2006年06月08日

突然ですが,ブログ終了のお知らせ

昨日夕刻,我が親友Thinkpadが永眠いたしました。享年4歳。その穏やかな最期は,天寿を全うした誇りに溢れ,生前同様,とても堂々としたものでした。そして,気が付きました。私がいかに彼のことを愛してたかということに。もしかして彼は,ネット依存症の私を,その命と引き換えに救ってくれたのかもしれません。

しばらく,喪に服します。

私のLA生活はもうしばらく続きますが,彼が与えてくれた新しい時間を,少し違った風に過ごしてみたいと思います。

いつもこのブログに遊びに来てくださった方,数々のコメントお寄せくださった方々,本当に,本当に,ありがとうございました。


2006年夏,ウエストウッドにて。

Viva!L.A.






beverlyla at 12:20|PermalinkComments(41)TrackBack(0)

2006年06月06日

今度はニアミス



Mamikoちゃんが、お友達のMiwakoさんを紹介してくれました。Miwakoさんは下着専門店リップルのLAショールームをまかされたキャリアウーマン。ロバートソンはKitsonの迎えにあるお店で、夢のあるお話をきさくに語ってくださいました。聞いているだけの私まで不思議と希望にあふれた楽しいひと時。

が、パーキングリミットが近づいて名残惜しくもタイムアップ。そしたら、その後すぐ、またもやKitsonにパリスたんが現れたというではありませんか!!いと悔し。

場所柄、ここ1年間に何度もパリスたんを目撃しているというMiwakoさん。これまた完璧な写真を送ってくださったので、本ブログにて公開。う〜ん、美しい

この写真がすごいのは、彼女がリップルの商品を手にしているところ。お手紙付きでMiwakoさんがプレゼントしたのだそうです。今頃、パリスたん、リップルの商品を愛用しているかもしれませんねぇ。

Miwakoさん、パリスたんを始め、たくさんのセレブショット、ありがとうございました。

Ripplu
ロサンゼルスショールーム
122 S. Robertson Boulevard.,
#203 Los Angeles
TEL. 310-550-5850

beverlyla at 07:52|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年06月05日

たまには青空ランチ



久々に一緒にランチでもしようって、ご近所友達のReiちゃんと、Sakuraちゃんと向かったのは、Topanga Canyon State Park。PCHをマリブ方向に向かい、Topanga Canyon Dr.を右折し、時代錯誤的なヒッピーの町を通り抜けて、少し斜面を登ったところにあります。

State Parkなので、$5の入場料が必要ですが、水道もあるし、トイレもわりとキレイです。
ここでトレイルを歩いたときの模様はこちら。→ LA裏庭散歩

BBQコンロもあるんだけど、薪を持っていくのが面倒なので、ガスコンロ持参。カレーを作って、お米を炊いて、2.5合を3人で完食。

午前10時に「ランチしようよ。」と電話して、1時半にはマリブの山中でカレーライスが出来上がっているという早業。恐るべし主婦パワー。

beverlyla at 04:35|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年06月04日

ほんのりバジルのレモンパスタ



なんか、めっちゃ蒸し暑
山頭火で塩ラーメン食べたら、行水したみたいになりました

こんな日には、ジアダちゃんの簡単レモンスパゲティーかなぁ〜。

あんまり見栄えがしない上、作ってる途中も本当においしいのか?って不安が募るのに、食べてみたら意外にイケる不思議な一品。酸っぱい好きにはたまりましぇん。
ただ、我が家に常備してるはずのない、フレッシュバジルを使うんですよ。

そこで!Akiトレジョーで見つけた、固形冷凍バジル。1キューブで1teaspoonが使い易い。

レモンスパゲティーのレシピはこちら。続きを読む

beverlyla at 08:15|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年06月03日

注意一秒、罰金$217

いいお天気なのに、なんだか朝から嫌な予感がしてた。

今日はスカラーん家でお勉強会。道の片側が清掃の日だったので、ストリートパーキングはどこも一杯。やっと見つけた空きスペースに車を停める。赤線なし、2hourの制限なし、と。

4時間もイディオムの勉強して、疲労と空腹で外にでると、一緒に勉強してたフランチェスカの車がない!! 半泣きの彼女をなだめて一旦部屋に戻り、とりあえずは最寄の警察を調べる。

一抹の不安を覚えた私は、念のため自分の車をチェック。






な、な、な、ないぃーーーー!!






フランチェスかはホンダ、私のはトヨタ。やっぱ日本車は狙われやすいんじゃん?なんて言ってたら、近くに住む大家が、「この辺で窃盗なんてマズないわ!消火栓の前にでも停めたんでしょ。」と。

で、もう一度、戻ってみた。












コイツか。。。


普通コイツが居るところは、赤線になってんじゃないのぉ〜???
と、警察で頑張ってみるが、”色は関係ない”と、にべもなく。

トランクのゴルフバックも、グラサンも帰ってきたし、
何より、盗難された時の手続きの煩雑さを思えば、まだ良かった。

が、トーイングで$177、チケットが$40。
あいたたた。。。
オーパスワンだって、2ボールパターだって余裕で買える。

どうか皆さんもお気をつけ下さい。
ちなみに消火栓は、"hydrant"と言うそうです。

beverlyla at 02:12|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2006年06月01日

ワインカントリーの旅 結婚式編



光栄なことに、2年間の留学の間に北米で3度も結婚式に参列させていただきました。最終行けなかった1件を含め合計4通の招待状の全てに、ご祝儀の代わりのお祝い品リストとしてCrate & Barrelがレジストリーされていました。すごいな、Crate & Barrel。

大学時代の友人Kurizaki君とマリッサの結婚式が行われたのは、ソノマにあるパラダイスリッジというワイナリー。ここは、日本人初のワインメーカー、長澤鼎という人が開いたワイナリーの跡地だそうです。

燦燦と輝くカリフォルニアの太陽の下、カジュアルでなんとも和やかな結婚式でした。ブライズメイドのドレスのオレンジが、花嫁の純白ウェディングドレスを引き立ててマリッサはとってもキュート Kurizaki君、賢くて美しい奥さんをもらえてホントに良かったね。

式の後振舞われたスパークリングワインでいい感じのまま、一行は美しい夕日に包まれた見晴らしの良いテラスでのディナーへ。ナパからケータリングしたというお料理はどれもおいしくて、ワインが、すすむ、すすむ。

食後は、こちらのウェディングでは定番らしいダンスパーティー。まずは新郎新婦のファーストダンス。続いて、花嫁と実父のダンス。花嫁がうつむき加減でお父様の目は遠くを。。。この瞬間が好きです。最後は花嫁と新らしく家族となるKurizaki君のお父様とダンス。いいなぁ。やってみたかった。



花嫁のダンスが終わると、あとはみんなでダンシングオールナイト、とまではいかないけれど、参列者も加わってダンス、ダンス、ダンス。ちょっと期待していたビールも用意されていて、ワインにいっぱいいっぱいだった私達は地元ビールシエラ・ネバダで宴会

Kurizaki君、マリッサ、とっても楽しいウェディングにご招待いただき、ありがとうございました。末永くお幸せに



beverlyla at 08:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年05月31日

ワインカントリーの旅 ソノマ編



2日目。ソノマ。前日の睡眠不足+ロングドライブ+アルコールのおかげで、午前9時半までぐっすり。

本日最初のワイナリーは庭園が美しいので有名な、シャトー・セントジーン。心を込めて手入れされた庭園に咲く色とりどりの花々。緑の芝生に青い空。そこには、まさに"優雅"と呼ぶにふさわしい時間が流れていました。ワインも負けていません。シンプルで上品。全く嫌味がなく、一日を始めるのにぴったりなワイナリー。最後に試飲した、ゲヴェルツゥ トゥラミネア(GEWURZTRAMINER)2005がイイ!。程よく控えめに甘い香りと味わい。なのに、決してしつこくなくさっぱりで、もう一口いきたくなる。こんな女性になりたいなと、願ったとか願わなかったとか。とにかく夫婦喧嘩の後でもおいしいワインで一本お買い上げ。

お次は、セバスチャーニ。ここの白ワイン、"シンフォニー"が美味しいと聞いてやってきました。ウン。私にはちょっとだけ甘すぎたけど確かにおいしい。同じ日に立ち寄った友人は箱買い。試飲係りのお兄さんが、額に汗かき説明してくれました。それは立派な体格で。フランス人は脂っこいものを食べてもワインのオカゲで太らないという仮説は??

3件目は、クンディ。ここではカベルネを2種類試飲しましたが、いずれも色が濃く、そのラベルからは想像できないしっかりした味だなぁという印象。おつまみのパンといただいた、ワイナリー特性のサルサソースもワインに合っててGood。ちょうどお昼だったので、外のベンチでソノマチーズファクトリーで買ったサンドウィッチをいただく。これまた最高。ローストビーフ&チェダーチーズ、ハム&チェダーチーズ、いずれも当たり。

名残惜しいですが、ここでタイムアップ。結局購入したのは白一本。今さらですが、ヴィンテージのカベルネよりフレッシュな巨峰の方が好きなローメンテナンスな私。

これから別のワイナリーでへ移動して結婚式です。っていうか、本来そちらがメインです。それでは続きは次回へ。。。



beverlyla at 11:45|PermalinkComments(70)TrackBack(1)

2006年05月30日

ワインカントリーの旅 ナパ編



「何時間かかるん?」
「分からん。」

とりあえず、午前3時半起きで4時に出発してみた。ランチの予約を1:15PMに入れていたので、それまでに着くかなぁ〜、てな心配は無用で、休憩入れて6時間半、サンフランシスコも越えて、10:30AMには初めてのナパバレー、最初のワイナリーに無事到着です。

まずはスーパーでも良く見かけるシャンドンというワイナリーで、スパークリングワインをいただく。誰かのブログでテイスティングは無料とあったのに有料($5〜)かつ微量 こんなんだったらフルグラス一杯頼めばよかった。

お次は、お友達のWine Clubカードを持って、超有名どころロバート・モンダビに向かう。本人確認なしでホッ。Club会員専用のパティオで優雅にテイスティングできたものの、どれもこれも後味が風変わり。特に2003マドンナという名前のシャルドネ。これで$50ですか。あ、罪人に口なしですね。

そして、3件目は、あのオーパスワンでございます! はるばる来たんだし、遺跡を思わせる建築物の中でいただきましたよ〜、オーパスワン2002。テイスティングだけで$25也。おいしい! けど、$165はどう転んでも高嶺の花。帰り際、グラス持ったまま敷地出ようとしたら停められました。$25でもグラスは持って帰っちゃいけません。

お昼までまだある。4件目は、ベリンジャー。試飲係のおじさんの態度、デカ。でもワインは結構おいしかった、と思う。アレ?何飲んだっけ?全然思い出せない。寝不足すきっ腹で呑みすぎました。

いよいよ楽しみにしていたイタリアンレストラン、TRA VIGNE。みんなが口をそろえて美味しい、美味しいというのも納得。味もサービスも日本レベルです(日本のイタリアンは世界に誇れると思う)。何より、好物"イイダコとトマトのパスタ"が食べれて大満足。しかも、紙包み焼きぃ〜 お客さんが来たとき、こんな風にサーブできたらカッコいいな。

    

この時点で体力、胃袋共に限界。本日最後のワイナリーに選んだのは、ジョセフ・フェルペス。なんでも、ここの"Insignia"というワインがスゴイらしい。値段もすごくて、一本$175。"Insignia"を含めたワインテイスティングは$20!! 予約制ってあるけど大丈夫でしょ?って行ったら甘かった。同じ庭で"Insignia"をテイスティングする別グループを横目に、無料で振舞ってくれた別のワインを一杯ずついただきました。行かれる方は念の為ご予約を。

それにしても、ワインカントリー、空の青と新緑の緑が気持ちいい!!
明日はソノマです。



beverlyla at 09:18|PermalinkComments(28)TrackBack(1)

2006年05月27日

おいし楽しFarewell Party



スカラーん家でSatomiちゃんのFarewell Party。今日のは心底楽しかった。だって、また東京で会えるんだもん。

しかも、スカラーが用意してくれたランチブッフェが素晴らしい

ハニーマスタードドレッシングのサラダに、BBQポークリブ、トマトソースのパスタグラタンに、マンゴー風味のフルーツポンチ。フランチェスカが持ってきてくれたコスコで売っているというスパイシーチキンもグッド。

が!一押しはコレ。ちゃんと牛肉と野菜から取ったスープを冷凍した韓国冷麺。アレ?スープまだ解凍できてないよ?って思ったら、こういうスタイルらしい。灼熱ニッポンに帰るまえに絶対マスターしたい一品。おいしすぎです!!

ちなみにスープはこんな感じ。



beverlyla at 03:11|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2006年05月25日

"ナイスショット"じゃないの?



ローカルと同じパーティーになることが多くなって、ようやく気づいたんです!!


「ナイスショット〜!!」なんて、誰も言ってないんですよ〜。


らしい発音を心がけてた私の小さな努力は一体。。。

ナイスオン、ナイスアプローチ、オッケーパット。これらも若干違う。きっと通じるとは思うんだけど、せっかくなのでローカルゴルフ英語を使いましょう。

・ナイスショット  → good shot / beautiful shot / super shot などなど。"solid shot"なんていうのも聞きました。

・ナイスバーディー → good birdie

・ナイスイン    → good pat

・ナイスオン    → "You are on the green." とか "It's on the green."

・ナイスアプローチ → nice chip

・オッケー     →  "That's a gimme." とか。"Take it away."って言ってます。

・ショートホール  → par-three hole


てか、ほとんどじゃん。。。(-_-;)
他にも、こんなのあるよ?っていうのがあったら、是非教えてください。
ちなみに、個人的頻出単語はこちら↓

good miss!! すなわち"結果オーライ"。

beverlyla at 12:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
Recent Comments