STAP-0

(以下の内容に関しては、今回は私の下衆なかんぐりに基づいてブログを書いていることを予め御了承下さい。全てが私が勝手に推測した内容に基づいて書かれたものであり、個人の名誉を損ねてしまうようなことも書かれているため、書かれてある内容は全てフィクションなのだと解釈して頂きたく存じます。)

(参考にしたサイト)

 昨年度は、青色LEDの開発という功績が称えられ日本からノーベル賞の受賞者が3名も輩出され、日本という国の素晴らしさを改めて実感できた1年であった。

 しかし、その一方で非常に残念なこともあった。

 それは、既に関心が薄まり忘れ去られつつあるが、日本の科学界を大きく揺るがせたSTAP細胞である。
 
 STAP細胞の論文がNatureに掲載されるや否や、2014年1月28日、突如、iPS細胞をも超えたノーベル賞級の世紀の大発見だと華々しく報道されたのである。論文を書いた小保方氏のチームは会見を開き、大々的なプレゼンテーションを行い、彼女は自ら「STAP細胞にて夢の若返りも可能」だと締めくくった。マスコミが大きく取り上げたことで、STAP細胞、小保方晴子という科学界の新しいスーパースターが突如として誕生したのである。この衝撃はまさにディープインパクト級だった。
(STAP細胞という世紀の大発見を報告する小保方さんの会見動画)
https://www.youtube.com/watch?v=Nf6slUvvpLI

STAP-1



 そして、下村文部科学大臣安倍総理大臣もSTAP細胞には大きな期待を寄せているという声明を出した。小保方氏は、安倍内閣の女性の積極的な起用という政策の象徴的な人物としても抜擢されたのである。
 
(安倍内閣までもが期待を寄せている人物。この小保方さんて、凄い人物なんだろうな。)
 
 最初は、皆、この発見を本物だと信じていた。私も信じていた。これは本当にすごい大発見だ。
 
 その後、マスコミは連日小保方氏をヒロインのように報道し、理研のピンク色や黄色に塗られらた彼女の研究室や、割烹着を着て実験する彼女の姿や、ムーミンの絵が飾ってある冷蔵庫の写真などが披露された。亀を飼っている水槽で亀と戯れている彼女の姿も報道された。

STAP-2

 そのフィーバーぶりは凄まじく、中学を受験する予定の小学生までもが必死でSTAP細胞というものを勉強した程であった。

 しかし、その頃から、逆に、あの一連の報道内容を見て、何か変だ、やっていることが非常識だ、何かおかしいなと思った人が出始めたのである。
 
 ラブホテルじゃあるまいし、こんなピンク色黄色で塗られた空間の中で集中して実験ができるのだろうか。しかも、実験室の棚は試薬瓶もなくスカスカである。冷蔵庫には普通は実験のスケジュールや試薬などのリストが貼ってあるのだが、ムーミンの絵を貼っているだけである。しかも、実験中には割烹着などの私服は絶対に着ない。しかもラボの中にはなどの実験に使う動物以外は一切持ち込めない。そんな物を持ちこんだら汚染の原因になるだけである。細胞培養をした経験がある人なら分かるはずだが、ちょっとした汚染でも細胞はすぐに死んでしまう。細胞培養は非常にデリケートな作業なのである。亀などを持ち込んでいて実験室が汚染されてしまったら培養は失敗してしまうだろう。

STAP-3
STAP-4

(この人は、本当に実験をしているのだろうか・・・・。まさか、そんなことが・・・・。)
 
 そして、その後、共同で研究に従事した若山先生がSTAP細胞の再現を試みているが成功できないことが報じられ、STAP細胞の再現を試みた世界中の他の研究者からも同様に再現できないという報告が相次ぎ、あの論文は本当なのだろうかという疑惑が持ち上がった。この疑惑はカリフォルニア大学のKnoepfler準教授のブログで大きく取り上げられ、世界中の科学者が注目することになった。

 こうなると、ネットユーザーが黙っていない。マスコミが一切しなかったSTAP細胞の論文自体への点検作業がネットユーザーによって始められたのである。
  
 すると、どうであろうか。ネットユーザーから多くの疑惑が提出され始めたのである。
 
 日本の一般市民を馬鹿にしてはいけない。日本の一般市民は十分な科学力を有しているのである。簡単には騙されない。おかしなデータは一般市民によってすぐに見破らてしまう。
 
 理研や文部科学省が騙されて見抜けなかったことを、一般市民が見抜いたのである。
 
 画像データがおかしい。電気泳動のレーンが切り貼りされて1回の電気泳動でなされたように偽装されている。他の研究データの画像が加工されて何回も使い回されている。しかも、この画像は他の研究者の画像データじゃないのか。本当にT細胞が初期化したのだろうか。T細胞に分化した痕跡がないじゃないか。しかも、実験方法が他の論文をそのままコピーアンドペーストされている。KClがKC1になっている。PDFファイルからの文書をOCR変換したが、変換ミスをそのままにして論文に使ったのは間違いない。しかも論文に記載されていたライカ社のあのカメラは型が古すぎて今は使われていないはずだ。この論文はどう考えてもおかしい・・・・。

 出るわ、出るわ。次々と疑惑が指摘され、疑惑のオンパード状態になってしまった。
 
 さらに、彼女の過去の論文までもが点検され始め、学位論文の疑惑までもが指摘された。信じられないことだが、彼女は、大学院(学位論文)の時代から、そのデータは既に疑惑だらけだったのである。

STAP-11
STAP-12
 
(そんなことは考えたくもないが、この人の人生って最初から全てが嘘で塗り固められているのではなかろうか・・・・。多くの人がそのような疑念を抱いたようだ。)
 
 後は、皆さんのご存知の通り。
 
 小保方さんは理研から事情聴取を受けるはめになってしまった。科学界のスターから、トンデモない不正をでっちあげた疑惑の人になってしまったのである。
  
 まず、若山先生が、3月10日に、STAP細胞に関して本当に存在するのか自信が持てなくなった論文は撤回すべきだとNHKなどのTVメディアを通じて呼びかけた。この報道は衝撃的であった。共同著者がTVを通じて論文の撤回を小保方さんに呼びかけたのである。この若山先生のTVを通じた会見の影響は大きかった。これで流れが一気に変わったように思う。

STAP-6
 
 次に、この疑惑に関して、3月14日に理研から中間報告がなされた。
 
 そして、4月1日、理研から最終報告がなされ、小保方さんのNatureの論文のデータに改竄や捏造した部分があり、この不正行為は小保方さんの単独の行為である、懲戒処分も検討する予定であるという見解が調査委員会から発表されたのである。論文には不正があったと正式に認定されたことになる。

STAP-7

(やっぱり、あのデータは捏造だったのか。そうなるとSTAP細胞自体の存在も怪しくなる。誰もが再現に失敗しているし、STAP細胞の存在自体も嘘なのかもしれない・・・・)

 しかし、彼女は、あの会見は不服だ、到底容認できないとして弁護士をすぐに雇った(弁護士は、あの船場吉兆の頭が真っ白会見を担当した弁護士である)。
 
(えっ?、弁護士がなぜ必要なんだ。なんか変だぞ。まだ懲戒処分が下された訳じゃないだろうに。しかし、なんて素早い対応なんだ。この対応の早さは何なんだ。刑事事件の容疑者が弁護士を雇って無罪を勝ち取るみたいな、そんな行為じゃないか。これは犯罪ですよと、モロに、自らそう証明しているようなものじゃないか。きっと、自分でやったことだから、この日が来るのを予想して準備していたんだな。STAP細胞、これはやっぱり小保方さんが企てた捏造事件なのかもしれない。)
 
 彼女は弁護士をつけた。そして、弁護士を通じてコメントを出し始めたのである。しかし、弁護士をつけたことで、疑惑は逆に深まっていくばかりであった。

 本当にSTAP細胞は存在するのか。でっちあげじゃないのか。国民の疑惑はピークに達した。
 
 4月10日、とうとう彼女は疑惑に答えるために会見を開いた。お騒がせして申し訳ありませんでしたと深々と頭を下げたのである。会見では、私はSTAP細胞の作製は既に200回以上成功したのだと述べ、「STAP細胞はあります」と涙を流しながら締めくくった。あの満面の笑みで会見した最初の会見と、このうつろな表情の謝罪会見。この落差はいったい何なんだ。STAP細胞が本物ならば、もっと堂々と会見すべきなのではなかろうか。しかも、STAP細胞が本物ならば、そもそも謝罪会見なんかする必要は全くない。一般市民が勝手に捏造だと騒いでいるだけなのだから。
(小保方さんの涙の謝罪会見の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=Tcnepq7SDVw

STAP-5
STAP-10
STAP-13



(謝罪会見をした。これって、疑惑を自ら認めたことになる。疑惑はやはり疑惑でした。はい、その通りでございます。申し訳ございません。すなわち、疑惑はやはり事実だったということなのか・・・・。)

 さらに、若山先生が小保方さんからSTAP細胞だと言われて保管していた細胞の遺伝子解析からは、STAP細胞は酸性刺激実験で使用したマウスとは違う株の細胞だったことが判明した。これは通常では絶対にあり得ないことである。誰かが途中で細胞をすり替えないとこういった事態は発生しない。
http://www.nature.com/news/gene-tests-suggest-acid-bath-stem-cells-never-existed-1.15425

