2006年10月26日

豆大福の王子様

読みおわった本が・・・ない!
ということで、漫画でも良かったんだけど、豆大福のお話にしよう。そうしよう♪



で、のっけから違う話題なんだけど、昨晩寝ている時から首がかゆい。起きたらむしさされの痕のようなじんましんのようなものがある。かゆい。
なに?ダニとか?
シーツ変えたばっかりなのに、なんで・・・・。
アレルギーかなぁ。

ということで、今日用事の前に麻布十番というところの「京あづま」の豆大福をゲット&それがランチ。4つ食べた。
形が普通の豆大福と違って、生地でアンを包み込むような感じ。なので両脇が空いていてあんこが覗いています。
生地の部分がのーびるんですよねぇ。はっきし言ってこれだけで食べてもおいしいと思います。
あんこは、たぶんだけど小豆100%。赤エンドウは入ってないと思います。
豆は普通。

東京だけかもしれないけど、豆大福ってすぐに売り切れるんですよ。
夕方とか買いに行くともうダメ。ほしけりゃ午前中に来い!みたいな感じ。かといって出し惜しみしているのかというとそういうわけじゃないんですよねぇ。手作りなのでどんなに頑張っても限界がある、みたいな。
なんで東京の人はこんなに豆大福消費率が高いんだろう。
豆大福って、どうやら高級和菓子店に対する形で、米を使って生地を作ったことからはじまっているらしいです。
「米なんてねぇ」みたいな空気が最初はあったみたい。

これまでに行ったとこ書いとこ。
■群林堂 (講談社の向かいにあるんですよー)
びびった。皮、あんこ、豆が渾然一体。さすが日本一とか東京一とか誉れ高いだけあります。
一口食べたら桃源郷に落ちます。まじで。
生地はもちろんやわらかく、あんこは赤エンドウが入ってややさっぱり。豆はたくさん入ってますが、味の邪魔をしません。むしろ高めてくれている。

■瑞穂 (原宿)
ここのを食べて豆大福というものが、げによろしいお味だと生まれてはじめて知りました。
やわらかい生地が、やはり赤エンドウの入ったあんことのハーモニー♪
群林堂に及ばないと思うけど、たぶん世の中の大福の中でも上級クラスだと思う。

■叶匠寿庵 (滋賀:購入は伊勢丹のデパチカ)
3個630円の小ぶりの大福ながら、生地の伸び具合は今日行った「京あづま」に匹敵するほどのびるのびーる。
あんこはふつう。でも、豆が丹波の黒豆使っているんですよ。この豆は食べた中で一番おいしかった。上方に近いのでやや上品な感じでしたね。
デパートで売っていながら、賞味期限はちゃんと翌日とか。生菓子でももうちょっと持ちそうなものだけど、その正直さに一票。

あと何軒か試したところはちょっと・・・て感じでした。
生地が硬いとか、あんこがしつこいとか、豆邪魔とか。。。


でもなんで東京(関東全般?)は豆大福がこんなに人気なんだろう。
誰か答え教えてほしいなぁなんて思う。
あ、もういっこ思うところがあって、豆大福のための豆大福フェチブログとか作ったら人気・・・は、出なくてもいいから、マニア人たちに見てもらえるかなぁって。
きれーな写真撮って、店主の話し聞いたのを載せたりして、あとレシピとか。
題して「豆大福の王子様」!!
部長は手塚山。転校生はリョータさまで★★

つーか、誰かやって!!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by リサ   2006年10月26日 19:59
おおー豆大福話し!いっつも楽しみです♪
瑞穂や群林堂は有名ですよね。瑞穂のしか食べた事ありませんけど。それもずいぶん昔。
確かに東京では豆大福を買うなら午前のうち、と決まっています。なぜか?何故なんでしょうー。子供の頃からそうだったんですよねぇ。今でも無性に食べたくなるのですが、ヤマザキの豆大福で我慢です。それでも充分美味しい(*^-^*)

