2007年06月05日

檸檬のころ 豊島ミホ3

檸檬のころ

この本は、今日何読んだ?どうだった??のまみみさん、本のある生活のjuneさん、まったり読書日記のエビノートさんにオススメいただきました。ありがとうございました!


■やぎっちょ書評
豊島ミホさん2冊目。まずまず、長編だと思っていたら短編だった!ぬまっ。
2作目を2章だと思って読んでいたら、どうも話が合わない。ん?ん?んん〜〜?みたいな。

エバーグリーンとこの本しか読んでないけど、豊島さんは中高生を、それも社会問題とかとは縁のない普通の青春学生を書くのがうまいですね。
あとがきで自分は「底辺」だったと書かれていますが、だからこそなのか、こういう淡くてステキな世界を創造することができるのかもしれませんね。あちきは特に「底辺」というわけではありませんでしたが、ピラミッド外といいますか・・・。とくに高校は早く辞めたくて辞めたくてしょうがありませんでした。そういう意味では豊島さんに近いのかも。
いっちょ青春小説でも書くか!(ウソ)

実は読むのに結構な時間がかかってしまいまして、後で関係してくる人がどこに出てきたのか思い出すのに苦労しました。
あ、そーだ。
全然違う話に突然なるけど、エバーグリーンのときと同じように舞台が田舎ですね。一番好きなお話は最後の「雪の降る街、春に散る花」なんだけど、こういう設定弱いなぁ。成長に別れがあるみたいな(涙)!
みんなみんな〜生きているんだ、ともだちなーんだ〜♪♪と、なぜか今この歌が頭の中でこだま・・・。なぜ?

豊島さん、2冊読んで思ったのは文体があまりあちきには合っていないような気がするということなんです。ストーリーはいいんだけど、なんか引っかかるものが。。。
それは悪いとかじゃなくって、相性の問題だと思うんだけど(それとも慣れ?)ワールドが好きなので、その部分が残念でなりませんでした。
新作とか出たら、本ブロガーさんの感想を読みながら合っているものを選んで読みたいと思います♪

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 檸檬のころ 豊島ミホ  [ かみさまの贈りもの??読書日記?? ]   2007年06月05日 13:32
東北の進学校である北高を舞台に、生徒や先生、卒業生らの日々を綴った連作短編7編。 田舎の高校を舞台にストーリーは展開、いつの間にか自分の学生時代を思い出しながら読み進んでいた。 何もかもが感情に支配されたような思春期に、同性・異性問わず友人と付き合って...
2. 檸檬のころ/豊島ミホ  [ ひまさえあれば ]   2007年06月05日 20:42
ある県立高校を舞台にゆるゆるとリンクしながら綴られる青春物語。豊島ミホさん初読みでしたが思ってたよりだいぶよかった…。頑張れば私の娘といってもおかしくないほどお若い…1982年生まれ。タイトルから見ても当然爽やかな学園モノだろうと思って読みました。ところがな...
3. 檸檬のころ〔豊島ミホ〕  [ まったり読書日記 ]   2007年06月05日 21:44
3 何だか最近、懐かしさを感じる本(←あくまで自己基準)のことを書いてるな、私。 今日もまた、同じような感じだったりするんです… 檸檬のころ
4. 「檸檬のころ」豊島ミホ  [ ナナメモ ]   2007年06月05日 22:57
檸檬のころ 豊島 ミホ 東京から北に電車で4時間半。まわりに何もない町にある共学の進学校・北高。そこを舞台にした連続短編集。 著者があとがきに「私の高校生活は暗くて無様なものでした。…そういう「地味な人なりの青春」を、いつか書きたいと思っていました...
5. 「檸檬のころ」豊島ミホ  [ 本のある生活 ]   2007年06月07日 11:54
檸檬のころ すごくよかったです。直球あり変化球ありで、その変化球がまたやたらリアルだったりして、またまたヤラレタという感じです。「夜の朝顔」でぐっとつかまれましたが、これを読んで、私は豊島さんの作品が好きだと実感しました。 いっそ痛いと思った、その痛....
6. 檸檬のころ/豊島ミホ [Book]  [ miyukichin’mu*me*mo* ]   2007年06月07日 22:18
 豊島ミホ:著 『檸檬のころ』  檸檬のころ幻冬舎このアイテムの詳細を見る  豊島さんは、小説を読むのは初めてだったんですが、  エッセイ 『底辺女子高生』 は以前読んでいます。  この 『檸檬のころ』 も、舞台背景が高校生活なので、  ついつい読んでいてエッセイ...
7. 「檸檬のころ」 豊島ミホ  [ 今日何読んだ?どうだった?? ]   2007年06月08日 21:51
檸檬のころposted with 簡単リンクくん at 2005. 9. 3豊島ミホ著幻冬舎 (2005.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
8. 「檸檬のころ」豊島ミホ  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2007年06月10日 08:16
「檸檬のころ」豊島ミホ(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、短編集、高校時代、青春 ネットの本読み人仲間chiekoaさんのレビュー[http://chiekoa.jugem.jp/?eid=260]を見て、借りてみた。とても好感のもてる作品。 東京から乗り換え含め4時間半、東北地...

この記事へのコメント

1. Posted by エビノート   2007年06月05日 22:04
こんばんは!
地味系女子高生だった私には、ああなんか、分かるよぅ〜という話が多かったです(^_^;)
タイトル忘れちゃったけど、
音楽しか興味のなかった女の子が、ささいなきっかけで恋に目覚める話とか。
音楽ってところが私の場合、本や漫画とかに変わるんですけど
この作品、映画化もされてるみたいなので、ちょっと気になってます。

2. Posted by やぎっちょ   2007年06月05日 23:09
エビノートさん
こんばんは〜♪
エビノートさんは地味だったのですかぁ。豊島さんの小説で主人公になれそうなキャラですね!
おおーそのころから本やマンガがきっかけだったのですね。キャリア長い!!
この作品はいろんな人物視点があるからとっても邦画向きという気がします。たしかDVDはまだ?ですよね??
3. Posted by Ray   2007年06月06日 00:19
こんばんは!
この本未読なんですけど、映画は地元オールロケなんでそれだけで凄い気になってます。制服なんて私の母校の制服だったりするんですよ〜(リボンタイ等でちょっとアレンジ入ってますが)
話の内容は良さ気ですか。私も読んでみようかな?^^
4. Posted by やぎっちょ   2007年06月06日 01:15
Rayさん
こんばんは〜♪
え〜〜〜地元オールロケ!?それは気になりますねぇ。しかも制服がRayさん高校!!これはキニナルどころの騒ぎじゃありませんね!
本のオビに映画のシーンが写っていて、制服もどんなかわかりますよ♪そうだ、それをRayさんに当てはめて・・・顔わかんなかった!
じゃしょうがないので、リッキーさんに着せてみて・・・かわい・・くない!!やっぱ犬は素が一番ですな★
5. Posted by june   2007年06月07日 12:01
元田舎の女子高生なので、すごくわかるなぁって思いました。佐々木君より東京を選ぶって言った秋元さんがリアルでした^^;

やぎっちょさん、ピラミッドの外側っていいポジションですよ。全体を冷静に見てたんですね。私はどの辺にいたんだろう??すでに思い出せません・・。
6. Posted by    2007年06月07日 15:37
はじめまして、爽と申します。トラックバックさせていただきました。
この本を読んだときがちょうど現役高校生だった私は、すごく共感して、一気に豊島ファンになってしまいました。(単純…)
「豊島さんは中高生を、それも社会問題とかとは縁のない普通の青春学生を書くのがうまいですね。」←ほんとにそう思います。ニュースとかでやってる「高校生の実態」とかよりよっぽどリアルな気がしますよ〜。
「夜の朝顔」もこれと似たような雰囲気で私は結構好きな作品です。文体があまり合わないってことでおすすめするの迷いましたが、豊島さんのワールドがお好きなら多分大丈夫かと…。暇があれば読んでみてください☆
7. Posted by やぎっちょ   2007年06月07日 17:25
juneさん
あ〜やっぱ東京を選ぶ心ってあるんですねぇ。なんだか寂しいなぁ。でもしょうがないんだろうけど。あちきの場合は冷静に見ていたというよりもかかわりを持たなかった感じでしょうか。ソフトないじめとかも無関係の世界のこととして無視してましたねぇ〜。
でもできれば明るい青春高校生活がよかったなぁ♪
8. Posted by やぎっちょ   2007年06月07日 17:28
爽さん
はじめまして。コメントありがとうございますね♪
あ〜現役時代にこの本が読めるととってもいいですねぇーー♪♪「夜の朝顔」ご紹介ありがとうございますね。まだ2冊だし、せっかくご紹介してもらったから読んでみますね!!
普通とか日常、それも何の変哲もない(殺人事件とか・笑)世界を魅せるように書く作家さんっていいですよね★
9. Posted by miyukichi   2007年06月07日 22:20
 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。

 私も最後のお話には泣いちゃいました。
 やぎっちょさんと同じく、
 こういうのには弱いです(笑)
10. Posted by やぎっちょ   2007年06月08日 03:00
miyukichiさん
こんばんは〜♪
最後のお話が良かったですよね〜〜♪♪切ないお話ってなんだかとっても好きなのです★
11. Posted by まみみ   2007年06月08日 21:56
こんばんは〜。
コメントとTBありがとうございました。
おすすめ読んでいただけてうれしいです^^

わたしも最初、高校辞めたくて辞めたくて仕方なかったのでやぎっちょさんに共感しました(笑)もう一度やりなおせるなら、たぶんあの学校には通ってないなぁ……貴重な3年間をヤケクソ気味に過ごしてしまったので、今思うともったいないことしたなぁ…って思います。

なんかそんなこんなな、いろんなことを思い出させてくれる作品集でした。
12. Posted by やぎっちょ   2007年06月08日 22:05
まみみさん
こんばんは〜♪
おすすめありがとうございました〜!
おおーー!高校やめたくてやめたくて同盟ですね♪♪もう一度やり直せて、あの高校しか選択肢がなければ喜んで中卒で頑張ります!
せっかく多感な10代の青春を3年間も無駄にしたのって、ほんともったいないし疑問ですよ〜。ま、でも、それも含めて今の自分があるからいいちゃいいのですが・・・。
淡くて青春青春で、ときめいてでも切ない物語を豊島さんに期待してしまいますね★

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu