押し入れ日記

人生は失敗の連続だ! だから恥ずかしい部分を晒しちまおう。 押し入れに隠した「陰」の部分を今ここに綴ります。

2008年03月

ロマンティックのかわりに吐き気が止まらない

fed12bca.JPG新しいことをやってみよう!!

そう思うクセに、新しいことをやっている最中はものすごい緊張と
ストレスにさいなまれる。

考えたら行動できない。見る前に飛べ、で生きていかないと、
かなり保守的な人間になってしまうのでそうしてきたのだから、
もういい加減、
「飛ぶとしんどい」ことを学びたい。

仕事場をかえて、あたしは猛烈な吐き気と日々戦った。
(妊娠ではありません)

もう、なんかこう、胃がムカムカして、咳をしたくなって、
咳をすると「オエ」ってなる。
お腹は空くが、食欲がない。

前の職場をやめて、
香港に行くことになったあたりから、
ずーっとこんな調子。

香港に行っている間も、波はあれど「オエ」ってなってた。


なんだろうなぁ、これ。

もっと「たいしたことないさ」
という気持ちで、全てのことに接してみたい。

まるでヤクザの事務所に押し入るような気持ちで、
新しいことに向かってしまう。
「せっかち」なため、
「仕事、早く覚えなアカン!!アホと思われる!」
と、非常に焦ってしまうのだ。

新しい職場、今日で3日目だが、
やーっとちょっと吐き気がましになった。

悪いことに、生理前の情緒不安定期と重なったってのもあるけど。

長いこと生きているつもりでも、とんとこういうことには慣れないんだな。


現実よこんにちは

aac28ec0.JPG

香港から帰ってきてしまった。

もういやだなぁ。現実って。

これからまた毎日働くのだ。

うんざり。

しかし、働くから旅もできるのだ。

そう考えて頑張ろう。

それにしても、無事何事もなく、一人旅は完了。

こまかいことはいろいろあったけども、楽しかった。
楽しかったけども、やっぱり

「そういやしゃべってないな・・・」

と思うことはしばしば。

それがストレスにならないように、部屋に帰るとわざと独り言を多めにして
普通のボリュームで喋ってみたりしたけどすぐ飽きた。


ホームページに旅日記をアップしたのでみてくらはい。
でもまだ途中。また途中!

 外堀修行 香港・マカオ篇

昨日でOLコスプレ第一部終了。

勤めた務めた努めたねぇ。

4年も勤めて、その夜会社の男子と
交わした会話が
「エディソン・チャン猥褻画像流出」と
「痴漢の冤罪について」であり、
まぁ、なんというか、
「いやぁ、お疲れ様でした」
なんつー会話は、グラスをカチンとしただけで終わってしまいおった。

それにしても、この4年余りも勤めた会社であるが、
会社であるにも関わらず、20代が圧倒的人数を占め、
派閥もおこらず皆仲良しであり、
本当にクラスメイトのような仲間であった。

そのため、別れにはかなりの苦痛があり、
会社をやめて最初の頃はちょこちょこと遊んでいても、
それが数カ月ペースになり、年ペースになり、
いずれは会わなくなってしまうのだろうな、と
どうしようもない「出逢いと別れ」の方式を思って、
しばし、悲しみにくれておりました。

新しい職場に行けば、新しい人間に出会っていくのだから、
なんの心配もいらないようだが、
やはり、
「趣味が合う」人間が職場にいるのといないのとでは
大違い。

下ネタを同じ視点から楽しめる人間、
アキバと中野の良さがわかる人間、
本物のロリコンが職場にいてもひるまない人間、
そういった(ってどういった?)人間がいてこそのあたしであり、
仕事内容なんて2の次で、
楽しい仲間がいてこその職場なんである。
自分にとっての環境がよければ、どんな仕事でもできる。

しかしながら、サラリーマン、OLと呼ばれる人間で構成された
職場では、あたしと呼吸の合う種類の人間がかなり少ない。
でもそれは仕方ない。

仕方ないけれども、中には「間違ってサラリーマン(OL)やっちまってる」人がいる。

「お、おたくもコスプレかい?」
「あら、そういうおたくもコスプレかい?」

お互いの正体がわかったら、そこから初めて
「あ、なんだかやっていけそうだ」
と思える。



このまま自分だけを奪い去りたい

DEENだっけ?

「このまま君だけを奪い去りたい」って曲歌ってたのは。

「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない(自信なし)」
みたいな感じで、あの事務所はタイトルなげーよ。

まぁ、とにかく、虹村億泰の「ザ・ハンド」で、
あたしという空間を切り取ってどっかやっちゃってほしいよ。

そんな気分。

精神がモロイ(気がする)と思っているわりには、
頑丈に生きているので、

「なぁあんだ、アンタ結構図太いんじゃね?」

と思うのだけども、

ダミダ〜。

お腹イタイス。

今日も、大阪に住んでいた頃の夢をみますた。

大阪に住んでいた頃の夢を見るっつーのは、
あたしの精神状態が良くないという証拠なんだな。

子宮に帰りたい願望というか、それに似てる。


嗚呼、タクマシクナリタイ。



ジョジョの奇妙な百人一首はおあずけ状態

「ジョジョの奇妙な百人一首」を購入したものの、
なかなか仲間で大会を行う日程がたたないため、
開封しないままおあずけ。
(同じ条件で挑みたいため)

いつになったら大会を開けるのか?
ま、誰かが「この日!」と言わないと、なかなかできなそうではある。

それはいいとして、
今ちょっといろいろ不安定。

仕事を変えるってのは精神的にいろいろクルね。
今の職場が非常に居心地がよく、みんないい人で、
あたしは勝手に家族のように思っているので、
そこから旅立つのが正直キツイ。

まぁでも、仕事を変えるのも、香港一人旅も、
自分が自分の中で
「オマエ、ぬるいなぁ」
と思っていたからの行動だし、
そういう時期なのだろう、と思う。

それにしても、香港はさておき、仕事。

不安だなぁ。

それしかないな。

なんだろ。

あたしは新しいことに非常に抵抗を示すクセがあって、
例えばケーキにもいろいろあるけども、
めんどくさいのでショートケーキにするとか、
ラーメンでも、本当はいろいろ食べてみたいが、
醤油が一番好きなので、とんこつを推している店でも、
ついつい醤油を選んでしまったり。

「無難が好き」
というよりは、
「めんどくさがり」
なんだろう。

一緒か。

失敗したくない、ってのもある。

要するに、勇気がないのか??

なら、そのまま勇気がない奴、として生きていけばいいのだが、
何故か

「見る前に飛べ」

的な行動をしてしまう。

なのに、
「見てしまったらわざわざ飛ばない」奴なのだ。

あー、めんどくせ。

なので、人生においてあたし、
飛んでる最中に、

「うわ〜、飛んじゃってるけどアンタ、どうすんだよ?」
ってことが非常に多い。


そんな自分が「いけてる!」って思う時期と、
「オイオイ、いい加減、学習してくれよ」
と、呆れちまう時期がある。

でもま、
順風満帆、微塵のスキもない旅行記なんて
おもしろくもなんともないだろうし、
人生もそうだろう。

あとあと面白く語れる話ってのは、
七転八倒してる時のやつだ。



ヤバイってことを実感!!

うううううーーん。

いかん!いかんぞ!

思春期の娘のハデなパンツをみつけて唸る頑固親父のごとく、
「いかん」を連発してしまうあたし。

何が?

ウエストが!!

ウエストがいかん!のだ!

いやいやいや、数年前から気づいてはいたよ。
でもフタをしてきたのだよ。

だがしかーし!

今回、仕事をかえることになり、
面接ってものを受けなきゃいけなくなり、
しかし普段からたいした格好をしていないため、
正装ってのがないあたしは、
20代前半に購入したスーツをひっぱりだすはめに。

んで、スカートを履いてみたらばよ。

まぁ、入ったさ。入ったんだよ。
ウエストは。

でもよ。

きーつーいー!

しかも、購入した当時は、ウエストがゆるくて、
スカートがくるくると回ってしまってこまったはず。

なのに今では、
ガッチリはまってヌケナイぜ!


「去年のスカートが入らない」
「数年前のジーパンが履けない」

よく、そんなセリフを聞くが、
他人事だと思っていた。

「そんなに太るやついるんかな」

とすら思っていた。


なのに。

それオメーじゃん。

いや、正しくは入っているし、履けている。

しかし、そこには

ひそかな無理がある。

太ったっつーか、たるんだっつーか。


なんだか真剣にこりゃーいかん!
と思ってしまったわけだね。

でも、あたしがどんなに食事の量を減らそうと思っても、
笑顔で

「今日何食べるぅ?」

と嬉しそうに聞いてくる相方がいるかぎり、
あたしは痩せられないだろう。


「そのスタイルはどうやって維持してらっしゃるんですか?」

なんて、よくリポーターが女優かなんかにアホ丸出しで
聞いていたりするが、
数年前のあたしなら、

「太らなきゃいいだけじゃねーの」

と思っていたのだが、それは大きな間違いであった。

「年をとるとたるむ」

そうだ。そうなのだ。

「たるみ」と戦う世代。
ってやだな、そんな世代。

でも仕方ない。そんな世代なのだ。
同じようなので、
「ハゲと戦う世代」もあるだろう。

「白髪と戦う世代」
「ヒザの爆弾と戦う世代」
「加齢臭と戦う世代」
なんてのもある。

なんだかわからないけど、
思春期の悶々から解放された(遅いな)と思ったら、
もう老いと戦うのかよ、ってな気分だが、
それが生きるということならば
仕方あるまいて。



 

プロフィール
最新コメント
屋根裏談義(掲示板)
最新トラックバック
ケータイ登録!
QRコード
  • ライブドアブログ