押し入れ日記

人生は失敗の連続だ! だから恥ずかしい部分を晒しちまおう。 押し入れに隠した「陰」の部分を今ここに綴ります。

音楽

ヒトカラヒトギタ

アコギはアコギな奴なので、音がデカイ。
よって家で弾くには不向きなので練習したけりゃカラオケに行く。

スタジオを借りればよいのだが、私は心配性だ。
個人練習だと予約ができないスタジオにギターを背負って出向き、
「満室です」
と言われたらペッコリと凹むこと間違いなしなので行かない。

だからカラオケに行く。

ギターに飽きたら歌も歌えるし。
タバコも吸えてお茶も飲めて、なんなら何かを食することすらできてしまう。

しかし家の近所にあるカラオケ屋は、何故かいつも混んでいる。
フロアに誰も待っていないというのに、
「只今満室です。次の空き予定は一時間後です」と毎度言われるので、
これはもしや、「おひとり様はもうからないから断れ」
とバイトリーダーから言われているやもしれぬ、と考え、もう二度と行かないことにした。考えすぎということもあるが。

で、仕方がないので夏は必ずG−SHOCK(つまりゴキが出る)な、オンボロカラオケ屋に行くことが多いのだが、先日ここを訪れた時、受付の兄ちゃんが不審だった。

「空いてますかー」
「何名様ですか」
「一人です」
「あー」
「え、空いてないんですか(いつもスカスカなのに)」
「いや、うーん、じゃ、いいですよ」
「どういうことでしょうか」
「いえ、今の時間、大部屋しか空いてないんで」
「はぁ(大部屋?そんなものこの施設にあっただろうか)」
「じゃ、2階になりますけど、混んできた場合、延長できないので」
「はい」

そして通された部屋は、きっちり座っても6人がやっとの、なんなら狭いくらいの部屋。しかも昔通されたことがある部屋だった。
それに、2階には3部屋あるが、他の2部屋は客がいなかった。
「じゃ、混んできたら延長できないんで」

兄ちゃんは本日2回目の念を私に押して去っていった。

うーん。
確かにそのカラオケ屋は、お茶が1杯ついて2時間600円の超破格値である。
それをおひとり様にやられては、儲かるものも儲からないと嘆きたくはなるだろう。
しかし私はそこを利用するのは初めてではないし、むしろ3回はG-SHOCKを経験している。しかし悲鳴のひとつも上げず、時間を全うし、「もしかしてあのソファ、ゴキの温床となってはいませんか」などの文句の一つも言わずに金を払ってきた、なんなら立派な顧客である。

なのにこの扱い。

絶対嫌がられてる。

もう二度と行かない。

ってわけで、ステージを吉祥寺に変更したのだ。

シダックス。フリータイム。フロントの店員さんは、おそろしく懇切丁寧な応対をしてくださり、涙が出そうになった。


ギター弾いて、たまに歌うたって、挙句の果てには
「ちょっと物まねやってみよう」と思い、
「ミラクルひかるがマネする中島美嘉のマネ」で「ORION」を歌ってみて、ちいとも似ていないことに驚いてみたり、いや結構独りカラオケは面白いよねそうだよね。


とりあえず今、アコギをいかにしてロックに弾くかを勉強中。
これまじめに。



ライブをやりまして

67e57cf9.jpg
11月10日(土)に、北浦和のKYARAというライブハウスでライブをやりまして。

もうめちゃくちゃ久しぶり。
一体いつ以来なのだろう?と考えてみると、ライブバーみたいなところではチョコチョコやっているにしてもライブハウス、しかもバンドで、となると、名古屋に住んでいた頃までさかのぼることに。

となると、えーっと15年ぶり…くらい…?

恐ろしやー。

もう一体自分が何万年生きているのかわからなくなってきたぞ!
閣下ほどは生きてないと思うが。

まぁ、昔と違うのは、オリジナルじゃないこと、プロを目指してないこと、趣味であること。かな。

お客さんも、出演者の友達や身内、会社関係の人だったりするので、皆本当に温かかった。
今までの自分のライブだと、いかに対バンの客をかっさらうか、次のライブにつなげるか、ということばかり考えていたから、本番前はいつもオエオエ吐き気と戦っていたものだ。

しかし、社会人バンドの集まりだからといって、昔の根性が抑えられるわけもなく、やはり「ただのコピバンじゃないぜええええ」というところを見せねばならん、どうせなら一番印象に残らねばならぬ、という使命(誰にも頼まれてないけど)にかられ、多少体力の衰えを感じながらもやりとげました8曲。

MCはいつも考えないで出るわけだけど、結局メンバーから
「しゃべりすぎ」
「いつ曲にいくのかと思った」
とダメ出しを受けるほどにベラベラとしゃべってしまった。

そしてやはり、ライブは楽しい。
この年齢になってギターを弾いてステージに立てることが、この上なく嬉しくて仕方なかった。
というのは事実だが、この年齢になっても、名古屋でライブをやっていた頃と、落ち着きのなさがちっとも変わっていなかったことに自分でびびった。

やっぱバンドっていいよなぁ。
協調性のない私が人と集まってやれるのは、バンドしかないんだよなぁ。

でも本当は、ヴォーカルがちゃんといて、その横でヘロヘロとギター弾いてたいんだよなぁ。
歌ってると客席とかメンバーの顔とかゆっくり見る余裕がない。
でもギターだけだと、メンバーの顔もみれるし、客席もなめまわすようにみれる。
そしてヴォーカルが全力で歌ってるのを尻目に、無責任にフラフラできるのが非常に良い。

ま、でも、ヴォーカルギターだと、
「ちょっとこの面倒くさいとこ、私歌が忙しいからあなた弾いてね」
とギタリストに責任転嫁できる気楽さがあって、やめられない部分もあるけどね。






人のモン、欲しくなる?

銀杏BOYZの峯田さん主演の映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を今更観た。

内容が良かったとかそういうの抜きで、好きだなぁ、こういうの。

こういう童貞臭い役をやらせた時の峯田さんの光り方といったらない。
もうそれを観るだけでいいや、って気になった。
エロくてちょっと頭弱い女の子をやらせた時の黒川芽以ちゃんも実にハマる。
男子はこういう子に弱いのだ。童貞であればあるほどに。

正確なセリフは忘れたが、
峯田さん演じる田西が、他の男にはするのに自分にしてくれないことに対して
「俺にもフェ〇チオしてくれよぉ!」と泣きながら芽以ちゃん演じるちはるに言うのだが、それに困り果てたちはるちゃんが、
「いいよ!フェ〇チオくらいならやってあげるよぉお」とトイレに連れていこうとするのだが、
「そういうことじゃないよぉおお!」
と、田西がこれまた泣き叫びながら、ちはるの腕を振り払うシーンなんか本当に
「いいなぁあああ!」と思ってしまった。

これだけ抜粋すると、何がいいのかさっぱり理解不能かもしれぬが、もうなんつーか、女子と男子の解釈の仕方の相違っつーのか、もどかしさっつーのかそういうのがぎゅっと凝縮されている。


田西の恋敵の男(松田龍平)が、田西が食べてるペヤングを欲しがり、一口食べた後に「なんか、他人が食ってるものって食いたくなる」と言うのだが、まさにその通りで、DVDを観ている最中、私はペヤングが食べたくなった。
ので、観終わった後に買いにいった。

いや、そういうことじゃなくて。

彼女がいる男を、彼氏がいる女を、妻がいる男を、旦那がいる女に燃える人間は結構いる。

峯田さんが食べていたペヤングを食べたくなる私でも、実際に目の前で峯田さんがペヤングを食べていたら、私は彼から貰わずに別のペヤングを買いに行くだろう。
何故なら、人からもらったものはちょっとしか食べられないからだ。

こう書くと「なんて卑しいんだお前は!」と思われるだろう。

卑しいのである。

おいしいところだけちょっと貰えればオッケー!
という気分にはどうしてもなれず、全部食べて満腹になりたい。

だから不倫とか彼女がいる男とかは面倒極まりなく、まったく食指が動かない。
なぜならその男のおいしいところを彼女が半分以上食っているのであり、そんなものを食べたところで満腹になろうはずもないからだ。

服やらを買いに行く時もそうで、自分が「ええなぁこれ、チェック!」と思いつつ、別のコーナーを見ていると、違う客がそのチェックした服を手に取ってみていたりすると、もう「あれいらんわー」となる。
大体、同じブランドの服を買いにきている客など、服の好き嫌いも似ているのだから、そんなこと言ってたら1着も買えないじゃねーかよ、と思うかもしれないが、なんというか目の当たりにするとダメみたい。

それと同じ理屈で、店員が
「それ、かわいいですよね」とか
「昨日入荷したばかりです」とか言ってくると、
「私はこの服をかわいいとは思わずかっこいいと思ってみていた」やら
「いつ入荷していようが知ったこっちゃねー」
と思うからそれを口に出して言ってその場を去るということを是非やりたいと常々思っているが、小心者だから出来ず、
「そそ、そうですか〜」なんつって、小さな抵抗として買うことをやめるか、店員が離れたスキにレジまで走ることしかできない。


一体なんの話だろう。




プロフィール
最新コメント
屋根裏談義(掲示板)
最新トラックバック
ケータイ登録!
QRコード
  • ライブドアブログ