2007年02月03日

銃とチョコレート 乙一4

銃とチョコレート

この本は、「ジョナサンの読書飛行」のジョナサンさんと「ちょっくら読書1000冊目指してみようか。」の常陸さんにオススメいただきました。
ありがとうございました。


■やぎっちょ書評
な〜んと言いたいことの満載した本ざましょ。
まずまず、パッケージ?ですよね。本の表紙と思っていたものが、チョコレートの箱をあしらった本の箱になっている。おされです♪おされ♪♪
ちょうどこの本を多くの本ブロガーさんが読んでいたころ、乙一さんという名前がなんか怪しい感じがして(単なる思い込み)、しかもその頃ちょうど恩田陸さんの「チョコレートコスモス」を読んでいたので、表紙といいタイトルといい欧米か?マネか?と思い込んで「よーまない」なんて思ってました。。。若かったな。ぬは。

でもって、抜き出した本を見ると、小学校の図書館を思い出すような本のつくり。ハードカバーとはまさにこの本のためにあるような。表紙の猫は江戸川乱歩っぽい怪しさ。
中をパラ見してみると、漢字にひらがながふってあり、行間も広くて文字も大きい。
まさに小学校の図書館本。うむ。楽しみである。
とはいえ、定価2100円はいいお値段だ。
(あ、でもルビはいろいろと問題もあるようです。と、エビノートさんのところに書いてあった)

そして内容なんだけど、これはもう明確に黒でも白でもない乙一さん。むしろ茶色か?チョコレートだけに。。。
登場人物がチョコの名前ってのも良いですね〜。明確で力強いミステリー。少年ミステリーか?!
怪盗ゴディバに対する名探偵ロイズ。ロイズってチョコのロイズだよね??
久々に少年の心でワクワクするあてきち。怪盗ゴディバの21回の盗みはなぜ20回なのか?そんでもって、なんでなかなかゴディバが出てこないのか!!
そしてロイズの正体は??むきぃーーって感じで読んでました。

字が大きく行間も広いので2時間くらいで読めるかなと思ったら、結構時間かかりました。のめりこんだからかな。
ストーリー仕立てはスキのない完璧な設定でしたよね。お母さんが画学生にあげるパンと魚の関係は最後にむむむぅとうなりました。たはぁ。
すごい。すごいよ乙一ちゃん。(ちゃん?・・・ちなみに発音は「おついっちゃん」)
できればゴディバとロイズの連載があったらいいなぁなんて、前半に思ってましたが、それはないんですね。残念でもあり、完結したストーリーでよかった気もします。

それにしても黒乙一と同じ人物が書いたとは思えないですねぇ。
あと一言。挿絵はむしろ黒乙一に使ってほしい感じです。こんなコワイ絵である必要あったのかなぁ〜。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「銃とチョコレート」乙一  [ 読書とジャンプ ]   2007年02月03日 23:52
最近はもっぱら映画製作に嵌っているという噂の乙一の待ちに待った新作は       「かつて子どもだったあなたと少年少女のための−ミステリーランド」。ジュブナイルの王道、リンツ少年の成長物語。期待に違わず、面白かったです!☆(≧▽≦)☆   登場人物の名...
2. 『銃とチョコレート』の感想  [ 空夢ノート ]   2007年02月04日 00:37
『銃とチョコレート』乙一/講談社ミステリーランド/面白かった!! …第2章までは、ね(笑)。 文句なしに好みの面白さでした。ところが第3章からは爽やかさが吹き飛ぶ様子をじっくり見せつけられました(笑)。なのに面白いのが、ホント不思議。これはまさに乙一マジック!!
3. 銃とチョコレート  乙一  [ 今更なんですがの本の話 ]   2007年02月04日 01:19
ミステリーランドシリーズからこのミスにランクインしたもう一冊、乙一の『銃とチョコレート』です。 怪盗GODIVA(ゴディバ)、大金持ちの家から宝石や金貨といった宝物を盗みだし、後にはサインの入ったカードを一枚残して去っていく。今、国中を騒がしている大泥棒....
4. 銃とチョコレート  [ ちょっくら読書1000冊目指してみようか。 ]   2007年02月04日 01:32
銃とチョコレート乙一著講談社 (2006.5)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロイズは子どもたちのヒーローだ。 ある日リンツは、父の形見の聖書の中から古びた
5. 「銃とチョコレート」乙一  [ ☆バーバママの小説大好き日記☆ ]   2007年02月04日 08:46
乙一 銃とチョコレート  ミステリーランドの作品。ひらがなだらけですが、大人もそこそこ楽しめます。  少年少女向けということを意識してか、乙一らしいブラックなところも、子供に見せられないほどではなく、けっこうまともな、救いといえるものもあるミス
6. 銃とチョコレート(乙一)  [ ジョナサンの読書飛行 ]   2007年02月04日 12:48
名探偵ロイズはぼくらのヒーロー!はたして名探偵ロイズは、怪盗ゴディバをつかまえることができるのか!?ファンタジーの作風に「名探偵VS怪盗」という構成から、「ハリポタ」や「怪人二十面相」のようだなと、思いながら読んでいたのだが・・・・・・子供向けのファン...
7. 『銃とチョコレート』  乙一  講談社  [ アン・バランス・ダイアリー ]   2007年02月04日 13:26
4         銃とチョコレート 「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」というのがうたい文句の、ミステリーランドシリーズです。このシリーズは島田荘司さんの「透明人間の納屋」に続いて2冊目なのですが、ラインナップを見てみると、これ....
8. 「銃とチョコレート」乙一  [ 本のある生活 ]   2007年02月04日 14:48
銃とチョコレート ルビも振ってあるし、ひらがなも多いので児童書なのかと思いましたが、「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」というシリーズということで、大人も読んでいいようです。大人が読んでも充分おもしろかったです。というよりこれ....
9. 『銃とチョコレート』乙一  [ ひなたでゆるり ]   2007年02月04日 21:15
銃とチョコレート乙一講談社2006-05-31by G-Tools 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されたカードには「GODIVA」の文字が。はたして名探偵ロイズは、怪盗ゴディバをつかまえることができるのか!? 乙一さん、やはりあなたはすごい...
10. 銃とチョコレート 〔乙一〕  [ まったり読書日記 ]   2007年02月04日 21:29
4 銃とチョコレート ≪内容≫ 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。 現場に残されているカードに書かれていた“GODIVA”の文字は泥棒の名前として国民に定着した。 その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロイズは子どもたちのヒーローだ。 ...
11. 乙一 『銃とチョコレート』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2007年02月04日 21:35