(細胞が途中ですり替わっていたということは、じゃあ、小保方さんが別の多能性を有する細胞をSTAP細胞だと偽って若山先生に渡していたことになる。)
 
 当然、ネットでは、STAP細胞の正体はES細胞なのではという意見が出され始めた。

 キメラマウスの作成に急に成功したのは、ES細胞をSTAP細胞だと騙して若山先生に渡したから、急に成功したのだろうとという推測が大半を占めていた。もし、ネットでの推測が事実なのだとしたら、若山先生にES細胞をSTAP細胞だと騙して渡しておきながら、そんなことを一切悟られない演技ができるその能力。恐れ入るばかりである。

STAP-14

 (最終的には、小保方さんが若山先生に手渡したSTAP細胞と称する細胞の遺伝子解析結果は同じ理研の遠藤高帆上級研究員によって論文として正式に発表された。)

 一方、疑惑に関しては、4月16日に共同研究者の笹井氏も会見したのだが、納得のいくような会見にはならずに終了した。彼は、ライブセルイメージングなどからSTAP細胞の存在は支持されるという見解を述べていたのだが、既に、そのライブセルイメージング自体も、細胞が死ぬ間際の自家蛍光に過ぎず、細胞が分裂して増殖して見えるような映像も、マクロファージが死んだ細胞を貪食しているに過ぎない映像ではという意見が出されており、今さらそのようなことを言われても説得力はなく、私はひたすら彼女を信じているという科学者らしくない会見で終ったような印象はぬぐいきれなかった。
(大隅典子教授の反論)
 
STAP-15
 
 そして、STAP細胞は科学界の3大不正事件とまで言われるようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E8%A1%8C%E7%82%BA

 本当に実験していたのか。全てエア(架空)じゃなかったのか。世間の疑惑は消えることはなかった。

 ノートだ。実験ノートがあるはずだ。それを調べれば本当に実験していたどうかが分かる。一般市民からは小保方さんの実験ノートをチェックせよという意見も出され始めた。

 その声は無視できなくなったようだ。ちゃんと実験していたんです!!と、小保方氏の実験ノートが弁護士によって5月7日に披露されたのである。しかし、逆に、皆、驚いてしまった。

STAP-16
 
 何これ?、小学生の絵日記ですか。しかも、「陽性かくにん! よかった」、「移植 ♡」って、何ですか。こんなふざけた記載を実験ノートにしていいのでしょうか。この人は、実験そのものを舐めているとしか思えません。真面目に実験していたとは到底思えないノートです。キメラマウスが行方不明になったり、いつ実験したのかも日付もきちんと書いていないし、実験の条件が殆ど書かれていないような実験ノート。しかも、3年間の実験でたったの2冊。この小保方さんという女性は、ものすごくいい加減で無責任な人なんだということがこのノートでよく分かりました。
 
(あの実験ノートで日本中がとどめを刺されたようだ。この実験ノートにはiPS細胞でノーベル賞を受賞した山中博士も呆れていた。)

STAP-17

 さらに、6月16日、若山先生が会見を開いた。若山先生がSTAP細胞はES細胞だった可能性が高いと断言したのである。

 さすがに、あの会見は小保方さんにも響いたようだ。あれだけ反対していた小保方氏もSTAP細胞の論文を撤回することに同意し、論文は7月2日にNatureからSTAP細胞の論文は撤回されたと発表された。STAP細胞の存在はついに白紙に戻ったのである。

STAP-18

 小保方さんは、その後、自ら再現実験を取り組むことになった。不正を防止するために監視カメラ付きで第三者が立ち会うという条件で。前代未聞の再現実験である。しかし、あの小保方さんならばすぐに再現してくれるはずだ(しかし、小保方さんの初日はいきなりのお休みでした。汗;)。

STAP-19
  
 そして、一連の疑惑は7月27日のNHKスペシャルで特集されて報道された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E5%A0%B1%E5%91%8A_STAP%E7%B4%B0%E8%83%9E_%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E3%81%AE%E6%B7%B1%E5%B1%A4
 
 NHKスペシャルでは、STAP細胞はES細胞の可能性が高く、そのES細胞は若山先生のチームが作成したES細胞を、小保方さんが無断で拝借して使用したのではという疑惑があるということを暗に示唆するような内容だった。すなわち、STAP細胞事件は窃盗事件と同じことになるのである。


 
 しかし、そうこうしているうちに、不幸な出来事が起きてしまった。8月5日、共同研究者の笹井氏が自殺したのである。これには日本中の国民が驚きと悲しみに包まれてしまった。
 
 皆を幸せにするはずのSTAP細胞は自殺者を出すという悲劇的な事態にまで発展してしまったのである

 幸せにするはずが不幸にする細胞だったのである。 
 
 なぜ、あそこまで業績を積んだ笹井氏が自殺する必要があったのであろうか。本当にSTAP細胞(STAP現象)が実在するのであれば、堂々と何回も再現してみせればいいだけじゃないか。それで疑惑や汚名は十分に晴れる。自殺したことは、STAP細胞(STAP現象)は実在しないと逆に証明しているようなものではないか。
 
 NHKスペシャルで男と女の不適切な関係があると取り上げられたことが大きかったのではいう意見もネットではあったが、上司と部下の不適切な関係、そんなことは大人社会からすれば、よくあることで、実際にあったかどうかは分からないが、あのクリントン大統領だって男と女の不適切な関係が実際にあったのである。そんなこと、大人の世界ならばあり得ることであり、誰もたいした問題じゃないと気にはしないはすだ。ヒラリー夫人も夫の過ちを許した。クリントン大統領をもっと見習うべきだった。たぶん、そんなことで自殺したのではないだろう。
 
 もしかしたら、笹井氏は、自らの死を持ってSTAP細胞は実在しないことを証明したかったのかもしれない。きっと理研も文部科学省も、大きな汚点になってしまうため、STAP細胞に関してはうやむやにして終わらせるはずだ。政治の世界はそれでいいのかもしれないが、科学は政治ではない。
 
 政治の世界の事は科学の世界では通用しない。このままうやむやで終れば、日本の科学界を大きく後退させてしまうことになる。今回のことで、日本への信頼を損ね、日本の分子生物学が背負ってしまったダメージは測り知れない程大きいものだったのかもしれない。日本の研究者に対しては査読がいっそう厳しくなり、日本人が書いた論文は、なかなか一流雑誌に受理されなくなってしまうかもしれない。それは科学者の良識としては絶対に許せないことである。
 
 科学者としての良心が、自分自身を責めたてる。このままうやむやで終らせていいのか。小保方氏の嘘を見抜けずに嘘の論文を完成させてしまい、日本の分子生物学の分野に大きなダメージを与えてしまった責任を取らねばならないのではないのか。そう思い込み、死を選択してしまったのかもしれない。
 
 「STAP細胞を必ず再現してください」というあの遺書は、小保方氏や理研や文部科学省に対して、これ以上嘘はつくなという最後の痛烈な皮肉をこめたメッセージだったように私には思える。

STAP-20
STAP-45

 (自殺したことは、本当にただ残念でならない。死ぬ必要は全くなかった。皆、分かっていた。ただ小保方氏に騙されていただけだということを。後に真実を語っていれば、疑惑や汚名はすぐに晴れたはずだ。名誉はすぐに回復したはずだ。しかし、これで真実を語れる人がいなくなってしまったのは確かである)。

 その後、理研のCDBは規模が縮小されることが決まり、多くのスタッフが職を追われることになった。STAP細胞の最初の会見の時からすれば、本来ならば、もっとCDBは大きく発展するはずだったのだが、この結末はあの最初の会見からは想像だにできなかった。

STAP-21
 
(政府が理研のCDBの規模の縮小を決めたということは、政府もSTAP細胞は存在しないと思っていることを間接的に証明しているようなものである。)
 
 そして、理研からは今年の3月に出されるはずだったSTAP細胞の再現実験の最終報告が、予定を3か月も早められて2014年12月19日に出されたのであった。
 
 結局、STAP細胞は再現されなかった。理研はSTAP細胞の実験を打ち切ることを決めたと発表したのである。理研が言うには、小保方さん自身が再現を48回試みたが、1回も再現できなかったという。STAP細胞とおぼしき緑色に光る細胞を胚盤胞にインジェクションしたが、キメラマウスは一度も作成できなかったということであった。

 しかし、理研は再現できないことをもって、STAP細胞の存在を完全に否定した訳ではなかった。ただ再現できなかった、実験を打ち切ると言っただけで、STAP細胞は存在しないとは断言しておらず、在るとも無いとも何とも言えないような曖昧な最終結論になっていた。しかも、相澤氏は会見が終ったにも係らず、わざわざ戻ってきて、「小保方さんを犯罪者扱いして、あんな屈辱的な実験をさせやがって!!」と、国民に筋違いな怒りをぶつけ、最後に強烈なすかし屁をかましてくれるお粗末ぶりであった(そうなったのは不正だと認定されたからでしょうに。身から出た錆びのせいでしょうに。国民がさせたのではありません。理研がそう決めたのです。国民に怒りをぶつけるのはおかしいですよ、相澤さん)。

STAP-22
STAP-23

 一方、小保方さんは、自ら実験を行っても再現できなかったにも係らず、それでもSTAP細胞は存在すると考えているというコメントを弁護士を通じて発表した。

 もはや、ただ単に緑色に光る細胞が存在するだけなのだろう。正体は分からないが、多能性を有するのではなく、初期化したのではないことだけが確実な細胞が・・・・

(いつの間にか緑色に光る細胞ということに論点の中心がすり替えられており、キメラマウスが作成できるという初期化や多能性を有するという一番肝心なことが、小保方さん本人や理研によって無視されてしまっている。弱酸性刺激で初期化し多能性を有する細胞が作成できたということが世紀の大発見だったはずなのに、このままうやむやで終ってしまうのであろうか。)

 しかし、2014年12月26日に、理研の調査委員会から衝撃的な意見が発表された。STAP細胞は存在しないとほぼ断言できる、STAP細胞の論文は、ほぼ全て否定されたと考えて良いというコメントが発表されたのである。
(STAP細胞:理研調査委員会の会見一問一答)
(分かり易いスライド形式での調査委員会の報告書)
(調査委員会の正式な報告書)
(会見の動画)

STAP-24

 調査委員会が言うには、STAP細胞なるものは99.9%ES細胞である。考えられうることは、ES細胞が偶然混入したか、誰かが意図的に故意に混入させた(=不正行為)のどちらかしか考えられない。しかし、そんな何回もES細胞が偶然に混入するなんてことはあり得ない。従って、誰かが意図的に混入させたとしか思えない。
 
 しかし、論文の関係者への聞き取り調査をしたが、関係者は全員、ES細胞を混入させた事実はないと否定していた。小保方さんも絶対にしていないと回答した(小保方さんの場合は、調査委員会が質問する前に自ら「私は絶対にやっていない」と言ったそうな。調査委員会もびっくり仰天。小保方さん、あの~、まだ、質問していなんですが・・・・・汗;)。従って、調査委員会としては、STAP細胞は存在しないとは言えるが、不正があったとまでは断定できない、という結論になるという見解だった。

 会見では、実験室の見取り図を見せて、誰もが自由にインキュベーターに行き来できる状況になっており、しかも7日間インキュベーターの中で放置されるため、この7日間の間ならば誰もがES細胞を混入できる訳であり、混入させた人物は特定できないような説明がなされていた(誰がES細胞を混入させたのか、それを明らかにすることは調査委員会では無理である。警察や検察がやるべき仕事だろうというニュアンスが含まれていたように思える)。

STAP-25
 
 一方、FACSの実験データは、小保方さんは、実験した記録がなく(しかも彼女は記録を提出しない)、しかも、実験したとされる日は海外出張をしていた日もあり、どう考えても実験したとは言えず、このFACSのデータは捏造だと認定した(FACSのデータは捏造だったと、それは小保方さんも認めたらしい)。

 FACSを行っていなかった。これは、すなわち、弱酸性刺激を加えることになるCD45+のTリンパ球を準備していなかったことになり、STAP細胞の根幹に関わるような弱酸性刺激実験そのものをやっていなかったことになる。

 桂委員長は締めくくった。なんでこんないい加減な(架空の)実験が論文として完成してしまったのか。誰も(小保方さんの)データを見ておかしいとは思わなかったのだろうか。ちゃんとデータを点検していたのだろうか。生の実験データの記録も全く残していないし、実験ノートもないし。私にはこんなお粗末な話は到底信じられません。彼女を指導できる立場にあった若山先生と笹井先生の責任も大きいと思う。と苦笑まじりに会見を終えた(不正とかいうレベルではなくて、STAP細胞、こんなの全部作り話しだよ、ほら吹き男爵だよ、小保方さんは完全にビョーキだよ、もう呆れて笑うしかないよ、騙された笹井先生も若山先生も悪いんだよ、と言いたそうな回答だった)。

STAP-26
 
(確かに、委員長の言う通りである。今回のSTAP細胞事件は、小保方さんという人物の実態を知ってしまった今では、理研というトップエリートが集まる研究所としてはあまりにもお粗末な話である。しかし、不正だとは言えないという調査委員会の結論にはがっかりした。どう見ても不正じゃないか。責任の所存を国はもっと追求すべきだと言ってほしかった。)
 
 そして、小保方さんは、一転してノーコメントとなった。1週間前はSTAP細胞の存在を信じているというコメントを出していたのだが。弁護士とも連絡がつかない状態らしい。その後、イメージチェンジをして、ノーコメントで颯爽と去っていく小保方さんの姿がニュースで報道された。小保方さんはトンズラして雲隠れをするつもりなのは間違いないだろう。
 
(いったい、何じゃの、この小保方という女の豹変ぶりは。いい加減にせんかい!!。イメージチェンジだと。ノーコメントだと。トンズラだと。早く表に出てきて会見せんかい。STAP細胞があるのならば、それでもあると言うはずだ。これまでずっと、STAP細胞はありますと言い続けていたのに。ノーコメントということは、間接的にSTAP細胞は存在しないと自分で言っているようなものじゃないか。人が一人死んでいるんだぞ。全く責任を感じていないのか。最初から全部嘘だったのか。こら、何か返事をせんかい!!)

 しかも、小保方さんは、理研の不正の認定に対して不服を申し立てなかった。200回は成功した、STAP細胞はあります!!と、あれだけ必死で言っていたにも係らず。その結果、今年の1月6日、STAP細胞の論文は不正だったことが確定し、STAP細胞は最初から存在しなかったのだということを小保方さんが自ら認めたことになった(STAP細胞が存在するのであれば当然不服を申し立てするはずである)。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150106-OYT1T50067.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/07/news043.html

 最終的には、小保方さんは昨年の12月15日付けで退職願いを提出しており、理研も受理し、12月21日付けで正式に理研を退職し、この事件は幕を閉じたのであった(あの、世紀の大発見という記者会見から1年もたたずに退職し幕を閉じたのである)。

STAP-27
 
 結局、うやむやになったままで終わり、STAP細胞はいずれ一般市民からは忘れ去られるのであろう。
 
 調査委員会は否定したが、特許申請が取り下げられた訳ではなく、理研自体がSTAP細胞に関しては完全に否定した訳ではない(特許を取得することはないであろうが)。そして、小保方さん自身が否定した訳でもない。
 
 UFOやネッシーは存在しないという証明は、悪魔の証明と呼ばれる。それは誰にもできない証明なのである。STAP細胞は、UFOと同じような、悪魔の証明の仲間入りをして終わることになったのである。

 うやむやにして終わらせる。政治の世界ではよくある当たり前の決着方法なのかもしれない。私も、もし、政治家だったらうやむやにして終らせていたであろう。しかし、これは科学の世界の決着方法ではないことは確かである。

 これは政府の、そして、文部科学省の方針なのであろうが、私はそれでいいとは思っていない。科学的な決着には全くなっていないし、正しい政治的な決着にもなっていない。他の研究者は、特に、分子生物学会は小保方さんを刑事告訴すべきなのではなかろうか。いったいどれだけの税金が無駄な事に使われたことであろうか。日本の生命科学に関する研究の信頼をどれだけ落としたことであろうか。国民はそれで納得するのであろうか。なぜ、有罪にならないのであろうか。なぜ検察が動かないのであろうか。我々が払った税金で行われたものであるならば、我々には全容を知る権利があるはずである。政府から正式に特定機密に指定された訳でもない。このままうやむやで終るのであれば、政府から検察に動くなというストップがかかっているのではと勘ぐりたくもなってしまう。
 
 もしかしたら、政府や文部科学省も最初から加担していたのかもしれない。小保方さんという女性を安倍内閣の政策の目玉として起用するシナリオをSTAP騒動が起きる1年前くらいから描いており、理研とずっと裏取引をしていたのかもしれない。すなわち、政府が小保方晴子という女性をリケジョのアイドルとしてデビューさせようと裏でプロデュースしていたのである。あのような大々的な世紀の大発見という記者会見をさせていたのが、実は、文部科学省の指示で行われていたりして。しかも、セルシード株のインサイダー取引きに政治家が絡み、特許申請に国や文部科学省が絡んでいたとしたら・・・・。実際に小保方さんはSTAP細胞の論文の前にセルシード(株)関連の技術に関する論文を書いている。もしかしたら、刑事事件となって、検察の取り調べを受け、小保方さんに喋られたらまずいようなことがたくさんあるのかもしれない。安倍内閣を揺るがしかねないようなことが・・・・・。
http://abekobe-geinou.com/598.html
http://stapcells.blogspot.jp/2014/02/blog-post_48.html

STAP-28

 結局、あの騒動はいったい何だったのだろうか・・・・。
 
 私は、未だにこのSTAP細胞(酸性刺激で細胞が初期化するというSTAP現象)には関心を持っている。なぜならば、一連のSTAP細胞の騒動は人間の本質に関わる大きな問題を抱えているからである。
 
 それは「嘘」に関してである。
 
 STAP細胞(弱酸性刺激で初期化する細胞)は本当に実在するのであろうか。彼女は嘘をついていたのだろうか。それとも彼女はSTAP細胞は実在すると信じていただけなのであろうか。
 
 ここで、嘘とは、wikipediaによれば、事実ではないこと。人をだますために言う、事実とは異なる言葉。を意味すると解説されている。英語版では、真実でないと知りながら意図的に虚偽なことを述べることと定義されている。
 
 もし、細胞が死ぬ間際に呈する自家蛍光という現象を初期化だと見間違えて(=判断ミス)、ただ初期化したと信じていただけだったとすれば、そうなると、事実を誤認した内容を述べただけの行為ということになる(=嘘をついていた訳ではない)。では、あの論文のデータは誰が作成したのだろうか。キメラマウスが作成できただけでなく、Natureの論文では、T細胞以外の皮膚や肺や脳や筋肉などの他の分化した細胞からもSTAP細胞が作成されたというデータまでもが提示されていたのである(論文の図ではES細胞と同じレベルのOct4、Nanog、Sox2、などの遺伝子が発現している)。絶対にそこまではたどり着けないのだが、そのデータは誰が作成したのであろうか。

STAP-29
 
 小保方氏の他には誰もデータを作成する人物はおらず、それらのデータは彼女が作成したことには間違いないのではあるが、そうなると判断ミスをして事実を誤認していただけに過ぎないということにはならない。判断ミスなのであれば、自家蛍光の段階以上の先のステージには絶対に進めないからである。従って、この現象は初期化ではないと分かりつつも、初期化だと主張し(=意図的に虚偽の内容を述べている)、さらに、キメラマウスが作成できた、他の分化した細胞からもSTAP細胞が作成できた、次のステージに進めたのだという嘘を小保方氏が重ねていった可能性が高いのである。

 若山先生が言うには、彼女からSTAP細胞だという細胞をもらい、それを胚盤胞にひたすらインジェクションをしてキメラマウスを作成することを繰り返していたらしい。最初は、キメラマウスの作成は失敗し続けていたのだが(絶対に次のステージには進めないでいた)、ある日、今回も失敗だろうと思ったが、突然、キメラマウスが緑色に光ったとのこと。まさに、奇跡の瞬間である。彼女は涙を流し、若山先生と小保方さんは手と手を取り合って喜んだらしい。

STAP-30
STAP-31
 
(この話が本当ならば、小保方さんという女性は、ものすごい演技力の持ち主の詐欺師である。)
 
 しかし、最初から失敗にしかならないようなことが、特に、手技やマウスの株を変えた訳でもないのに、失敗した原因を突き止めて何らかの対策を講じたという方法を取った訳でもなく、急に成功するなんて、どう考えてもおかしな話である。若山先生はキメラマウスの作成に何回も失敗した時点で、本当に初期化した細胞なのだろうか、小保方さんの言っていることはおかしいとは思わなかったのであろうか。
 
(きっと、自分のインジェクションの手技が悪くて失敗し続けているのだ、小保方さんに本当に申し訳ないとしか思っていなかったのだろう。まさか自分は小保方さんに騙されているなんて、露程にも思っていなかったのかもしれない。)

 もし、STAP細胞が存在しないのであれば、彼女は嘘だと自覚しており、不正な行為だと自覚しつつも、架空のデータをどんどんでっち上げていき、論文を完成させていったことには間違いない。小保方さんは、まさに、天下の大嘘つきだったことになる。
 
 おそらく、笹井氏や若山先生は、STAP細胞が嘘だと分かっていたら、研究チームには絶対に加わらなかったはずである。笹井氏や若山先生は彼女に騙されていただけでなのであろう。そして、あの理研も文部科学省までもが騙されていたことになる。
  
 彼女は最初から嘘をついていたと仮定しよう。では、なぜ彼女は嘘をついたのだろうか。その目的は、その動機は・・・・。
 
 当然、論文として発表されれば、他の研究者から再現が試みられるのは間違いなく、嘘であれば、他の研究者から再現されるはずはなく、嘘だとすぐにバレてしまうことは誰もが想像できよう。
 
 普通はそこまで考えて行動するはずである。子供じゃあるまいし、いい歳こいた30歳にもなった大人が、そんな簡単にバレてしまうような嘘はつかないのではなかろうか。
 
 もしかしたら、彼女は、そんな想像力までもが欠如しているのであろうか。通常の感覚からすれば、とても信じられないような行動ではあるが、彼女には何か大きな脳の障害でもあるのだろうか。
 
 それとも、人間は、そんな脳の障害とは関係なく、すぐにバレるような嘘を平気でつくようにできているのであろうか。
 
--------------------------------------------------------
 
 今回は「嘘」に関してがテーマである。
 
 気になった私は「嘘」について調べてみた。

 しかし、検索をした結果は、非常に多くの文献がヒットした。その数はあまりにも膨大過ぎる。

 結論を先に言うと、人間は嘘をつくようにできているのである。嘘は人間においては通常のありふれた行為なのである。
 
 STAP細胞も嘘だった可能性があると十分に言えよう。
  
 検索でヒットした中で、これはと思った論文を紹介する。

 下の論文では、以下のような解説がなされていた。

 精神疾患で虚言癖(Pathological Lying)、虚偽性障害(Factitious Disorder)という疾患が定義されているが、そのようなものは精神疾患にすべきではない。人間は嘘をつくようにできているのである。嘘はユビキタスなのである(神のごとく、どこにでも嘘は遍在する)。人間においては、嘘をつくことは単なる通常の行為の1つに過ぎないのである。従って、虚言癖なるものを正しく定義することはできないはずである。嘘をつきたくて仕方がないような衝動性を有する者は、虚言癖としてではなく、強迫性障害だと定義すべきなのではなかろうか。

 NIHの研究者への調査では、回答した者の1/3において、自分の研究論文の中で、データの偽装(fabrication)、改ざん(falsification)、盗用(plagiarism)といった10種の不正行為の定義に当たることを1つ以上したことがあるという報告がなされた。これが事実であれば、科学論文のデータの3割程度は嘘が紛れ込んでいると思わねばならないことになる。さらに、ある調査では、アメリカ人の90%の人は自分は嘘つきかもしれないと認めている。さらに、人は毎日、1日に2回以上もの嘘をついているとも報告されているし、40%の者が1日に1回は嘘をついているとも言われている。

STAP-32

 嘘は様々な目的や理由のために使用される。もちろん、利己的な目的や(仮病など。病気や怪我を理由に仕事を休んでいる人は、かなりの率で仮病で休んでいるという調査結果がある)、自分が不正な利益を得るために嘘がつかれることが多いのだが(詐欺行為など。結果的に、他者を陥れて損害を与えることになる)、しかし、そういった目的以外でも嘘がつかれることがある。1989年に行われた調査では、アメリカ人の80%医師は、患者が利益を得ることができると思った時(利他的な目的のため)には嘘をつくことがあることが分かった。

(私も、絶対に良くなりますよ、私を信じてくださいと嘘をついている。良くならないかもしれませんなんて、本当のことは絶対に言えません。もし、うつ病の患者さんにそんなことを言ったら、絶望して自殺してしまうかもしれません。)

 さらに、嘘は、嘘をつく人の置かれた状況(状態)や性格や現実認識の程度にも左右される。PTSDの患者が治療を受けたいがために症状を大袈裟に訴えたとして、それは嘘をついたことになるのであろうか。そしてPTSDだけでなく、他の多くの疾患でもオーバーに症状が訴えられる傾向があることも分かっている。救いを求める時には、人はオーバーに表現するのである。一方、その人の性格傾向に問題があり、自己愛が強いがために事実と少し異なることを話した時は(元々、事実認識が自己愛のために歪んでいる)、それは嘘をついたことになるのであろうか。

 そして、心理学的な実験からは、人は、一般に、提示されたものを何でも真実であると思うようなバイアス(偏見)がかかっていることが示されている。提示されたものは何でも真実だと思うように人間はできているのである(若山先生も、小保方さんから渡された細胞はSTAP細胞なのだというバイアスがかかっており、それで騙されてしまったことは間違いないだろう)。従って、人類は嘘を見抜く能力に乏しいようにそもそもできていることになる。嘘を見抜く能力に乏しい人類が、いったい何を持ってそれは嘘だと定義(断定)したらいいのであろうか。

STAP-33
 
 もし、ある判断を伝えられて、それを信じ、その判断が間違っていた場合、それは嘘をつかれたことになるのであろうか。逆に、もし、意図的ではなく、ただ自分が間違った判断を下し(判断を誤ることは誰にでも多々あろう)、それを他者に伝え、その判断を他者が信じてしまった場合、それは嘘をついたことになるのであろうか。
 
 さらに、嘘は医学的な評価や生理学的な評価よりも、道徳的な価値判断や司法的な判断の方が優先される事項なのかもしれない。
 
 しかも、嘘と推測と作話と空想と妄想と否認との区別も難しい。明確に区別することができない場合が多いのである。
 
 従って、人間は嘘については殆ど何も分かっていないのに等しい。こいつは異常な嘘つきだ(=虚言癖がある、虚偽性障害だ)と診断することなどはできないのである。
 
(論文終わり)

 とにかく嘘は日常茶飯事の出来事であり、科学の世界でもよくある話なのであった。小保方氏が虚言癖などの精神疾患を有していなくても、嘘をついていたということは十分にあり得る話なのである。

 しかし、1つや2つといった少ない嘘ならば分かる。だが、STAP細胞の場合は、それがもし最初から存在しないのであれば、あまりにも嘘だらけになってしまうのである。では、人は、そんなに数多くの嘘をつけるのであろうか。嘘ばかりつく。数え切れない程のたくさんの嘘をつく。それは皆、そうなのか。それとも、ある特定の一部の人において、嘘ばかりつくのであろうか。

 この点に関しては、殆どの人は嘘はつかないが、嘘つきは少数派だが実際に存在し、そして、嘘をつく人は嘘ばかりつくし、しかも、その嘘は自覚されている、すなわち、嘘つきの人は、皆、大嘘つきの傾向があり、しかも、それを自分で自覚しているという論文があった。
 
 最近の研究では、ほとんどの人は堅実であり嘘をつかないが(嘘をついたとしても1日に2つ以内)、一方、嘘をつく人は少数派だが、こういった人は非常に頻繁に嘘をついていることが報告されている。本研究でも、ほとんどの人が嘘をついていないことが判明した。一方、重要なことは、嘘を頻回につくと回答した人は少数派ではあったが(5%)、実際に不正行為(カンニングなど)をする率や精神病質を有する傾向と相関していることが分かったことである。そして、彼らは道徳的な価値判断の能力が障害されている訳ではないことも分かった。

STAP-34
 
(論文終わり)

 世の中の20人に1人は嘘つきでなのある。そして、嘘つきの人は、多くの嘘をつき、不正だという判断力(道徳観)を有してはいるのだが、不正行為も平気でするというのである。
 
 小保方さんを、だんだんと理解できてきたように思える。

 さらに、嘘をつくと、だんだんと嘘をつくことが習慣になっていくという論文があった。嘘をついてばかりいると、嘘をつくことが当たり前になってしまい、もう後には引き返せなくなり、最後まで嘘で塗り固めて終わってしまうことになるのかもしれない。大学時代から論文で不正をしていた小保方さんは、不正をすることが習慣になってしまっていた可能性が高い。

 そして、不正なことをすればするほど、だんだんと道徳的意識も薄れていき、道徳意識の薄れが新たな不正や嘘を呼ぶことも分かっている。不正や嘘と道徳意識の薄れという悪循環に堕ちていくのである。まさに、これは小保方さんの歩んだ道そのものであり、論文でのデータ捏造だけでなく、不正出張や、いい加減な実験ノート、身分不相応なホテル住まい(費用は理研の予算からなのか?)、など無責任で不道徳なことばかりしていた背景が理解できる。
 
 しかも、そういった傾向は子供時代から認められるようである。一般に、どんな子供も嘘をつくのだが、育っていく過程で、だんだんと社会規範を学んでいき嘘をつかなくなっていく。しかし、中にはそういった社会規範を学べずに育っていくケースがあり、そういった子供が将来、5%という中に入る嘘つきになっていくのかもしれない。

STAP-35

 小保方さんは、高校時代から、付き合ってもいないのに彼氏と付き合っていると言い張るような不思議ちゃんだったようだが、嘘をついてはいけないという社会規範を学べなかった人なのかもしれない。高校時代から既に大嘘つきだった可能性がある。

 一方、ある一人の人間の不正でその組織が利益を受けるような時は、その人間は自己の不正を正当化し罪悪感を感じなくなり、さらに不正を重ねていくことも分かっている。理研は小保方さんの論文から特定研究法人の指定を確実なものにしようという狙い(利益)があり、それを小保方さんも知っており、そのため全く罪悪感を抱くことなくあのような虚構の論文を作り上げ、大々的な発表に至ったのかもしれない(皮肉なことに、そのせいで特定研究法人への指定は流れてしまったのだが)。

 そして、腐ったミカンが周りのミカンを腐らせていくように、嘘つきの人がそばにいると、その周囲の人々も嘘つきになっていき、ダメな人間になってしまうという論文があった。嘘つきは伝染していくのである。嘘つきがいる組織は腐っていくのである。

 理研のCDBも小保方さんの影響で、だんだんと腐っていって嘘をつくようなダメな組織になってしまったのかもしれない。他者からの厳しいデータの点検を受けるという研究討論会もせずに(極秘プロジェクト扱いだったからという言い訳をしていたが)、しかも、あのピンク色や黄色に塗った研究室を認めてしまうなんて、実験室に亀を持ち込むなどといった非常識なことを容認してしまうなんて、小保方ラボの周囲は腐ってダメになっていたという証拠であろう。
 
 特に、笹井氏や竹市氏がこの影響をまともに受けていたのは間違いない。若山先生も小保方さんのデータの点検を怠っていたのは間違いなく、小保方さんの影響を受けてダメな人間になっていたのだろう(若山先生は、今は山梨大学であり、そういった影響はなくなり真面目に頑張っておられると思うが、小保方さんと一緒に実験をしていた頃は若山先生ですら悪影響を受けていたのは間違いない)。

STAP-36
 
 (ただし、理研のCDB自体が全部ダメになっていた訳ではない。高橋政代先生などは、その影響をシャットアウトして、最後までCDB内部で戦っていたようだ。)
 
 なぜ、理研で極秘プロジェクト扱いになったのかの経緯は不明なままである。誰が極秘プロジェクトにすると言い出したのであろうか。私が想像するに、彼女が自ら希望して極秘プロジェクトにしたのだろうと怪しんでいる。関係者以外にデータを見られたら、騙し通すことができなくなってしまうからである。彼女の希望を最終的に認めたのは、CDBのセンター長だった竹市氏ということになろうが。
 
 笹井氏が自殺した時の竹市氏あの無責任な言葉には呆れてしまったが、CDBセンター長という立場にあった竹市氏の責任も非常に大きいものがあったと思える。そもそも小保方さんを理研に採用したのも竹市氏だし、若山先生や笹井先生に小保方さんを手伝うように指示したのも竹市氏だし、そして、ユニットリーダーに抜擢したのも、若山先生に会見させないように圧力をかけていたのも、笹井氏の辞表を受理しなかったのも、そして、最後まで小保方さんを異常にかばっていたのも竹市氏だったのである。竹市氏も相当腐っていたのは間違いない。

STAP-37

----------------------------------------------------

 しかし、小保方さんは、本当に嘘つきなのだろうか。

 もしかして、嘘をついているんじゃなくて、ただ間違えていただけなのかもしれない。そのように良心的に解釈している人も未だに多くいるようだ。
 
 すなわち、細胞死の間際の自家蛍光という現象を、初期化によるものだと考え違いをしていただけと擁護する人が未だにいるのである。

 しかし、それだと、なぜ、ハーバード大学に留学していた小保方さん程の人物が、細胞が死ぬ間際の自家蛍光という現象を初期化だと間違えたのかという疑問が生じる。
 
 この点に関しては、妄想を形成しやすい人は急いで意志決定をしてしまうらしく、早とちりしてしまうという論文があった。小保方さんが早とちりした可能性は十分にあろう。

 下の論文では、妄想を抱く傾向がある人は、決定を下す前に、不十分な情報しか収集せずに意志決定を行っている。そして、すぐに結論にジャンプする。その結果、成功する可能性が低くなり、失敗が増えることになる。と述べられている。

 もっと、情報を取集して、なぜ、緑色に光ったのかを調べたら、きっと細胞死の時に自家蛍光という現象があることにたどり着き、これは初期化だと判断を誤ることはなかったのかもしれない。しかし、一目見た瞬間に、これは初期化に違いないとひらめき、自分の判断を疑うこともせずに、突っ走ってしまったのかもしれない。結局、この論文の著者が指摘しているように、すぐに結論にジャンプしたことで、大失敗に終わってしまったことになる。

 では、途中で間違いに気付いたとして、じゃあ、すぐに訂正して引き返せばいいじゃないかとは思えるのだが、人間は途中で間違いに気づいたとしても、プライド(自尊心)や自己愛が邪魔してしまうせいなのか、間違ったことを素直に認められず、そう簡単には訂正できないようにできているようなのである。
 
 下の論文では、人間性を保つ上で共通する重要なものとしては、全ての人間は、不完全であり、失敗し、ミスをするのだということを認識できるがどうかだと述べられている。言い換えれば、自分も不完全な存在なのであり、ミスを犯しうるのだということを常に意識して、自分のミスに気付いた時点で謙虚な気持ちになって、すぐに訂正していくことが重要なことになる。
 
 もし、そういうことをせずに、ミスを認めなければどうなるのであろうか。その結果、ますます状況は悪化していくだけであろう。ミスを認めるには、プライドや自己愛などは捨てて、他者を、そして自分自身をも思いやる心(Self-compassion)がないとできないようだ。自尊心が高すぎても低すぎても不正に走り易くなることが知られている。そして、Self-compassionが歪んだ自尊心から生じる不正行為を防止することも分かっている。思いやる心がミスや不正から自分を救ってくれるのである。

STAP-39

 判断ミスをしたことに気づいても、それを認めなければ、結局は嘘をついていることになってしまう。むしろ、こういったことで世の中には嘘が増えている可能性がある。
 
 自分がミスをしたことを認めないという極端な形が否認ということになるのであろう。否認のレベルになれば、それはもう、防衛機制の上からも一番病的なレベルであり、難治な状態である。
 
 STAP細胞の場合も、小保方さんが判断ミスをしていたと途中で気づいていたとしても、それを小保方さん自身が認めなかったために、あそこまでの暴走になってしまった可能性はあろう(小保方さんの場合は、否認のレベルにまでなってしまっている可能性もあるが)。
 
 判断ミスをしたことを謙虚に認めるには、自尊心(self-esteem)がしっかりと保たれているということの他に(この場合の自尊心は、プライドや自己愛などとは少しニュアンスが異なるのだが)、宗教的な背景も重要なようだ。キリスト教の社会では、教会で懺悔するという習慣があり、ミスを謙虚に認め易くなるような土壌があるのかもしれないが、日本にはそういった宗教的な土壌はなく、ミスをしたことをなかなか認めたがらない社会になってしまっているようにも思える。特に、政治家や官僚の国会答弁を聞いていると、まさに、自分の判断ミスを絶対に認めようとしないため、嘘のオンパレードになってしまっている。

 この点に関しては、若山先生は素晴らしかったと言えよう。STAP細胞の再現を試みたが、失敗続きだという自分のミスを謙虚に認め、なぜなのだろうかと自分自身に問うたことが、STAP細胞への疑惑に気づくことになり、あのTVでの会見につながったのだと思う。あの若山先生のSTAP細胞への疑義を表明した会見がなければ、STAP細胞の不正は暴かれることはなった。若山先生は、そんなパッと出た小保方さんとはものが違う。本物の研究者は謙虚なのである。
 
(かたや、小保方さんの方は、まだ事件と認定された段階でも何でもないのに、すぐに弁護士を雇ったりしており、被害者意識が丸出しで、謙虚さが全くないなと感じていた人間は私だけではないだろう。)

 若山先生は真実を述べたことできっと満足しているはずである。私は小保方さんに言いたい。真実をどうか述べてほしいと。
 
 fNIRSを使った研究では、嘘をついた時よりも、真実を述べた時の方が心(報酬系)が満たされることが分かっている。悲しいかな、人間は嘘をついていたら、いつまでたっても決して幸せな気持ちにはなれないようにできているのである。詐欺でいくらお金を儲けても幸せにはなれないのである。カンニングでいくらいい点を取っても幸せな気持ちにはなれないのである。嘘で塗り固めた論文を書いてNatureに掲載されたとしても、自分が幸せだと思えるようにはならないのである。嘘や不正行為、そんなことばかりしていたら、終いには、報酬系不全に陥り、うつ状態になってしまうことであろう(笹井先生もうつ状態になったのだけど。汗;)。

STAP-40

 ここで、さらに、大きな疑問が生じる。小保方さん程の人物である。もし、他の研究者ではSTAP細胞は再現できず、それなりの騒ぎになると想定した上で、敢えてあの世紀の大発見という会見を開いたのかもしれないという疑問である。
 
 その場合は、どういった背景があって、そのような大それたことをしたのだろうか。
 
(以下は、私と小保方氏の架空のやりとりである。)

 O氏: とりあえず、一流雑誌に私の論文が掲載されることが、私が今一番望んでいることなのよ。論文の中身が嘘かどうか、そんなことはどうでもいいのよ。「Science」、「Cell」、「Nature」、とにかく一流雑誌に掲載されなきゃダメなのよ。一流雑誌に掲載されることが今の私の全てなんだから。
 
 O氏: 私は、もっともっとキャリアアップするつもりなの。理研のCDBのユニットリーダーなんかで満足しているような人間じゃないのよ。
 
 O氏: 理研に就職した以上、自分が書いた論文が一流雑誌に掲載されない限り、理研から成功したとは認めてもらえないのよ。そんなこと分かりきっているじゃない。私は、理研を踏み台にしてもっともっとキャリアアップしていくつもりなんだから。

 O氏: 人生は、正直に生きていくことも大切だけど、もっと大切なことは成功することなのよ。今は正直者がバカをみるような時代なのよ。昔と今は違うのよ。嘘をついてでも、不正をしてでもいいから、成功しないとダメなのよ。そして、その成功を世間に大々的アピールすることが大切なのよ。
 
 O氏: 世間に大々的にアピールすることで、私の価値はさらに上がるのよ。見てみなさい。あの安倍総理も下村文部科学大臣も、私をベタ褒めして私の価値を認めてくれたじゃない。
 
 私: あの・・・、そういった考え方って、非常に危険なんじゃないでしょうか。それとも、今の人達は、皆、そんな考え方なんでしょうか。なにせ、私は、古い世代の人間なんで。
 
 O氏: あなた本当に馬鹿ね。今の時代はそんなことを言っていたら、出世なんかできないわよ。結果を出すためならば、不正行為や嘘をつくことなんて誰でもやっているのよ。私の世代では、高校や大学ではカンニングなんて皆やっていたわ。テータ捏造や盗作なんて常識なのよ。まあ、早稲田大学が特に凄いのかもしれないけれど。不正をしてでも結果を出す。そのことでしかキャリアアップしていけない。そして、キャリアアップしていくことで、少しでも高い社会的なステータスを手に入れる。これが我々の世代の価値観なのよ。
  
(今の学生の多くは中学や高校時代からカンニングなどの不正行為をしている。不正行為は当たり前となっている。それは、成功が全てだという価値観が背景にあるようだ。アメリカの大学生の75%は盗作やデータ改ざんなどの何らかの学業上の不正を行っている。驚愕のデータ。↓)

 O氏: 私の仲間は社会人でも多いのよ。耳が聞えなくても作曲できる佐村河内守さん、iPS細胞から作成した心筋の世界初の移植を成功させた森口尚史さん、ゴッドハンドで数々の遺跡を発見した藤村新一さん、世の中を良くするためにカラ出張をしたのだと号泣した市会議員の野々村竜太郎さん、9次元の世界に住んでいるキリストの生まれ変わりの大川隆法さん、地球環境のためにもっとCO2を増やせと力説している武田邦彦さん、数え上げたらきりがないわ。皆1回は成功を手にしているわね。そして、皆、私みたいに、綺麗ごとや恰好いいことや奇抜なことを言って、世間から注目され特別扱いされるのが大好きなのよ。そうすることで、初めて自己愛が本当に満たされるのよ。ああ、あの世紀の大発見の時の私の心の満たされようと言ったら。今でも思い出すたびに絶頂感に浸れるわ。それだけでも十分なのよ。

STAP-41

 
 0氏: あなたなんか、そんな体験をしたことは絶対にないでしょうね。可哀想な人ね。きっと私の気持ちなんか理解できないわ。佐村河内守さんや森口尚史さんや藤村新一さんも、絶頂感を体験できたから、結果的には不正がバレたけど、後悔はしていないはずだわ。後悔するどころか、嘘がバレなきゃよかったのに、今でも世間からの注目を浴びて絶頂感に毎日浸れていたのにぃとしか思っていないわよ。嘘や不正は注目を集めるための手段に過ぎないのよ。狼少年の話を知っているでしょう。あの少年が嘘をついたのは世間の注目を集めたかったからなのよ。バレるかバレないかなんて最初からどうでもいいことなのよ。
 
 私: 絶頂感を味わう。確かに、誰もが体験できるものではないですね。そんな体験をできて本当に良かったですね。
 
 私: しかし、確か最初の会見では、科学を冒涜していると批判されても、夜を泣き明かしながらも頑張ってSTAP細胞を実現させた。それは、社会に貢献したい、病気の人を救いたい、このSTAP細胞で子供を産めない女性を救いたいという一心で頑張ったからなんだというようなことを言ってましたけど。皆、その言葉を信じて、小保方さんって何て偉い人なんだと感動したんですよ。でも、嘘のSTAP細胞ならば、そんなことは最初から全く不可能なこと。その点に関しては、いったいあなたは、どう考えておられるんですか。


STAP-42

 O氏: 社会に貢献したい、病気の人を救いたい?、そんなの私には最初からどうでもいいことなのよ。このSTAP細胞で子供を産めない女性を救いたいって、そんなこと私が言ったかな。全然、覚えていないわ。だって、他人のことなんか、どうでもいいんだもん。世間の注目をさらに集めるために適当な嘘をついただけよ。
 
 O氏: 他人は利用するだけ。私にとっては他人は私が利用するために存在しているに過ぎないのよ。若山センセも、笹井センセも。バカンティ教授も。皆、私が利用しただけなのよ。おーホホホホ。
 
 私: ところで、あのような大々的な会見まで開いてしまって、もし、STAP細胞が嘘だとバレたらどうするつもりだったのですか。
 
 O氏: もし、嘘だとバレたらどうするのかって。そんな時は適当にごまかせばいいのよ。そんなの当たり前でしょ。佐村河内守さんや藤村新一さんも、そんな気持ちで不正をやっていたのよ。嘘だとバレたら適当にごまかせばいい。でも、今まで一度も嘘だとバレたことはない。私の場合は特別だ。きっとこれからも嘘だとバレることはないだろう。きっとそんなことにはならない。しかし、万が一嘘だとバレても大丈夫。ジョセフ・ゲッベルスのあの有名な言葉があるのだから。これまで何度かバレかけたこともあったけど、嘘を続けていたら、また、皆が信じてくれた。ジョセフ・ゲッベルスのあの言葉には間違いはない。嘘をつく人や不正をする人は、誰もがそんな気持ちのはずよ。
 
 O氏:  私も同じよ。私は、大学の時から嘘やコピペや捏造で、ずっとそれでうまくやってきたのよ。あの、世界的な詐欺師のバカンティ教授だってすっかり騙されて信じてくれたわ。詐欺師ですら私には騙されるのよ。当然、若山先生も、笹井先生も、小嶋先生も、竹市先生も、相澤先生も、大和先生も、常田先生も、皆、信じてくれたわ。皆、私に騙されたのよ。私にかかればイチコロなのよ。今回もきっと成功するはずよ。嘘だとバレないはずよ。でも、たとえ嘘だとバレても大丈夫。その時はジョセフ・ゲッベルスの法則が私を必ず守ってくれるのだから。まあ、そんな軽い感じで会見に臨んだのよ。
 
 O氏: あなた、ジョセフ・ゲッベルスの言葉を知らないのね。あなたって馬鹿ね。嘘つきって、皆、あの言葉を信条にして嘘を平気でついているのよ。

 O氏: このジョセフ・ゲッベルスの法則を貫き通せば、STAP細胞もいつかは本物だとして認定されることになるのよ。本当はSTAP細胞は最初から実在なんかしないんだけどね。テヘっ。

STAP-43
 
(そんなことを考えながら、あの世紀の大発見の会見に臨んでいたとしたら・・・・(;゚Д゚))

 この点に関しては、ジョセフ・ゲッベルスの言葉にも触れておかねばならないだろう。
 
 詐欺を完成させることはできる。なぜならば、繰り返し嘘をつけば、その嘘が真実になる。この言葉を知っている人は多いだろう。
  
 小保方さんも、この言葉を知っており、この言葉を信じていたからこそ、あのような暴挙に走った可能性もあろう。
 
「嘘も100回言えば真実になる」
ジョセフ・ゲッペルスの法則

あなたが、頻繁に嘘を繰り返すと、人々はそれを信じるであろう。
If you repeat a lie often enough, people will believe it.
あなたが、頻繁に嘘を繰り返した場合、それが真実になる。
If you repeat a lie often enough, it becomes the truth.
あなたが、十分に大きな嘘を言い、それを繰り返し続けた場合は、人々は最終的にはそれを信じるようになるだろう。
If you tell a lie big enough and keep repeating it, people will eventually come to believe it.
あなたが、十分に長く嘘を繰り返した場合、それが真実になる。
If you repeat a lie long enough, it becomes truth.
あなたが、嘘を何回も繰り返すと、人々はそれを信じ始めなければならないようにできている。
If you repeat a lie many times, people are bound to start believing it.

(出典、ジョセフ・ゲッベルス)

 まあ、TVのコマーシャルも、製薬会社の宣伝も、政権演説も、講演会の内容も、皆、これと本質は変わらないのかもしれないが。
 
 黒柳徹子さんが「東和のジェネリック(は素晴らしい)」と何度もTVで言えば、あの黒柳徹子さんが「東和、東和」と言っているのだ。「東和のジェネリックはきっと素晴らしいんだ」と皆、信じてしまうことになるのである。
 
(ジェリック医薬品が素晴らしいだと?。冗談じゃない。安かろう悪かろうな物が素晴らしい訳がない。黒柳徹子さん、原末は中国産かもしれない、しかも、市販後副作用調査すらろくにしない、そんなジェリック医薬品のどこが素晴らしいのですか。あなたも小保方さんと同じで嘘をついているとしか思えません。だいたい、ジェネリック医薬品のCMに出ること自体が良識を失っているし。)

STAP-44
 
 小保方さんは、最初から、これを狙っていた可能性もあると私は考えている。

 O氏: ふふふふ、STAP細胞は再現できなくて当然よ。まだ私にしか作成できないのだから。コツがあるのよ。公開されていないレシピがまだあるのよ。でも、特許を申請中だから教えてあげたくても教えられないのよ。特許を正式に取ってから、もっと詳細なコツやレシピを公開するわね。だから、あなたには今再現できなくても我慢してね。でも、必ずSTAP細胞は存在しているのよ。皆さん、今言ったことは本当の事よ。だから、STAP細胞の存在をどうか信じてちょうだいね。
 
 O氏: そう言ってごまかしておけばいいのよ。そのうちに、きっと皆が信じるはずだわ。幸福の科学の大川総裁や中部大学の武田邦彦先生のように。そうなればSTAP細胞は真実になるの。これがジョセフ・ゲッベルスの法則よ。だから、論文をリトラクトする(取り下げる)なんてことは絶対に承認できないわ。
 
(あの謝罪会見で、小保方さん自身が、こんなことを言っていたのは、皆さんもよくご存じであろう。)

 O氏: こんな屈辱的な会見は本当はしたくなかったわ。でも、とにかく大丈夫。あの有名なジョセフ・ゲッベルスの言葉を信じましょう。私が嘘を言い続けていたら、皆、STAP細胞はあるのだと信じるようになるのだから。「STAP細胞はあります」と言い続ければいいんだから。

と、高をくくっていたのかもしれない。
 
(やりとり終わり)
 
 しかし、そうはならなかった。事態はもっと悪い方向に進んでしまったのである。ジョセフ・ゲッベルスの言った通りにはならなかったのである。
 
 結局、論文は2つとも取り下げになった。
 
 その存在を証明した論文が取り消しになった以上、現時点ではSTAP細胞は存在しないことになる。STAP細胞は、完全に消滅したのである。
 
 今、小保方さんが「STAP細胞はあります」と言うと、明らかに嘘をついていることになるのである。
 
 (まあ、小保方さんは、論文が取り下げになってからも、再現実験をしたり、STAP細胞の存在を信じていると言ってみたりしており、それ以後も完全に嘘をついていたことになるのではあるが。)
 
--------------------------------------------------------------
 
 ここで、気になることがさらにある。嘘は見破れないのだろうかということである。この点に関しては、(嘘発見の開発も含めて)昔から、膨大な研究が成されているのだが、嘘自体にもバリエーションが多く 未だに、100%嘘だと検出できるような方法は開発されておらず、嘘だと完全に見抜くことは不可能なままなのであった。
 
 ただし、嘘をついている時の特徴は分かっており、そのいくつかを紹介しておく。嘘をついている時の特徴さえ分かれば、完全に信じ込んで騙されることは確実に減るはずである。嘘かもしれないと疑念を抱くだけでも、疑念を抱かない時と比べれば雲泥の差である。

 まず、人は反射的に即座に真実を話すようにできていることが分かっている。自分が喋る内容を注意して意識していないと、ついつい本当のことを言ってしまうようにできているのである。従って、嘘をつこうと思ったら、真実を述べてしまうという原始的な反射をまず抑制せねばならない。真実を述べてしまうことを抑制するにはそれなりの時間を必要とするため、真実を述べる時よりも嘘をつく方が時間がかかることになる。しかも、嘘の選択肢は1つではない。多くの選択肢の中から1つを選んで答え(嘘)として言葉に出すまでの、選択するまでの時間もかかる。嘘は即答できないのである。従って、言葉につまってから回答された時は嘘である可能性が高い。下の論文はこのことを確認した論文である。

STAP-46

 しかし、そのことは、既に、わざわざ実験で確かめなくても、誰もが感覚で既に分かっていることであろう。だから、嘘つきと話していると、この人は嘘をついているんじゃないのかと、何となく分かるのである。

 一方、真実を述べなくても即答ができることはある。それはただノーというだけの否認ならば選択肢はノーだけなので即答はできるであろう。犯人が黙秘をするのは、このことを本能的に分かっているからであろう。黙秘をすることは否認をすることと本質的には同じ行為なのだから。従って、黙秘を続ける犯人は非常に怪しいことになる。さらに、即答できるのは妄想や作話の時もそうである。さらに、Q&Aを作成し、あらかじめ選択肢を絞り込み、Q&Aに沿って即答できるように練習していた時も即答はできるはずである。
 
 詐欺をする会社やその会社の職員は、おそらく、即答できるようなる練習を何度も仕込まれており、トレーニングをしているはずである。考えられるうるあらゆるQ&Aを作成して練習しているのである。しかも、トレーニングをすることで、そういった反射的に真実を述べてしまう現象を抑制をする上での必要な認知タスクに多くの労力をつぎ込まなくても良いようにまで到達することが分かっている。トレーニングを積んだ結果、通常人よりもすばやく嘘がつけるようになるのである。従って、詐欺師は顧客がどんな質問をしたとしても、スムーズに何でも言葉が出て即答できるため、本当のことを述べているのだろうと印象を持ち、顧客はすっかり騙されてしまうことになる。そして、昔から嘘つきだった人は、嘘をつく経験を重ねていくうちに、自然とこういったトレーニングがなされているはずである、あの小保方さんも、きっと自然にトレーニングを積んで・・・・。

 トレーニングを積めば、場数を踏めば、スムーズに嘘がつけるようになる。もはや小保方さんの会見の時の質疑応答の仕方だけでは嘘だと見抜くことは難しくなる。それでも、この原則に従って、もう一度、小保方さんの謝罪会見の動画を見直すのもいいかもしれない。記者からの質問の返答に言葉を詰まらせた場面があったかどうかをチェックしながら見直すのである。ただし、弁護士から予め質問を限定させて頂くと宣言されており(=Q&Aで練習したことしか受け付けないという意味だろうが)、フィルターがかけられてしまっているため(この質問を限定させてもらうというやり方は、いかにも怪しいやり方なのだが)、もし、即答できていたとしても、彼女の口から語れた言葉は真実ではない可能性もあろう。逆に、何でも即答していたら、Q&Aで猛練習をしてから会見に臨んでいたのではと疑われる。それはむしろ嘘をついているという証拠となろう。
 
 面白いのは、200回以上成功したという時の小保方さんの返答であり、この部分は即答しており、これは、200回以上という数字自体は事実なのだと思える。実際は、ただ緑色に光る現象を200回以上目撃しただけ、すなわち、細胞が死ぬ間際の自家蛍光という現象を200回以上は見たということなのだろうと思われるのだが。
 
 それはそれで、何回も何回も、ただ死にかけている自家蛍光した細胞をSTAP細胞だと言って若山先生に渡し、若山先生に胚盤胞にインジェクションをさせていたに違いないのである。

 すなわち、若山先生は、小保方さんに騙され続け、200回以上、胚盤胞に死にかけている細胞をひたすらインジェクションをし続けていたことになるのである。 
 
 若山先生、200回以上も胚盤胞にインジェクションをしていたんですね。本当に大変でしたね。お疲れ様でした。

 次に、嘘をつく時に変化するのが顔の表情である。この嘘と人間の表情の変化について研究をしたのが、マーク・G・フランク(Mark G. Frank)教授である。

 彼は、嘘をつく時には必ず表情に必ず微細な変化が生じることを見出し、それを微表情(microexpressions)から考察した。この微表情という変化は、軽蔑、恥、不安、罪悪感、プライド、救済、満足、喜び、恐怖、といった様々な感情によって生じるのだが、嘘をつく時にも生じるのである。そして、この微表情は自分の意志では絶対にコントロールができないらしい。従って、この微表情を同定し解析すれば嘘をついたかどうかが分かることになる。しかし、微表情は、1/25~1/15秒という非常に短い時間でのみ表現される顔の表情の変化である。通常では、嘘をついている人の顔を見ていても気づくことは無く見逃されてしまうことであろう。
 
STAP-47
 
 なお、微表情という現象を発見したのはハガードとアイザック(Haggard and Isaacs、1966年)である。現在、この微表情は、犯罪の捜査だけでなくテロの防止などの国家の安全保障の分野にも応用できるのではないかと研究されているようだ(FBIでは、この微表情を読み取るような訓練が行われているらしい)。

 マーク・G・フランク教授の嘘をつく時の微表情の研究からは、44の動きのパターンが同定されている。特に、眼球と眉毛の動きが注目されており、この動き(特に眼球の動き)を自動的に読み取って嘘をついているかどうかを検出するコンピュータ化されたシステムが既に開発されている。
  
 もし、小保方さんの会見の動画を(謝罪会見だけでなく最初の世紀の大発見の会見も含めて)、このシステムを用いて解析したら、はたしてどういう結果になるのであろうか。
 
 ただし、デビッド松本(David Matsumoto)博士は、微表情が検出されたからといって、嘘をついていると100%断定してはならないと警告を発してしている。あくまで、嘘をついている疑いがあるにすると留めておくべきシステムなのではある(不安などの他の感情の影響でも生じるためであろう)。しかし、この微表情検出システムによる嘘の判定の的中率は、最低でも80%までは的中できるようである。黙秘しますと言って一切の質問に答えない時でも、さらに、どんなサイコパスのような人間にでも、この微表情検出システムが力を発揮できるのかどうかが興味が持たれる。
 
 確かに、挙動不審の人物は、眼の動きがぎこちなくなっていると思える。嘘などの何らかの良からぬ考えを心の中に隠しているためであろう。そういった観点から、もう一度、小保方さんの会見の動画を見直すのも良いかもしれない。眼球の動きが不自然な点がないかどうか、などを。(まあ、今更、そんな暇なことをするような人はいないだろうけど。謝罪会見での小保方さんの眼球の動きは非常にぎこちなかたように思える。汗;。)

 なお、微表情検出システムに関しては、そのようなシステムはあてにならないと否定する論文も出されていることを付け加えておく。

 神経言語プログラミング(NLP)の支持者は、特定の眼球運動が嘘をついているという信頼できる指標になると主張している。この概念によると、例えば、会見で右を見上げている人は嘘を言っており、左を見上げいる人は真実を言っていることを示唆することになる。しかし、これまでの研究では、その妥当性は検討されていない。この論文の研究1では、真実か嘘かのどちらかを言った被験者の眼の動きをコード化したが、NLPのパターニングとは一致しなかった。研究2では、被験者の一方のグループはNLP眼球運動仮説についての説明を受けた。両グループはその後、嘘検出テストを実施した。しかし眼の動きの有意な差は2つの群の間では示されなかった。研究3では、嘘つきと真実を述べているケースの記者会見の人の眼球の動きをコーディングした。しかし、有意な差は検出されなかった。3つの研究結果からは、NLPの主張を支持することができないという結論になる。

はたして、人類は嘘を見抜けるようになるのであろうか。

------------------------------------------------

 このブログを書いていて、私もブログの中で嘘をついているのかもしれないと思うと、ブログを書く気持ちが萎えてきてしまったのは確かである。
 
 私がしていることは、他人のふんどし(論文)を勝手に拝借して相撲を取っているようなセコイ行為であり、とても名前を出したらできるようなことではないため名前を出さずにブログを書いているのではあるが、もし、紹介した論文の3割が嘘であり、しかも、その論文を私が間違えて解釈しており、間違えたまま紹介していたら、ブログで書いていることは5割以上は事実ではなく嘘を書いていることになる。

 皆さんには、このことだけは理解しておいてもらわねばならない。このブログで書いてあることは、小保方さんの論文と同じであり、半分以上は嘘かもしれないということを(汗;)。

 いったい何を信じたらいいのであろうか。誰を信じたらいいのであろうか。
 
 結局は信じられる人間は自分しかいないのかもしれない。ただし、もし、毎日、正直に生きているのであればの話だが。もし、あなたが正直に生きていないのであれば、あなたには誰も信じられる人間はいないことになろう。自分自身ですら・・・・・・。

--------------------------------------------------

最後に、ビリー・ジョエルの歌「Honesty」をSTAP細胞に捧げて終わりにしたい。


If you search for tenderness, it isn't hard to find.
もし優しさを求めているなら、優しさを見つけることは難しくはない
You can have the love you need to live.
生きていくために必要な愛だって手に入る
But if you look for truthfulness
しかし、もし、あなたが真実を探すのであれば
You might just as well be blind.
盲目になるのと同じことになろう
It always seems to be so hard to give.
真実なんて、いつも提示されないものだから

Honesty is such a lonely word.
誠実(正直)、なんて寂しい言葉なんだろう
Everyone is so untrue.
誰もが、そんな、正直だなんて言えないのに
Honesty is hardly ever heard.
誠実(正直)、そんな言葉は、一度も聞いたことがない
And mostly what I need from you.
そして、私があなたに対して最も必要としていることが正直であることなんだけど

I can always find someone to say, they sympathize.
誰かに同情していると言わせることは、いつだってできる
If I wear my heart out on my sleeve.
ただ率直に話せばいいだけだから(話す内容が嘘か本当かは別にして)
But I don't want some pretty face to tell me pretty lies.
しかし、可愛い顔をしているのに、嘘を言うことはやめてほしい
All I want is someone to believe.
私が望むのは本当に信じれる人なんだから

Honesty is such a lonely word.
誠実(正直)、なんて寂しい言葉なんだろう
Everyone is so untrue.
誰もが、そんな、正直だなんて言えないのに
Honesty is hardly ever heard.
誠実(正直)、そんな言葉は、一度も聞いたことがない
And mostly what I need from you.
そして、私があなたに対して最も必要としていることが正直であることなんだけど

I can find a lover.
私は恋人を見つけることはできる
I can find a friend.
私は友人を見つけることもできる
I can have security until the bitter end.
最後に苦い思いをするまでは安心していられる
Anyone can comfort me with promises again.
誰もがもう二度と嘘はつかないと約束してくれれば、私は安らげるのに
I know, I know.
私は分かっている、分かっているんだ

When I'm deep inside of me, don't be too concerned.
私が落ち込んでいても、気にかけないでほしい
I won't ask for nothin' while I'm gone.
そんな時は、私は何も要らないのだから
But when I want sincerity, tell me where else can I turn.
でも、正直であってほしいと望んだ時には、あなたのどこを信じたらいいのか私に教えてほしい
Because you're the one I depend upon.
なぜなら、あなたは私が頼りにしている一人なんだから

Honesty is such a lonely word.
誠実(正直)、なんて寂しい言葉なんだろう
Everyone is so untrue.
誰もが、そんな、正直だなんて言えないのに
Honesty is hardly ever heard.
誠実(正直)、そんな言葉は、一度も聞いたことがない
And mostly what I need from you.
そして、私があなたに対して最も必要としていることが正直であることなんだけど