2008年01月13日

はなうた日和 山本幸久3

はなうた日和

■やぎっちょ書評
山本幸久さん久しぶりです。
短編連作と思っていたのですが、単なる短編でした。ただ、東京都世田谷区の地面を走る世田谷線に関わるおはなしです。このあたりが舞台の小説って今まで読んだことがなかったのでちょっと興味を引きました。

そして「もなか」がいたるところに出てきました。
早速googleマップで調べてみる(いつものごとく)。でも世田谷区役所の近くで特定できませんでした。有名なのは豪徳寺の招き猫のもなかがあるのですが、ちょっと離れてるっぽいし。もなかを売っている和菓子屋さんがないわけじゃないんだけどね。
どのお店がモデルになったのかとても気になりました。

山本さんの小説久々だったけど、これまでのイメージはやはり少年モノでしょうか。だから1つ目の「閣下のお出まし」が一番ぴんときました。
あとは全体的にゆるい雰囲気ですね。人としていいおはなしですよ〜、みたいなお話が多かったような気がします。

世田谷線は1回か2回くらいしか乗ったことがありません。
このあたりに出向く用事ってほんとないんですよねぇ。
おいしい和菓子屋さんがあったらぜひとも買いに行くのになぁ、などと月末に東京に引っ越すやぎっちょは思うのでした。我思うゆえに我あり!隣の客はよく柿食う客だ!!(意味不明)

山本さんあと一冊借りてきているので読んでしまおうと思います。
ほんとは新しい、渋谷がどーのこーのいうタイトルの本を読みたいんだけどなぁ。。。



TBうまく飛ばない方の直リンク

はなうた日和 山本幸久著。  じゃじゃままブックレビュー
ふんふん、なるほどね。読み終わった後にはなうたを口ずさみたくなるような短編集。最後の「うぐいす」だけはちょっと鼻の奥がツンとしたけど。予備知識がなかったので.....

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「はなうた日和」山本幸久  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2008年01月13日 19:42
はなうた日和山本 幸久 (2005/07)集英社 この商品の詳細を見る 「閣下のおでまし」 母と喧嘩をした勢いで十歳の一番くんが向った先は、写真でし...
2. はなうた日和  [ 個人的読書 ]   2008年01月13日 20:36
山本 幸久 はなうた日和   「はなうた日和」  山本幸久・著  集英社・出版  『世田谷線沿線の小さな物語たち』  北上次郎さんが「大器の片鱗」との言葉を与えていたので 読んでみました。  短編集なのですが、どの作品にも世田谷線が登場します。
3. 「はなうた日和」 山本幸久  [ 今日何読んだ?どうだった?? ]   2008年01月13日 21:10
はなうた日和posted with 簡単リンクくん at 2005.10.14山本 幸久著集英社 (2005.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
4. 「はなうた日和」山本幸久  [ ナナメモ ]   2008年01月13日 21:20
はなうた日和 山本 幸久 世田谷線沿線で生活する人の物語。 「しかたのない水」の調布も懐かしい場所だけど、世田谷線も懐かしいです。大学が世田谷線の上町の近くだったのです。物語に出てくる二子玉川、用賀、三軒茶屋なんかをフラフラしていました。私が知って...
5. はなうた日和   [ <花>の本と映画の感想 ]   2008年01月13日 21:34
はなうた日和 山本幸久 集英社 2005年7月 小学生の子供から老人に至るまでさまざまな人たちが主人公の、世田谷沿線を舞台にどこかつながりのある8つの短編集。 「閣下のお出まし」十歳の一番が、家を飛び出し、別れて暮らしている父さんに会いに行く...
6. はなうた日和 〔山本幸久〕  [ まったり読書日記 ]   2008年01月13日 22:59
4 はなうた日和 ≪内容≫ 泣いて笑って歌って。 心温まる8つの物語。 『笑う招き猫』の著者による小説すばる新人賞受賞第一作。 会ったことのない父親を訪ねる少年、東京を転々とするB級アイドル…老若男女8人の悲喜こもごもを優しく描いた短編集。 (出版社/著者か...
7. はなうた日和  山本 幸久  [ モンガの独り言 読書日記通信 ]   2008年01月13日 23:47
はなうた日和 山本 幸久  266 ★★★☆☆  【はなうた日和】 山本 幸久 著  集英社  《はなうた日和って、いつごろか、一年中あるのかなー》  内容(「BOOK」データベースより) こどももおとなも人生はハプニングづくし。東京・世田谷線沿線を舞台...
8. はなうた日和(山本幸久)  [ Bookworm ]   2008年01月14日 10:26
これが2008年の読書初め。・・・にする(笑)
9. 「はなうた日和」山本幸久  [ 本のある生活 ]   2008年01月14日 20:13
はなうた日和 短編集なのですが、「はなうた日和」という表題作があるわけじゃないんです。でも、このタイトルはこの本のもつほっとする雰囲気そのものという感じがします。その辺にいる普通の人たちが、悩んだり落ち込んだりしながらささやかな日常を生きていて、でもそ....
10. はなうた日和 山本幸久  [ かみさまの贈りもの??読書日記?? ]   2008年01月15日 09:40
母子家庭の男の子、売れないアイドル、オタク趣味のサラリーマンなどを主人公に、それぞれの日常の一片を可笑しくも温かく描く8つの連作短篇集。 どの編の主人公も、思うようにいかない人生を懸命に生きていた。 そして、失敗しつつも前向きに生きて、手にした少しば...
11. はなうた日和  [ 寝ていられるのになぜ起きる? ]   2008年02月02日 13:55
はなうた日和山本 幸久 集英社 2005-07売り上げランキング : 49,979おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools かみさまの贈りものさんの記事がきっ??.

この記事へのコメント

1. Posted by エビノート   2008年01月13日 23:10
「閣下のおでまし」私も好きでした〜。
子供が主人公になると、グッとくる率が高いような気がします(^_^;)
微笑ましい感じの話しが多くて、良かったです。
2. Posted by やぎっちょ   2008年01月13日 23:30
エビノートさん
同感同感♪♪山本さんはやっぱ子供ものですよね〜★
どれもやさしい内容のお花しだ他と思います。山本さんらしさって出てますよね。しかし瀬尾まいこさんみたいに女性っぽくなく、あくまで男性っぽい優しさだと思いました。
3. Posted by じゃじゃまま   2008年01月17日 12:30
あっちが駄目ならこっちもTB駄目に決まってますよね。(苦笑)
「幸福ロケット」は抜けなかったですけど、これはよかったですね。自分のレビュー読んでると、そうだったんだな〜と。(爆)
4. Posted by やぎっちょ   2008年01月17日 13:18
じゃじゃままさん
こちらも直リンクはります。たまにどれか飛んだりはするんだけど・・・。
最初に子供ものが来たのが大きかったです。あのまま短編連作で行ってほしかった!!
5. Posted by sonatineq   2008年02月02日 13:57
TBありがとうございますー。
こちらからはやっぱりTBがうまくいきません(TT)
全体的に緩い感じですね。私は大好きです。
表紙のほわわ〜んてした印象通り春に読みたくなります。
6. Posted by やぎっちょ   2008年02月02日 19:04
sonatineさん
TBすみません。なんかこのところ新しい生活になってずっと出先で、ブログの管理画面をいじれないんです。
直リンク貼りますのでちょっと待ってくださいね。お手数おかけします★

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu