2007年02月27日

天国はまだ遠く 瀬尾まいこ4

天国はまだ遠く

この本はやっぱり本が好き♪のミーさんにオススメいただきました。ありがとうございました。


■やぎっちょ書評
こんなに気分と体力とモチベーションが落ちている日は(そこまで言うと余計落ちるぞ!)薄くて「ぬるまゆったり」小説に限る。
というわけで瀬尾まいこさん初の文庫本。薄い。定価362円(税別)。
そして1章を読み勧めるに・・・ふむふむ。なるほど。

  ぬるまゆったり・・・ぢ・さ・つ。。。

なんね!この重い展開はっ!!
いや確かにゆるいんですよ。あちきのすきな瀬尾まいこ小説に違いはないんです。
しかし・・・「あ、飲んだよ。睡眠薬・・・」な展開ーーーーー。

でも2章で起きてしまったのがかーなり笑えました。
目覚めは爽快。深い深い眠りの後、きっぱりと目が覚めた。爽やかな朝、窓越しに太陽の光が見える。雲が出てないのだろう、太陽の光はいつもより濃く、部屋の中がすっきりと明るい。こんな清々しい朝を迎えるのは、何年ぶりだろうか。・・・云々

が次のページまで進み、なかなか自殺失敗に気がつかないところが笑えました!

そしてここからが瀬尾ワールド本領発揮です。
繰り広げられる田舎の生活。素朴で新鮮で、空気がキレイな見知らぬ土地。
勝手に能登半島をイメージしてましたが、どうやら丹後半島のようですね。
柴崎さんの小説みたいに、「どこか遠くへ」行く、そしてあるべきところに還っていく、そんな本が好きなんだなぁって、自分を確認。

釣りに出たり、鶏小屋の掃除をしたりというのは全部瀬尾さんの体験に基づいているんですね。
小説に出てくる千鶴と民宿の田村さんはいつもの瀬尾ワールド的人間なのに、実体験が何気にリアルだったのはそういうわけだったのですね。

あ〜やっぱ良いなぁ。瀬尾ワールドのぬるまゆったり。
やっぱこんなに気分が不健康な日は瀬尾さんに甘えるしかないなぁ。
・・・なんて思っていたら、『読破』してました・・・。呆然。唖然。口半開き・・・。
そうだ。今年はまだ初詣に行ってないので、神社でお願いしよう。「神様。どうか瀬尾さんが、ガキんちょの相手ばかりせずに新刊を早く出してくれますように・・・アーメン」
吹け!風よ!
叶え!願いよ!!
(すみません。壊れてて・・・はじめて読む読者のみなさん。あちきは普段こんなじゃあーりませんよ♪)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 天国はまだ遠く 瀬尾まいこ  [ 苗坊の読書日記 ]   2007年02月27日 12:33
5 天国はまだ遠く オススメ! 山田千鶴は、全ての準備を整えた。 彼氏には別れの手紙を書いたし、 部屋も売ったし、荷物もまとめた。 あとは、出発するだけ。 自らの命を絶つために。。。 死ぬために山奥へ向かい、北を目指し、古い民宿にたどり着いた。 そこで、田村....
2. 12月22日天国はまだ遠く  [ memo・memo 2007 ]   2007年02月27日 15:51
瀬尾まいこさんの作品。  死んでしまおうと決めたときにやっと心身ともに休むことができる、もっと早く休めたなら死んでしまおうなんて思わないのに。でも日本人の多くは、こうやって「もう少し頑張ってみよう」「ここで頑張らないとダメな自分を克服できない」「逃げちゃ...
3. 天国はまだ遠く [瀬尾まいこ]  [ + ChiekoaLibrary + ]   2007年02月27日 17:45
天国はまだ遠く瀬尾 まいこ新潮社 2004-06-23 仕事やらなにやらで行き詰まり、果てしなく落ち込んでいたところに、「読んでみたら?」とお勧めしてくださる方がおり、その日の会社帰りに本屋を探しまくって買って帰り、その日のうちに一気に読んでしまいました。 「ず...
4. 「天国はまだ遠く」  [ 柚子すき毎日 ]   2007年02月27日 20:36
天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ 朝型の生活をする人と夜型の生活をする人の違いは遺伝子でも決められてるらしい。「天国はまだ遠く」は都会にいた女の子が遠く北の辺鄙な宿で自殺を決行するも未遂に終わっる話。夜はなかなか寝付けなかったのに最後のあたりでは夜の10時...
5. 「天国はまだ遠く」(瀬尾まいこ著)  [ たりぃの読書三昧な日々 ]   2007年02月27日 22:17
 今回は 「天国はまだ遠く」 瀬尾 まいこ著 です。これでようやく僕は瀬尾さんの出版されている本すべて読むことができました。
6. 『天国はまだ遠く』瀬尾まいこ  [ ほんだらけ ]   2007年02月28日 00:23
天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ 2004年 新潮社 P.169 ★★★★★ もう進むしかないのだ。大丈夫。死んだって何もない。天国も地獄もない。闇も苦痛もない。何も考えることもない。死んだらそこで終わり。全てを終えることができるのだ。他には方法がない。もう...
7. 「天国はまだ遠く」 瀬尾まいこ  [ 31ct.読書部屋 ]   2007年02月28日 00:43
天国はまだ遠く 著者:瀬尾 まいこ販売元:新潮社Amazon.co.jpで詳細を確認する 瀬尾さん2冊目。なかなか。もうちょっとラブな最後になるのかしら、何て思っていたのですが、微糖でおさえて、尚且
8. 天国はまだ遠く  瀬尾 まいこ  [ モンガの独り言 読書日記通信 ]   2007年02月28日 01:18
天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ  ★★★☆☆  【天国はまだ遠く】 瀬尾まいこ 著  新潮社 《自然と再生》  都会の会社生活に疲れ、北に行き、自殺をはかり、そこは天国だったはずだが?  この作品の内容は、よくドキュメント番組の題材にされるもの...
9. 『天国はまだ遠く』 瀬尾 まいこ  [ お菓子を片手に、日向で読書♪ ]   2007年02月28日 02:36
天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ ノルマの契約数を取ることができずに怒られ、ちょっと書類ミスをすればイヤミを言われる。仕事も人間関係もうまくいかず、電車でぶつかった女の子ににらまれただけでズーンと沈んでしまう。 もういやだ。 自殺する場所を求めて山奥の民宿...
10. 天国はまだ遠く 瀬尾まいこ  [ かみさまの贈りもの??読書日記?? ]   2007年02月28日 09:11
仕事や人間関係に疲れ自殺を図ろうと旅にでた山田千鶴。 結局未遂に終わるが、宿泊していた民宿の宿主や、そこで出会った村の人々の素朴なぬくもりに触れ、少しずつ自己を取り戻していく。 山村の人里離れた情景が目に浮かぶようで心地よく読み終えることができた。 無...
11. 瀬尾まいこ 天国はまだ遠く  [ マロンカフェ 〜のんびり読書〜 ]   2007年02月28日 10:14
天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ 仕事がうまくいかず、職場に馴染めず生きるのが苦しくなった千鶴は一大決心をする。自殺しようと・・・ そして、北へ北へ、うんと遠くへ・・・ たどり着いた所は、2年前に1組の夫婦が来ただけという民宿たむら。千鶴はそこで睡眠薬を飲...
12. 『天国はまだ遠く』瀬尾まいこ  [ ひなたでゆるり ]   2007年02月28日 20:12
天国はまだ遠く瀬尾 まいこ 新潮文庫2006-10by G-Tools 仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把...
13. 天国はまだ遠く 〔瀬尾まいこ〕  [ まったり読書日記 ]   2007年02月28日 20:29
3 天国はまだ遠く瀬尾 まいこ 新潮社 2004-06-23売り上げランキング : 160998おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 誰も私を知らない遠い場所へ―そして、そこで終わりにする。 …はずだったけど、たどり着いた山奥の民宿で、自分の中の何かが変わった。 ...
14. 天国はまだ遠く/瀬尾まいこ [Book]  [ miyukichin’mu*me*mo* ]   2007年02月28日 21:38
 瀬尾まいこ:著 『天国はまだ遠く』    いろんなことに行き詰まり、  何もかも(自分の命さえも)捨てるつもりで  たどり着いた、山陰か北陸の鄙びた村。  「木屋谷」というその集落で、  “再生”していく「私」――。  筋書きは、もう読み始めてすぐから  読...
15. 天国はまだ遠く  [ 本のある生活 ]   2007年03月01日 14:53
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ 自殺しようと山奥の民宿にやってきた主人公の千鶴は、自殺に失敗して、そのままずるずると、星や山や海などの自然に囲まれ、おいしい食べ物を食べて、民宿の主の田村さんと過ごします。こうしてもっともっと生きられそうな気がするまでに、疲....
16. 瀬尾まいこ「天国はまだ遠く」  [ 待ち合わせは本屋さんで ]   2007年03月01日 21:22
誰も私を知らない遠い場所へ そして、そこで終わりにする。...はずだった けど、たどり着いた山奥の民宿で自分の中で何かが変わった。(本ラベルより) 日本の自殺者は3万人。単純に365日で割ると1日82人ほど。分かっている だけで毎日これだけの人が自ら命をたっている...
17. 天国はまだ遠く / 瀬尾まいこ  [ おもひでブルージー ]   2007年03月02日 16:22
天国はまだ遠く発売元: 新潮社価格: ¥ 1,365発売日: 2004/06/23おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/12/17 瀬尾さんの文章はシンプルで癖がないので、すごく読みやすい。 この作品も、とても読みやすい。そして、ものすごくあっさりしている。 自殺しようと心...
18. 明るい自殺未遂『天国はまだ遠く』  [ お気楽SOHO人の今日はこんな日 ]   2007年03月03日 11:40
会社がイヤで、仕事がイヤで、人間関係もダメで、 恋人ともダメで、 鬱のような状態になってしまった私。 貯金をすべておろして、どこか北へ行って自殺しようと決心。 『天国はまだ遠く』。
19. 『天国はまだ遠く』瀬尾 まいこ  [ うーうーにっき ]   2007年04月02日 23:57
うちの職場にも図書館があります。 今回は結構たくさん私のリクエストに応えてもらえて、この本もそのうちの一冊です 神経衰弱状態で、もう死のう、死ぬなら日本海側なイメージというノリで行き先を決め、なんとなくたどり着いた山村での数十日のお話。 仕事とか人...
20. 「天国はまだ遠く」 瀬尾まいこ   [ コンパス・ローズ  compass rose ]   2007年04月15日 23:45
天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ 本の感想を書こうと思い、さてどう書き出そうかなどと考えていたら、どういうわけだか『水戸黄門』の主題歌が頭の中で鳴り出した。そうだそうだ人生には楽な時もあるし、苦しい時もあるものだ。楽な時は楽なのだからまずはいいとして、どっ...
21. 天国はまだ遠く/瀬尾まいこ  [ サラリーマンの読書エッセイ ]   2007年12月08日 09:42
死ぬつもりで訪れた田舎の民宿で、すっかり気持ちが入れ替わってリフレッシュ。 娘は『卵の緒』の方が好きだって言ってましたが、僕はこれも同じくらい好きです。 最後は明るく、明日への希望に満ちた旅立ち。心癒される、とてもいい作品でした。

この記事へのコメント

1. Posted by 苗坊   2007年02月27日 12:36
TBありがとうございました。
全部瀬尾さんの体験だったんですね〜。
こういう田舎の生活も、のんびりしてていいなぁと思いました。

そうそう、最初自殺に失敗した事に気付いてないのはかわいらしかったですよね^^
田村さんとの今後はあるんでしょうか。
そこが気になります。
2. Posted by やぎっちょ   2007年02月27日 13:44
苗坊さん
みたいですねー。丹後の田舎での経験みたいですよ〜。たまにはこういう生活してみたいですね!
田村さんとの今後は・・・うーん、個人的にはないような気がするんですよねー。2人は根本的に違う人間というか。。でも、男女って違うタイプの方がうまく行くのかもしれないし、どっちとも言えないのかなぁ。
気になりますね!
3. Posted by 菱沼   2007年02月27日 20:05
こんばんはo(^-^)oいつもアレな私はやぎっちょさまが壊れ気味?なのにあまり気付きませんでした。この本去年の勤労感謝の日の頃読みましたよ。タイムリーだったのでよく覚えてます。
4. Posted by やぎっちょ   2007年02月27日 20:15
菱沼さん
11月ですもんね〜。季節がある本はタイムリーが一番!壊れ気味って何かとめんどうですねー。はああ★
5. Posted by musagoro   2007年02月27日 20:36
あはは☆
わかります!実は1章目だけ読んで一度図書館にお返しした覚えがありますもん(笑)
6. Posted by 雪芽   2007年02月27日 21:16
こんばんは〜
この本、二日ほど前に読了しました。(感想更新はまだ、汗)
深刻な出だしがいつの間にかまったりした空気になってて、瀬尾さんらしい作品ですね。
しんどい時に読むにはうってつけかもしれません。なんだか気持ちが軽くなります。
たまには壊れてみるのもいいですよ。私もよく壊れます(笑)
7. Posted by やぎっちょ   2007年02月27日 21:35
musagoroさん
返しましたかぁ!!!(笑)
それはすごいなぁ。買ったら読むしかありませんもんねー(笑)
8. Posted by やぎっちょ   2007年02月27日 21:37
雪芽さん
こんばんは♪
読む時期がかぶりましたね♪♪この空気じゃなかったら1章はもっと苦しい感じになったかも。。。ゾゾッ
たまには壊れてみても良いですか?ではでは睡眠薬14錠もって北へ行くか!(笑)
9. Posted by モンガ   2007年02月28日 01:31
こんばんは、やぎっちょさん。
瀬尾さんの作品は、ゆったりしているが、重いテーマがありますね。
実体験なんですか、リアルでもありました。
『幸福な食卓』が私が会員になっている映画館で上映されますので楽しみです。
今日は、『手紙』『紙屋悦子の青春』を見てきました。感想は、《モンガの西荻日記》に書いています、暇な時に覗いて下さい。
10. Posted by やぎっちょ   2007年02月28日 10:19
モンガさん
こんにちは〜♪
わお。映画館の会員になっているんですか!はじめて見ました会員さんって(聞きましたかな?)
「幸福な食卓」見ましたか。邦画がお好きなのかな。後で映画の感想見に伺いますね。
最近映画見る機会がぐんと減ってしまいました。その分本の冊数が増えてるからおあいこあかなー★
11. Posted by エビノート   2007年02月28日 20:34
こんばんは!
ぬるまゆったり〜と思いきや、最初はあれですからね〜私もビックリしました。
その分、後半がほんとにのんびりと癒される感じがして好きです。
ちょうどストレスがたまってた時に、再読したんですよね〜

瀬尾さんの作品読了されたんですね!
おめでとうございます。
ああ、でも他に読む本がない状況というのは寂しいですね〜新作が発表されることを私も祈ってます!
12. Posted by やぎっちょ   2007年02月28日 21:01
エビノートさん
こんばんは〜♪
「あれ」ですもんね〜♪この本はでも意外にストレスがあるときに読むといいのかもしれませんね。
気がついたら読了だったのでビックリしてしまいました。誰もが瀬尾さんの本を読んでいたころに、「知らない人〜」と思っていたのが、わずか数ヶ月で読了。いいのやら悪いのやら。
寂しいですが、期待を込めて待ちましょう★
13. Posted by miyukichi   2007年02月28日 21:40
5  こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきますね☆

 「ぬるまゆったり」って、うまいこと言いますねー(笑)
 まさにそんな感じでしたが、
 私も読みながらどっぷりそこに浸かってました^^
 読んでて心地よかったです。
14. Posted by やぎっちょ   2007年02月28日 22:07
miyukichiさん
こんばんは〜♪
コメント残してくださってありがとうございます!!
へへへ。「ぬるまゆったり」は最近自分だけで流行っているフレーズです。ぜひぜひマネしてくださいね!
瀬尾さんの小説って浸かってしまいますよね。こんな一瞬が持てたら幸せなんだろうなって思ってしまいます★
15. Posted by 雪芽   2007年04月15日 23:55
こんばんは、やぎっちょさん。
ものすごく重く深刻に始まったのに、このオチには笑ってしまいましたね。
体力のいらない読書でした。疲れた時には最適です。
そういえばいつの間にか瀬尾さん本読破なんですね。前にコメント入れた時書くの忘れてました。
次々と作家読破していて凄いですよ。あとからゆっくりついていきます。
16. Posted by やぎっちょ   2007年04月16日 05:48
雪芽さん
こんにちは〜♪
そうですねぇ。疲れたときにはいいですよね。瀬尾さんの空気感が癒してくれます。
へへへ。読了してしまっていました。乞う新刊なのですが、当面は発売しないのかなぁ。
作家さん読破、気がついたらできてるんですけど、よく考えると出版点数の少ない作家さんだったりして(笑)
17. Posted by Rutile   2007年05月01日 22:20
こんばんは★
ちょうど色々悩んでいるときにこの本を読んだので、
瀬尾さんのほんのりした文章の中にも、
少なからず衝撃を受けました。

ラストで千鶴が都会に戻ってやるべきことを見出すことを決意したシーンがとても印象的でした。

私もゆっくり居場所をみつけられたらいいなぁと思いました。
18. Posted by やぎっちょ   2007年05月01日 23:05
Rutileさん
こんばんは♪
ほんのり文章はとっても良いですよね〜。大すきです!でも、悩んでいるときに読んでだいじょうぶでした?ぢさつしたくなったりしませんでしたか??
どこか遠くに行くとどうしてか不思議と自分のことや自分を取り囲む世界のことを引いて見ることができますよね。人生に何度かはそういう時期が必要なんだと思います。
今はそうもいかないかもしれませんが、思い切ってやってみるときが来るといいですね!!
19. Posted by the salaryman   2007年12月08日 11:00
こんにちは。
温かい、いい作品でした。
深刻そうな出だしのわりには、随所でコミカルなところもあり。
こんなの、好きです。
20. Posted by やぎっちょ   2007年12月08日 22:53
the salarymanさん
こんにちは♪この作品は凄いすきなんですよね〜。読みやすい分量だし、おっしゃるとおりコミカルなところもありますし。
早く瀬尾さんの次の作品が読みたいですね!
21. Posted by 樽井   2008年06月05日 13:36
 こちらも読んだのでトラバはっておきまーす。
 いや、この本よかったです。最初はえらく重いんだけれど、中盤からは瀬尾さん独特の世界でとてもリラックスしてしまいました。
 
22. Posted by やぎっちょ   2008年06月06日 12:12
樽井さん
TBありがとうございます!
この本は良いですよねぇ。瀬尾まいこさん初期が好きです。瀬尾ワールドってなんかゆるいんだけどうれしいみたいな雰囲気がありますよね。それが好きです★

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu