October 13, 2017

  今日はライブです!@池袋サニースポット

今日はあいにくの悪天候。晴れ女なのに珍しいです。
そんな日ですが、AirBlueでテクノイベントに参加いたします。会社帰りにでも、ぜひ足をお運び下さい。
未発表曲のオリジナル他、珍しい曲やっちゃいます⁉️



betty777 at 07:48コメント(0) 

October 11, 2017

  社会との隔絶

ここ1週間程、信じられない程の鬱状態で、ずっと横になったまま、トリさん以外とは誰とも連絡を取らずに、寝込んでいました。

お風呂🛀にも入れなかったので、浮浪者のよう。
痒くなるんですよね。肌もブツブツが出来るし。
今日は、やっとお風呂に入って三回シャンプーしました。先週の手の怪我の抜糸をするために、また病院に来てます。

まるまる、1週間程を誰とも話さず独りで耐えます。愚痴を言っても、これだけは経験した人にしかわからない状態だから。同情やなぐさめ、励ましを求めることを、諦めた自分が居ます。
ひたすら、横になったまま、死ぬことだけを考え続ける…のも悪くありません。死後の整理など考えていると気が紛れます。

何が辛いかって、行きたい場所へ行き、会いたい人に会えない事です。要は社会との隔絶を感じますが、こんな時、本当に人間関係が希薄になったと実感します。

手のひらを眺めて、じっと何も出来ない時間を過ごし、言葉を発することもなく
トイレやお風呂の介助もなく
肩を貸してくれる人も居なくて
いや、それすら拒否している自分がいて

孤独と不自由な身体と心に、自分独りで立ち向かう方がいい。
他人には決して理解出来ないのだから、
とひねくれ者の自分はそう思います。

しかし、金曜日はライブで、歌う予定なのです。
自分でも笑えるけれど、今、自分が生きていると感じられることは
これしか無いので、ニンニク注射とユンケルでまた出場します。
歌う機会も減って来ていて、それを増やすためにどこかに顔を出すことも出来ない。

死ぬより辛いけど、そう言ったら
トリさんに甘いと言われたので、
説明もすることなく
そうかもね…って答えました。

苦しみも悲しみも経験です。
そして経験しなければ、心から共感する事は不可能です。

私は、色んな世界と人と感情と出来事を経験させてもらっています。

それを歌に込めることしか出来ません。
どんなに酷い状態でも歌うなら
這ってでも行きます。

こんな私でも、歌って欲しいと感じてくれる方がいたら嬉しいです。





betty777 at 15:30コメント(0)双極性障害2型音楽 

August 22, 2017

  ファッションその1

先にメイクアップの事を書こうと思ったけれど、
ここ2年でファッション観がガラッと変化したので、今日はそれについて書きます。

昔からお洒落は好きだったけれど、体型に自信が無かったので
まずは体型カバー!を一番にお洋服を選んでしまっていました。

それでもジーンズやパンツが大好きで、ハイヒールを合わせて何とか脚を長く見せようと頑張ってみたり
でも、チュニックとスパッツだけは絶対にやるものか!と思ってたけど、結果的にそうなったりして(涙)
女性は毎日「一体何を着たらいいの?」の闘いだと思います。

裸で暮らせない私たちにとって、着るものは自己表現であり、
「自分はこういう人間なのだ」と言う名刺の代わりになるものだと思います。
もちろん流行もありますが、私個人的には流行は全く無視して構わない。
エレガンスと気品、
クールさと粋
その人の気概や人格が伝わってくるもの

それがファッションであると考えています。
blog2そんな私が感銘を受けたのは”Paul Smith"展を観に行った時でした。
色と柄の組み合わせの妙と、紳士用のテーラーリングを使ったスーツやジャケットのラインの美しさに驚きました。
単なる洋服ではなくて、それはもうアートの域でした。

元々、スーツが好きだった私はわざわざバストをつぶすブラを買って、スーツを着ます。決して痩せているわけではなく、胸もあるのでどうしてもシャツが似合わないので晒しを巻こうかと思ったほどです(笑)

そして、しばらくはPaulの色使いを研究と言うか、実践していたのですが、今年に入って色々気付いたことがあり、
クローゼットは黒と白だけになりつつあります。

「自分に自信がないと柄物を着てしまう」

とどこかで聞いた言葉が頭を離れなくて、それまで柄物好きだったのですが、無地にトライすることにしました。

全身を3色に抑えるのがポイントだと教えてもらいました。
blog1
最初は無地だけの服に慣れず大変でしたが、無地と言っても色々あって段々面白くなりました。
まず、色が単色でもストライプや地模様が入っているものは柄物とカウントします。
そして、リブが入っているものやレースも柄物とカウントします。
そうすると、全身をたとえば黒でコーディネイトしても

レースがあれば1色、とカウント
黒無地
あと一つだけ加えることが出来ます。

形も重要ですが、まず色から入ると楽だと思います。
とにかく安いものでいいので、黒と白の無地を探しまくりましたが、案外まっさらなものって少ないんですね。
どこかに必ずデコラティブな部分があって。

完全に無地なものは少なくて驚きました。

次に素材。無地でも素材感を変化するとかなりお洒落に着こなせると思います。
写真を載せておくので、どうぞ参考になさってみて下さい。
私の貧しいPinterestのリンクも貼っておきます。






betty777 at 22:35コメント(0)ファッションアート 

August 13, 2017

  コントロール

IMG_1140


betty777 at 01:35コメント(0)日常ヘルス 

July 26, 2017

  プロデュース業

私は昔から仕切り屋でした(笑)

それでも何でもやらされたら、トンでもない事になる!と直感で分かっていたのか、身を引くようになりましたが、
仕切り屋と営業の血は争えず(父がそうでしたから)
とうとう、仕切りの矢面に立って頑張ろうかしら...と、ここ最近の変化を楽しんでいます。

ビジネス全般において、もう通説となっていますけれど
「相手の要望に応える」
「意思疎通」「コミュニケーション能力」と言うのが挙げられると思います。
自分は人のお話を聞くのが大好きなので、それをパーツとして組み上げて行く事が出来たらいいな、と。

日々、このお仕事をされているお父さん達は、電話の向こうの相手に頭を下げながらお話していたりして、本当に身に沁みます。

それはおいといて....(笑)
実は歌を辞めようと思っていました。
どこにアプローチすれば良いのか分からないジャンルだし、
日本人なのに、無理して英語でやって来たから何度もくじけた。
歌だってもっと上手くなりたい。表現力も付けたい。

誰にも言わなかったけれど、この4年間、そしてその前もヴォーカリストとしての喉と身体のコンディションには常に気を使わなくてはならない。
毎日、腹筋してストレッチして腹式呼吸して...ストイックな生活(でもないけどw)
すごく大変だったから、もう無理かな、って気がしていました。
欲はあるのに、身体が動かなくなったからです。
でもあるシンガーさんに「一度ステージに上がったら降りる事は出来ないんだよ」と言われて、やっぱりそうなんだなぁ、と。
細々歌は続けて行こうと思います。

これからやりたい、と言うかスタートすることはプロデュース業に限りなく近いです。
私は外見のイメージ、キャラクター作りは非常に重要だと考えていて、
それを試しに実践してみたくなりました。
そんな実験に付き合ってくれるアーティストさんに感謝です。

そして彼らの音楽に興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいな。

得意なメイクやスタイリングの能力を初めて使う時が来たのでワクワクしています。それには限られた時間の中で、沢山の人に会って学ぶことが一杯です。
体力をつけて、自分のコンディションをキープしていく事が課題かな。
そして、いつまでも年齢は関係なく、美しく芯のある人間でいたいと思っています。
FullSizeRender (1)



betty777 at 17:36コメント(0) 

June 20, 2017

  怒りと自尊心

すぐに怒る人が大嫌いでした。
以前、カウンセリングで「怒ると言う事は”自尊心”を守る、大切にする事」だと教えてもらいました。

過去の私は自分が怒っていることすら気付かない位、自尊心の低い人間でした。
母親がいつも不機嫌でいることが本当に辛かったから
自分は他人に対してそうしてはならない、と硬く決意して生きて来たのです。

歳を重ねるほどにその傾向は強まり、いじわるされても、理不尽な事を押し付けられても、誰かの為に何かをして感謝されなくても、自分の希望が全く通らなくても、自分さえ我慢すればいい、そして、「それは私が何か悪いことをしたからだ」と思うようになり、怒る代わりに悲しくなるのでした。
そしてうつ状態になるのが常でした。

自尊心と怒りの関係について分かりやすい文章があったので貼っておきます。
http://nanahime.blog71.fc2.com/blog-entry-708.html

音楽をやっていても同じで、ヴォーカルとしてフロントに立ってもいつも自信はないし、良い意味でも悪い意味でもディーヴァ的な、自分中心の振る舞いが出来なかった。
おかげで色んな方と共演出来たし、Trinityというパートナーも得たけれど。
やっぱり、自分らしくなかったと今では感じます。

今はしょっちゅう怒っています(笑)
やっと怒れるようになりました。理不尽な事をされたらやり返します!位の勢いです。他人様の場合はスルーしてしまう事が一番良いので、なるべくそうしますが、世の中がこう悪くなってくると、個人として生きる場合も「怒り」をエネルギーに変える必要が出てくる気がするのです。

たとえば、人権を踏みにじられたら、きちんと怒らなければなりません。
自分たちが選んだ政治家が公約を守らず、不正を働いていたら、それは自己の生活に直結し、次の世代にも影響があります。
だから怒りをエネルギーにして、きちんと表現する必要があると思います。

結婚や家族関係でも同じだと感じるのです。
「これは違うぞ、私とあなたはイコールではない」と怒りを感じたら
相手にそれを伝えて良いと思います。
ただし、相手がどう取るかまでは分かりませんし、それで関係は破綻するかも知れません。

しかし、相手も自分も自尊心があってこそ、「怒り」があることを理解すれば
相手の話も少しは理解して、自分に取り込もうとするはずです。それが、経験であり、知恵です。

不公平感を抱えながら自尊心を痛めつけていると、ゆがんだ人間になります。
だからと言って、何でもかんでも怒れば良い訳ではないし、
しょっちゅう怒っている人は「自分の自尊心を守るためなんだな」と分かります。

また、自尊心はコンプレックスとも大きく関わっています。
コンプレックスの正体については、私もまだ分からないのですが、
怒りを健全に表現出来れば、的確に伝えることが出来たらどんなに良いでしょうか。
怒りを政治的活動や社会を変える運動に使う人もいます。
コンプレックスは解消し、連帯感が生まれます。

私は先日、大切な友に積年の怒りをぶちまけてしまいました(汗)
でもそれが出来る、そうしようと思うのは相手の理解を求め、もっと関係を深めたいからなのです。
信頼していない人に怒ったらスルーなんですから(笑)

なぜ伝えたかと言うと
「私を尊重し、私の思いや考えを大切にして(たまには優先して)」と
ずっと叫びたかったから。

それが関係を壊したとしても、世の中不思議なもので、
くるくると新しい関係がまた発生してきます。

何かを失うと、また新しいものが入ってくるのです。これはスピリチュアルな問題では無く、人間の無意識の器や可能性ではないか?と思います。

病気になって、人生を振り返り、その仕組みを学ぶうちに
やっと怒ることが出来るようになりました。

だからそれを喜べとは言えないけれど、受け入れてほしいな、と切に願います。

怒りは醜く、辛いものではあるけれど、自分を守る最後の牙城なのです。
私は過去の萎縮した謝ってばかりの、都合の良い人間になりたくない。
自尊心ある一人の人間として、自分の意見を相手に尊重してもらい、相手をも同じように尊重する人間でありたいです。

そう願いながら、今も、世の中や理不尽や弱者のことを想像しながら
あらゆる事に怒りを感じる毎日です。
自分が自分でいられるように。

betty777 at 18:04コメント(0)トラックバック(0)日常双極性障害2型 

May 31, 2017

  新しい挑戦

どうも、世の中複雑になりまして、スマホやタブレットを眺めてしまうと、パソコンが昔のノート(本物の)のように感じられて来る今日この頃。

毎日インターネットと接しているのに、ブログのゆったりした文章を書くのが億劫に...。
でも、この自分のスペースって大切なのです。唯一、自分を表現出来る(自己顕示欲w)場所で、心にある事をアウトプットする事で健全な気持ちを保てるから。
人に見せる、って事も念頭には置いているけれど、ある程度は自由に書いています。

最近はかなり、具合が良くなって来ました。3日に一度は都会へ行ったり長時間の用事をこなす事が出来るようになり、人にも会えるようになりました。
残りの2日は寝込むこともありますが、概ね前向きに過ごしています。

365日のうち3分の1だけ使える、と思うと、逆にその時間を有効活用出来る。でも実際はダラダラしているのだけれど(笑)

今年に入って、何となく人との交流が増え、私にとって大きな選択と変化があり、取捨選択を考える機会が増えました。

やはり音楽は私の生きがいであり、音楽を含めた生活の中のアートも、そしていつかは実現したい、自分の言葉で、美しい音楽を生み出すことも。

欲張りな中で、断捨離をして、今までの自分とサヨウナラをしています。
それは原点に戻ること。
子供の頃の忘れていた自分に戻ること。
何かに夢中になり、時間を忘れた純真な自分に戻ること。
素直な気持ちを表現すること。怒りや悲しみを解き放つこと。

他人との関わりを大切にしながらも、自分だけで無く相手のスペースも尊重すること。

それらを学び、自然に身につくまで待ち続けた数年は決して無駄ではなかったと思います。

昔の写真の私は若くてピチピチ(笑)していたけれど、普通の眼をした迷える羊でした。
今の私は変わった。何者でも無い自分自身に。
全ては時の流れと共に変わって行く。
そして、待ち望んでいた解放の実践の中で私も変わりました。
そうやって心持ちが変化したことで、周りも変化しています。
私は本当の大人になれるかしら。
SDIM0648



かつては自信が無く、右も左も分からないまま突っ走っていたけれど今は違う。

私が歌えばみんなハッピー!
Trinityが弾けば、みんな酔いしれる!

AirBlueになれば、その美しさとビートに、まるでドライブしているかのような気分になります。

絶対!(笑)

6月30日のライブの詳細は決まり次第少しずつUPしていきますので、
どうぞフォローして下さいね。
こんなカンジで打ち合わせしています(服の相談ばかりしているとも言う笑)

IMG_0851


betty777 at 23:56コメント(0)トラックバック(0)音楽Air Blue 

May 13, 2017

  AirBlueのライブのお知らせ

明日、「お座敷テクノ」というイベントに出演いたします。

2017/5/14(日)
場所: 三軒茶屋 @32016(梅ちゃんBAR)
世田谷区三軒茶屋2-14-12
三元ビル5階、エレベーター降りて左側の扉

開場 17:15 開演 17:30 終演 22:00予定

出演予定:
MKMP
エコリンズ・第2形態
オレンジ電気
0+0 zero plus zero/音
Air Blue
特別ゲスト:松原秀樹氏のトークショー

料金: 3,000/1D

久しぶりのライブです。
坂本龍一氏周辺の楽曲を、AirBlueアレンジでたっぷりお聞かせします!


betty777 at 20:01コメント(0)トラックバック(0) 

March 16, 2017

  モデル

先日、お友達の女性フォトグラファーさんからの依頼で、モデルと言う大役を仰せつかりました。
私は美人でもないし、スタイルも良いわけでは無いので、
まず彼女からテーマや、写真に込める想いを聞いて、それを元に自分以外の人間になりきろう、と考えました。
complete













今の自分に出来ること。
自分の考える美や深さ、表現するのに、歌もモデルも同じだなぁと感じたのです。

歌を長くやっていると、歌声を聴いただけで
どんな人なのか分かってしまいます。
ライブを観れば、もっともっと大きな情報量が分かります。

それを「見透かす」と言って、私を怖がる人もいるけれど、表現すると言うことは自分自身をさらけ出す事だから、それは誰もが同じように感じる事なのです。
だから良い歌を歌うには、人間力も磨く。
モデルだって同じ。眼ヂカラ、身のこなし、

同じポーズで静止し、ファインダーをお客さんだと思って見つめる
私にとっては全く同じ。
ただ、これはかなり身体がキツイのだと初めて知りました。
筋肉プルプルです。モデルさんは身体を鍛えないと出来ませんねぇ。

そして、こんな素敵な写真を撮ってもらいました。
これが今の彼女で、今の私です。
これからどうなって行くのかな。

そして、私は美魔女、大反対!(笑)
若く見えて何が嬉しいのか。40-50にもなって女子力とか
男子受けとか、整形やネイルにかける時間あったら、本を読んだり映画を観たり、センスを磨いて、オンリーワンの自分になる最後のチャンス。
一人の心の中と向き合って行こうよ。
娘と同じ歳に見えるわーなんて、馬鹿馬鹿しい。
恥ずかしいと思わないのかよ〜、と。

私はいつも何か体制側に流されるモノに対して、怒っています。
闘うことで闘志が湧くから。
余計なエネルギーかも知れないけれど、それが自分なのです。

美しさはそんな場所には宿りません。
本当の美しさは、心の中にあるのです。

私が大好きなPatti Smithのポートレイトを。歳を取ることはこんなにも素敵なことです!
patti_smith
 

betty777 at 21:11コメント(0) 

March 09, 2017

  やることが沢山

タイトル通りです(笑)

「やること」と言うより「やる」と決めた事
「やりたい」事が、やっと目の前に来てくれたから

少しずつしか進まないけど、一生懸命オールを漕いでいます。

そうすると、不思議なことに
恋愛も他人の視線も例えば評価や賛辞も全く必要無くなっちゃって 

ただただ、マラソンしているような気分になり(ランナーズハイか?)ます。

私はどこへ行くのか、見当も付かないけど

美しいモノを大切にして、自分がコレだと感じたモノだけを置く。
必要の無いもの、関係は捨ててミニマムになる
順序を立てて、出来ることからやっていく
毎日それを積み重ねる

音楽は私にとって、とても大切で、もしかしたら一生を賭けて愛する存在は人間よりもコレだけなのかも知れません。
だから、恋愛もあまり興味が無かったし、むしろ邪魔だった。
男性には申し訳ないですが、好きになって継続出来る関係になる場合は、その才能が私に影響を与えてくれる人だけ、と言う非常に限定された恋愛しかしなかった。

私に音楽を教え、与えてくれた人、そして私が歌う事をサポートし続けてくれる人、最後に共に音楽を創り、共に演奏する事が出来る人。

もしかして、私ってすげー、いやな女じゃん!w

でも、贅沢な人生だったと思います。
神様ありがとう!

え、今日は恋愛論かって? 違いますー。

模様替えに、衣装替え(髪型変えてからファッションがガラリと変化しました)
センスを磨いて、必要なモノだけをチョイスする。
自分の子供の頃の感性を取り戻すための1年間の音楽路線の変更
YMO, David Sylvian, そして David Bowie に私の心からの感謝の気持ちを贈ります。素晴らしい音楽のイノベーター達よ、あなたをずっと追いかけるから!

結局、
一番大変なのは、不用品の処分

と言うことに気付きました。
モノに比べたら、人間関係の方がどんだけラクかしらん。

フリマに出したり、リサイクルショップに行ったり、
本当にしんどいよー(笑)

今年の春からAirBlueのサイトのリニューアルもするつもり。
新しい音楽のために。 

betty777 at 23:49コメント(0)トラックバック(0)日常音楽 

February 23, 2017

  Paul Smith

今日は大好きなお洋服のお話です。

去年の夏、Paul Smithのセール終了直前、何とはなしにスーツを1着買ってみた所、着心地、シルエット共にとても機能的でかつお洒落なのに驚きました。
折もおり、「Paul Smith展」が開催され、良いタイミングだなと思って観に行きました。
それ以来、彼の世界観にすっかり魅了されてしまい(いや、 ただ単に影響されただけかも...w)ましたが、お値段的にコレクションするのは当然無理

前置きしますが、私はブランド好きな人ではありません!
はっきり言って苦手です(^^ゞ
恥ずかしいです。ロゴが入っているやつとか(でも持っているCoachは

安い洋服をいかに着まわすか、に命を捧げて来ました(笑)

でも時たま、良い物を購入したり、試着したりすると、価格帯やデザイナーによっては「これは素晴らしい」と感じるものに出会えます。
昔、消費者関係の仕事をしていた時に、消費生活相談員の先生達から「十万円以上の洋服は殆ど一緒だから!特に生地や仕立てが良い訳ではなくブランドネーム料なのよー」と散々聞いていましたので、
スーツとか良いものは、時たま旅行先で仕入れたりして長く愛用しました。

あとはセレクトショップが沢山あった昔の青山や表参道の小さなお店のバイヤーさんに、色々相談に乗って頂いたりしました。

私は基本的にスーツが好きで、会社仕事をしている折には殆どパンツスーツで通っていたのですが、もうスーツを着る機会もなく、これと言ったお目当ても無く、好きだったブランドは日本から撤退したりで、何となく遠ざかっていたのです。

で、また戻って来たPaul Smith!! いつもお店の前を通ると「あんな派手なの、どうやって着こなすのさ?」と考えつつも、メンズの方は涎が出そうなオシャレなスーツが一杯で、レディースはすかすか(笑)

思い切って買ったスーツはとても気に入って、ヘヴィロテをして夏が終わり、
そこで、色々調べて古着を集めることにしました。十ヵ月程かかって、古着を漁り、なんと300円!から高くても5000円以内で少しずつ買い揃えていきました。
基本はスーツとジャケット狙い(スーツは少ない!)。
次にベストとシャツ。トップスは沢山出るが、ボトムが少ないので、出たらすかさずチェックする。
ニットは傷みやすいので、夏用にTシャツ(プリントが面白い)
靴とベルト、最後にアウター と言う順で買い揃えて行きました。ある程度溜まったので、一旦お休みしています。
選んだ基準は、無難なモノではなく、「なるべく派手なもの」
結果、こんなクローゼットになりました。
P1060291

P1060287
服を見ているうちに気付いたのですが、日本ではオンワードがライセンス販売しています。コレクションライン(ファッションショーで披露されるデザイン)はデパートにはほとんど入りません。日本で一店だけある六本木のPaul Smithのみで展開されていますが、一応世界最大と銘打っております。
日本の縫製は優秀なので、ライセンス契約となったようです。
縫製に問題あり、とPaulが判断した国はUKから直接買わなければならないようです。イタリア製などの、本物のPaul Smith Collectionを手に入れるには個人輸入になります。
古着の中にはそういうモノも混じっていて、あるジャケットは何とイタリアで最高級のファブリックを使った珍しい古着で、なんと600円...!
まぁ、こういうモノをバンバン買って売る人っていうのは、売るのも平気なんだろうけど、私だったら骨董品になるまで着てやるのに(笑)
「Paul Smith」と言うブランドについて説明すると、ネット検索すると「子供(大学生まで)向けじゃん!」「スーツだって20代が着るような安っちぃ代物だ」と言う意見がとても多いです。
いやいや、そんな事は絶対にありえない。
よほど金持ちな大学生じゃないと買えないよw

もちろん、ゼニアとかグッチとかプラダを着たくて、着れる方はどーぞ、と言う感じですけど。

私が気に入ったのは、彼があくまでも、ブリティッシュテーラーの基本を押さえつつ、なおかつ自分のポップな感覚を取り入れている点です。
調べた所、彼が取り入れているこの技法は非常に難しく、トラディショナルのルールが厳格なスーツに、どうやって斬新さを入れるか、と言う点で、Paul Smithは非常に優れたデザイナーである、と言う見方が出来るとのこと。

展覧会でもコレクションを色々見ましたが、多色の組み合わせでも、彼の服同士であればぶつからないで着ることが出来ます。
人間が気持ちいいと感じる色の組み合わせは3色、と言う説があって、ファッションに置いてもこの原則を守れば、ある程度お洒落にコーディネイトが出来ますが、彼は3色以上の配置でも、非常にバランスの良いプリントやストライプのテキスタイルを使ってデザインしています。

形については、色々着てみて発見したのですが、あくまでブリティッシュトラッドから外れていないので、例えばお洒落なビートルズになれます(笑)
UK好きの私はシェイプも大好きになりました。
ただし、サイズ感は小さめに感じます。最近の大人ブランドは大きめなので、私は7号(38)で大体OKなのですが、Paul Smithは38にするか40にするか悩めるので、古着で買う時は賭けのようです(笑)。中年以降の人は注意が必要です。Theoryなんかもコンパクトですが、ボトムスはあれ以上にサイズに忠実です(笑) 背が高い方や大柄な方は普段9号(40)でも11号(42)を選んだ方が良いかも。ヒップ周りと脚が細いです。

Paul自身がロック好きな事もあって、スーツでも何でもポップでありながらも、ロックンロールなんですよね。

大変長くなりましたが、最後にお気に入りのスーツとコートをUPで。女子だけどポケットチーフを入れてアクセントにしてみました(H&Mだよw)

P1060293
P1060292

コートはこんなスンゴイ模様の買ってしまいましたが、
中に何を着ても以外としっくり!

P1060294
 
しばらくはクローゼットが増えても困るので一旦休止。
今あるもので着回したいと思います。 

 

betty777 at 21:30コメント(0)トラックバック(0)日常ファッション 

February 22, 2017

  光と影

最近、私はいつも考えている。

ここのところ、大勢の人達と会う機会があり、それぞれの人生や思い、言葉や生き方を噛み締め、自分なりの思い、疑問、諦め、闘い、を振り返っては立ち止まる。

「書くことが癒しになる」と仰っていた方がいたけれど、私の思いは他人とは全く逆の方向だったり、批判や抵抗を恐れる心がそれを止めていた。

しかし、今日はそれを敢えて吐き出してみようかと思う。

病気になってから、本を読むことも苦しかったから、海外のドラマを観て過ごした。
何故だか分からないけれど「闘う人」と「心の闇」に焦点を当てた暗いテーマのものが好きだ。
それは鬱だからでは無く、生来持っている私の性質だと思う。
カウンセラーや周りの人は「ポジティブ」で「楽しい」ものを見てHappyになりましょうと言う。

けれども気付けば「心の中の闇」の事を考えている。ネガティブ、であることとはまた違うのだ。

闇が無ければ、光も無い。

光だけの人生なんてありえない。

闇をくぐり抜けたら強くなり、深い人間になれるかと言うとそうでもない事にも気付いた。

心が自由で他者や地球上のあらゆる存在の違いを受け入れる事が出来るなら、「闇」もまた「光」になり、「光」の裏に「闇」が潜んでいることを認められる、と今はそう感じている。

抽象的だが、子供の頃から「美」と「バランス」と言うものに憧れを抱いていた。生まれて初めて気付いた時に心から感動したのは、バレエであり、父母が時折連れて行ってくれたお芝居やミュージカルの美しさだった。

バレエは無言で心の中を美しい身体の動きで表現する芸術であり、同時に素晴らしいオーケストラの音楽がそれを一層印象付ける。
舞台の光、透けるチュチュのきらめき、痛みを伴うつま先立ちの繊細さ、つめの先から脚の先まで身体の隅々をかたどる造形美に強く惹かれた。
母親に何度もお願いしてやっと習わせてもらったバレエだったが、私の足の甲はトウシューズを履いて練習しても、どうしても美しく曲がらず、才能の無さに気付きあきらめた。

その頃、同時に出会ったのは音楽だった。
音楽は私に自由を教えてくれた。 言葉は分からなかったが、何故だか洋楽に強く惹かれて行った。
ロックの格好良さ、激しさ、起伏に飛んだメロディと激しいビート
神々しいまでに美しい男と女達、
ああなりたいと心の底から思ったが、自分にとっては夢物語だった。

自分はみにくいアヒルの子で、白鳥にもなれず、ずっとそのままだと感じていたからだった。
だから、一人図書室に引き篭もって、図書室中にある本を片端から読みまくった。自慢になるかも知れないが、中学生で千冊は超えたと思う。
その中でも私が愛したのは「詩」であった。
短い言葉の中に凝縮されたエッセンス。その言葉は旋律のように私の心に響きささやく。「人生とは曲がりくねった道なのだよ」と。
そして文学は喜びよりも「闇」をテーマにしたものが多い。
人間の不条理、恋愛の喜びの後にやってくる苦しみや失望。死や皮肉や、現実の世界では見ないような色々な物語を吸い取って、子供の姿をした老婆が出来上がっていたような気がする。

子供の頃から、外側は明るくて面白くて元気な自分を演じていたけれど、私の中
には常に「闇」が住んでいて、明るくハッピーであることへの肯定に違和感を感じ続けている。
苦しくても明るく振舞うのが正しく、悲しみや辛さはどんな人も持っていて、くぐりぬけて行くのが人生であるのだから、弱音は吐くな、と
自分に仮面を着けていた。

でも、今は思う。
「闇」があるから「光」があるのだと。「光」だけのアートがあったとしても私は興味を持たないだろう。

音楽・絵・ 写真・造形、ファッションも含め、様々なアートが今の私にはとても大切で愛おしい。
アートは「光と闇」を全て抱合し、私たちの目の前に提示してくれる。そしてつかの間の激しい快感と、唯一持続する愛がそこにある。
そして、素晴らしいクリエイションを行う人々に対して心から感嘆し、決してその歩みを止めないで欲しいと願ってやまない。
 
自分は音楽を続けて来た。けれども今になって改めて自覚するのは、本当の内面から湧き上がる「かたち」を創造するに至っていないことを。
それは才能に恵まれないからとも言えるかも知れないけれど、その時、その時の未熟な自分でも生み出したものが残っているのだから、自分が感じる「美」と「闇」を表現出来るようになるまで、まだ追い続けたい。

歳を取ったから出来ることもある。
悲しみや深さを実体験として通りぬけて、まだ私はここにいる。

20代の頃、バックパッカーとしてアフリカまで行った時、線路を横切る遊牧民と家畜の群れに、砂漠の真ん中で列車はゆったりと止まって待っていた。
その車窓から見えた砂の粒。
それを見てハッと気付いた。地球上での自分の存在がいかに小さいかを。
「ここで私が死んでも誰も気にしないし、誰かもわからないのだろう」と感じたとき、日本での生活の悩みが本当に小さなものとしか思えなくなった。
 
実際は、今、私は日本の中で生活し、小さなことでも辛い苦しい、などと考えているのだが、その時の気付きが私を根本から変えたことは間違いない。

前向きに生きよう
ポジティブに考えて
楽しい、嬉しいことだけやろう

なんと虚しいことだろう。苦しみの渦中にいる人にそれを言えるかどうか。
そして悲しみ苦しみを恥じて「私より辛い人は大勢いる」と
自分の心や行動を抑えつけて、心の中で呻くことがどれだけ自分だけでなく、地球全体を傷つけていることか。

サルガド 人間の大地










セバスチャン・サルガド氏のこの写真を見せてもらった時、私は息を飲んだ。
行くあてもなく、戦火によって家族を惨殺され故郷を追われた人々の写真が、モノクロでありながらも、金色に輝いている。


「美」は人それぞれに感じ方が違うが、心が柔らかければ
心が自由なら、この写真から「美」を感じ取ることが出来ると信じたい。

「闇」もまた「光」であり、「光」もまた「闇」が無ければ存在出来ないのだ。

betty777 at 23:58コメント(0)トラックバック(0)音楽アート 

February 16, 2017

  未知の音楽にチャレンジ

お久しぶりです。
今日は短文しか書けないので、音楽のお話し。

オリジナルはしばらくお休みで、歌詞の方を書き溜めたり
構想を練ったり、今まで創った曲で未録音のモノを整理しています。

そんな訳で、のんびり月1度のリハーサルバンドで歌っております。
コピーというか、カヴァー ですね。しかも選曲係です 
いちお、ジャンル的には何でしょうね。
Jazz寄りのポップス路線かな?。R&B的スムースジャズかな?
曲選びは本当に難しい。

最初はですね、セッションで演奏されるような軽めの曲をやっていた訳ですよ。
しかーし、意外にも皆様がすんなりとクリアしてしまうので、

くっそー、何かハードルの高いものは無いか!と探して
路線が変更になってしまった今日この頃なのです(笑)

まず、この曲
Joni Mitchellのカヴァーで k.d.langと言うカナダの女性ミュージシャンが歌っている「Jerico」
私だって難しくて目玉が飛び出そうですよ!(・_・;)
調性が目まぐるしく変わるのですが、比較的それを得意にしている私でも
メロディを覚え切れない



そしたら、「Jerico」をやったら、皆さん、フツーに一度目から何となく演奏できてしまう訳です。Saxさんだって譜面全部忘れた、と言いつつ、何となくでもソロ取っているのだよ。ま、当たり前かも知れないけど、曲を聴いてもらえば分かります。
で、もっと難易度を上げる為に、次回からこれをやることに...

とうとう来たか!!!(実は5年越し位だったりする)

覚悟はまだ出来ていないw (だって全然分かんないんだもん)

 

今度はメロディでは無くて、リズムの方ですね。
ポリリズムですよ。これは算数と言うか、ある意味数学的なのです。

トリさんが詳しく解説してくれたけど、わかんねー!!
(以下抜粋)

この曲は6/8で、ドラムパターンやピアノのバッキングパターンを、擬似的に別の拍子(4/4の付点8部等)を織り交ぜています。

公式みたいに考える場合はこんな感じでしょうか。


6/8×4小節=4/4×3小節


基本ラインは6/8で進みますが、4/4上の付点8部音符を連続させる事で、擬似的に3連符に聴こえる事を利用しながら、それらを踏まえて、自由自在にインプロビゼーションしていくのです。

よくあるのは、リズム隊は6/8のまま進み、ソロイストが6/8と4/4の両方を行き来する形でしょうか。


ですので、ピアノソロなどは、連符の頭をシンコペーションしたり、一つづつ音程を変えたり、始まりの音を前後させたりする事で、トリッキーな演奏にする事が可能ですが、非常に高度な技術であり、現在の最先端の音楽では、必須のスキルとも言えますね


※ こんな説明が出来るTrinityのブログはこちらです。

来週はこれ2本に絞って特訓です。

 

betty777 at 20:21コメント(0)トラックバック(0)音楽Air Blue 

December 29, 2016

  かあさん、あのね

「かあさん、あのね」

小さな娘はかあさんにお話したい事がいっぱい。
聞いてもらいたい事がいっぱいあった。

今日は母の命日です。

もう記憶の彼方である4歳頃から、私は「かあさん、あのね」と話が出来なかった。

母は気丈で人情深く、気が強いけれど正義感一杯で
ご機嫌な時はとても楽しい人だった。
母をご存知の方なら、知っているだろうけれど、私の友達を大切にしてくれて
誰とでも分け隔てなく、すぐに仲良くなった。

死後、見つけた母の日記。
生活が苦しいこと、今日のご飯を皆喜んでくれたこと、
ヒトとの付き合いで色々感じた中で、ほとんど毎日
最後の言葉には「もっとよりよい人間になりたい」と記していた母。

そんな母の苦しい境遇や辛さは、いつも傍にいる娘の私にひしひしと伝わって来て、私は何も話す事が出来なかった。ただ唯一の望みは母が心から笑ってくれて楽しそうにしてくれる事だった。そのためにどうしたらいいか分からなくて「良い子でいよう」と頑張った。
父も同じだったと思う。母を愛して、母を笑顔にしたいのに、根本的な部分で解決出来ない問題を抱えていたから。

小さな娘は
「かあさん、あのね」 と話せないまま時は過ぎ育っていった。
思春期にはますます深くなった母の苦労を、私が引き受けるようになっていた。
試験勉強をしていても、夜中まで私に愚痴を聞いてもらいたがった母。
「勉強なんてしなくていいから、話を聞いて」と。

私は悲しかった。聞いてもらいたいのは私の方なのよ、お母さん。
「かあさん、あのね」って、相談したいことが山ほどあるの。

でも言えないままオトナになって、母が喜ぶならと無意識に刷り込まれた自分は
母に何も聞かないで、母が喜ぶことをしよう、と自分の心を外に置き去りにした。
私を育てるため、兄弟を助けるため、2つの仕事をこなし、家事も他人様のお世話もし、毎日5時に起きて深夜にコタツで寝てしまう母。
身体が弱かったのに、頑張って頑張りぬいた母。

「かあさん、そんなに頑張らないで
ただ笑っていて」

いつも願っていた。

私の話を出来なくても、それでも母が大好きなのに、私は片思い。
母は大勢の人の面倒を看ていたから。
どうして母が辛い人生に立ち向かって行ったのか
そのことをゆっくり話したいと思いながら、私自身も自分の人生の波に呑まれて行った。

そして少しずつ、母に自分の思いを伝えられるようになって、
これから2人で頑張って楽しく生きて行こうね、って思った時

母は病気に倒れ、既に残された時間は少なかった。

最後に母に喜んでもらいたくて、旅行をした時も、私のヘマで台無しになってしまって
母の笑顔を見ることが出来なかった。
でも、私を見る母の表情に幸せを垣間見ることが出来る。言葉では伝わらない愛。
しっかりと受け止めたよ。今の私はかあさんの人生を愛おしく思うよ。

母と娘母と娘2






たった一人の私の肉親である母が逝って丸3年が経った。
心の傷はだいぶ癒えて来たけれど、時々、心の中を冷たくて痛いほどの風が吹く。
最後の1年、私は黙ってどこへ行くときも、母の手を取り
オトナになって初めて、しっかりと手をつなぐようになった。
あの母の手の温かさ、苦労した皺のあと、力仕事をした太い指と厚い手を決して忘れない。
CIMG3594
「かあさん、あのね」と話しかけたいけれど、
 もうかあさんはいない...。

それも私の運命。
だから、心の奥を覗いている。

今でも全ては分からないけれど、ひとりの女性として強く生ききった母の強さと愛を称えている。

それを言葉に託してみたい。



子供がいない私が言うのは余計なお世話かも知れないけど、
今、もし娘さんがいるお母さんが居たら、
「かあさん、あのね」って言われたら、いっぱい話を聞いてあげてください。
そしてあなた自身の事も娘さんに話してあげて。
でも辛さは子供に向けてはいけない。
あなたが辛い時、子供はもうすでにそれを感じている。
あなたの笑顔が子供を幸せにする。

かあさん、あのね
かあさんのこと大好きだったよ
ちゃんと分かってたよ

もっと一緒にいたかったよ... 

betty777 at 01:38コメント(0)トラックバック(0)日常詞と詩 

December 12, 2016

  Yellow Magic Nightに参加して来ます!

12月18日(日)の夜、「Yellow Magic Night」というイベントに参加します。

Facebook

日 付: 12月18日(日)17:00 - 22:00
場 所: LOOM
     〒260-0013 千葉県 千葉市中央区中央1-8-5 地下1階

http://loomlounge.jp/

出演バンド
・偽YMO
・Cunebase(初出演)
・Air Blue
・MIYA (CMO) with brainbrown featuring Asako Sugiyama

・恒例のYMOセッション

料金:2000円+1drink もしくは4000円飲み放題

YMNイベント画像





AirBlueで出演しますが、演奏するのはYMO(主に坂本龍一)のカヴァーです。

夏にも同じイベントに参加しましたが、とても楽しかったです!
その時は、David Sylvianの曲を何曲か初挑戦しました。

今回も変わった選曲で、面白い内容になると思います。

個人的に初参加の時は心底ビックリしました
YMOやテクノ音楽好きで、実際に演奏してしまう人がこんなにいるとは夢にも思わなかったのです。

今まで音楽の集まりって言ったらお店のセッションか、バンドで演奏する単位のものに限られていて、 その分野以外のオーディエンスの前で演奏するのは、かなりの衝撃でした!
しかも皆さん熱心に聴いて下さって、アンコールまで頂戴し、
その上、私達のアルバムを持参したのですが、今までで一番?といえるほど購入して頂きました(内容がテクノでは無かったので、もしかしたら申し訳なかったかも...(^_^;))

新しい音楽仲間にも出会うことが出来て、自分にとってはターニングポイントになったイベントでした。

何より「打ち込み」音源を使って二人でライブする事を
当たり前に受け入れてくださる環境が嬉しかったです。
過去にもそうやって活動して来たのですが、必ずと言っていいほど、
「生演奏で聴きたい」と要望があって、応えなくては、とプレッシャーになっている部分もありましたので、
AirBlueを2人でやる音楽として捉えてくださるのは、本当に有り難いのです。

もし、お時間がございましたら、ぜひお立ち寄りくださいね

今回もとても楽しみです!!
 

betty777 at 21:49コメント(0)トラックバック(0)音楽Air Blue 

December 02, 2016

  音楽〜2人のDavid

以前のブログに音楽の事を書くつもり、と記したけれど、なかなか気が乗らず、そのままになっていました。
今日は具合が良いので、長文になりそうですが、書いてみようと思います。

病気で歌えなくなると共に、音さえ聴けない日々が続き、たまに聴く時も
心を乱さない優しい旋律のものしか受け付けなくなっていました。

そんな状態でも音楽(創ることと歌うこと)に復帰したいと願いつつ、2016年は明け、私の中の音への興味は劇的に変化しました。
それまで歌って来たジャンル(R&B, Smooth Jazz, Pops, AOR...etc)に以前のような情熱を持てなくなってしまったのです。

その大きなきっかけは1月のDavid Bowieの死でした。
彼が亡くなる直前に新しいアルバム「Black Star」が出ることを知り、何気なくPVを観ました。

Lazarus
 
あまりにもダークで、それまで聴いていたDavid Bowieの華やかなイメージをくつがえすインパクトに惹き込まれました。 
元々、洋楽を自主的に聴き始めた頃、彼は「Let's Dance」のヒットでポップでクールなスターとして人気が再上昇していました。私もすぐに大ファンになって、音楽、そして俳優としての彼のカリスマ性に夢中になりました。「Ziggy Stardust」は当時の私のお気に入りのアルバムで、彼氏に無理やり聴かせたりしました(笑)。
しかし、その後、学校のクラブに入ったり、バンドで自分が音楽をやるようになってからは、異なるジャンルを演奏したり歌ったりしていた為、彼は心の中の私の思い出として、アルバムを深く掘り下げて聴く事なく、ただただ好きな人物であり、たまに映画に出たりレッドカーペットで話題になる夢の宇宙人でした。

そして、彼の最後のアルバムBlack Star発売後すぐに、彼は本当に宇宙へ逝ってしまいました。
その時の不思議な同調感を言い表すことは難しいのですが、確かに「何か」を感じた事を今でも思い出します。

偶然ですが、私が敬愛してやまないGretchen Parlatoと一緒に活動しているDrummerのMark Guiliana氏がBlack Starに参加している事も驚きでした。
私が新しい音楽への可能性、そして忘れていた本来の自分を見つけた時期に彼が亡くなった事は、偶然とは思えなかったのです。

DavidがNYの新進のジャズのミュージシャン達と作った最後のアルバム。
それは私を再度、音楽を好きだと感じていた頃に連れ戻してくれたのです。

もちろん、最後のアルバム「Black Star」は素晴らしいの一言でした。死を予感しているに違いない彼の言葉、しぼりだすような声。非常に内面的でありながらも、叫びにあふれていて胸を激しく突かれる程の世界観が見事に表現されています。

サウンドも、歌詞も、装丁も、ミュージシャンも全てが完璧に調和して
私の心にまっすぐに入ってきました。
彼の死を心から悼むと同時に、私にとって宇宙人だったBowieは人間になって宙に還って行ったように思います。

何度も何度も聴きました。不思議と辛いと思わず自分の中にそれは入り込み、
これまで忘れていた、音楽における表現と物語が心にイメージとして焼き付けられたのです。

特にLazarusが印象的でした。

日本語訳で抜粋してみます。

ここで見上げてみると 俺は天国にいる
見えない傷を負ってしまった
誰にも盗めないドラマが俺にはある
みんなが俺のことを知っている

ここで見上げてみれば なあ 俺は危険に晒されている

失うものは何もない
とてもハイな気分で 頭が回転する
携帯電話を下に落とした
まるで俺みたいじゃないか?

俺はまるで王様のように暮らしていた
金をすべて使ってしまって
君のケツを追いかけてた

この道以外にはない
そう 俺は自由になるんだ

----略------

そして、私はまた歌いたいな、と思えるようになって来ました。

2016年の新年からしばらくは、忘れていた彼の音楽をもう一度、最初から聴きなおしていました。
また、ギターを弾きたくなって買ったのも、昔やっていた楽器を手にとって、音楽を始めた頃の気持ちに戻りたかったからです。
まず最初にギターを再度弾いてみたのはBowie「Space Oddity」でした。宇宙人であった彼にピッタリの曲で、彼が宙に還って行ったことを感じながら弾いて、ライブでも歌わせて頂きました。このタイプの曲を人前でやったのは初めてでしたが、本当に嬉しかった。


そのようにして、私にとって懐かしく古いけれども、一番最初に"何か"を感じた音楽を研究し再構築したくなりました。

歌も含めて、テクニックやスキルの高さ、もしくは楽しさや娯楽としての音楽から離れて
「アート」と呼ばれるものはどんな音なのだろうか、と考えるようになりました。

それは、ジャンルに関係なく、アーティスト個人の無意識から湧いてくる感情が、多くの人々の普遍的な感情(美や悲しみ、怒り、虚しさ)と無意識下で結合し、五感で感じられるように具現化された物を呼ぶのではないか、と考えています。

私なりの現時点での結論は、一番多感な頃の10歳辺りから15歳の間に触れて未だに忘れられない記憶に戻ってみること。
それが私が失くした音楽を取り戻し、新しい境地に足を踏み出す方法なのだと確信しています。

難しげなことをつらつらと書き並べましたが、12月にYMOやテクノミュージックを愛する人達が集まって行うライブで歌うことになりました。

8月に一度行ったこの催しに初出演したのですが、全てを坂本龍一氏とDavid Sylvianのコラボ曲で構成したライブでは、皆さんの反応が想像以上に良くて驚きました。
自分にとってのルーツミュージックが、一緒に音楽をやっているTrinity氏と共通しているのも私にとっては、非常に有り難いことです。

12月も引き続き、この催しで坂本氏の楽曲を中心にセレクトしてこれから練習です。
問題は身体が持つかどうか...。
ですが、火事場のバカ力がいつも出るので、多分大丈夫でしょう

長々と書きましたが、最初のDavid Bowieの影響から、次のDavid Sylvianに変遷していった理由と、彼の音楽の世界を次回は書きたいと思います。

はぁぁ、疲れましたw
読んで下さった皆さんもきっとお疲れのことでしょう。

でもここにこうして記せた事で自分なりにきちんと区切りを付けられました。
ありがとうございます

そしてDavid Bowieの曲も12月に歌います(笑) タイムリーな曲です 

betty777 at 15:02コメント(0)トラックバック(0)音楽Air Blue 

November 28, 2016

  いいかげん

色々なことが頭に浮かぶけれど、脳みその容量がすぐに一杯になってしまって、疲労困憊。
そんな中、先日3曲だけ、と言うことでライブで歌って来ました。
あきらめる事が出来ないのです。
少し練習しただけで、1日寝込んでしまうから出来ないし、衣装だって面倒くさくて決められないし、緊張感を持つだけでストレスになるのに、
何故、引き受けてしまうのだろうか...。

ステージに立てばアドレナリンが多少は出て、違う私になれるんだけれど、
それまでが死ぬ思い。

だけど、歌ってしまうのだ。

でも本当に一番やりたいのはレコーディングなんだけど(^_^;)

何とか、ひーふー言いながら毎日やり過ごしている今日この頃です。

まだ普通の人並みに動けない自分がいて、
それを受け入れて、「適当に適当に」って自分に言い聞かせて、
他人に合わせず自分のペースでって。

変わろう変わろうとしているのだけれど、
内的要因なのか、外的要因なのか?
忙しくてアップアップしてしまう自分がなかなか直せない。

昔よりは、ずっとずーっと緩くなった自分ルールだけれど
好きなことをあきらめられなくて、それをやったら辛くて、毎日の生活や体調がコントロール不可能になってしまって、どうしようもなくなってしまう。

他人に合わせないで、本当に心から自分のペースでやれるようになるには
時間がかかりそう。

今日は役所の手続きが通って必要な書類を貰うことができた。
本当なら喜ぶべきなのに、悲しい。
手当を受けたいと望んでも受けられない人達に申し訳ないと思いつつも、
もう普通の生活が出来ない自分を改めて自覚してしまう。

そんなこんななのに、
どーして、こんなに忙しく感じるんだろう? 

betty777 at 00:01コメント(0)トラックバック(0)音楽日常 

October 28, 2016

  雅子さま

こんな記事を見つけた。

 皇太子妃雅子さまがダウン 精神科医が『双極性障害II型』の可能性を指摘
https://news.nifty.com/article/magazine/12148-20161026-8367/

今までもずいぶん長く患っていらして、本当にお辛いだろうな、と思っていました。
「適応障害」などと報じられていましたが、私はそんなはずないだろー!と何となく感じていました。

優秀な精神科医やカウンセラーさんが治療にあたっていたとの事ですが、この病気は完治は難しく、自分で自覚して、生活をコントロールするしか、今のところ方法はありません。

動ける時もあれば、鬱に陥って全く何も出来ない時もあるので、そんな中で子育てをなさっていただけでも、とてもお辛かったと思います。

優秀な方だから、そんな状態が悔しくて辛くて情けなかった事でしょう。

少しでも平穏に過ごされますように。 

betty777 at 00:35コメント(0)トラックバック(0)双極性障害2型日常 

October 14, 2016

  エネルギー

相変わらず、ダルダルの日々を過ごしていますが、やっと秋になり、時々は晴れるようになったので、春〜夏より改善して来たと思います。

しかし、先月から、婦人科系の病気が疑われる症状が長く続いて、先週はめまいで起き上がれなくなり、仕方なくとうとう病院に行きました

検査の結果はまだですが、異常なほどの低体温(なんと34.9℃...)と低血圧(上85-下40)に驚いて、3日前からトリさんに勧められて「しょうが療法」を始めました。
とにかく身体を温めるものを取り入れる事にしました。

 朝、とうがらしとショウガのハーブコーディアルを適量
 コーヒーは身体を冷やすので止めて、紅茶に「しょうが粉末」「コリアンダー」「シナモン」をタップリと蜂蜜を入れたものを、デカイマグカップで一杯ゆっくり飲む
 冷たいものは暖めて食べる(ヨーグルトもあっためてますw)

まだ3日目ですが、足の冷えが無くなって楽になりました。しかし、体の疲労感は相変わらずですね...。
あとは週一回の整体とプラセンタ注射に通っています。こちらは両方とも保険を適用して下さるので、とても安く受けられており、大変助かっています。
自律神経が整うと良いのですが。

すっかり忘れていた事実を思い出しました。しかし、思い返せば実際のところ、子供の頃から身体が弱く虚弱体質で、40まで生きられるかなぁ、なんて思っていたのです。
あまりに弱くて、食欲もなく、ガリガリですぐに熱を出しました。
5歳頃、何かの手術をして入院した覚えがあります。

小学校に入った時に、栄養失調と間違えられて母親が呼び出された程でした。
身体を丈夫にする為に、バレエを習い、沢山食べて運動して、何とか人並みに学校に通えましたが、土日はヘトヘトだったのを覚えています。

就職するときも一番心配だったのは、8時間×5日間(その頃は土曜日も出勤でしたが)起きて通えるかどうか...って事でした。
案の定、6月に十二指腸潰瘍で一ヶ月入院。

そんな自分でしたが、とにかく頑張って頑張って、水泳やウォーキングして、何よりも好きな音楽を続けて、表面上はエネルギッシュな明るい女の子でやって来たのです。

要するに、自分らしくない生き方をしていたんだなw。

仕事に家事に介護に音楽活動...20年以上、自分が元々弱い、って事を忘れて生きて来ました。
疲れても歯をくいしばり、カフェインに栄養剤にアルコール(笑)で乗り切ったけど、やっぱりダメだったかぁーと言うのが、今日気付いた感想です。

まぁそんなことも忘れていたとは、自分でもアホとしか言いようが無いのですが、
自分の性に合った生き方、過ごし方をするとなると、必然的に家で本を読んだり、たまに散歩する位が身体に合っているのだと思います。
もちろんエネルギーをアップ出来るよう、出来ることは試していますが、20年も忘れて無理を重ねて来たから、今がある。

要は、原因があって結果がある、と。因果説になりますが。
今、こうして一日中動くことが出来ないのは、元来の性質であり、仕方ない事なのだと納得がいきました。

気付くのが遅すぎたけれど、それでも身体を鍛えようと頑張って来たけれど。

まぁ、何とか色々と生活を工夫して、自分に無理のない範囲で動けるようコントロールして、動けないことをストレスと感じないようにしようと思います。

気分障害の方はだいぶ良くなり、睡眠も整って来たので
そのうち脳の方も回復して、昔のように本を読んだり、モノを書いたり、好きなときにギターを弾いたりして、自分らしくゆるゆると過ごします。

現代は若い人がブラックなバイトや仕事で疲れ果てて、楽しいことも出来ずで、本当に可哀想だなぁと思います。
経済的に日本は良くなっているとの政府の発表をテレビで観るたび「この大嘘付きが...」と憤っていますが、みんながエネルギーに見合った幸せな生活を送れると良いですね。
貧富の差が拡大して、弱い人達はますます生きにくい世の中になっているのを見聞きするにつけ、幸せってなんだろうな、と考えています。

母が亡くなるまで、宗教には、とんとご縁が無かった私ですが、自分のお寺でお経の意味を知り、仏教についての本を読みました。
仏教における「欲を捨てる」(なかなか出来ませんが)ことの意味を心から理解するには時間がかかりそうですが、静かな心持ちになれる時、本当の人生の意味を改めて考える今日この頃です。
 

betty777 at 00:15コメント(0)トラックバック(0)日常双極性障害2型 

September 10, 2016

  変化

以前書いた記事をご覧頂いている方はご存知かと思いますが、春から夏にかけては相当しんどい日々が続きました。

その中でも何とか歌うことをはじめ、Trinityと音楽に関わる仕事を続けて来ましたが、先日ドクターから、改めてしばらく療養するように、とお達しがありました。

まだ独りでは近所以外の外出が出来ない事、
疲労感が酷く、1日外出すると2日間位は寝込んでしまう、の繰り返しで、通常の生活も難しい状況です。
弱音は吐くまい、と思っていました。
毎日、ヨガや瞑想や、友人が送ってくれたお灸したり、半身浴したり、アロマテラピーしたり、とにかくあらゆる事を試して、自分の好きな事だけでも続けたい...と努力しましたが、今は諦めが必要なようです。

月に一度参加させて頂いている昔からのメンバーさんにも正直にお話ししました。
リハーサルに出られても、ろくに歌の練習や日頃の鍛錬が出来ないこと、
それでご迷惑をかけるようであれば、他の方に引き継いで頂いて構わないと伝えました。

すると、リーダーさんはもとより、皆さんが「このバンドではライブをやりたいとか、そんな大それた考えはなくて、ただみんなで好きな音楽を一緒に演奏出来るだけで嬉しいので、続けて下さい」と。

ありのままの私で構わないと仰って下さいました。それだけでも有難くて涙が出そうになったのですが、
その上、アンサンブルのアドバイスをしている私の相棒Trinityのアドバイス、ひとつひとつが、皆の腑に落ちて、演奏が新鮮に感じられるそうで、「こちらこそ有難う」とお声をかけて頂きました。

もちろん、音楽を通して素晴らしい人達に出会って、素敵な言葉を頂いたり親切にして頂いた経験は多々ありますが、
月に1回、たった2時間でも、こうして歌わせて頂けるのは奇跡ですし、皆さんの心の大きさ、優しさに触れて、それが大きな助けになります。
今のこの状態の私にとって、信じられない程、感動させられた出来事です。

正直、引きこもりに近い状態ですので、ほとんど以前付き合いがあった方とも疎遠になっていますし、ほとんど連絡も取れないので仕方ない事です。

そんな訳で公式にきちんとしたライブで歌うのは、まだしばらく出来ないと思いますし、いつ出来るようになるかも分かりません。
その機会があり、求められればベストを尽くすつもりでいますが、決して満足の行く結果が出せるかと言えば、それは無理と言うのが、今の私の答えです。

加えて、現在「音楽」と言われて演奏されている世界以外の「音」に関心が向いています。それはきっと、今までやって来た音楽や皆さんが親しまれている音楽の概念とは全くかけ離れた存在に思えます。

今しばらくは、その興味の対象を自分なりに探求してみたいと考えています。
その結果、私がどのように変化していくかは、今は分かりません。

明日が誰も分からないように、
私も明日や未来ではなく、「今」を生きられるように

未来に向かい努力することは美しいですし、人々の感動を生みますが、
その反面、欲を捨てること、我を捨てることで自分を解放する方向に進む道もあるのだと、やっと感じられるようになりました。

近況報告のようになってしまいましたが、私の研究対象についてはまた元気のある時にでも、書けたらいいな、と思います。 

betty777 at 00:39コメント(0)トラックバック(0)音楽日常 
Profile
Betty
VOCALISTのBETTYと申します。
現在はAirBlueというバンドで英語の歌を歌っております。
ヴォイストレーニングと歌のレッスンもしちゃいます。
生徒さんが上達して、その瞳がキラキラするのを見るのが何よりも幸せ☆

お問い合わせは右のリンクからどうぞ!

音楽はもちろんコスメとファッション関係が趣味の人間(♀)です。
わりとヨーロッパ寄りのテイストの持ち主のようです。
音楽はSmooth Jazz, AOR,R&B,Brazilian
美しい和音と調を外した感じの音が大大大好きです。
色はブルーのグラデ、グレー、ベージュトーンとパープルを好みます。
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