2008年05月16日

モノレールねこ 加納朋子3

モノレールねこ

■やぎっちょ読書感想文

猫は出る、モノレールは出ない・・・

以前他のブロガーさんのところでよく見かけていた本を図書館で借りてみる。
これもその一冊。そして短編集。
ふと思ったのですが、いや気のせいかもしれないけど、20年くらい前と比べて短編多くなってないですか?
もしなっているんだとしたら、それは活字離れ?長いと売れないとかかな。
8編から成っていまして、ということはやぎっちょが覚えられるキャパを超えているわけで。。。

には負けず、風にも負けず、読書感想文を書きまするに、最初が「モノレールねこ」でねこが出てくる。次が「パズルの中の犬」で犬が出てくる。うむ。滑り出し順調。覚えているよ自分。よくやった自分。
ねこは太ってにぶそうでふてくされていてブサイクなねこなんだけど、このねこがいじわる母さんを狙い撃ちするように嫌がらせするんですねぇ。いいぞ、モノレールねこ!
でもって、文通の橋渡し役になるのです。
ん、最近読んだ中村航さんの「あなたがここにいて欲しい」でも同じような設定あったなぁ。ねこは文通にもってこい!

犬の話も昔のことが絡んでいるのがお話としてよかったです。
同じ設定で子どもが絡む「シンデレラのお城」も、設定が同じだからもちいいのだけど、続くとさすがにきついなぁ。
それでね最初の4編を読んで気がついたのですが、

  死にまくりじゃね?

とな。
死ぬ(死んでいる)のは人間ばかりではないけど、登場人物を殺すことで感動を呼ぶパターンってあんまり好きになれないんですよね。
ほどほどに殺してほしいです。
と思ったら後半は別に死ななかったんですけどね。ザリガニ以外は。

なんか死ぬ設定で心を動かすのって、計算されているみたいであまり好きになれないんですよ。
不倫や浮気の物語も、別にいいんだけど短編でずっと続くときついでしょ?それとおんなじ感じかなぁ。

とまぁ、加納朋子さんこれが一冊目なので何ともいえませんが、この調子だとちょっと読みづらいかもです。
と、いうような一冊でした。
(あ、でも本ブロガーさんの間ではかなり好評価の一冊みたいです)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. モノレールねこ 加納朋子  [ 苗坊の読書日記 ]   2008年05月17日 00:05
5 モノレールねこ オススメ! 時をこえて届くあの頃からの贈りもの。 儚いけれど、揺るぎない―「家族」という絆。 デブねこの赤い首輪にはさんだ手紙がつなぐ、ぼくとタカキの友情(「モノレールねこ」) 夫を待つ時間に取り組んだ白いパズルの中に、犬の気配が(「パズ....
2. モノレールねこ 加納朋子 文藝春秋社  [ おいしい本箱Diary ]   2008年05月17日 06:54
加納さんの短編集です。柔らかくて優しい持ち味は、いつもの まんま。そして、その中に瑞々しく書き込まれる人の心が、こちらに 語りかけてくるように伝わってくる。一篇一篇がとてもよく練られていて 人が自分の顔の後ろにひっそりと隠しているものを教えてくれます。 ...
3. [加納朋子] モノレールねこ  [ booklines.net ]   2008年05月17日 07:48
何かと庭に入り込んでいたデブで不細工でノラだったねこが、首輪をしていることに気がついたぼくは、ある日、首輪に手紙を挟んでみた。すると、嬉しいことに、首輪をつけた相手から返事があったのだ。同じ小学五年生...
4. モノレールねこ 〔加納朋子〕  [ まったり読書日記 ]   2008年05月17日 19:12
5 モノレールねこ ≪内容≫ 小学生の僕は、ねこの首輪に挟んだ手紙で「タカキ」と文通をする。 ある日ねこが車に轢かれて死に、タカキとの交流は途絶えたが…。 表題作ほか、「パズルの中の犬」「シンデレラのお城」など全8編を収録。 (MARCデータベースより)
5. 加納朋子 『モノレールねこ』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年05月17日 20:16
モノレールねこ/加納 朋子 ¥1,600 Amazon.co.jp 時をこえて届くあの頃からの贈りもの。儚いけれど、揺るぎない―「家族」という絆。デブねこの赤い首輪にはさんだ手紙がつなぐ、ぼくとタカキの友情(「モノレールねこ」)。夫を待つ時間に取り組んだ白いパズルの...
6. 加納朋子「モノレールねこ」  [ 待ち合わせは本屋さんで ]   2008年05月17日 21:18
「家族」をテーマとした8つの短編集です。
7. 『モノレールねこ』  加納朋子  文芸春秋  [ アン・バランス・ダイアリー ]   2008年05月18日 08:06
5 加納さんの最新短編集です。良かった〜〜〜最高☆ まさに加納さんの本領発揮ですね。どのお話も、可愛くて、でも悲しくて、切なくて、そしてどこまでも温かい。 何度もほろっとしました。こういう路線を書かせたら、加納さんは抜群に巧いです。切なさが増してきている....
8. モノレールねこ  [ <花>の本と映画の感想 ]   2008年05月18日 11:17
モノレールねこ 加納朋子 2006年11月 文藝春秋 家に遊びに来る太ったねこ。“このねこのなまえはなんですか?”と書いて、ねこの赤い首輪に押し込んでおいた。数日後、違う紙がはさまっていて、“モノレールねこ”と書かれていた。それから、モノレールねこを...
9. 「モノレールねこ」 加納朋子  [ 今日何読んだ?どうだった?? ]   2008年05月18日 22:26
モノレールねこposted with 簡単リンクくん at 2007. 2.25加納 朋子著文芸春秋 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
10. 「モノレールねこ」 加納朋子  [ コンパス・ローズ  compass rose ]   2008年05月19日 22:16
モノレールねこ 加納 朋子 昨日から繋がる今日という日。明日へ繋げる今日という日。何の支障もなく繋がっていくと思っていたものが、突然連続性を失うことがある。なんの話かというと、繋がらなくなったもの、それはウチのパソコン(性別不明)のことなのである。 話は...
11. 『モノレールねこ』加納朋子  [ ほんだらけ ]   2008年06月21日 19:58
モノレールねこ 加納 朋子 2006/11/30発行 文藝春秋 P.268 ¥1,600 ★★★★★わずか一日の逢瀬のために、私は一年の残り三百六十四日を生きていた。そしてわずか一日の喜びが、残りの三百六十四日を輝かせていた。〜『セイムタイム・ネクストイ...
12. 「モノレールねこ」加納朋子  [ Chiro-address ]   2008年07月13日 19:21
「モノレールねこ」加納 朋子文藝春秋2006-11勝手に評価:★★★★★ 小学生の僕は、ねこの首輪に挟んだ手紙で「タカキ」と文通をする。ある日ねこが車に轢かれて死に、タカキとの交流は途絶えたが… (文藝春秋HPの内容紹介より) 表題作ほか7作品が収録されている短編集で...

この記事へのコメント

1. Posted by 苗坊   2008年05月17日 00:04
こんばんわ。TBありがとうございました。
結構前に読んだので、内容は忘れてしまったのですが、加納さんの他の作品はあまり人の死ぬ作品はないので、それは大丈夫だと思います。
私は加納さんの作品、好きです。
2. Posted by らぶほん   2008年05月17日 10:13
加納さんは好きな作家さんの一人です。
この作品で一番気に入っているのは、「モノレールねこ」というネーミングです。
そっか、あの体型からそこへ行くのか!と、発想に驚き感動すらしました(笑。
中身とはまったく違うところにインパクトを感じてしまった一冊でした。
3. Posted by 菱沼   2008年05月17日 19:01
やぎっちょさまo(^-^)oこんばんは。ザリガニくんの話は良かったですねえ。あと「モノレール猫」は覚えてますが他の話がまったく思い出せません…(^_^;)
4. Posted by やぎっちょ   2008年05月18日 02:32
苗坊さん
こんばんは♪
収録数が多いから、忘れてしまいますよね。そっか、他の作品はあまり死なないんだ!なら、張り切って次も図書館チェックしてみたいと思います!ありがとうございますね★
5. Posted by やぎっちょ   2008年05月18日 02:34
らぶほんさん
おお。好き作家さん!ですか。苗坊さんが「他の作品ではあまり死なない」と教えてくださったので、読んでみたいと思います!
モノレールねこのネーミング、思いつかないなぁ。ブサ子とか、普通につけそうな自分が怖いです★
6. Posted by やぎっちょ   2008年05月18日 02:35
菱沼さん
こんばんは♪
他の話が思い出せないのよくわかります。というか、既に思い出せなかったりして。。。自分の脳が疑わしいです★
7. Posted by EKKO   2008年05月18日 08:10
やぎっちょさん♪
ご無沙汰しています。(いつぞやは申し訳ありませんでした・・何とか復活しています。)
そして、TBありがとうございます。とっても嬉しかったです。

何とやぎっちょさんは加納さん初めてだったのですか。
私はとても好きな作家さんで、全作読んでいます。少々、少女趣味っぽいところもありますが、なかなか読ませてくれると思うので、是非他の本も読んでみてください♪
8. Posted by やぎっちょ   2008年05月19日 00:33
EKKOさん
こんばんは♪お久しぶりですね〜♪
お元気そうで何よりです!!
そーなんですよ初読でした。実はブロガーさんが次々と読んでいるメジャーな作家さんで、全然読んでいない人たくさんいるんですよねぇ・・・。むぐう。
EKKOさんは全作ですか。ということはベテランが初心者に優しくしてあげるケースですね(笑)
ではでは他の本も、そうだちょうど明日図書館に行くので探してみます★ありがとうございます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【このブログ】
★の評価について
[客観的な基準]
★3
とても素晴らしい良書です
★2
好みが分かれる良書です
★1
まあ、何といいますか・・・
[主観的な基準]
★5
個人的なバイブルです
★4
とにかく大スキなんです

気になる本や、オススメ本は、画像をクリックすると直接アマゾンから購入できます♪
【探す!!】過去記事で
【探す!!】~カテゴリーで
【探す!!】~アマゾンで

【やぎっちょバイブル】
やぎっちょの生き方に大きな影響を与えた、独断と偏見の★5です。

[小説](12冊)

スロウハイツの神様
辻村深月
(人間の形というもの)

ダンス・ダンス・ダンス
村上春樹
(「僕」をめぐるシリーズ4部作で)

エンジェル・エンジェル・エンジェル  梨木香歩
(少女と祖母のドラマ)

少女には向かない職業
桜庭一樹
(青空色のブラック)

天使の卵
天使の梯子
村山由佳(切ない恋愛小説)

そのときは彼によろしく
市川拓司
(切ない恋愛小説)

青空感傷ツアー
柴崎友香
(空気感のある友情モノ)

恋愛寫眞
市川拓司
(切ない恋愛小説)

容疑者Xの献身
東野圭吾
(ミステリー)

銀河英雄伝説
田中芳樹
(壮大なリアルファンタジー)

バナナフィッシュ
吉田秋生(マンガ)
(友情と戦いのストーリー)

■ケインとアベル
ジェフリー・アーチャー
(天才二人の壮大な人生ストーリー)


[ビジネス書、実用書、古典など](10冊)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップシンクロニシティ
ジョセフ・ジャウォースキー
(社会科学)


P.F.ドラッカー
エリザベス・ハース・イーダスハイム
(マネジメント)

ティッピング・ポイント
マルコム・グラッドウェル
(社会心理学)

ドラッカー 365の金言
ピーター・ドラッカー
(マネジメント)

無痛文明論
森岡正博
(社会生態学)

スターバックス成功物語
ハワード・シュルツ
(ビジネス回想録)

愛の論理
飯田史彦
(抽象概念の論理化と検証)

韓非子
西野広祥・市川宏 訳
(中国古典)

影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ
(行動心理学)

■貞観政要
呉兢 守屋洋訳
(中国古典)
Ciel Bleu