B
 ルパート・サンダース(『スノーホワイト』)が監督、スカーレット・ヨハンソンが主演を務める『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』ハリウッド実写版のバトー役の俳優が決定した。

 原作で主人公草薙素子を強力にアシストするサイボーグ、バトー役の俳優として『ルーシー』や『ベン・ハー』リメイク、オスカー外国語映画賞の候補になりそうな『War』、さらには『ゲームズ・オブ・スローンズ』最新シーズンに出演するデンマーク出身の新進俳優ピルウ・アスベックが出演することが決定した。パラマウントが製作する同作は、2017年3月31日に全米で公開となる。