乙一 銃とチョコレート 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカードに書かれていた【GODIVA】の文字は泥棒の名前として国民に定着した。その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロイズは子どもたちのヒーローだ。ある日リン
12. 乙一『銃とチョコレート』  ★★★★  [ book diary ]   2007年02月04日 22:09
銃とチョコレート 乙一  ときには「うっせぇ、この水虫小僧!」や「この外反母趾め!」などとののしられた。 「ははははは! つよいものにしたがうのがわたしの生きかたなのだ!」  最高に乙一が好きだと自覚したんだが、どうだろう。  平仮名が多くてすごく読...
13. 銃とチョコレート 乙一 講談社  [ おいしい本箱Diary ]   2007年02月04日 22:17
ほんとうに久々の乙一の作品。 待ちましたね、ほんと。しかも、書き下ろしで・・。 この講談社ミステリーランドのシリーズは、けっこう凝った装丁なんですが、 この本も非常に乙一らしい、ダークな作りになってます。 それを見るだけでも、面白いんですが、中身もこれま...
14. 銃とチョコレート  [ <花>の本と映画の感想 ]   2007年02月04日 22:28
銃とチョコレート 乙一 講談社 2006年5月 怪盗ゴディバが、富豪の家から宝物をいろいろ盗み出していた。少年たちの間で人気の探偵ロイズが、捕まえると誰もが信じていた。移民のリンツは、父と胡椒を買いに行き、一緒に聖書も買って帰る。父が肺の病気で亡く...
15. 銃とチョコレート 乙一  [ 粋な提案 ]   2007年02月05日 03:00
イラストレーションは平田秀一。かつて子どもだったあなたと少年少女のための講談社ミステリーランドの1冊。 古きヨーロッパを思わせる架空の国。主人公で語り手の十一歳の少年、リンツは亡父と市場で胡椒とともに買った聖書に、
16. 銃とチョコレート 乙一  [ かみさまの贈りもの??読書日記?? ]   2007年02月05日 09:48
リンツ少年が住む国で、連続強盗事件が発生。 リンツ少年が、とある物を手にした事をきっかけに、少年たちの憧れである探偵ロイズと出会い、共に『ゴディバ』と名乗る怪盗を追う長編ミステリー。 思わぬストーリー展開や、話の運びがとても面白く、飽きることなく最後ま...
17. 「銃とチョコレート」乙一  [ ナナメモ ]   2007年02月05日 10:33
銃とチョコレート 乙一 盗んだ後現場に必ず1枚のカードを残す怪盗ゴディバ。それを追う探偵ロイズは子供たちの人気者。ある日、貧しい移民の子リンツは父と買い物に行き、聖書を買ってもらう。その聖書の中に挟まっていたのはゴディバの手がかりになりそうな謎の地...
18. 銃とチョコレート [乙一]  [ + ChiekoaLibrary + ]   2007年02月05日 12:18
銃とチョコレート乙一 講談社 2006-05-31 有名な名探偵・ロイズにあこがれている少年リンツ。ある日世間を騒がせている怪盗ゴディバの正体を知るための手がかりをつかんだ彼は、ロイズに手紙を書き…。 なかなかに…衝撃的でした。繰り返される暴力と、悪意と、その容赦...
19. 『銃とチョコレート』乙一  [ うーうーにっき ]   2007年02月05日 23:16
乙一の新刊ということで大期待して読んだ。 最近はあまりグログロな表現はないような気がするのだが、この本も児童書といってもいいような表記を使用しており、比較的グロッキーな表現は出てこない。 とはいえ、さらっと流されている部分が恐ろしい、というところはある...
20. 『銃とチョコレート』/乙一  [ あんなこと本のこと ]   2007年02月11日 16:14
乙一 銃とチョコレート 怪盗と、宝の地図と冒険と・・・。 久しぶりに小説を読みました。 たまには、空想の世界にどっぷり浸るのも気持ちがいいなぁ、と改めて実感。 さてさて、この本は、 ”かつて子どもだったあなたと少年少女のための”ミステリーランド
21. 『銃とチョコレート』  [ 本の小さな花束 ]   2007年02月16日 15:52
銃とチョコレートposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.10乙一著講談社 (2006.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 少年リンツの住む国で富豪の家から宝石が盗まれるという事件が発生した。犯人は怪盗「GODIVA」。それに対抗する....
22. (書評)銃とチョコレート  [ たこの感想文 ]   2007年08月07日 02:20
著者:乙一 銃とチョコレート (ミステリーランド)価格:¥ 2,100(税込)発

この記事へのコメント

1. Posted by nero   2007年02月04日 00:14
ですね。
ドキドキワクワクで、子供心満載だったのに、
イラスト恐かった・・・

内容はすんごいスキです♪
2. Posted by りる   2007年02月04日 00:39
初めまして。りると申します。
TBありがとうございました。
2件同じ来ていたので1件削除させていただきましたことを
ご報告させていただきますね。 それでは。
3. Posted by やぎっちょ   2007年02月04日 01:30
neroさん
はい。イラストのこわさは結構みなさん触れてますねーー。
どうにかシリーズにしてほしいなぁなんて思ったりします★
4. Posted by やぎっちょ   2007年02月04日 01:31
りるさん
はじめまして♪
コメント残してくださってありがとうございます!
あ、すみません知らずのうちに2件送っていたようで。わざわざありがとうございますね★
5. Posted by 常陸   2007年02月04日 01:35
気に入っていただけたみたいですね♪
お薦めした甲斐があったというものです。
黒でも白でもないチョコレート色というのには納得しました!
6. Posted by たまねぎ   2007年02月04日 01:51
やぎっちょさんこんばんは。ちと話は違ってしまうのですが…最初のオススメよろしくってまだ生きてますでしょうか(;^_^A
あの時はいきなりだとちょっと難しいと答えたのですが、そろそろこんなのは如何かなあとなったのですよ。
ただ予定が満杯かもしれませんし、ばっちこ〜いってなったら教えてくださいね。
7. Posted by やぎっちょ   2007年02月04日 02:08
常陸さん
は〜い♪ありがとうございました。とっても良かったです!!チョコ色物語もっと書いてほしいですね。乙一さんって平均的にグゥな感じですが、この本はまた異色でした★
8. Posted by やぎっちょ   2007年02月04日 02:09
たまねぎさん
もちろんです!!予定は結構満杯なのですが、どういうわけか気が狂ったようなスピードで読んでいるので大丈夫ですよ!!
ぜひぜひ良き本をご紹介くだされ♪♪よろしくお願いします。
9. Posted by Roko   2007年02月04日 10:59
やぎっちょさん☆こんにちは
素敵なストーリーでした!
バレンタインデーにチョコと一緒に贈ったらお洒落かも?なんて思いませんか?
10. Posted by やぎっちょ   2007年02月04日 12:25
Rokoさん
こんにちは★
うっは〜〜♪♪それよいですぅーー!!ぜひぜひ送ってくだされ・・・。うわーRokoさんにチョコと本もらう人は幸せですねぇーー。むむ。
いーなーいーなー★
11. Posted by ジョナサン   2007年02月04日 12:47
紹介ありがとうございます♪
チョコのように甘いファンタジーにとどまらず、乙一の銃のようなテイストが効いてましたね。この本はジャズ喫茶で一気に読みました。気づいたら3時間経過してましたよ。乙一さんの読ませる力はすごいなー、とつくづく感じます。
12. Posted by june   2007年02月04日 14:51
やぎっちょさん、こんにちわ。
私も読んだ時は、絵の怖さが気になったんです。子どもがひかないか??と。でも良く考えたら子どもって怖いものが好きなんですよね。学校の怪談とか。絵本も怖い絵のものは結構人気あるし。
でも、リンツのお母さんの顔、怖すぎです!
13. Posted by やぎっちょ   2007年02月04日 15:23
ジョナサンさん
こんにちは♪
こちらこそ紹介してくださってありがとうございました♪
うまいこと言いますね〜。チョコのように甘いファンタジーと銃のようなテイスト!!ところでジャズ喫茶で読むっていいですね。早速ネットで探してみよう・・・。
同じテイストの本他にも出してほしいですね!
14. Posted by やぎっちょ   2007年02月04日 15:26
juneさん
こんにちは♪
子供は引きますね、まちがいない!でもそう。見ちゃうんですよねー。そいでもってその日の晩にコワイ思いをするんですよね〜。無邪気だ(笑)。
そう!!リンツのお母さんの顔!!!目が離れすぎですよね〜宇宙人ぽかったです。むしろ宇宙人が地球人の真似をした顔みたいな。。。よくもまぁあんなおどろおどろしい絵が描けますよね。ひとつの才能だなぁ、なんて★
15. Posted by エビノート   2007年02月04日 21:36
やぎっちょさん、こんばんは!
記事中に紹介してくださってありがとうございます♪
自分の記事ではひらがなの多さに難癖つけましたが、子どもが読んでも楽しいでしょうね〜。
子どもがいたら、読ませてみたいです。
16. Posted by やぎっちょ   2007年02月04日 21:57
エビノートさん
こんばんは〜♪
ああいったのは専門のお仕事されてないとわからないですよね〜。あと子供か。
何気に自分には関係ないので読み飛ばしてますが、よく考えるとおかしいということはあるんですねー。気がつけてよかったです!
子供がいたら間違いなく必読書ですね★
17. Posted by ERI   2007年02月04日 22:57
やぎっちょさん、こんばんは!!
装丁もよかったし、面白かったし。私としては、非常に満足した一冊でした。このシリーズ、執筆陣は豪華なんですけど、けっこう当たり外れがあるんですよね。でも、これは大当たりでした。
18. Posted by やぎっちょ   2007年02月05日 00:27
ERIさん
こんばんは〜♪
装丁はよかったですよー。ビックリしました。今の今までこんな装丁だって知らなかったです・・・。同じく満足で大当たりな一冊でしたよ!
次もこれと同じような本を書いてほしいなぁなんて思ってます★
19. Posted by うー   2007年02月05日 23:15
白乙一、黒乙一って笑えますね〜。
確かにチョコ乙一かも。
自分の知ってるというか有名チョコメーカーがたくさんちりばめられてるのが楽しいですよね。
お菓子箱みたい。
最近ちょっと黒々してないからまた黒乙一読みたいかも、です。
20. Posted by やぎっちょ   2007年02月06日 00:03
うーさん
あ!やられた。茶色とかじゃなくてダイレクトに「チョコ乙一」って書くんだった。。。気がつかなかったなぁ、もー。
チョコだらけなネーミングは良かったですよね。でもゴディバはともかく、ロイズのチョコってなかなか食べることができないですよね。バレンタインに誰かくれないかなぁ〜。
今「小生物語」読んでます。もはや黒でも白でもチョコでもなく、単なる日記・・・状態。でもおもしろいんですよねー。乙一さんの普段の生活が覗けて★
21. Posted by ゆゆ   2007年02月11日 16:07
やぎっちょさん、ロイズのチョコが好きなんですか?
今、有楽町のどさんこプラザでロイズのチョコを扱ってるみたいですよ〜。
私はポテトチップチョコレートが気になってるんですが。。。
物産展行くと、いつも人気ですよね〜。
22. Posted by mica   2007年02月11日 16:16
はじめまして。
この度はTBありがとうございました。
やぎっちょさんの文章がとてもおもしろくて、いいなぁ〜と思いました^^
この本の装丁、いいですよね。
こちらからもTBさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。
23. Posted by やぎっちょ   2007年02月11日 18:52
ゆゆさん
ところがどっこい(?)、チョコってここ最近気持ち悪くなってきたんですよね〜。大人になったってこと?かな。。。いや、出ると食べますが・・・。そんなわけで積極的に食べたいものでもないので、まして高級チョコ求める姿勢はないんですよね〜〜。。
にしても、よくそんな情報知ってますね!あ。バレンタインだからか。納得・・。
24. Posted by やぎっちょ   2007年02月11日 18:56
micaさん
はじめまして♪
コメント残してくださってありがとうございますね!
文章褒めていただいて(褒めてない?)ありがとうございます★
改めて読み返してみるとこういう書き方をしていない書評もあり、この本のもつ雰囲気があちきをこうさせたのだと分析中です・・・。
こちらこそこれからもよろしくお願いしますね♪♪
25. Posted by ゆゆ   2007年02月11日 20:40
ん?!
>バレンタインだからか。
ちゃいますよ(笑)〜。
ミクでロイズのコミュに入ってるからです♪
買いそびれたポテトチップチョコレートが、ずーーっと気になってるからですw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu