押し入れ日記

人生は失敗の連続だ! だから恥ずかしい部分を晒しちまおう。 押し入れに隠した「陰」の部分を今ここに綴ります。

2009年11月

やっとコルテオ

2f3aa2b5.jpg

コルテオ観に行ってきたわいな。

しかし、酷いね。コルテオが、じゃないよ。
あたしが。

前回の日記、タイトルと内容が全く違うがな!

インドのことを書くつもりだったのに、タイトル入力してからボーっとしてたら
全く関係ないこと書いてもうた。

インドの話はまた今度として・・・。

コルテオ。

シルクドソレイユさんを観るのがなんと初めて。
毎回、気にはなっていたのだが、
なんだか夢のある感じが自分には申し訳ない、と遠慮していたんですな。
なんだその遠慮。

だけどまぁ、いい大人になったわけだし、そろそろ観ても許されるだろう、とチケツを予約。

そして原宿ビッグトップへ。


「コルテオ」は、夢の中の話なので、余計そう感じるのかもしれぬが、
やっぱり、サーカス団(というくくりにさせてもらうけど)というのは、
どこか夢の中。熱が出た時に見る夢に似ていて、
でっかい人間、ちっさい人間、ぽつんとステージ中央にいる人間、グワっと大勢集まる人間、ピエロなんかが出てきて軽くトリップした気分になる。

小さい頃、サーカス団を観に行った時、やはり時代もあって、外国人を見慣れていなかった。
だから外国人で構成されているサーカス団は、それだけでもう異国の出来事であり、夢の中だった。

「コルテオ」の中でも、ある演出でデヴィット・リンチの「イレイザーヘッド」みたいな場面があって、
「ああ、もう戻れん」
と思ったものだ。

いやぁ、正直、見終わった後は、アホのように「すごかった」を繰り返すばかりだった。
勿論、パフォーマンスも非常に素晴らしかったのだが、
それより、どうしても「ちょっと気色悪い夢みた」感の勝利。

「ちょっと気色悪い夢みた」は、あたしにとって
「めっちゃいい夢みた」ということであって、やはり気色悪いことは素晴らしいのだからこれからもより一層気色悪い人間で異様、否、居よう、と決めてみたけど決めるまでもなく気色悪かったのでもう良し。

写真は、混雑するビッグトップ内のロビー。


インドへのイメージトレーニング

7dcc1eb8.JPG

最近ホントに登山用品専門店にオナゴが増えましたな。

しかし、ランニングも登山もヨガも、なんでもオシャレにやるのが気分。みたいな
メディアの煽りが気に入らん。

登山やるとなると、まず靴だけでも4、5万するし、リュックだって2、3万はする。登山ウェアは高機能だからどれ買っても高いし、登ったら登ったで、油断して足を滑らし死ぬこともある。山には気軽に行けるトイレもないし、山小屋は雑魚寝で、着替える場所すらない。汗だくで登ってきて風呂に入っていない人達が代々使った布団で寝るわけだし、顔がのんびり洗える小屋は少ないけど、マスカラばっちりつけて是非オシャレに登ってみて!

って言ったらいいんじゃないか?

まぁ、低山に登るくらいなら後半関係ないけど・・・。

しかし、自分とて山に目覚めた動機は不純で、
「普段なにひとつ頑張れてない自分が、しんどい思いができる」ってやつだし、
登りはじめた頃なんて、ジーパンにコンバースなんつー、ふざけた格好で登ってたし、なにより無計画だった。
下山も通常の人達より遅く、いつまでも駐車場にポツンと停まっている車をみて、地元のおじさんが心配するくらいだった。

だから、今の登山ブームに乗っかってきた人に何が言えようか?
動機はどうあれ、これから本当に山に登ることが好きになればいいじゃないか!

そうだそうだ!

とにかく今は、超軽量のダウンがほしいね。
頂上や小屋で羽織れるような。

気づいたら、自分のレインウェアも今店頭にある製品と比べると
かなりな重さになっちゃった。


あいふぉんに替えてもた

d3439eed.jpgNOKIAをずーっと使っていて、バッテリーも替えて、大事にしてきたけど、
もうバッテリーが限界だった。
液晶画面にもヒビが入っていた。

でも、あたしは殆ど電話をしないし、外出先で情報をみることも滅多にない。
よって、シンプルな電話でいいといえばいいが、
いかんせんステキな作りの携帯電話がなかった。

「アイフォン(とカタカナで書くと、アイホンみたいだな)ええな〜。楽しそうだな」

とは思っていたが、果たして自分にはトゥーマッチすぎる。
いままでもパケホーダイ的なものを付属していたが、下限の1029円を超えることが滅多にないあたしだ。

いらんだろ、あいふぉーん。

NOKIAがあれば、迷わずそれにするが、Softbankにはもうない。

でも、寝ている間に充電が切れるNOKIAくんもお疲れだ。

そして流行りに乗って買うてもた。


そしたら楽しい。

正直楽しい。


「ウホッ」
っとジャイロのような声が出る。


そして、そのアイホーンで、トラを撮影してみたよ。
ぐほ。

プロフィール
最新コメント
屋根裏談義(掲示板)
最新トラックバック
ケータイ登録!
QRコード
  • ライブドアブログ