政府、インフル特措法施行急ぐ…中国感染拡大で 読売新聞 4月5日(金)20時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130405-00001222-yom-pol

菅官房長官、新型インフル特措法施行 前倒しの考え TBS系(JNN) 4月6日(土)1時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130406-00000005-jnn-pol

H7N9型 鼻・のど・気道などで増殖 4月4日 21時33分 NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130404/k10013687521000.html

鳥インフルワクチン 課題は素早い供給 4月4日 19時0分 NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130404/k10013683891000.html

 「鳥インフルは米の生物・情報戦」 中国空軍大佐、つぶやき 産経 2013年4月8日(月)08:14
 http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/snk20130408090.html



 いやはや、色々なトコで色々なコトやらかして・・・参っちゃいますね。

 ワクチン売ったり、経済的制裁加えたり、イイタイミングで治安維持法発動を狙ったり・・・そんな感じで煽りつつ・・・

 北が、とか、ミサイルだ、とか何だとかで・・・そんな感じで煽りつつ・・・

 TPP問題や、フクシマ問題を薄めようとしつつ・・・

 相も変わらず、酷い有様です。




 ちょいとハナシは変わりますが、「SARS」の事を少し以下に。
 ------------------
SARSとアメリカ
SARSとアメリカは関係あるでしょうか

平成15年7月10日ともなりますと、患者数も増え、国の数も増えています。

01

 












 







累積症例数が、小数で、死亡者がゼロの国は、除外してみます。

SARSは、どこの国発生したか

カナダ・中国・香港・台湾・シンガポール・米国・ベトナム
 
上記の国が、抜群に患者数の多い国です。

次に多い国は、

フランス・ドイツ・マレーシア・モンゴル・フィリピン・タイ

なにか気が付かれませんか? 

全部調べてはいませんが、イラク戦争のときに、アメリカに支持しなかった国ではありませんか? 
 ------------------
------------------
イラク戦争 Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%88%A6%E4%BA%89#.E9.96.8B.E6.88.A6.E5.8F.8D.E5.AF.BE.E5.9B.BD.E3.81.AE.E3.82.A4.E3.83.A9.E3.82.AF.E3.81.A7.E3.81.AE.E5.88.A9.E5.AE.B3

開戦までの経緯 [編集]

2003年 [編集]
3月7日、UNMOVICは2度目の中間報告を行った。アメリカは査察が不十分であるとして、攻撃に関する決議採択を行おうとしたが、フランスは査察期限の延長を求めた。アメリカ、イギリスに加え、この時点で理事国ではない日本は、態度が不明確な非常任理事6か国に決議賛成の根回しを行ったが、失敗。このため、フランスが拒否権を行使することなく決議否決となる可能性が高まり、アメリカとイギリスは決議無しでの攻撃に踏み切ることにした。

(略)

2003年3月17日、先制攻撃となる空爆を行った後、ブッシュ大統領はテレビ演説を行い、48時間以内にサッダーム・フセイン大統領とその家族がイラク国外に退去するよう命じ、全面攻撃の最後通牒を行った。

(略)

イラク攻撃にはフランス、ドイツ、ロシア、中華人民共和国などが強硬に反対を表明し、国連の武器査察団による査察を継続すべきとする声もあったが、それを押し切った形での開戦となった。


開戦反対国のイラクでの利害 [編集]

フランスとロシアは石油や開発プロジェクトを巡ってイラクと良好な関係にあり、武器輸出もおこなっていた。このため武力行使に両国が慎重な姿勢を崩さなかった背景にはその利益を守ろうとする動機があったとも言われている。イラク軍の保有する近代兵器の大半はロシア、フランス製である[35]。また、ペルシャ湾への空母「シャルル・ド・ゴール」派遣を準備していたにも関わらず中止したフランスはイラクに多額の借款を持っており、戦争による体制の崩壊で当該借款が回収不能になることが危惧された。[36]

------------------
------------------
イラク戦争に不支持を 外務省に意見したら“解雇”  天木前駐レバノン大使
2003年10月1日(水)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-01/01_04.html

