18日土曜日まで実家でまったりしていた私も帰京。

せっかちで心配性の私は、帰省する際の新幹線の切符を、いつもきっちり1か月前に買う。
そして、喫煙席がある新幹線を選ぶ。
そうすると大体、15号車の1番E席になる。

まず、喫煙席を選ぶ理由として、まぁ自分が喫煙者ってのはあるが、別に2時間吸わなかったからといってどうなるわけでもなし、吸うには吸うがそれが目的ではない。

喫煙席を選ぶ理由。

女子供がいないから。


そのかわり、出張帰りのうるさい酔っ払いオッサン連中に当たることもあるが、オバハンの厚顔無恥なしゃべり声、子供の奇声を避けられるから、喫煙席は比較的静かに過ごせるのだ。


しかし、帰り18日の喫煙車両はひどかった。


帰りもやはり、私の席は15号車1番E席。
しかしラッシュも終わっているのか、2列シートも3列シートも、ほとんど窓際にしか客が座っていない状況だった。

「うーん、快適だぜ〜」
と駅弁を食らっていると、隣の車両から男が来て、私の横、通路を挟んだシート(窓際にはおじさんが座っていた)のC席に座り、タバコを吸いだした。

たまにいる。喫煙車両にタバコを吸いに来る禁煙車両の人間。

私はこの時、たいして気にもしていなかった。
「禁煙車両におるんやったら吸うのあきらめろや」とは思ったけど。

しかしまた10分後。
別の男がきて、またC席に座ってタバコを吸いだす。

別の車両からタバコを吸いに来たヤツなら、ドアに一番近い席が空いていれば、やはりそこに座って吸うだろう。
こっちとしては、ドアが開いて関係ない人が座りにくるのは、落ち着かない。
しかも、タバコの煙を通路側に吐き出すから、私のほうに煙が流れてくる。

そうか、座席が空いているとこういうことになってしまうのか、と思っていたら、また10分後に別の男が来て、C席に着席。
吸う。

これがほんとに、入れ替わり立ち代わり品川まで続いたんだからタマラナイ。

私はずーっと他人の煙を吸い続け、自分のタバコなんか吸う気もなくなるほどであった。


これ、なんとかならんのかね。

車両の真ん中あたりの席を選べば、こういう被害は減るかもしれんが、自販機で買うと窓側か通路側かしか選べない。そうなるとみどりの窓口で買うしかなくなる。
でもみどりの窓口は要領の悪い客であふれかえっているから利用したくない。


喫煙車両に乗っている人にしても、2時間程度なら、乗ってから、弁当食べてから、起きてから、駅に付く直前で、など、せいぜい吸って5本くらいだろう。
私の経験だと、そこまで吸う人はあまり見かけない。大体皆3本程度だ。

それを、10分おきに吸われたとなると、もう本当にずーっと空気も悪いし第一、出入りが激しくて落ち着かんのだよ!
くつろいでる方からしたらほんと迷惑。A席のおやじはなんでキレないのか不思議だった。寝てたのか?
私なら荷物を置いて阻止する。

向こうからしたら初めて来た席でも、こっちからしたらお前で10人目だスッタコ!

今度から、あまり早めに切符を取るのは、やめようとオモタ。