8. Posted by やぎっちょ   2006年10月09日 03:38
リサさん
こんばんは〜。なんか、仕事してたらこの時間に・・・。
そうですね〜。引き出しの多さでいろいろと楽しめましたよね。
>あの大したこと書いていないので
いえいえ、自分の記事書いてからリサさんのを読んだら、手塚、柴崎、小牧のことがやけに詳しく書かれていて落ちました、一回。で、「けど、ま、いっか」て立ち直りました。これだけ「あー」とか「うー」とか書けるのは、リサさんはじめ皆さんがちゃんと書いてくれるからなんですよね。感謝しています♪
はい。レインツリーも半ばには購入できるかなって感じの進み具合です!!
9. Posted by たまねぎ   2006年10月09日 17:31
もう図書館内乱を読んだんですね。私は手元にはあるのに、その前に読んでいる本がなかなかの難物で、辿り着けずにおります。
表紙には出来の悪いガ○ダムみたいなロボットまで出てきてるし、気になって仕方がありません。うーん早く読みたい。
10. Posted by やぎっちょ   2006年10月09日 18:46
たまねぎさん
やや古い本ばかり読むあちきにとっては快挙ともいえるべき速さでした!
難物を読んでいると気がはやりますよね。1週間とか経ってしまったら、なんだか損した気分になります。。。
早く終わらせて内乱読んでくださいね♪
11. Posted by 雪芽   2006年10月09日 19:36
こんばんは。
面白かったですね!身体中の血が沸き立つ感じとでもいいましょうか。時にはグー握って読んでいたり、燃えました(笑)
新刊単行本は熟慮の上買うようにしているのに、この本は条件反射で速攻購入です。おまけに「レインツリー」も。
こってりハマってます。もう誰にも止められない!(誰も止めないでしょうが・笑)
12. Posted by やぎっちょ   2006年10月09日 20:43
雪芽さん
いやーおもしろかったです!!燃えましたよね〜!
レインツリーも買ったんですか?・・・あちきはアマゾンの中古にしよう(ボソッ)
個人的には白い怪鳥さんがコメントで残してくれた「電撃hp」に載っているという短編が気になりますねぇ。
なんでしたらあちきがお止めしましょうか?ごくごく控えめに。
「やめてみたりしてもよかったりしたりなんかしてぇ?」みたいな(笑)。
13. Posted by mayokako   2006年10月09日 21:11
やぎっちょさん、こんばんわ。

なぜか「禁止ワード設定されている単語が含まれています」というエラーが出てしまうのですが、この本楽しみです。

14. Posted by ERI   2006年10月09日 22:05
>やぎっちょさん
こんばんは!!しばらくライヴドアにコメント拒否されてて(なぜかしら・・。そんなイケナい事を書いたかな?)
コメントできませんでした。今日は大丈夫かな?

「うおらぁ〜砂川出せぇやぁーー!!」
に、ウケました!!ほんと、小者の癖にイヤな奴でしたね・・。で、ワンピースを今リアルタイムで読んでいないんですが、そんなに凄い展開なのかと、そっちも気になってしまいました・・。
15. Posted by やぎっちょ   2006年10月09日 23:26
mayokakoさん
これは本当にすみません。自分でもたまにそういうことがあるのですが、ムキになって禁止ワード含まれているかひとつひとつ調べても含まれていないこともあるんです・・・。つまり原因不明。。さぞ、イラッとしたことでしょう。ほんとにごめんなさい。
mayokakoさんは「図書館戦争」の方は読まれているんですよね。★5つおつけになっているので、ぜひぜひこの本も急遽予定を変更して(?)読んでくださいね!
16. Posted by やぎっちょ   2006年10月09日 23:38
ERIさん
こんばんは〜〜!!なんででしょうねぇ。いやがらせか??何か相性があるのかもしれませんね。
でもわからないから、話題を移そう。。。
イヤー。いるんですよね砂川みたいなの。だいっきらいです!!でももっとキライなのは砂川みたいなのを道具のように使う手塚(兄)!つくづく卑怯だなと思いました。成績はいいけど頭はバカ(デスノートのニア風)。
いやいやそれはそれとして、ワンピースちょっと読んでみて追いついてください!!
泣きます。もう三週くらい連続泣きですよ。電車の中では読まないでくださいね★
17. Posted by nero   2006年10月10日 14:30
>あぁ、堂上班。あっちきも入れてくれい(懇願)。

ですよ。うん、入りたい。
たぶん、みんな入りたいんだろうな〜。
堂上班、ものすごい大所帯になってしますな〜(笑)

>いっそ第七弾とかから第九弾とかを先に書いてエピソード1,2,3というのもアリ

先に、郁が40歳位になってからの物語が出る・・・
いや。いやだ〜、そんなの〜〜〜。
18. Posted by やぎっちょ   2006年10月10日 20:29
neroさん
なんだかあれですね。自分が堂上班に入ってるつもりで読んじゃいますね〜。
うーむ。郁40歳とかイヤですね〜。やっぱ早く第三弾ですね♪
19. Posted by sonatine   2006年11月07日 13:20
やぎっちょさん、こんにちは。
TBしました〜。
このシリーズ読み始めたら止まらないですよね!!!
面白かった!
レインツリーも読む予定です♪
20. Posted by やぎっちょ   2006年11月07日 19:34
sonatineさん
そうですよね〜。読んでるのをとめるほうに無理を感じますよね!!
早く続きが出てほしいです♪
「レインツリー〜」は雰囲気が違って、でもこれがまたいいお話です!!ぜひぜひ読んでみてくださいね★
21. Posted by june   2006年12月21日 22:55
とうとう順番がまわってきました。おもしろかったですー。期待どおりでした。堂上さんの頭ナデナデに萌え〜という感じで、2月が待ち遠しいです。
でもその前に「レインツリー〜」を読まなくちゃ!
22. Posted by やぎっちょ   2006年12月21日 23:35
juneさん
とうとう、念願の順番がっ!・・いや、念願は順番じゃなくて本だった。。。
え?え?え?2月に次出るんですか!はり!!わーそうだったのですかぁ!これは楽しみですね〜♪
今からそちらに伺いますね〜★
23. Posted by 苗坊   2006年12月27日 23:48
こんばんわ〜^^
気になりますよね〜。
1番気になる所で終わっちゃってるんですから、有川さんもいきな事をなさいます^^;
やっぱり堂上が好きですねぇ。
今回は小牧や手塚の株もカナリ上がりましたが。
24. Posted by やぎっちょ   2006年12月28日 03:47
苗坊さん
こんばんは〜〜♪
チーム全体の株を上げてくれた今回は余計に愛着が湧きましたよね〜。堂上さん次号ではどうなるのか・・・。郁はまぁ予想つくんですがねぇ〜★
個人的には柴崎の今後がとっても気になります。どうか郁を泣かせる行動は取らないでほしい・・・。
25. Posted by junn_411334   2007年01月20日 21:36
こんばんわ
私もやっと、読み終わりました♪
毬江ちゃんの毅然とした態度はすっきりしました〜!
そして、柴崎は私も気になります。
あそこまで徹底的に計算できるのであれば、そして周りに気づかせなければ私的には全然気にすることはないとおもうんですが…。
手塚と結ばれそうで、ちょっといや…
26. Posted by やぎっちょ   2007年01月20日 22:56
junn_411334さん
こんばんは!
読みましたか〜。今日TSUTAYAでも平積みで見かけました。毬江ちゃんは良いですよね〜。やっぱしゃっきり言ってやらんといかんのですよ〜★
柴崎は結構注目キャラ!手塚とはぜーったい結ばれてほすぃくないです!!でも自分を傷つけないでほしい。でも傷つけそう。。。そのバランスが興味を引くのかもです!
27. Posted by ゆき   2007年01月26日 14:02
こんにちわ。

やぎっちょさんの感想、面白く読ませて頂きました。
いやぁ、気持ちは一緒です。
特に

>「メリー号が別れを告げた今・・・来週のジャンプは一体どうなるんだ!!」状態です。

上手すぎる表現です!w
次のシリーズの出だしの文章が
今から非常に気になってる私です。
次回作はもっとニヤニヤして読みそうです。。w
28. Posted by やぎっちょ   2007年01月26日 20:40
ゆきさん
こんにちは〜♪
あらためて自分の感想を読んでみると明らかに頭に血が上ってますね(笑)!!
いまだにワンピースの次の段階を早く出してくれ!と思いながら月曜を待ってます。。。
は〜やく次の作品出してほしいですよね。もしかして他の小説書いてたりするのかなぁ。そういう寄り道はやめてほしいですね★
29. Posted by Rutile   2007年01月27日 22:58
こんばんは★
いやいやいや、今回はもう、萌え萌えでしたネ(〃▽〃)キャー♪
小牧ファンの私としては、彼の優しさと芯の強さに悶えまくりでした。
悶えるといえば、堂上&郁も…
あぁ!!もう、頑張れよオトメ!!という感じでしたネ。
いよいよ第3弾発売ですねぇ。
でもその前に『レインツリー〜』を読まねば。
30. Posted by やぎっちょ   2007年01月28日 10:50
Rutileさん
こんにちは〜♪
萌え小説ですからね〜♪恋愛的なことだけじゃなくて、図書という時点で既に・・・。小牧ファンなんですか。冷静な感じですね!
第3弾迫ってるんですか?!チェックせねば。。。早く読みたいですね。
レインツリーは全然雰囲気が違うけど、とってもジーンと来るお話ですよ。ぜひぜひ!
31. Posted by みわ   2007年02月22日 11:46
読みましたよ〜。
いやぁ、相変わらずいい♪
こういうのってはまりますよねぇ。
1人でニヤニヤしながら読んじゃいました。
怪しい私。(笑)
32. Posted by やぎっちょ   2007年02月22日 12:49
みわさん
よまれましたねー♪
電車の中やカフェで読むには危険な本ですよね!!
感想見に伺いまーす。
33. Posted by しお   2007年07月06日 00:18
内乱は最後の派閥のところ?てな感じくらい、恋愛話がいっぱいでしたねぇ〜私は通勤電車にて読書なのですが、ちょっとニヤニヤしてしまっていたかも・・・相変わらず会話が面白かったです。
34. Posted by やぎっちょ   2007年07月06日 00:50
しおさん
通勤電車には非常に向いていないアブない本ですね!!むしろニヤニヤで済んでいるしおさんそんけー♪あちきなら「ぐへへへへスマイル」になっていることでしょう。
しかしなんでか、堂上におっさんイメージしかもてない自分・・・。なんでだろ??
35. Posted by らぶほん   2007年07月09日 17:47
こんにちは。
私も読みながら熱くなりましたが、やぎっちょさんも燃えてますね(笑。
読み終えた瞬間から次が気になって、どうしてくれるの!状態です。
「レインツリーの国」は私が読んだ初有川作品でした。
36. Posted by やぎっちょ   2007年07月10日 00:11
らぶほんさん
こんにちは〜♪
えへへ。文句言ったりキュンとなったり、泣きそうになったりで忙しい小説です、まったく(笑)
「危機」は最初からいいですよぉ〜〜♪♪
レインツリーの国が先だとどんな印象になるんだろう。結構違うのかなぁ。この本が先だと、状況がわかっているので「違うんだよ、違うんだよ」と心の中で何度も叫ぶことになってしまいました★
37. Posted by エビノート   2007年08月23日 20:46
『引き』の上手さにしてやられたり…の内乱でした。
小牧や柴崎、手塚の個々のエピソードを楽しんだ後の爆弾ですもんね〜
分かっていても心臓に悪かったです(笑)
それにしても柴崎カッコイイ〜♪
38. Posted by やぎっちょ   2007年08月25日 12:47
エビノートさん
「引き」のうまさですかぁ。ふむふむ。
柴崎はカッコよいですよね〜。ウットリします。逆に手塚はどんどんかっこよくなくなっていくような気が・・・。
でもエビノートさん連続で読んで、感想がよく混乱せずにかけますね〜〜。
39. Posted by zoooutcryay   2011年11月27日 07:47
���荀���с��95%��蚊����с�������⓾��2%茯よ��茘���c�〠����������ŝ��
���綛�10�����勌�閶���紙┤��i��
篆���冴����������⓾����������勉�����
40. Posted by mervyn stewart cars   2012年01月04日 18:04
シアーズ旅行ブラントフォード
41. Posted by cpu fan download   2012年01月08日 14:46
九寨溝への移動
42. Posted by notebook boot times   2012年01月14日 07:49
sophus旅行
43. Posted by sagetv download   2012年02月13日 18:20
旅行エージェントノックスビルテネシー州
44. Posted by работа водителем в мурманске   2012年03月31日 21:01
サウスオール旅行バーミンガム
45. Posted by turkish films download   2012年04月01日 08:43
イランビザへの旅
46. Posted by Steady-Hand Game   2012年05月23日 12:48
ルアンパバーンへの旅チェンマイ
47. Posted by ноутбуки   2012年05月24日 09:49
カカドゥに移動
48. Posted by хостинг для интернет магазина   2012年05月25日 12:17
トラベルクリニックオーロラ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu