押し入れ日記

人生は失敗の連続だ! だから恥ずかしい部分を晒しちまおう。 押し入れに隠した「陰」の部分を今ここに綴ります。

2007年01月

出産マシーン

すげーな。

よりによってなんで「機械」なんだ?

機械みたいに油さえ注入してれば
何も考えず、納期までに生産できてりゃそりゃすげーや。

でも、機械だから、本体の不具合も発生。
異物も混入。
不良品も出る。
同じメーカーの同じ製品なのに、
ある人のモノはすぐ壊れる。修理だしてばっか。
でも、手がかかるほど愛着がわくよ。
ある人のモノは、ちょっとした知恵でカスタマイズ。
あれ、あたしのドノーマル。すんげーフツーでつまんない。

なんつってな。

ちなみに、
1つの精巧な製品を作り出している装置に
ぴゅっ。ぴゅっ。
と液剤塗布する単純なオプション装置があって、
こいつの精度が悪いと、
いい製品が出来上がらないんですわ。

えらいこっちゃですわ。


 

仕事とはなんぞや

あたしはバンドをやっていたせいで、
今までの人生、正社員になったのはほんの数年で、
今日までバイトと派遣で生きてきた。

バイトをしている時は、
やはりバイトだけあって、
他にやりたいことがある人が多く、
そのためにバイトでお金を稼いではいるものの、
働きぶりもしっかりした人が多かった。
目標のある人というものは、何においても手を抜けない性分なのだろう。

しかし。

派遣社員、である。

派遣社員、と一口に言ってもいろいろだが、
あたしは契約期間はあるものの、所詮日雇いと同じ時給制の派遣だ。
ただ、その時給はバイトの比にあらず、かなり割がいい。
ボーナスこそないが、社員並みかそれ以上の月給がもらえるので、

この派遣業界には、

目的のために比較的自由の利く派遣を選ぶ人
と、

定職につくほどまじめに仕事をしたくない、
嫌になったらやめたい、そして楽して儲けたい人

が混在している。

悲しいことに、あたしが今まで仕事を共にしてきた人達の大半が
後者なんである。

一所懸命仕事をして一日を終えても、
トイレにこもってメールばっか打って一日を終えても、
貰えるお金は同じ。

あ、でもこれは、正社員でも同じか。

なんというか、どういう雇用形態であれ、
仕事をしてお金を貰っている以上、
プロ意識を持てよ、と言いたいのだ。

そりゃ人間の集中力なんて、そんなに続かないさ。
息抜きも勿論必要。
最近どう?なんて、ちょいとした私語がなきゃ、息もつまるよ。

しかし、サボるのは明らかに違うだろ??

仕事をやる気がないなら、仕事せずに家にいればいいのだ。
プラプラプラプラすればいいのだよ。

それを生意気に、仕事だけは持っていたい、お金は欲しいというんだから
おこがましいや。

働かざるもの食うべからず。

なんだかガッカリだよ。やっくんみたいだけどさ。
なんでこんなに駄目な人が多いんだろう、なんて途方に暮れてしまうんだよ。


なかには真面目に働いている人もたくさんいるが、
働かない人から見れば、滑稽に見えるのかもしれない。

因果応報、人生は正負の法則。
そうは言っても、悔しいかな、
ノラリクラリと生きていける人間もいるのである。

そんなやつらを横目で見ながら、
イライラしているようではあたしもまだまだ精進が足らない。

「今に天罰が下るわよ。くわばらくわばら」
フ。と美輪明宏のように笑ってかわしたいものである。

















帰ってきたウルトラまん

万全ではないよ。

万全ではないけど、だいぶ良い。

いやはや1ヶ月くらいずーっと鼻声だよ・・・。

第一声は必ず声が裏返っているよ・・・。

まーそれにしても、なんとか元気。

元気ついでに言えば、納豆ダイエット、
信じた方はバカをみましたね。

まぁ、納豆は健康にいいんだから、食べて損はないけどね。

しかし、楽に痩せようとしているヤツが
どれだけ多いかわかったってなもんだな。

「発掘あるある大事典」ってのは、非常に人気のある番組なんだね。

あたしは一切みないけど。

なんか、情報に踊らされるのがイヤだよ。

確かなものを確かな時に、確かな量だけ食べていれば、
長生きできるんだろうしね。

不二家の時もそうだけど、
今更
「あの番組は信じてたのに」

なんつって言っちゃってまー、なんでそんなに簡単に
信じられるのか。

全部を疑ってかかる必要はないけど、
まるごと信じてしまうのは愚かだよ。
後は己で感じろ!ってことだよ。

バラエティは、いまや殆どヤラセだけど、
明らかにヤラセとわかる
(視聴者にわかりやすく ヤラセだよ、と教えてくれてる)番組を、
その番組が終了してから

「あの番組って、ヤラセだったんだってね」

なんて、まじめな顔して言う人もいるからなぁ。

つまんね。

あたしゃーつまんねーよ。

 



 

エブリナイトフィーバー

検査結果を聞きに病院へ。

「うーん、炎症数値だけが高いんですよね」

そう言われたけど、なんじゃそれ??

重大な病気だと、この炎症数値プラス白血球の量が多いらしいんだけど、
あたしの場合
白血球の量は普通らしい。

まったくもってわからない。

結局、女性的病気の可能性がないわけでもない、
ということで、産婦人科にまで足を運ばされるあたし。
内科でエコーをとってもらったら、
子宮底に黒い影がある、とのことだったので。

子宮筋腫かなんかかな、それならそれにしてほしい。
そう思うほどに、夜になると上がる熱に理由がほしかった。

で、オッサンのやっている産婦人科に行って、
子宮を腹から中からグイグイ押されて、
ワンポイント痛みのある部分を発見!!

「ここにね、なんかあるんだよね」

「ほほー」
オマタに器具を突っ込まれているのに
やたらリラックスした返事をするあたし。

「3センチ・・・は ないかな」

3センチ・・・って


でかくねーか!?


「子宮筋腫ですか」
「そうだねぇ」

そう言われたあたしはいたって冷静だった。
オカンもコレにかかっているし、
手術すればいいんだろうそうなんだろう、なんて
思っていた。
熱の理由はこれか。ならいいや。
すっきりしたぜ。

そして再び問診。

「うーん。なんだろうね。この夜に上がる熱」
先生がおっしゃる。

え、だから筋腫のせいじゃないんかい?


「その筋腫のせいじゃないんですか?」

そうたずねると、オッサンあっさり


「違うよ」



えええええええ!?

そんなん、筋腫見つけられ損じゃん!?

「え、関係ないんですか?」


「ないよ」


「でも、あるんですよね、なんかが」

「あるね。でもこれは別にいいんだよ」


えええええええええ!?


「そうでつか・・・」

思わず2ちゃん用語でつぶやいてしまうのも無理はない。

「ま、もうちょっと様子みる?」

「はぁ。そうすね」

あたしにしてみれば、もう十分様子はみたのだ。


なんだか疲れたよ、パトラッシュ・・・。



ひきこもり

腰が痛いぞー!

あたしは今週仕事に行っていない。

熱、出るから。

でも、昼間はこうして日記が書けるほどに普通。

なのに、夕刻から別人のように体調不良。

膝から下が、猛烈に冷えるんだけど、
自律神経失調症?

さすがにトータル5日も寝込んでいると、
自分が腐っていきそう。
おそらく高熱で、脳細胞の4分の1は死んだとみた。

阿呆が、より一層阿呆に。

昨日は、突然悲しくなって泣いていた。
泣いていながら、何がそんなに悲しいのかわからないんだよ。
さすがに
「やべーぞおい!」
と思ったぜ。

お風呂も囚人ペースでしか入ってない。
金田一ヘアーだもんね、今。
ゴローちゃんには勝てるな。


昼間はわりと元気なので、
ワイドショーなどをみたりしてみたのだが、
そういうのを見れば見るほど、閉塞感があって、

仕事があるっていいことなんだなぁ。

と思ってしまった。

まぁ、体が元気だったらまた、感じ方も違うかもしれないけど。

足がアホほど冷えるので、
昨日は足の裏とふくらはぎにそれぞれカイロを貼ってたら
ちょっと楽になったのだが、
哀しくもなった。

おばあちゃんやん・・・。

昨日病院に行って、風邪、という平凡な結果が出たが、
過去にタダの風邪でここまで熱が続いたことがないので、
今日も違う病院に行ってみた。
他に原因があるんじゃないか、と思って。

今日血液検査とエコーをとったのだが、
その結果やいかに?!

明日、結果を聞きにきて!
といわれたが、
あたし、仕事に行きたいわ・・・。









 

体調不良と不二家

年末からひいていた風邪が、
ここまできても治らない。
こんなに毎日規則正しく生活してるのになんででしょう?

土曜の午後から熱が出て、
その後、下がったり上がったりを繰り返して
とうとう今日になっちまった!
昨日は夕方近くまで調子良かったから
病院に行かなくても大丈夫そうだな、なんて勝手に思っていたのに、
また夜高熱。

さすがに今日病院行ったよ・・・。

鼻ん中に綿棒突っ込まれて
インフルエンザの検査もやってもらったが、陰性だった。

うーん。

ただの風邪ごときで、こんなに熱を出す人間ではなかったのになぁ。

どっか悪いのかなぁ。


そこで(ってどこで)不二家だが。

別にそんなに驚くことでもないなぁ。
よっぽどドロドロになってる牛乳を使ってた、とかじゃなきゃ。
まぁ、会社が容認してこういうことが行われていた、ってことは問題だけど、
そうなるとあたしは期限切れのものを食べていることが多いぞコノヤロー。

だってさ、冷蔵庫の中みてみ?
期限切れてないものしか入ってない、って人のが少ないよ。
年末に冷蔵庫チェックをしたら、

ケチャップ
マヨネーズ
ドレッシング
マスタード
チューブしょうが
同じくチューブわさび
キムチ
ぽん酢

などなど、出てくる出てくる!

自分の感覚で賞味期限を決めていると、
意外とどれもこれもそれより随分短いんだな。
ぽん酢なんて、鍋やら豆腐やらにかけまくってたけど、
なんとなく期限みたら2ヶ月前に終わってたり。

不二家は会社だから許されることではないにしても、
1日2日でギャーギャーいうのはなぁ。

おばちゃんやらはよく、
こういった生活に密着した食材に絡む事件があると、

「何を信じていいかわからないですね。
消費者は信じて買ってますから」

なんて言うが、
自分が口にするものぐらい、自分で見極めたらいいだけの話やん。
何を期待してるの?と思ってしまう。

しかし、甘いものに興味がないあたしとしては、
イベントがあるわけでもないのに
普段からシュークリームやケーキを買う人が理解できない。
女の人は甘いものが好きですね。

ケーキが別腹の意味がわからんもん。
ケーキは確実に胃に来ます。
そして、折角食べたご飯の印象をさらってしまうのです。

「寿がきや」のラーメンなら、あたしは別腹です。




やっぱりタイに

f2c27455.jpg

今回の冬のバーゲンはほどほどに、
なんて思っていたが、やはりちょいちょいと買ってしまった。

お金貯めないとなぁ、なんて思えど、
使いたい時使おうじゃないか、とも思う。

しかし、実家に帰って、両親に老後(あたしの)の心配をされ、
うーん、そういやあたし、老後どうすんじゃ?
なんて思ってちょいと焦りも出る。

それにしても、タイに行きたいのだよ、あたしは。

年が明けてからというもの、めっきり仕事に身が入らなくなってしまった。
風邪ひいてるせいもあるけど。

仕事場の机の上に、世界地図をはさんでいるのだが、
暇さえあれば、地図を眺めている毎日。

例えばタイに行ったとして、どうせ1週間もしないうちに
現実に帰らねばならないのだから、
旅行に行くだけむなしさが積もる気もする。

だがしかし、あたしは逃げタイ。

写真はクリスマスに食べた金魚(シュウマイ)。

b70b906c.jpg

明けましておめでとうございます。

毎年、己のズボラをなんとかしてくれ、
と神頼みするのだが、
その行為自体が既にズボラであるから目も当てられぬ。

無駄なものを失くそう、と思い、
まずはケーブルテレビをやめてみた。
テレビをロクに観ないあたしが何故にケーブルテレビ契約をしたか、といえば、
昔懐かしい映画やアニメが観られる、と思ったからで、
実はそれを上回り、
「アニマルプラネット」というチャンネルが非常に面白くはあったのだが、
そうはあってもやはり割に合わぬ、ということで解約。

家の電話も要らないが、ADSLの関係でめんどくさい。
めんどくさがっていては、一向に無駄が減らない気もするが、
やはりめんどくさい。

お正月は実家でアホほどのんびりしてきた。
実家には既に、あたしの部屋はないが、
やはり安らげる。

帰りは、東京へ戻るにつれてストレスがグングン上がるのがわかる。
なんのために、こんな思いをしてまで都会にいるのだ?オマエよ。

そうは思っても、好きなんだろう、東京が。

プロフィール
最新コメント
屋根裏談義(掲示板)
最新トラックバック
ケータイ登録!
QRコード
  • ライブドアブログ