押し入れ日記

人生は失敗の連続だ! だから恥ずかしい部分を晒しちまおう。 押し入れに隠した「陰」の部分を今ここに綴ります。

気付けばマイギターはいい年になっていたからメンテ

ずっとマイギターのうちのひとつ、SGのネックが曲がっておった。
気にはなっていたけど、ほかってた。
でもさすがに可哀想だな、と思い、調整しようとしたけど、トラスロッドにレンチがうまくはまってないのかなんなのか、全く回らない。

回路系も怪しくなってきたし、ちょっくらリペアに出そう、とネットで検索。
どうせなら、愛情あるところでやりたいなぁ、と思ってたらあったよ。いいとこ。

IMG_0562

吉祥寺にある「Neiro Design」さん。

マンションの一室にあるので、外から全くわからない。
あたしは、ギターを背負ってチャリでお伺い。

早速ギターを見てもらったところ、トラスロッドはもう、限界まで回ってるらしい。
確かにネックは順反りではあるけれども、弦高をもう少し下げればそれほど気にならなくなるとのこと。

オーナーの安田さんは非常にいい方で、とにかくギターを愛しているんだなぁ、というのが伝わってくる。
だってさぁ、それはもう占い師みたいにいろいろ当てるんだよ。
ギターを見れば、そのギターで何をやってきたかわかっちゃうんだね。

なんかもう、その人柄に触れていたらば、私のSGを全部おまかせしたくなっちゃったので、フルメンテ依頼。

工房には、修理待ち、入院中のギターがゴロゴロ。
でもみな落ち着きを取り戻している感じだったね。
ギターは、北海道から来ることもあるらしい。
修理依頼の三分の一は地方から来るというから、その腕と価格は魅力なんだろうな。

安田さんは、特にそういう学校に行っていたとかではなく、全くの独学だそう。
好きが高じて仕事にしたのだとおっしゃっていたけど、
やっぱりそれが最強なんだよなぁ。

何はともあれ、あたしのギターは復活したぞ!
生誕20余年のギターではあるけども、ネックはもう、ちょっと曲がった状態で付き合っていくしかないのだ。これもこのギターの性格ってやつだ。

なんか、今まで以上に、大事にしてやろうと思えたのでした。ギターを。
ま、チャリから降りる時、おもきしぶつけたけど。


IMG_0563

いともたやすく行われるえげつないファニー・ヴァレンタイン

a83bd3be.jpg

昨日はチョコ買わなかったし、誰にもあげやしなかったけど、
今日は「明治アーモンドチョコレート亀田の柿の種クランチ」買ったぜ!
自分に!
すでに3個食べたぜ!へいへい。


あたしはチョコレートだけは好きだ。甘いものの中で。
しかし、大量には食べられないので、毎日ちょびっとずつ食べる。
「リスかよ!」っつーくらい、保存してある。
その中から、ちょびっとずつ。毎日ちょびっとずつね。食べるん。

そんなあたしがさぁ、なんでチョコあげねーといけねーんだよコノヤロー。
あげるくらいなら食べたい。自分で。

しかしながら今はそんなことは問題ではない。

だってあげる相手がいないんだからね!ぷぷっ。

クリスマスの時のように、自虐バレンタインやろうかと思ったけど。
(※自分で買って自分で食べるという、えげつない行為)
買いにいく暇なかった。詰めが甘かった。

いいんだよいいんだよ。あたしの幸せは今そこにないのだよ。
男を幸せの中心に置くとロクなことがないぜ!
(と思いたい)


それにしても、念願の「ムカデ人間」観たけど・・・。
(なにこのえげつない流れ)
もっとこう、もっとイッててくれてもいいなぁ、ハイター博士。
日本人の俳優さん、関西人の設定だが、後半標準語になってたのはどういうことであろうか。
長いこと撮っているうちに、設定を忘れてしまったのだろうか。
それも、危機的状況になればなるほど標準語になるという不思議。
本来は逆だと思うけどね。






実行。殺生

昨日。

ちびちびと文章を書いていたらば、右目前方から黒く蠢くものあり。

何事かと目をやると、その幅2センチメートルの黒い蜘蛛である。

蜘蛛。

私はこれがどうも苦手だ。
とにかく小さい頃から嫌いなのだ。

茄子、納豆、セロリ、らっきょう。
大人になるにつれて自然に克服し、もはやこの4品は「大好き」の部類まで昇格。

なのに蜘蛛だけはどうも好きになれぬ。

彼が現れると、私は静かに驚き、どうしたものかと思う。
何故静かに驚くかというと、独りでいるのに{ギャース!」と叫ぶと、
近隣の住人から変な奴だと思われるからだ。

だから、声を上げずに驚くしかない。悲しい。

そして矢張り、私は手にするしかなかったそれは殺虫剤。

しかし、ゴキカブリ用の殺虫剤というのは、彼らには覿面でも何故か蜘蛛には効かぬときた。
何度しゅーしゅーしても、壁から落下した後は床を這いずり回る這いずり回る。

私はいつも心の中で思う。
「早くくだばってくださらぬか。それが私のためでもあり貴方のためでもあるのだから」

しかし、彼らは云う。
「貴女は今、何をしている?私が何をしただろう。
家を拝借していることはあやまろう。
しかし何故。貴女は何故私を?何故に私を殺す?
貴女は知らないだろうが、私はこの家に出る虫を食べてやっているのだよ。
それによって貴女は快適に過ごすことができるというのに何故貴女は何故」

それを証拠に、物凄く動く。言葉を発することができないかわりに。

そして最後に必ず、長い脚を内に折り、丸くなって絶命するのだ。

「御免なさい御免なさいでも嫌い」

嫌いだからと言って、殺されたのではたまったものではない。

努力はしている。
心も痛む。

どうして蜘蛛はわからないのだろう。
私が蜘蛛が嫌いだということを。
嫌いなのだから、会ったら絶対どうにかするのは決まりきった話だ。
それをわかっていて、何故家に来るのか。

捨て身。
話せばわかると思っているに違いない。
長い年月をかけて、じっくりでもいいから、いつか私が蜘蛛を愛せるように。

しかし私は蜘蛛と話せないから、やっぱり今日も嫌いだ。

だからこそ思う。
蜘蛛は漢字で書いても恰好が良い。
Spider。スパイダー。英語でもかなり恰好が良い。
そのフォルムも、正直、スタイリッシュで素敵だ。
何故なら魅惑的なフォルムというものは、時として不気味に映るからね。
そしてその糸。ネット。
貴方は天才か。

私は十分貴方をリスペクトしている。

でも嫌いなものは嫌いなので、どうか部屋には出ないでいただきたい。

と言えば言うほど、来るんでしょうね。使者ですもの。




いざ、ジョジョバーへ

e169b037.jpg

ほんとすみません。ジョジョばっかで。

土曜日、中野にある「ジョジョ風バーDIO」に行ってきたのだ。

何故「ジョジョ風」なのか?どうやら公式ではないとのこと。
んまーそんなこっちゃどうでもいいのだ!

入口はDIOの棺でできているゥウウウ!
土日は18時開店すればよかろうなのだァアアということで、18時きっかりに店の中へ。

すでに2人の客。30分もすれば満席。来店の際は要予約だ。

席に着くと、ブチャラティの顔でできたメニューを受け取る。
ブチャラティの場合は、顔の部分がファスナーになっているが、隣の方のメニューは広瀬康一くんであり、それはやはり露伴先生の「ヘブンズドア」仕様だろう。

さて、お酒を頼もうとブチャラティの顔をめくると・・・。
どうやらカシスウーロンは「エコーズAct.2」という名前だ。
その後頼んだウーロン茶は「ワンチェン」
カルピスは「アクトン・ベイビー」
コーラは「ブラックモア」というふうに、とにかく全部のメニューがスタンド名だったり登場人物だったりセリフだったりする。

注文するときに恥ずかしがってはいけない!
「カッコ悪くてあの世に行けねーぜ」(シーザーサラダ注文)
「エメラルドスプラッシュ!」(枝豆注文)
「コッチヲ見ロ!」(ミロ注文)
「肉の芽ください」(じゃがバター塩辛)
とにかく全力で注文注文ンンン!

店内では、スタンド名や登場人物と関連づけた曲が流れている。
「キラー・クイーン(吉良吉影)=クイーン」
「チョコレート・ディスコ(ディ・ス・コ)=Perfume」
「エピタフ(ディアボロ)=キング・クリムゾン」
「パープルヘイズ(パンナコッタ・フーゴ)=ジミ・ヘンドリックス」
などなど。

来ている客も、ジョジョの話しかしていない。

目の前には数々のフィギュア。何時間でも居られる。

しかし。

ここは中野。フィギュアを買うにはもってこいの場所である。

ジョジョに浸っているうちに、フィギュアを買いに行きたくなってきてしまった。

そうなれば勝手知ったる「中野ブロードウェイ」へまっしぐら。

そこで「キャラヒーローズ」シリーズでは
スピード・ワゴン、涙目のルカ、オインゴボインゴ兄弟、吉良吉影(金髪時代)を購入し、これプラス、お金がないというのに墳上裕也とそのスタンドであるハイウェイ・スターを買ってしまったよ。

また行こうと思う。なんか、夢の中みたいに楽しかったのだ。
病気だな。

※写真は、墳上裕也×ハイウェイ・スター

人生をジョジョに例えて

de4e6c87.jpg

いやぁほんと毎回ジョジョネタで失礼しております。

実家に帰っておりまして、また帰りの新幹線で良からぬことを考えてしまった所存。

「人生をジョジョに例えてみたらどうなのか?」

「ジョジョの奇妙な冒険」は、現在第8部(連載中)まであるのだが、
人生80年と考えて、10年で1部として考えてみる。

10代が1部。20代が2部。30代が3部。40代が4部。

とりあえず、自分の冒険を振り返ってみると、最もカオスなのが・・・

3部だ!!

いや、1部も相当暗いよ。相当なもんだよ。なんつーかその暗さは、ジョジョの1部と似てるとも言える。内容がというより絵のタッチ的な暗さが。

でもまぁ、後半救われてるんでいいとしよう。

20代の2部は正に、ジョセフの性格と同じくらい明るくていい話が多い。バンドも波に乗ってたし、一番怖いものなしの部だ。
そういや実家でうちの母が、オトンに向かって「よろぴくねー」と言っていたのを聞いて驚愕した。
2部のジョセフの名台詞である「はっぴーうれぴーよろぴくねー」を地でゆくオカンて一体・・・。

それはいいとして。

最も混沌としている3部。我が30代。

いや、かなりいろいろやったけども。
むしろ人生で一番アクティブだったんだけども。

あたしはバンドばっかりやってたせいで、海外旅行デビューも30からだし、登山に目覚めたのも30から。ランニングしてみたのも30から(現在全く走っていない)。

でもなんか、いつも考えてたことが暗かったんだよなぁ。
イメージはジョジョでいう5部。行けば行くほど暗くなるというか。

では、これから始まる4部はどうなる?

なんか、こういうククリにすると、人生って短いなぁ、と思う。
かなり生きてきたつもりだけど、まだ4部かよ!っていうね。

やっぱそうなると、4部あたりからスタンド出していきたいわな。
ほんとは3部から出てないとおかしいんだけど。

嗚呼もう毎日アホなこと考えてばかりだ。
太陽のせいにしたいが今は冬。







その国のノートを買おう

7bc333dd.jpg

海外へ行くと、必ず文房具屋に寄ることにしている。

文房具屋は本屋と同じで、非常に落ち着くスポットの一つだ。
それは日本でも海外でも、同じ。

私はブランド物にはたいして興味がないので、自分への土産は大体、ノートやペン、地元のファッション誌が多い。

特にノートは、いくらあってもいい。たまに違う国で作られたものがあるため、そこは必ずチェックし、メイドインその国 のノートを数冊買う。

しかし、使用方法は実に適当だ。
大体のノートは、まともに使ってもらえず、マス目や罫線を無視した、ネタの書き殴り用となる。

それはもう、書き殴られすぎていて、後でみた本人もさっぱりわからない。

「名古屋」とだけ書いてあったり、その斜めから、
「サイゴ」という文字がささっていたり、
「お願いします」と誰かにお願いしていたりする。
「蝉風」・・・。「セミふう」ってことだろうが、どんなふうだよそれ?「せみかぜ」だったら、軽くおしっこが混ざっていそうだ。いやだそんな風。

んまぁ、思いついたらなんでも書いているので、前後の関係などから理解するしかないのだが、30パーくらい意味不明ワードが出てしまう。

他人がみたら、呪いのノートと間違いはしないだろうかと思う部分もある。

「血を出すか?出さないか?」
「首を」
「頭はいらないか?」
「眼球がやぶれる」

こういうワードが点在していたりする。

ま、ネタ帳なんてそんなもんだよなぁ。


ジョジョ立ちでヨガれる

寝る前にジョジョの奇妙な冒険を読む。

これはもう結構前から習慣になっている。

でもどんどん読んでしまい、結局1巻読んでもまだ寝ていない時もある。

今は「スティールボールラン」の周期です。


年末年始、食べ過ぎていたおかげで、すっかり体が重くなってしまった。

そこで、ジョジョを読んでて思った。

ジョジョ立ちを、ヨガがわりにやってみたらどうだろうか?

ジョジョ立ち。
そう。

ジョジョに登場するキャラクターは、いつも身をくねらせた特徴的な立ち方、座り方をしている。
その特異なポーズをジョジョラーが真似るという、
「ジョジョ立ちのオフ会」まで大規模に開催されるほどである。

これ、実際にやってみると、体がつる。
というか、不可能なポーズのほうが多い。

でもジョジョラーはやりたいのだ。
なぜなら、ジョジョのキャラクターになりたいからね。
でもよほどキレイにポージングしないと、
病院につれていかれるので注意が必要だ。

そして、そのジョジョ立ちだが、
なにせ、ポーズを決めたはいいが、それをキープするのが至難の業ときた。
体がプルプル震える。手がつる。足がつる。
今まで使ったことのない、体の奥底の筋肉が悲鳴を上げるのだ。
だからポーズを決めたあとは、相当グッタリし、もう数時間は何もしたくなくなる。

これは何かに似ている。

そう。ヨガだ。

英雄のポーズ
鶴のポーズ
魚のポーズ・・・

そんなもん面白くないぞOL!

それをやるならぜひ、
キラー・クイーンのポーズ!
ジョルノ「ジョルノジョバーナには夢がある!」ポーズ!
ナルシソ・アナスイ「祝福しろ」ポーズ!

なんでもいい。やってみよう!

ヨガよりずっとか筋肉使うぞ!
これはやるしかない!

キャラクターになりきりながら、しなやかな筋肉を鍛えられるなんて
夢のようじゃないか。
どこの魚かわからん意味不明なポーズをとるよりずっといいぞ!

今日から独り、部屋で実行しようと思う。

ケシテノゾカナイデクダサイ




ロック侍やられて候

26eebc2a.jpg

日曜日の穏やかな午後。

なんもすることがないが、なんもしないと決めたこの日。
それでもDVD「127時間」を観るのと、英語の勉強、小説を1頁でも書ければいいや、と思っているので、わりとやることがある。

午後になって、近所の「サミット」へ、食糧を買いに出た。

年末年始と食べ過ぎてはいるが、やっぱりアイスの「ピノ」が食べたいと思い、購入。

レジへ行くと、キャッシャーがこう尋ねてくる。
「ドライアイスは必要ですか?」

家まで10分もかからないので必要ない気もするが、
帰りの公園で一服しようと思っていたので、
「ではください」
と答えた。

すると、ピノだけ別の袋に入れてくれ、お金がわりのトークンを渡される。

サミットでドライアイスをもらったことがないので、しくみがよくわからなかったのだが、そのもらったトークンをドライアイスのベンダーに入れた人だけが、ドライアイスを手に入れることができる、ということだろう。
無駄に使用されないように。

行ったらわかるだろう、と思い、購入したものをレジ袋に入れ、いざピノのために行くぞ、ドライアイスをいただきに。

デカい機械の前に立ち、トークンを投入。
あ、先に袋を設定するのだろうか?
慌てて、庫内のドライアイスが出てくるであろう筒を囲むようにしてレジ袋の口を開け、設置。

そして扉を閉め、スイッチオン。

どごおおおおおおおおお!!

ぶしゃああああ!

ななななな、なんだ???

まるで、YOSHIKIが客席に向かってCO2をぶっ放す勢いで、ドライアイスが筒から吹き出し、その風圧で、設置した袋はぺしゃんこになり、その袋の背中に向かってドライアイスがドドドドドドドドと噴射され終了。

ひいいいいいいい!

扉を開けると、庫内に飛び散っているドライアイス。
袋には、ほんのひとかけらのそれしか入っていない。

ししししし、失敗してもうた。

そのあと、取説を確認すると、レジ袋の耳を、上から出ている針金にひっかけるのが正解とわかる。
なるほどそうすれば風圧で袋が飛ばされることはないわけね。

てか、そんな勢いよく出てくると思わないからさぁ。
なんかこう、パラパラパラ、と出てくるイメージだったからさぁ。

しかし、どうしたものか。

「もう一回、あたしにチャンスをもらえませんでしょうか」

とレジの方に言いたかったが、どなたもこなたも忙しそうである。


「帰るとするか」

もともとドライアイスなど期待していなかったのだから、これで良し、だ。

やはり、初めて対峙するものは、使用方法を確認すべきだと学んだそんな午後。

JOJO&又吉さん

1b8e0469.jpg最近、調子がいいなぁ。

精神的に。

いや多分、一時的なものだろうと思うけど。あたしのことだから。

でもなんか、細かいこと気にしなくなった。

やりたいようにやれば、なるようになるさ。ってな投げやり。
ちょっと前までは、やりたいようにやらなきゃ、なるようになんない!って姿勢だった。

会える人にはどんどん会う。

ちょっと前のあたしじゃ、信じられないぞこれ。

でも、会社じゃ遠慮したほうがいいのかもしれん。
あまり自分をさらけ出しすぎても恐れられる可能性がある。
実際、ちょっと「あいつ得体が知れん」と思われ始めているのでヤバイ。

でもさ、猫かぶったっていいことないんだよなぁ。

いい子ちゃんは卒業したのだよ。

万人に好かれようなんて、恐れ多いことを平気で思っていたんだ。
嫌われたくない一心だったんだ。

でももう、どーでもえーわー。

好いてくれ、嫌ってくれ。

あたしはそんなアナタを愛すしかない。


今日、飲み会の前に本屋に寄ったら、ジョジョの一番くじの景品が、500円で売っていた。2種類しかもうなかったけど。
DIOのグラス購入。

又吉さんの本も購入。

又吉さんLOVE。
よく知らんけど。

もう、のほほんと暮らしたい。
でも今年は、自分にガッつく年にする。


写真は、銚子の夕陽でごぜーます。

さよならのぞみちゃん

実家に近い駅から名古屋駅まで、JRの鈍行に乗って帰るのだが、
この電車が強風の影響で23分も遅れた。
そのおかげで新幹線に乗り遅れるはめに!ジーザス!

実家にて、親戚の世話、上げ膳据え膳で甘えていたものだから、皿だけは洗うぜ!ってことでひたすら皿を洗う毎日で疲れ果てておったので、鈍行ん中でぐーぐー寝ておって、停止信号で送れていることなど全く気づいていなかった。

なんとなく起きて携帯の時計をみたら、新幹線のぞみちゃん発車時刻の10分前ではないか。
その時点で「蟹江」という駅で電車は停まっており、ここからどう考えたって10分で名古屋駅には着かない。

絶望。

平日ならともかく、今日は1月4日である。
指定席取れる気がしないんですけど。

結果23分遅れて名古屋駅に到着。
とりあえず窓口に相談に行ったらば、

「申し訳ございません。あちらで当日指定券を取り直していただくか、差額をお支払いして自由席に替えていただくかですね」
と冷たく言われたのは是如何に。

いやもう確かに指定券取り直すか自由席で帰るかしかないわけだから仕方ない話ではあるのだが、こういう時の駅員の「申し訳ございません」って言葉は、咳払いくらいの感覚だから腹が立つ。

「ぴし」と切符を奪い返したものの、おとなしく窓口に並ぶしかない自分は是如何に。

自由席で帰るのいやだなぁ。
指定なんて取れるのかなぁ。
なんつーか、あたしが座るはずだったのぞみの指定席16号車2番E席が、ぽつんと空いているのがなんとも悲しいじゃないか。

しかしんまー、こういうこともあらーな、と思い直し、15分くらい並んで自分の番。

「今からですと、17:28発のこだまのグリーン席が喫煙ですが空いております」

なんと!!

最悪のシナリオでイッツオーケーと腹をくくったあたしに、グリーンとな?
こだまっつー、停まる駅が多くて時間がかかる子ちゃんであることを除けば、のぞみちゃんに遜色劣らぬ条件。喫煙だし。

「ではそれで」

結局、シートふかふか、ひざ掛け付、車内本有りの快適三昧で帰京致しました。
本来なら、部屋に19:30に着いているところ、21:30になっちゃったので時間かかったけどなー。


 

プロフィール
最新コメント
屋根裏談義(掲示板)
最新トラックバック
ケータイ登録!
QRコード
  • ライブドアブログ