2007年12月24日

れんげ野原のまんなかで 森谷明子3

れんげ野原のまんなかで

■やぎっちょ書評
長野まゆみさん同様、水無月・Rさんがお好きだということで読んでみました森谷明子さん初読。本からして東京創元社ですからミステリーですね。

舞台は秋庭市という架空の、そして人口のあまり多くないところの図書館。おお。舞台が図書館だ。
ちょっと読み進めるだけで湧いてきたイメージは(東京創元社ということもあってか)大崎梢さんの成風堂シリーズ。あっちは本屋さんでこっちは図書館。主要メンバーの数も大体同じだし、なんせ本がある場所が舞台ですからついつい雰囲気が似てしまいます。この本サブタイトルでもっと「図書館が舞台」であることをアピールしてもよかったんじゃないかなぁ。
表紙がキレイです。

成風堂シリーズよろしく、短編で町の事件が起こってそれを解決していくというパターン。解決する頭のいい人、役割も決まっています。主人公が解かないところも、主人公が女性で人に好かれるような性格のところもそっくりだなぁ。

本読みさんとしては図書館という舞台はなかなか「萌え」の部類に入るわけですが、なんだか頭の働きがあまりよくなくって、そして最近ミステリーをあまり読んでいなかったので頭がついていきませんでした。風邪気味かも。
恋愛をもうちょっとだけ進めてほしかったなぁという個人的欲望も満たされずで・・・。

ミステリー作家さんなのかな。
図書館では3冊しかありませんでしたがどのくらい本を書かれているんでしょう。
また自分のなかにミステリーの波がぐうぉうぉうぉと来たらもっと読んでみたいと思いました。



TBうまく飛ばない方の直リンク

「れんげ野原のまんなかで」  BOOKCASE
毎日少しずつ読んでやっと読了しました。かなり間があきましたが決して本離れしたわけではありません(笑)この本、なかなか書店で見つけられなくて.....

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「れんげ野原のまんなかで」森谷明子  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2007年12月24日 20:31
「れんげ野原のまんなかで」森谷明子(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、図書館 秋庭市のハズレ、ススキ野原の真ん中に立つ秋庭市立秋葉図書。行政上の色々な理由から、いったんは建設自体頓挫しそうな図書館だったが、この辺りの大地主秋葉氏の...
2. 『れんげ野原のまんなかで』/森谷明子 ◎  [ 蒼のほとりで書に溺れ。 ]   2007年12月24日 21:24
『七姫幻想』で感激した森谷明子さんの、現代小説です。 秋庭市のはずれに建つ、秋庭市立秋葉図書館におこる、ささやかな事件。図書館員の知識を動員して謎解きをする図書館員たち。図書館好きとしては、たまらない作品でしたね??。
3. れんげ野原のまんなかで〔森谷明子〕  [ まったり読書日記 ]   2007年12月24日 21:41
4 図書館好き・本好きにはたまらない一冊 図書館で働きたいと真剣に思っちゃいました。 れんげ野原のまんなかで
4. れんげ野原のまんなかで(森谷明子)  [ Bookworm ]   2007年12月25日 08:06
本屋を舞台にした「配達あかずきん」を絶賛していたら、『しんちゃんの買い物帳』のしんちゃんにこの作品を教えていただきました。 本好き、図書館好きには堪らない作品ですね??!特に、私みたいに図書館に大変お世話になってる身にとっては、興味深く読める作品だと思いま...
5. れんげ野原のまんなかで  [ <花>の本と映画の感想 ]   2007年12月25日 21:16
れんげ野原のまんなかで 森谷明子 東京創元社 2005年2月 秋庭市のはずれにあり、利用者の少ない秋葉図書館に、職員の目を盗んで、閉館後の図書館に居残ろうとする少年たちが現れる・・・・・・ 秋葉図書館の四季の移り変わりと図書館で起こる事件の...
6. れんげ野原のまんなかで  [ 本のある生活 ]   2007年12月26日 14:02
れんげ野原のまんなかで 図書館には、小学校の図書室から現在に至るまでとてもお世話になっています。本も大好きなので、本に囲まれて図書館で働く司書っていいなと憧れてしまうし、すごいなと尊敬もしてしまいます。だからここに登場する司書たちの知識や本を愛する心を....
7. れんげ野原のまんなかで  森谷明子  [ 今更なんですがの本の話 ]   2008年01月08日 21:50
創元ミステリ・フロンティアから『れんげ野原のまんなかで』です。 この本の舞台は図書館になります。 秋庭市のはずれ、人もあまり寄り付かないようなススキ野原の真ん中に建つ秋庭市立秋葉図書館。 何故そんな場所に図書館があるのか。それについてはバブルの崩壊や一....
8. 「れんげ野原のまんなかで」 森谷明子著  [ とにかく読書。 ]   2008年01月13日 21:23
―内容(「BOOK」データベースより)― 秋庭市のはずれもはずれ、ススキばかりがおいしげる斜面のど真ん中にたつ秋庭市立秋葉図書館、そこが文子の仕事場だ。無類の本好きである先輩司書の能瀬や日野らと、日がな一日あくびをしながらお客さんの少ない図書館で働いてい...

この記事へのコメント

1. Posted by 水無月・R   2007年12月24日 21:28
やぎっちょさん、こんばんは(^^)。
こんなに続けて、オススメ本を読んでいただけるとは・・・光栄の至りでございます!
やぎっちょさんのブログで自分の名前が出てくると、「私って、もしかしていっぱしの読書ブロガー?」などという、大勘違いをしてしまいそうです(笑)。
私も3作しか読んでないんで、偉そうなことは言えないんですが。『千年の黙』は良かったですよ。我が国の誇る「源氏物語」作者である紫式部を、非常に活き活きと描いた、王朝ミステリーです。ミステリーの波が来たら、是非読んでください〜!
2. Posted by やぎっちょ   2007年12月25日 00:13
水無月・Rさん
こんばんは〜♪
いやぁ〜〜誰かにお勧めされないとついうっかりどの本読んでいいのかわからないもので・・・。てへ。
水無月・Rさんの書評を読んでいると、これが「書評」とゆうものかと思いますし、あちきよりよっぽど立派な本ブロガーさまでございます。今年は自分のブログ以外でコメントほとんど残さなかったしなぁ・・・。
『千年の黙』はチェックしてみますね。前見たときあったような気がします。紫式部のお話ということは・・・清少納言との泥仕合!?だったらやだなぁ(笑)
3. Posted by 琉歌   2007年12月25日 18:24
やぎっちょさん、こんばんは。
あのTBしたんですけど、なぜかエラーになってしまいますー(TT)
本のタイトルだけだと、あんなに図書館一色の本だとは思えませんよね。もったいないからサブタイトルに賛成(笑)
気分ってかなり影響ありますよー。
今はミステリーではなかったのかもしれませんね。
私にはお気に入りの1冊ですv
4. Posted by    2007年12月25日 21:25
本をほとんど図書館で借りて読む私にとっては、身近に感じた作品です。
司書さんの仕事振りなどよくわかりました。
5. Posted by やぎっちょ   2007年12月25日 23:27
琉歌さん
こんばんは〜♪
TBはよく飛ばないことがあるので、そういうときは直リンクを記事に貼りますね。ご安心を!
ほんと図書館が出てくるなんて全然全然思ってもいませんでした。サブがあればもっと売れるかも。
今ミステリーじゃないものを読んでいるんですが、なんとなく気分が上がらないんですよ。でも今日図書館で年末年始用に10冊借りてきたので読まなくては、です★
琉歌さん最近ブログ更新されていなくてどうしてるかなぁと思っていましたが、お元気そうで何よりです!
6. Posted by やぎっちょ   2007年12月25日 23:29
花さん
おおお。あちきは最近図書館を覚えて今日が利用2回目でした。司書さんは今のところ(あちきにとっては)座っているだけの存在です(笑)
7. Posted by たまねぎ   2007年12月31日 14:37
やぎっちょさんこんにちは。こっちの方がちと古めですし、出した頃には本屋さんやら図書館を舞台にした本がこんなに来るとは思わなかったんでしょうね。
私は最近、図書館の人に顔を覚えられつつあるのがプレッシャーです。たまに顔を見て、予約本を先だしされます(汗)田舎の小さい図書館ならではなんですけどね。
8. Posted by やぎっちょ   2007年12月31日 14:56
たまねぎさん
こんにちは♪
ほおお〜。なるほどぉ。図書館ものがうけるとまだわかっていない時代があったのですねぇ。
図書館を覚えたのがつい先日のことだったのでなんともコメントできませんが、図書館員に顔を覚えられ、予約本を先出しされるのは・・・なんとなくうらやましい気がするのですが★・・・違う??

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu