2007年02月14日

これは便利なオフィス・デポ・ジャパンの梱包特集

 編集部員の周りには、比較的、小さな規模でデザイン事務所や編集プロダクションをやっている仲間がいます。最近は、「紙」のデザインから、インターネットのホームページ製作やシステム開発に仕事内容が変化しています。インターネットの需要はまだまだ沢山あります。

 その仲間の多くが仕事で使う消耗品を「オフィス・デポ・ジャパン」から購入しています。デジタル化してペーパーレスになるって、そんなことはなくて、とにかくプリンタ用紙を沢山使う。そんな時、「オフィス・デポ・ジャパン」。

 配達してくれますし、価格も手頃ですから....。最近では清涼飲料水やウーロン茶も買ってます。

梱包で記事掲載special(234*60) と、オフィス・デポ・ジャパンってビジネス仕様だけなのと思っている方。実は家庭で使うさまざまなグッズも扱ってますし、同じようにインターネットでも買えるのです。昨日も友人の子供さんの独立を話題にしましたが、春は新生活スタートの時期。となると引越です。

 編集部員の引越経験はすでに四回。思い出すだけでもううんざりです。何に困ったかというと、最初は、仕分けです。壊れ物、捨てる物、重たい本や雑誌等々。そしてどうやって梱包するのか。最近では引越業者が専用の梱包ツールを用意していますが、体験者によると割高感もあるとか。やはり自力でしたい。

 そんな時のためにオフィス・デポ・ジャパンでは、ホームページで梱包のノウハウを紹介するQ&Aを掲載しています。

▼オフィス・デポ・ジャパンの梱包特集は「こちら」から

 う〜ん。段ボール箱に、こんなにサイズがあるのは知らなかった! 「アイリス ダンボール箱 10枚パック」のサイズは6L〜127Lまで8種類。「宅急便60サイズ VHSビデオテープ(ソフトケース8本)」などなど....。

 それぞれのサイズの内容量がイメージしやすく紹介されてまいす。これで必要なダンボールサイズがよくわかる仕組みです。

 ところで、余り紹介したくないのですが(失礼)、チョットお得情報です。編集部員、仕事がらもあり、映画をよく見に行くのですが、前売り券を入手できなかった時、それでも割引で映画をみたい。そんな時、編集部員はよくオフィス・デポ・ジャパンの京橋店に行きます。そこでは「割引チケット」を売ってます。

▼オフィス・デポ・ジャパンの京橋店は「こちら」から

 近くにはリニューアルもした明治屋、一貫80円からで雨の日割引もある魚がし日本一などもあり、時々、食べて帰ります。

bestlife_online at 16:11│ 一般記事