 前駐レバノン大使の天木直人氏(56)=八月二十九日付で外務省退職=は三十日までに本紙の取材に応じ、「私の外務省退職は、アメリカのイラク戦争に支持表明した日本政府を批判する意見具申への事実上の懲戒的な解雇だった」と語りました。
------------------

SARSウイルス Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/SARS%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9
02













 はじめて公開された日本政府がイラク戦争を支持した裏側 天木直人 2013年03月20日 10:03
 http://blogos.com/article/58467/ 


 NATROMの日記 2005-01-04 SARS生物兵器説  ■[トンデモ][科学]SARS生物兵器説
 ttp://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050104






 ハナシを戻します。

-------------------------
 
 H7N9型、飛沫感染起こす変異か 致死率高いH5N1型変異と共通
 2013.4.5 17:56
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130405/bdy13040517570003-n1.htm

 中国で感染、死者が相次ぐ鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)で見つかった2カ所の遺伝子変異は、致死率が高いH5N1型ウイルスが哺乳類で飛沫(ひまつ)感染しやすくなる遺伝子変異と共通していることが東京大医科学研究所の河岡義裕教授らの分析で5日、分かった。

 H5N1型の変異は河岡教授らが哺乳類のフェレットを使った実験で解明したが、生物テロに悪用されると懸念する声が米国内で上がり、1年近く研究が止まった経緯がある。

 2カ所の変異が実際にH7N9型の病原性を高めているかは未確認だが、河岡教授は「重症例が知られていないH7N9型で死者が出たことを考えると、哺乳類に感染しやすく、体内で増殖しやすいウイルスが生まれた可能性は否定できない」としている。(共同)

-------------------------

 過去に流行った奴は、致死性は低かったんですよね。(それでも1割とかでしたっけ?)

 となると、改良してもうちょいヤバイ奴を撒き散らしたほうが、

 混乱やらマッチポンプやら圧力としてはイイ感じかもしれないですよね。



 新種開発したのが一昨年。(1)

 しかしこの開発に拘るインフル論文は暫くの間、『アメリカが生物テロ兵器への悪用を懸念』とかで、非公表にされてましたね。(2)

 で、上の記事にもあるように1年近く研究が止まっていたけども、このタイミングで研究再開されてますよね。(3)


(1)
------------------ 
暗黒夜考 2011年12月03日
新型ウイルスは実験室で人工的に作られる
~オランダ人研究者がヒトに感染する強力な鳥インフルを生成~
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/d20affea1287734f14ef7f2182907a8a


オランダで鳥インフル「新種開発」 恐怖のシナリオ「生物テロ」「ヒトで大流行」
2011/12/ 1 19:13
http://www.j-cast.com/2011/12/01115010.html?p=all


 オランダの研究者が、遺伝子操作によりこれまでより強力な鳥インフルエンザウイルスを生成した。
 従来はヒトへの感染力が高くないが、「新種」は空気感染も引き起こすという。
 学会報告書によると、発表者はオランダのエラスムス医療センターに勤務するロン・フォーチア博士で、インフルエンザウイルスの「H5N1」の研究に携わっている。
------------------
(2)
------------------
阿修羅 2012 年 2 月 19 日 鳥インフル論文は当面非公表、テロ悪用の懸念で WHO
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/156.html


03


















鳥インフル論文は当面非公表、テロ悪用の懸念で WHO 2012.02.19 CNN
http://www.cnn.co.jp/world/30005662.html

世界保健機関(WHO)は17日、米国が生物テロ兵器への悪用を懸念し強毒性鳥インフルエンザの「H5N1」ウイルスの論文2本の一部非公表を求めた問題で専門家会合を開き、論文は本来、全文掲載すべきとしながらも現段階での公表は見合わせるとの見解を発表した。
------------------
Hashigozakura <河岡教授らの鳥インフル論文、ネイチャー電子版に掲載>
テロへの悪用を懸念した米国がストップをかけた論文だ… 投稿日: 2012/05/03
http://hashigozakura.wordpress.com/2012/05/03/%EF%BC%9C%E6%B2%B3%E5%B2%A1%E6%95%99%E6%8E%88%E3%82%89%E3%81%AE%E9%B3%A5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E8%AB%96%E6%96%87%E3%80%81%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E9%9B%BB%E5%AD%90/

(3)

-------------------
鳥インフルエンザの研究再開へ、「パンデミックに備える」 2013年 01月 24日 11:45 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE90N01G20130124

[ロンドン 23日 ロイター]
 生物兵器に転用されかねないとの懸念から、一時中断されていた強毒性の「H5N1型」鳥インフルエンザの研究が、再開されることになった。

 日本や米国など世界の科学者らが23日に発表したもので、それによると今後の研究は、最も安全性が高いとされる場所でのみ行われることになる。オランダの研究施設で再開されることが決まっているが、米国や同国が資金提供する研究施設では、今のところ再開のめどが立っていない。

 鳥インフルエンザをめぐっては、米国のウィスコンシン大学などの研究チームが、哺乳類同士でも感染する仕組みを解明。理論上はヒトからヒトに感染する可能性もあり、米政府の化学諮問委員会が生物兵器への転用を懸念したことなどを受け、科学者らは昨年1月から研究を自粛していた。

 研究再開にあたって世界の科学者40人は共同で声明を発表し、将来起こり得るパンデミック(世界的大流行)に備えるためにも、H5N1に対する理解を深めることが必要不可欠だと強調した。
-------------------
鳥インフル感染実験、再開へ 世界の研究者ら40人「安全対策の条件整う」 2013.1.24 03:00 http://sankei.jp.msn.com/science/news/130124/scn13012403010000-n1.htm

 イイタイミングでの研究再開ですね。

 そしてまたこのタイミングでの、治療薬増産の流れ。

 インフル治療薬増産の構え 製薬各社、緊急時を想定  2013/04/08 18:38 【共同通信】
 http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013040801002356.html

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9型)の人への感染が広がっている問題を受け、インフルエンザ治療薬を扱う国内の製薬各社は、被害が日本に波及する緊急時を想定し、増産態勢の整備など対応を急いでいる。
 世界保健機関(WHO)は、感染時の治療薬としてタミフル、イナビル、リレンザなどを有効とみている。タミフルをスイスの製薬大手ロシュから輸入して販売している中外製薬は、需要拡大に備えてロシュとの連絡体制を強化している。イナビルを製造する第一三共も「大流行が起きればすぐに増産できる態勢」と説明する。  

 わかっていらっしゃると思いますが、一応、上記のクスリ3種のウィキを以下に。

------------------
オセルタミビル  Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%93%E3%83%AB

 オセルタミビル (oseltamivir) はインフルエンザ治療薬である。オセルタミビルリン酸塩として、スイスのロシュ社により商品名タミフル (tamiflu) で販売されている。
 トリインフルエンザはA型であり、H5N1型の高病原性トリインフルエンザにもある程度有効との研究結果が報告されている[1]。

経緯 [編集]

 1996年に米ギリアド・サイエンシズ社(1997年から2001年まで元アメリカ合衆国国防長官のドナルド・ラムズフェルドが会長を務めた)が開発、スイスのロシュ社がライセンス供与を受け全世界での製造、販売を行っている[8][9]。
 中国においては Shanghai Pharmaceutical Group 社[10]、インドにおいては Hetero Drugs 社[11]が製造のサブライセンスを保持し、製造している。

(略)

 2005年11月に FDA の小児諮問委員会で報告された際には、「タミフル」の全世界での使用量のうちおよそ75%を日本での使用が占めており、世界各国のうちで最も多く使用されている上、同2位のアメリカ合衆国と比べ、子供への使用量は約13倍であった2005年には、新型インフルエンザの発生懸念のため、一部の大病院などで買い占めがおこり、世界的に品薄状態と報じられた。
(略)
 2006年に入ると、八角のような天然物ではなく、石油など由来の、より入手容易な化学物質を原料としたリン酸オセルタミビルの化学合成法が日本とアメリカ合衆国の2つの研究グループによって発表された。
------------------

------------------
ラニナミビル Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%93%E3%83%AB

 ラニナミビル(Laninamivir)は、インフルエンザ治療薬。第一三共により開発名「CS-8958」として研究開発されていた。2010年9月日本での製造承認が認められた。商品名は「イナビル」

用法・容量 [編集]

10歳以上の日本人に対しては、通常40mg(つまりパッケージ2つ)を一度吸入すれば、それで治療は終了となる。10歳未満の日本人に対しては、20mgの投与となる。
妊婦についての安全性は確認されていない。また母乳中への移行が確認されており、授乳婦においても安全性は確認されていない[2]。
------------------


------------------
ザナミビル Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%93%E3%83%AB

ザナミビル (Zanamivir) は、世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬。ザナミビル水和物としてグラクソ・スミスクライン社により商品名「リレンザ」が販売されている。A型インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルスに効果を示すが、C型インフルエンザウイルスには無効である。

歴史 [編集]

・1989年 - オーストラリアのビオタ (Biota) 社が、初めてのノイラミニダーゼ阻害薬としてザナミビルを開発
・1990年 - ビオタ社がグラクソ(現在のグラクソ・スミスクライン)に独占的にライセンス提供し、リレンザとして販売
・2000年12月 - 日本でリレンザが発売される[2]。健康保険給付対象外。
・2001年2月 - 日本で健康保険の給付が適応
・2006年2月 - 日本で5歳以上の小児へ適応が承認
・2007年1月 - 日本でタミフルと同様にインフルエンザに対する予防投与が認可
・2013年2月 - 日本の厚生労働省は、2009年から2012年にリレンザを投与された患者3人にアレルギー性ショックが発生し、そのうちの1人(30代女性、予防投与)が死亡したことを発表[2]。
------------------

インフル新薬を緊急承認=H7N9型治療に期待-中国
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201304/2013040600300&g=int



 で、、、ワクチンワクチン、と。

 中国からウイルス株、鳥インフル新ワクチン開発 2013年4月5日22時00分  読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130405-OYT1T01334.htm?from=ylist

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染者が相次いでいる問題で、厚生労働省は5日、中国からウイルス株が2週間程度で届く予定と発表した。

 H7N9型は今回初めて人への感染が確認された。世界保健機関(WHO)が持っているワクチン候補株が効かない可能性もあり、中国からウイルス株が届き次第、国立感染症研究所が新たなワクチン開発に取り組む。
 鳥インフルワクチン製造準備 厚労省 2013/4/4 11:24
 
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG04015_U3A400C1MM0000/

 遺伝子の一部が人に感染しやすいタイプに変化していたことが、国立感染症研究所の調べで既に判明
 
 国立感染研、ワクチン開発へ 2週間以内に中国からウイルス入手 2013.4.5 23:44
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130405/bdy13040523470005-n1.htm




 色々と慌しく動いてますね。


 自作自演の香り。

 

@tutinoue

http://news.ceek.jp/search.cgi?kind=science&time=&q=&notq=&way=&title=&sort=&summary= …
を見ると 鳥インフルの情報の誘導の仕方がよくわかるような気がしますねえ。 でこれになる 鳥インフル:特措法月内に施行 菅官房長官 http://mainichi.jp/select/news/20130406k0000m040041000c.html …


2013年4月5日 - 20:56
https://twitter.com/tutinoue/status/320173041449590784

 ということで、

 冒頭に幾つか紹介した新聞記事にあるように、「鳥インフル特措法」の施行を急ぐ政府・・・と。

 過去に書いた記事を以下に。


 メモ。 インフルの流行。 気になる『非常事態宣言』。 2013.01.30
 http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/23428721.html

 国民統制へさらに一歩でしょうか。。。鳥インフル特措法成立へ。 2013.04.30  
 http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/6365456.html




 以前にも紹介、転載させて頂きましたが、ここに再度。

------------------ 
土のうえ のブログ 2012/4/16(月) 午後 4:52
新型インフルエンザ特措法について


強毒性新型インフル予測時、全国民に予防接種へ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120306-OYT1T00656.htm

新型インフル法案閣議決定 緊急事態宣言で住民に行動制限要請 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120309/ecb1203091128000-n1.htm

これって、厳戒令 そのものですよね。

(略)

細菌兵器があるなら、ウイルス兵器があっても不思議じゃないですし この法案が実行されますと、 デモ、集会、何にもできなくなりますので、 原 発再稼動されても、増税されても戦争始められても、 抗議活動ができなくな ります。
------------------ 
**********************
土のうえのブログ 2012/4/27(金) 午後 3:04 新型インフルエンザ特措法成立

新型インフルエンザ特措法 とうとう成立してしまいました。

(略)

古川議員
国民保護法(戦争状態を想定) とおなじ行動制限の条文が17もある。
衆議院では5時間しか議論していない。修正して、もう一度審議して欲しい。


(略)

行動制限の範囲については、結局、法案が通ってから、政府行動計画を立てて、政省令、条例と決めていくということで、官僚の思うままですね
**********************


 鳥インフル煽りで何処が得するのか

 鳥インフル煽りで何処が何処に圧力を掛けられるのか



----------------------------
【追記転載 0408. タイ20:45】

@desupehannari
UNIZENが世界最大のワクチン工場で、 グラクソがと第一三共とジャパンワクチン だったな。
2013年4月8日 - 20:27
https://twitter.com/desupehannari/status/321253024649588736

@desupehannari
タミフルなラムズフェルドは、シリアル食品のケロッグと関連。ケロッグね。石油系のケロッグ社(ブラウンルートと合併)とシリアル(どーせ遺伝子組み換え)なケロッグ社。繋ぎは、核で WHと。
2013年4月8日 - 20:37
https://twitter.com/desupehannari/status/321255477977702401


併せて、desuperadoさまの記事を以下に。


デスペのはんなり日記
 
2013年04月01日
エイプリルフール、、、否 エブリデイフール モンサントと遺伝子組み換え と 電脳系
http://desuperado.seesaa.net/article/353586905.html

2013年04月04日
イラク戦争もう一度振り返る シュルツとベクテル チェイニーとハリバートン CIAとブラウン・ルート
http://desuperado.seesaa.net/article/353882328.html

2013年04月06日
表層的なラベリング と 奥参事官が立っていたその交差点・・・そして、その前にも後にも繋がっていく線と
http://desuperado.seesaa.net/article/354099257.html

----------------------------




---------------------------------------
生物兵器 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%85%B5%E5%99%A8#.E4.BA.BA.E5.B7.A5.E7.9A.84.E3.81.AB.E4.BD.9C.E3.82.89.E3.82.8C.E3.81.9F.E3.82.A6.E3.82.A4.E3.83.AB.E3.82.B9
 化学兵器と合わせて貧者の核兵器と言われる。
 使用方法は、多種多様であり、砲弾や弾道ミサイルの弾頭に装填する方法、航空機などより噴霧する方法などがある。

特徴 [編集]
 核兵器、生物兵器、化学兵器の3つをあわせて大量破壊兵器またはこれら3つの頭文字を取ってNBC兵器もしくはABC兵器と呼ぶが、この中でも生物兵器はもっとも費用対効果に優れるとされる。

人工的に作られたウイルス [編集]

 現在、ウイルスの遺伝子を組み換え、特定の細胞だけを感染・死滅させる研究が特にがん治療の分野で行われている。この技術を応用すれば、人工的に抗ウイルス剤の効かない薬剤耐性ウイルス、また、人がまったく免疫を持たない(現在の鳥インフルエンザH5N1のように)ウイルスの開発が可能である。
---------------------------------------

アメリカの横暴を読み解く良書 <SARSはアメリカ政府の生物兵器実験?!> http://www.kasako.com/america.files/amebook.html

Benjamin Fulford 生物兵器
http://benjaminfulford.com/seibutuheiki.html

アメリカ炭疽菌事件 Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%82%AD%E7%96%BD%E8%8F%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6#.E3.82.A2.E3.83.AB.E3.82.AB.E3.83.BC.E3.82.A4.E3.83.80.E3.81.B8.E3.81.AE.E6.BF.A1.E3.82.8C.E8.A1.A3.E3.81.A8.E3.82.A4.E3.83.A9.E3.82.AF.E6.94.BB.E6.92.83

アメリカ同時多発テロ事件 Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%8C%E6%99%82%E5%A4%9A%E7%99%BA%E3%83%86%E3%83%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6