インプラント治療、テンプレート療法、審美・美容歯科、噛み合わせ治療等、最先端歯科治療を通して患者さんの幸せを追求して行きます。

BFW−患者さんのための最先端歯科治療研究グループ

最先端歯科治療を研究するスタディグループ−BFW−のホームページへようこそ!

近年、歯科治療の技術は驚くほどのスピードで進歩しています。
インプラント治療、テンプレート療法、審美歯科治療など様々な技術や治療方法が発達し、患者さんへの負担を大幅に軽減する最新治療も普及してきています。
 しかし、その一方でまだまだ患者さんの中には歯科治療に対して、旧来の「痛い」「抜く」などといった不快なイメージをお持ちの方が多いのも事実です。
BFWは、最先端技術の導入や各種研究等に積極的に取り組み、「患者さんの幸せ」を本意に考えた、「歯科治療のあるべき姿」を追求して行きます。


最先端歯科治療スタディグループ−BFWのブログがOPEN!!
 今後は様々な歯科治療に関する最新情報などを随時アップして行きます。
 

BFWの研究科目のほんの一例です。

インプラント治療

インプラントは、骨との親和性の高いチタン金属の人工歯根を利用することにより、自分の歯と同じような感覚で食事をしたり、お話したり出来る新しい歯科治療の技術です。
両隣りの健康な歯を削ることなく、歯の抜けたところへインプラントを植え込み、人工の歯を取り付けます。
天然歯と同様の、健全な咀嚼(そしゃく)運動が可能になります。

テンプレート療法(噛み合わせ治療)

アメリカで研究・開発されたこの療法。かみ合わせが様々な体の不調を引き起こしていることをつきとめました。テンプレート療法はこのテンプレートを就寝時にはめることで、姿勢の改善、筋肉の緊張緩和など様々な症状が良くなります。

審美歯科治療

噛むということは、歯の重要な役割です。歯科医は、噛めなくなった歯の病気を治したり、病気にならないように予防を行っています。しかし最近は、ただ噛めるようにするだけでなく見た目をより自然に、時には健康な歯でさえも見栄えをより良くするよう患者様から求められたりします。これら、噛むことだけでなく、見た目の美しさも追求する治療を、特に“審美歯科”と言います。

歯周病治療

歯周病は、一般にいわれる歯槽膿漏のことです。中〜重度の歯槽膿漏(歯がグラグラ)になると歯を抜かれるイメージが強いと思いますが、今は“歯をなるべく残す”治療が主流となっています。




当サイトの著作権・著作物は、BFWが所有しております。
当サイト内に掲載されている文章・画像など、全ての著作物の無断転載・商用利用を禁じさせて頂きます。
Copyright (C) 2006 BFW. All Rights Reserved
 
管理ページ