芸能人が絶対の自信がある分野についての知識を試される超難問クイズ番組『バレベルの塔』より。

「新日本プロレスはキングオブスポーツとなのっているが、自分に言わせればキングオブアース」「新日本プロレスよりも面白いものはない」「高校卒業時に新日に履歴書を送っている」「おそらく芸能界では自分が一番詳しい」と様々な表現で『新日好き』を公言している大吉先生がバレベルの難問に挑んだ回から、その第1問。



新日本プロレスレベル1 キャッチフレーズの間


桂紗綾アナ「『燃える闘魂』といえば『アントニオ猪木』のように、プロレスラーには各選手の特徴を表したキャッチフレーズがついています。そこでこちらをごらんください」


登場したパネルには藤波辰爾、蝶野正洋、獣神サンダー・ライガー、永田裕志、中西学の5人の写真。その下には1~30までの番号のついたキャッチフレーズのカードが貼られている。



「こちらは新日本プロレスのマットで戦ったことのある選手のキャッチフレーズです。この中から上の5人の選手のキャッチフレーズを選び、正しく組み合わせてください」



用意されたキャッチフレーズは以下のとおり

  1. 世界の荒鷲
  2. ナチュラル・ボーン・マスター
  3. 皇帝戦士
  4. 闘将
  5. ミスター・セントーン
  6. 野人
  7. 黒い呪術師
  8. ミスター無我
  9. 黒のカリスマ
  10. 監獄レスラー
  11. 怒りの猛牛
  12. 戦う国会議員
  13. 破壊王
  14. 革命戦士
  15. 不沈艦
  16. 超獣
  17. 狂乱のアイアンフィンガー
  18. 暴走機関車
  19. ジュニアの象徴
  20. ブルージャスティス
  21. 爆弾小僧
  22. 剛腕
  23. 稲妻戦士
  24. 狂犬
  25. 炎の飛竜
  26. 超人
  27. 金網デスマッチの鬼
  28. 関節技の鬼
  29. サムライ戦士
  30. 宇宙超人 


淳「キャッチフレーズをこんなにある中からいけるもんですか? レベル1から」


大吉「っていうか全部いけますよ」


淳「ええ~っ!!?」ざわつく会場


淳「誰がどれって言えるんですか?」


大吉(平然と)「はい」


1番から順にキャッチフレーズのカードを指差しながら答えていく大吉先生


大吉「『世界の荒鷲』はね、皆さん大好きな俳優さん、坂口憲二さんのお父さんです。坂口征二さん。『ナチュラル・ボーン・マスター』生まれつきの天才、これ武藤敬司です」



淳「うわすげぇ」


大吉「『皇帝戦士』ビッグバン・ベイダー、『闘将』アニマル浜口、『ミスター・セントーン』ヒロ斉藤」


大吉「で『野人』というのはイメージ通りということでここでしょう」

『野人』のカードを取って中西選手の写真の下に貼る。


淳「中西さん」


大吉「はい。こんな感じでやっていていいですか?」


淳「いいですいいです!逆に全部答えられるなら聞きたいですもん!」


大吉「いやこれはもう国民の半分は知ってるでしょ!?『黒い呪術師』!」


淳「国民の半分も絶対知らないですって!!(笑)」


大吉「いやでも日本で一番有名な外国人レスラーだと思います。アブドーラ・ザ・ブッチャー」


淳「ああ~っ」


大吉「で『ミスター無我』っていうのは、無我っていう団体を立ち上げた藤波辰爾さんについて行って、称号をもらった西村修ですね」


淳「えっ!? 藤波さんじゃないんですか!?(笑)ミスター無我は! 立ち上げたんでしょ!?


大吉(パネルに貼られている写真の藤波さんが来ているガウンを指差し)「これは無我の時のガウンで後ろにはこの漢字二文字『無我』って入ってますけど、この団体を立ち上げた時についてきた西村修さんです。まぁ今は色々あって仲悪いんですよ。西村さんと藤波さん」


淳「へぇ~っ!」


大吉「で色々あって西村さんは今文京区の区会議院をやってます」


淳「いろいろありましたね~っ(笑)」


大吉「で『黒のカリスマ』。イメージカラーは黒を定着させた蝶野さん」
蝶野さんの写真の下にカードを貼る。


淳「ああ、これはなんか納得」


大吉「『監獄レスラー』はアメリカ遠征中にケン・パテラという選手と飲んでて、ケン・パテラ選手が酒癖悪くて暴れ出して、警察官が来て、その警察官と一緒にわーわーちょっとやってしまったんで、アメリカの監獄にぶち込まれたマサ斎藤選手ですね。『怒りの猛牛』というのは牛がトレードマークの、バラエティ番組によく出る天山選手。日本で初めて牛というキャラクターを定着させた。だからこれ天山です」


淳「日本ではじめて牛というキャラクターを定着させた(笑)?? 時々納得できないフレーズが多いですよね!?


大吉「(笑)じゃあもうボンボンいきます。『戦う国会議員』は馳浩です。『破壊王』橋本真也さん。今息子さんがデビューしてね、この前体重が8キロ増えたってね。『革命戦士』は長州力さんです。『不沈艦』スタン・ハンセン。『超獣』ブルーザー・ブロディ。『狂乱のアイアンフィンガー』は、今新日本プロレスで一番のヒールと言われている飯塚高史ですね。凶器がアイアンフィンガーって言うんですよ。鉄の素材でできたグローブみたいなのを持ってきてて、最後はそれで地獄突き」


淳「えっ!?鉄でですか!? 当然反則ですよね!?


大吉「反則です。で、『暴走機関車』というのがジャイアント・バーナードっていう選手なんですけど、なんで機関車かというと、前のリングネームが『Aトレイン』という、トレインという言葉が入っていたので確か『暴走機関車』。で『ジュニアの象徴』が(写真の下に貼りながら)ライガーさん。キャリアが今一番長いんですよ。新日本で今一番のベテランがライガー選手なんです。他の人たちはみんな辞めたりとかしていて」


大吉先生の深すぎる知識に「へぇ~っ」と感心しきりのスタジオ



大吉「で『ブルージャスティス』っていうのが『青い正義』。正義軍を率いているのが(写真の下に貼りながら)永田裕志。『爆弾小僧』はダイナマイト・キッド。『剛腕』新日本で剛腕と言ったら小島聡。『稲妻戦士』木村健悟。今、品川区の区会議院さんですね。『狂犬』がディック・マードック。で『炎の飛竜』が」


パネルの下に写真を貼り


大吉「みなさんご存知、藤波辰爾。『超人』ハルク・ホーガン『金網デスマッチの鬼』ラッシャー木村。『関節技の鬼』藤原喜明。『サムライ戦士』越中詩郎。で『宇宙超人』が


淳「宇宙超人!?  キン肉マンでしょ!? もうこれ!!


大吉「これがウルトラマン!」


淳「ウルトラマン!?


大吉「初代タイガーマスクがやってた頃に、一回だけ来日した、ウルトラマンというマスクマンが来たんです」


淳「一回だけですか?」


庄司「リングに立ったんですか?」


大吉「立ちました立ちました。この試合が、知らない?みんな『くるくるムービー』って知らない?? 『くるくるムービー』っていうおもちゃで唯一見れるタイガーマスクの映像が、タイガーマスク対ウルトラマン」


淳「ええ~っ!! だから宇宙超人なんだ」


大吉「あの当時は、なんでしょうね。あのぉ、権利関係がずさんだったんですよね」(会場笑う)


淳「ウルトラマン、リングにあがれたんですね」


大吉「ウルトラマンリングにあがって、それを生放送して、円谷プロからクレームが来たそうです」


会場爆笑



淳「すげぇな。全部覚えてるっていうのがすごいよね」


大吉「覚えてるっていうか、上の句下の句みたいなもんなので」



30のキャッチフレーズをうんちくまで交えてスラスラと答えきった大吉先生、判定の結果はもちろん『正解』でした。いや、すごい。