東京では他に金つばとかすあまとかあるんですが、三重では見かけないんですよね。すあまとかも関東にしかないのかなぁ、とちょっとがっかり。すあま大好きなんです。

そうそうこっちへきてお気に入りになったのが「麩まんじゅう」。初めて食べましたがすっごく美味しかったです。
その土地によっていろいろと名物があって楽しいですよね。
実はもしかしたら三重も来春でお別れかもしれません。夫の転勤可能性大。次はどこへ行くのやら。東京に帰れるといいなぁ。
2. Posted by やぎっちょ   2006年10月26日 20:56
リサさん
うおっ。長文!びっくりしたー。
>いっつも楽しみです♪
そ、そうなんですか?!むしろコアなファン?みたいな??
へー、やっぱ東京では午前と決まっているんですねぇ。すごいなぁ。伝統なんだ。
「すあま」って・・・・・・何?甘いかまぼこみたいなヤツですよね?たぶん。。。食べないなぁ。第一その単語を聞いてすぐに出てきませんし。。
金つばはですねぇ、元々京都から江戸に入ったんですよ。元名は「銀つば」で「京都が銀なら東京は金」ということで「金つば」になったそうです。
でも、甘すぎて滅多に食べないけど・・・。
麩まんじゅうも京都は強いですねぇ。お麩屋さんがあるくらいですし。三重にもありますかぁ。
え〜三重からおさらばする前に「桜餅」食べてくださいね。東京生まれ&育ちのリサさんなら、きっとそっちの桜餅にカルチャーショックを受けると思いますよ。逆の立場で昔相当カルチャーショックでしたから★
3. Posted by mayokako   2006年10月26日 21:43
やぎっきょさん、こんばんわ。

これを読んで、豆大福が無性に食べたくなりました〜。
あ〜、でも今(一生?)ダイエット中なんですよね甘いの物はなるべく見ないようにしているのに、やぎっちょさんは罪なお方。

『この中ですぐに手に入るのが「叶匠寿庵」の豆大福だわ。駅前の高島屋に入ってるもの
明日買いに行ってしまうだろうな。絶対食べたい!
叶匠寿庵のあんこにぎゅうひが入ったのは食べたことがあって、美味しかったことも思い出しました。
きんつばもいいなあ〜すあまもあっさりして美味しいよね。
駄目だ、夢見そう
4. Posted by 菱沼   2006年10月26日 22:12
「俺様の豆大福に酔いな!」私は豆大福を食べた記憶がありません…。「あのたまらん豆大福を食べたことがないとはたるんどる!」「激ダサだな」…豆大福の王子様、止めてください。
5. Posted by やぎっちょ   2006年10月26日 23:31
mayokakoさん
こんばんはー♪
豆大福は太りませんよ〜。糖分と脂質を一緒に取るとダメだけど、お米と小豆と砂糖だから消化されるまで脂肪を取らなければ大丈夫★早速買いに行きましょー!!
叶匠寿庵って、すごーく広く展開してますねぇ。関西の和菓子屋さんなのにすごいな。
あんこに求肥も気になりますね。今度ちょっとチェックしてみます。買えるかなぁ。ひとつにはまってると他に目が行かないんですよねぇ。。。
ダイエットに差し支えないように食べましょうね〜★
6. Posted by やぎっちょ   2006年10月26日 23:35
菱沼さん
ダメぇ〜〜〜〜〜!!!爆笑した!まぢで爆笑したぁ〜〜〜!!!!!
笑笑笑
>「俺様の豆大福に酔いな!」
これやばいよー。夢に出てきそうだよー。
笑笑笑
えーん。テレビのお笑いより笑ったよぉ。ひっしー(←かってにつけた)おもしろいよーー。はらよじれるよーー。王子様たすけてぇよ〜〜〜★★
7. Posted by 雪芽   2006年10月26日 23:56
うわ〜、豆大福が夢に出てきそうなんですが^^;
やぎっちょさんのせいで(おかげでともいう)豆大福にビビっとアンテナが働くようになってしまいました。
豆、豆、豆大福〜♪つい口ずさむ秋の宵。
今日デパ地下に行ったら、人気のお餅屋さんに大福の新商品がありましたよ。
小ぶりの焼き大福がみっつ串に刺さっているの。でも、豆なしだからやぎっちょさんにはお薦め商品にはなりませんね。
8. Posted by やぎっちょ   2006年10月27日 00:05
雪芽さん
今晩は豆大福ナイトだぜぃ。ふっ。きまったなっ!
バーで渋く「マスター、群林堂シングルね。小麦粉はよく払っといて」的な・・・・??
桃のときのように豆大福もいっこでよいから買ってみてくださいね♪
明日の晩にテレビでやる映画「デスノート」では串刺しのドーナツが出てくるようです。そんな感じなのかなぁ。。。
豆大福じゃないとしても、それはやはりいただいておきたいシロモノですね!!
そういや、十勝に小豆あるし、ひとめぼれもあるんだから、豆大福あっておかしくないですよねぇ、北海道って★

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu